英語 例文。 決定版!英文履歴書(英文レジュメ)の書き方マニュアル【例文あり】 / 海外の転職・求人情報ならマイナビ転職グローバル

決定版!英文履歴書(英文レジュメ)の書き方マニュアル【例文あり】 / 海外の転職・求人情報ならマイナビ転職グローバル

英語 例文

Presented by ここでは、ビジネスシーンやプライベートシーンで使える英文メールの例文を紹介します。 , Ltd. I'm in charge of ~ at XYZ Co. , Ltd. 私はXYZ社で~の担当をしています。 This is the first time for me to send you an e-mail. 初めてメールを送ります。 I'm writing this e-mail to inform you of ~. ~をお知らせするために、このメールを書いています。 I'm writing this e-mail to request ~. ~をお願いするために、このメールを書いています。 This e-mail is being sent as confirmation of ~. このメールは~の確認のためにお送りしています。 Please let me know when it will be convenient for you. ご都合の良い日をお知らせください。 Please let me know if you have any questions. 何か質問があればお知らせください。 I'm fine with the date and place you suggested. ご提案いただいた日程と場所で構いません。 I'm going to attach ~ to this e-mail. ~を添付いたします。 Thank you for your e-mail. メールをありがとうございました。 Thank you for your prompt reply to ~. ~に対して早々にご返事いただき、ありがとうございます。 Thank you for sending me ~. ~を送ってくださりありがとうございました。 プライベートシーンで使える例文集 I haven't seen you for a long time. お久しぶりです。 How are you doing these days? お元気ですか。 How about dinner some day next week? 来週のどこかでご飯でもどうですか。 Sorry, I'm late replying to your e-mail. 返信が遅れてごめんなさい。 I will be in touch with you soon. 近いうちにまた連絡します。 I hope to see you in the near future. 近いうちに会えるといいですね。 Take care of yourself. 体に気をつけてください。 Please give my regards to your family. ご家族のみなさんによろしくお伝えください。 Please e-mail me anytime. いつでもメールをください。 お誕生日おめでとう! Happy belated birthday! 遅ればせながらお誕生日おめでとう! I hope you have a great birthday. よい誕生日をお過ごしください。 楽しい休暇をお過ごしください。 I wish you and your family happy holidays. あなたとご家族にとってよい休暇になりますように。 Best wishes for a wonderful New Year. 新年が素晴らしい年になりますように。 I hope you have a great year. すてきな年になりますように。

