平成31年十円玉価値。 【実は価格が160倍!?】「ギザ10」や古銭の驚きの価値とは?

💰現行硬貨(1円玉〜500円玉)の年別発行枚数一覧【〜令和2年】

平成31年十円玉価値

・1円 昭和30年(3000円) ・5円 昭和27年(楷書体、2万円) ・10円 昭和26年(3万円) ・50円 昭和35年(菊50円ニッケル貨、1万円) ・100円 昭和36年(稲100円銀貨 1500円) ・500円 昭和62年(2000円) 評価は未使用の場合。 完全未使用はこれより評価は高い 発行枚数での稀少度として ・1円 平成13、14年(500円) ・5円 昭和32年(8000円) ・10円 昭和33年(23000円) ・50円 昭和62年(白銅貨、13000円) ・100円 平成13年(2000円) ・500円 昭和62年(2000円) これも評価は未使用で、完全未使用はこれより評価が高い 取引価格は状態にも左右され、必ずしも一定していませんが、実際はカッコ内の金額より安く売買されているようです。 しかし、いずれも美品以下のものになると、昭和32年の5円、昭和33年の10円は100~300分の1程度、昭和30年の1円で30分の1、その他のものは2~3分の1以下の評価になります。 ただ、平成22年銘の5円、50円の発行枚数は100万枚を下回るといわれており、その殆どは造幣局が売り出す貨幣セットに組み込むといい、殆ど流通はしないといわれています。 ただ平成21年の5円、50円もかなり少ないといわれ、相当プレミアムがついたのですが、実際はそれほどではなかったため、貨幣セットを買い込んでいた連中が投げ売りしたといいますので、平成22年度についても注意が必要です。 <1円玉> 昭和30年 2円 昭和42年 2円 昭和44年 2円 昭和64年 3円 平成12年 5円 平成13年 7円 平成14年 6円 平成22年 7円 <5円玉> 昭和24年 15円 昭和25年 10円 昭和26年 10円 昭和27年 20円 昭和28年 20円 昭和32年 400円 昭和33年 20円 昭和34年 23円 昭和35年 20円 昭和36年 15円 昭和42年 25円 昭和64年 7円 平成12年 30円 平成18年 20円 平成19年 20円 平成20年 25円 平成21年 50円 平成22年 1000円 <10円玉> 昭和26年 15円 昭和27年 11円 昭和28年 11円 昭和29年 11円 昭和30年 15円 昭和32年 30円 昭和33年 70円 昭和34年 13円 昭和61年 13円 昭和64年 12円 <50円玉> 昭和60年 70円 昭和61年 75円 昭和62年 8000円 平成12年 90円 平成13年 70円 平成14年 60円 平成15年 70円 平成16年 70円 平成17年 70円 平成18年 75円 平成19年 75円 平成20年 80円 平成21年 80円 平成22年 3000円 <100円玉> 平成13年 140円 平成14年 110円 <500円玉> 昭和62年 1500円 昭和64年 600円 ざっとこんなところです。 なお、上記は流通痕のある美品状態での評価額です。 未使用状態であればこれより高くなりますし、よほど状態が悪ければこれより低くなります。 まず、共通して昭和64年は数が少なめで若干価値があがります。 (それほどのものではないですが・・・) そして、硬貨ごとに挙げていくと 1円玉:平成12年~14年で、13年が最も価値が高いです 5円玉:昭和24年~昭和33年(漢字の「日本国」の表記が「日本國」となっている)で、昭和32年が段違いに価値が高い、そして平成12年も価値が高い 10円玉:昭和26年~昭和33年(縁がギザギザになっている、いわゆる「ギザ10」)、ただし昭和31年は発行なしで昭和33年が最も価値があります 50円玉:昭和62年を除けば、昭和35年 100円玉:平成13年と平成14年で、13年のほうが希少です 500円玉:昭和62年 他にも、厳密にいえば額面より若干高いものがいくつもありますが、代表的で価値がある程度高いものはこんなところでしょう。

次の

昭和~平成の小銭「1円・5円・10円・50円・100円・500円」の希少価値を一覧表まとめ

平成31年十円玉価値

mof. htm) 貨幣情報 図柄(表/裏) 国会議事堂、唐草/鳩、梅花 素材 黄銅(真鍮) 品位(千分中) 銅 600〜700、亜鉛400〜300 直径 22mm 量目 4. mof. htm) 貨幣情報 図柄(表/裏) 稲穂、歯車、水/双葉 素材 黄銅(真鍮) 品位(千分中) 銅 600〜700、亜鉛400〜300 直径 22mm 量目 3. mof. htm) 貨幣情報 図柄(表/裏) 稲稲穂、歯車、水/双葉 素材 黄銅(真鍮) 品位(千分中) 銅 600〜700、亜鉛400〜300 直径 22mm 量目 3. 75g 発行年 昭和34年〜 発行枚数や価格目安など一覧表 年号(西暦) 価格目安 発行枚数(枚) 完未 未使用 美品 並品 昭和34年(1959) 4,000 1,000 150 70 33,000,000 昭和35年(1960) 3,500 1,000 100 60 34,800,000 昭和36年(1961) 2,500 800 80 50 61,000,000 昭和37年(1962) 2,000 600 70 40 126,700,000 昭和38年(1963) 1,500 500 60 30 171,800,000 昭和39年(1964) 1,000 500 60 30 379,700,000 昭和40年(1965) 800 400 60 30 384,200,000 昭和41年(1966) 800 400 60 30 163,100,000 昭和42年(1967) 1,000 500 150 