次の

360度評価にも使える!人事評価の英語例文・英語表現

英語 例文

2.英語の「論文」作成の準備 英語の論文を書く前に、 書きたい内容をと目的を明確にします。 目的についてですが、大学の課題として書く場合と、研究者として学会で発表したり、ジャーナルに掲載されたりすることを目的とする場合では書き方が変わってくるでしょう。 論文作成前には、書きたい内容に近い分野の過去の論文や書籍をたくさん読む必要があります。 過去の研究に同じ物が無いかや、似た内容の研究から自分の研究のヒントを得るためです。 また、内容だけでなく過去の英語の論文を読むことで、これから書く論文の様式、書き方の参考にすることができます。 たくさん読む中で、読みやすいと感じる論文がいくつかあると思います。 その論文の様式、書き方を参考にすると論文が書きやすいです。 3.英語の「論文」の構成 一般的な論文の構成はだいたい決まっています。 正式な論文の場合は以下のような構成で書かれることが一般的です。 専門分野や、作成目的によって構成内容が若干変わる場合があります。 事前に、過去の論文を確認したり、専門分野について詳しい人に相談したりして十分確認しておくことをオススメします。 Title:タイトル• Abstract:要旨• Introduction:序論• Methods:メソッド• Results:結果• Discussion:考察• Conclusions:結論• Reference:参考文献• Appendices:付録 小論文の場合は「Abstract(要旨)」や「Literature Review(文献レビュー)」を等の部分を省略して、コンパクトにして書きます。 それぞれの構成部分の詳しい書き方、内容を確認しましょう。 3-1.Title:タイトル 「Title」はとても重要です。 論文をウェブなどで検索する際に、最初に目にするのが「Title」です。 この「Title」を見て、探している内容のことが書かれているかをまず判断することになります。 必要な人に情報をとどけるためにも論文の内容がきちんとわかる「Title」を心がけましょう。 「Title」の語数は一般的に10~12語程度です。 短すぎたり、長すぎたりすると、わかりにくくなるので気をつけましょう。 「Title」は 「キャピタライゼーションルール」が適用されます。 「キャピタライゼーションルール」と例外 キャピタライゼーションルールとは「Title」の単語の頭文字を大文字にするルールです。 ただし、冠詞、不定詞の「to」、前置詞、等位接続詞は小文字にします。 これらが小文字になります。 タイトルで気をつけたいポイントを確認しましょう。 簡潔であるか?• 重要なキーワードが盛り込まれているか?• 細かい文法的なミスはないか?• 略語を使っていないか?• 似た意味の単語、同じ単語を繰り返し使っていないか?• 複数の意味を持つ単語のような曖昧な表現をしていないか?• 疑問文にしていないか?(分野によっては疑問文も可能だが、一般的には避けたい) 3-2.Abstract:要旨 「Abstract」は要旨で論文の要点をまとめた部分です。 論文の提出先によっては長さを指定されている場合がありますので、事前に確認しておきましょう。 「Abstract」は短い文ですがとても重要な部分です。 日々、たくさんの論文を読む忙しい人たちは、この部分をまず読んで論文の内容を大まかに把握します。 この内容で、あまり重要ではないと判断されると残りの論文は読まれなくなってしまいます。 論文の中で重要なこと、一番伝えたいことをこの短い部分にしっかり盛り込みましょう。 この「Abstract」の部分は、 実際はこの部分は最後にまとめます。 論文が出来上がった段階で重要な点、伝えたいことを盛り込んで、論文の初めのところに配置する感じです。 「Abstract」に書く内容は本文中にある情報のみです。 その中から目的、仮説と結論を簡潔に書きます。 また、その結論に至るためにとった方法と、研究結果がどのような意味があるか、どのような影響を及ぼすかを述べます。 注意事項として、この「Abstract」の部分には略語、図表や引用文献などは記載しません。 3-3.Introduction:序論 「Introduction」では研究の背景、目的、方法を伝えます。 この論文でどのような問題にチャレンジするのか、研究の内容、目的を明らかにします。 その上で、この研究以前に発表されている論文の研究成果などをまとめて、研究する必要があると考えるに至る背景を説明します。 ここは、読み手に研究の重要性を伝える、とても重要なポイントです。 問題を解決するために、この研究で実際に使った検証方法を述べます。 最後に、その研究が社会に与える意義、メリットをまとめます。 ページ数はこの 「Introduction」の部分を1ページ目とします。 ここで書いた内容が、本文の骨組みになるので「Introduction」はとても重要な部分です。 3-4.Methods:メソッド 「Methods」では、問題を検証するためにどのような方法を使ったかを詳細に記載します。 3-5.Results :結果 「Results」では検証方法から得られた結果と、そのことから発見したことを明確にします。 ここでは、 図、表、写真など明確にデータや結果がわかるような資料を用いて説明します。 図表を使う場合は、通し番号と「caption(簡単な説明)」をつけます。 結果については、既に研究が終了している時点で書くため、 過去形を使って書きます。 3-6.Discussion:考察 「Discussion」では研究の結果をもとに、その結果の意義や、新しい課題などを議論します。 問題に対して正しい結果が得られたかや、足りなかったと思われる部分、発見から考えられる新しい視点、課題など考察をまとめます。 3-7.Conclusions:結論 「Conclusions」は結論をまとめる部分です。 結果から得られた重要な結論を記載します。 「Result」では得られた結果を詳細に記載しますが、ここでは一番重要なものだけピックアップして簡潔に述べます。 また、「Result」で使った文をそのまま引用するのではなく、違ういい方に変えて書きます。 読者や社会に対して、研究結果から今後、何らかの行動を促したい場合はここに記載します。 この部分は簡潔に述べることが重要です。 また、論文中で述べられていない新しい考え方はここには記載できません。 3-8.Reference:参考文献 「Reference」には参考にした過去の論文、書籍や、文中に引用した文献を記載します。 この「Reference」は論文の本文ではありませんが、重要な部分です。 論文を作成するにあたって、どのような過去の文献を確認したかは、論文の質にかかわる重要な問題です。 「Referenceは絶対に忘れない!」 文中で引用した文献についてはこの「Reference」で明確にする必要があります。 正しく記載しないと、盗作(Plagiarism)となってしまいますの注意が必要です。 また、引用は「Paraphrasing」と「Quoting」の2つの方法があります。 「Paraphrasing」:同じ内容を自分の言葉に置き換えて書く方法• 「Quoting」:著者の言葉そのままを引用する方法です。 もちろんどちらも、文中と「Reference」に記載が必要です。 3-9.Appendices:付録 本文には載せられなかった詳しいデータなどは「Appendices」に入れます。 その場合、本文中の関連の箇所に「See Appendix A」など「Appendix」の記号、番号を記載しておきます。 その上で、「Appendix」には対応する記号を記載します。 4.英語の「論文」で良く使う表現 論文でよく使う表現があります。 ここでは、特に分野を問わず様々な論文で使えるフレーズをご紹介します。 4-1.【目的】• 4-2.【内容】• A agree with B. A can be defined as B. 4-3.【図表】• 4-4.【引用】• 4-5.【例】• 4-6.英語の「論文」で使われる英単語 論文では、普段の会話などで使われない少し堅い単語を使う傾向があります。 therefore:それゆえに• thus:それゆえに• hence:それゆえに• however:しかしながら(一般的にbutを使う場面で使います)• moreover:そのうえ(一般的にandを使う場面で使います)• alternatively:そのかわり• despite this:それにもかかわらず• nevertheless:それにもかかわらず• primarily:第一に まとめ:英語の「論文」は基本が大事! 論文の書き方、構成についてご紹介しました。 ここでご紹介した構成は、全般的に使うことができる基本です。 折角内容がよくても、基本の構成ができていなければ多くの人に読んでもらうことができません。 また、本文では触れませんでしたが正しい単語、文法を使うこともとても論文のできを左右する重要なポイントです。 文法については、ネイティブでもミスがあるくらいなので、できる限り英語に詳しい人にチェックしてもらいましょう。 できれば、1人ではなく2人くらいにチェックしてもらうと、確認もれがなく正確な文章で仕上げることができます。 英語の論文が書けると、あなたの研究が世界の人に読んでもらえるようになります。 初めは難しいと感じるかもしれませんが、パターンがあり、論文では頻繁に使える表現もたくさんあるので徐々に慣れると思います。 また、表現を増やしたい場合はネイティブが書いた論文をたくさん読んでみてください。 その著者によりさまざまな、表現の傾向があり一つ読むたびに新しい表現を覚えることができます。

次の

今すぐ使える英語メール文例集【ビジネス英語メール編】

英語 例文

今すぐ使える英語メール文例集【ビジネス英語メール編】について 今すぐ使える英語メール文例集【ビジネス英語メール編】では、企業間の取引や、依頼や交渉、クレーム処理、営業活動、社内での通知など、様々なビジネスシチュエーション(BtoB)で英語メールを作成する際に参考になる英語例文、英語表現、サンプルの英語メールをご紹介しています。 海外企業との取引の場面や、海外企業への営業活動、ビジネス的な通知、新規取引依頼、ビジネス交渉、クレーム処理、更に社内連絡などの用途で考えられる様々なシチュエーションごとに沢山の英語例文、英語表現、サンプルメールをご用意しています。 ご紹介している英語例文や、英語メールは出来るだけ使い回しの効く定型文や、一般的な英語表現を意識したオリジナルの文章を作成していますので、一部の固有名詞などを変更することでそのまま利用することができます。 あなたの英語メール作成のご参考、英語でのコミュニケーションのお力になれば幸いです。 書き出しの挨拶 英文メールでの「書き出しの挨拶」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 新規取引先、顧客への挨拶• 既存取引先、顧客への挨拶• 返信時の書き出し、挨拶 結びの挨拶 英文メールでの「結びの挨拶」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 結びの挨拶(一般)• 結びの挨拶(返信依頼) 自己紹介・会社紹介 英文メールでの「自己紹介・会社紹介」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 自己紹介• 会社紹介 アポイント・面談 英文メールでの「アポイント」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 アポイントをとる• アポイント日程を変更• アポイントをキャンセル 会議に関する通知 英文メールでの「会議に関する通知」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 会議の通知• 会議日程などの変更の通知• 会議のキャンセルの通知 営業に関する通知 英文メールでの「営業に関する通知」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 業務窓口変更の通知• 営業時間変更の通知• 担当者変更の通知• 季節休業の通知(年末年始、夏休みなど)• 臨時休業の通知• 不在通知 組織に関する通知 英文メールでの「組織に関する通知」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 オフィス移転の通知• 組織変更、人事異動の通知• 企業買収、合併の通知• 海外支店、事務所新設の通知• 会社設立の通知• 閉店、事業撤退、廃業の通知• メールアドレス変更の通知• ウェブサイトリニューアルの通知 その他通知 英文メールでの「その他通知」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 サーバーメンテナンスの通知• 株主総会開催の通知• 商品展示会開催の通知 取引に関する通知 英文メールでの「取引に関する通知」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 新商品、新サービス、キャンペーンの通知• 価格変更の通知• 支払いの通知• 支払い受領の通知• 納期の通知• 送料、手数料の通知• 請求書送付の通知• 商品発送の通知• 商品受領の通知• 商品製造、サービス中止の通知• 在庫切れの通知 確認・フォロー 英文メールでの「確認・フォロー」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 予定の確認• 在庫の確認• 契約内容の確認• 納期、支払い期限の確認• 資料送付後のフォロー 依頼・お願い 英文メールでの「依頼・お願い」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 見積もりの依頼• 新規取引、提携の依頼• 返品、交換依頼• 信用取引の依頼• 協賛の依頼• 納期、支払いの延期の依頼• アンケートの依頼• スピーチの依頼 交渉・駆け引き 英文メールでの「交渉・駆け引き」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 価格値引きの交渉• 納期短縮の交渉 説明・理由説明 英文メールでの「説明・理由説明」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 新商品、新サービスの説明• サービス利用方法の説明• 支払い方法の説明• 納期遅延の理由説明• 支払い遅延の理由説明• 商品返品、キャンセルの理由説明• 商品発売日遅延の理由説明 受諾・承諾 英文メールでの「受諾・承諾」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 商品資料請求の受諾• 見積依頼の受諾• 新規取引依頼の受諾• 注文内容変更、キャンセル依頼の受諾• 値引き依頼の受諾• 納期短縮依頼の受諾• 納期、支払いの延期の依頼の受諾• 自動応答メール お断り・不承諾 英文メールでの「お断り・不承諾」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 新規取引依頼のお断り• 注文内容変更、キャンセル依頼のお断り• 返品、交換依頼のお断り• 信用取引の依頼のお断り• 協賛依頼のお断り• 値引き依頼のお断り• 納期短縮依頼のお断り• 納期、支払いの延期の依頼のお断り 発注・受注 英文メールでの「発注・受注」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 商品、サービスの発注• 商品、サービスの受注• 注文内容の変更• 注文内容のキャンセル 問い合わせ・資料請求 英文メールでの「問い合わせ・資料請求」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 商品資料送付の依頼• 商品、サービスの問い合わせ• サービス利用方法の問い合わせ• 支払い方法の問い合わせ クレーム・苦情 英文メールでの「クレーム・苦情」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 商品、サービスへのクレーム• 納期遅延へのクレーム• 支払い遅延へのクレーム• 請求ミスへのクレーム• 数量不足、品違い、誤送へのクレーム• 不良品、破損へのクレーム• 従業員の対応へのクレーム 謝罪・お詫び 英文メールでの「謝罪・お詫び」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 商品、サービスのクレームへの謝罪• 納期遅延のクレームへの謝罪• 支払い遅延のクレームへの謝罪• 請求ミスへのクレームへの謝罪• 数量不足、品違い、誤送へのクレームへの謝罪• 不良品、破損のクレームへの謝罪• 在庫切れの謝罪• 従業員の対応のクレームへの謝罪• 自分の不手際への謝罪• 面談、会議などへの欠席の謝罪 丁寧な反論・異議 英文メールでの「丁寧な反論・異議」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 不良品ではないと反論• 請求ミスではないと反論• 数量不足、品違い、誤送ではないと反論 求人・人事 英文メールでの「求人・人事」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 求人募集の応募• 求人募集の受付• 採用試験の通知• 採用内定、採用決定への通知• 不採用の通知• 内定取り消しの通知• 人材紹介、紹介依頼• 解雇通知• レイオフの通知 招待・お誘い 英文メールでの「招待・お誘い」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 展示会への招待• パーティーへの招待• ゴルフコンペへの招待• 講演会への招待• 会社説明会への招待• 歓迎会への招待• 送別会への招待• 食事のお誘い 報告 英文メールでの「報告・レポート」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 営業報告• ミーティング内容の報告• 出張報告• イベント報告 主張・意見 英文メールでの「主張・意見」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 意見を主張 同意・反対 英文メールでの「同意・反対」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 意見、決定、企画などに同意• 意見、決定、企画などに反対 指示・指図 英文メールでの「指示・指図」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 職務内容追加の指示• クレーム対応の指示• 緊急な仕事の指示 指摘・注意 英文メールでの「指摘・注意」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 報告書記載への指摘• 請求書記載への指摘 推奨・紹介 英文メールでの「推奨・紹介」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 人材を推奨、紹介• 取引先を推奨、紹介 助言・アドバイス 英文メールでの「助言・アドバイス」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 上司に助言を求める• 同僚に助言を求める• 部下に助言する 激励・励まし 英文メールでの「激励・励まし」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 同僚への激励• 部下への激励• 取引先への激励 称賛・評価 英文メールでの「称賛・評価」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 同僚への称賛• 部下への称賛• 取引先への称賛 注意・警告 英文メールでの「注意・警告」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 部下の勤怠態度への注意• 部下の仕事内容への注意 挨拶・お知らせ 英文メールでの「挨拶・お知らせ」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 転勤、異動の挨拶• 転職、退職の挨拶• クリスマスの挨拶• 年末年始の挨拶• 出産の知らせ お祝い・祝辞 英文メールでの「お祝い・祝辞」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 昇進のお祝い• 受賞のお祝い• 支店、事務所新設のお祝い• 設立記念のお祝い• 開店、開業のお祝い• 結婚、出産のお祝い お見舞い 英文メールでの「お見舞い」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 地震や火事など災害のお見舞い• 病気、ケガ、事故などのお見舞い お悔やみ 英文メールでの「お悔やみ」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 訃報へのお悔やみ(従業員の家族)• 訃報へのお悔やみ(取引先の家族) お礼・謝儀 英文メールでの「お礼・謝儀」で使える英語表現(英語例文)、英文メールとなります。 取引成立のお礼• 依頼受託へのお礼• スピーチへのお礼• 会合参加へのお礼• アドバイスへのお礼• 激励へのお礼• 接待へのお礼• お祝いのお礼• お見舞いのお礼• お悔やみのお礼.

次の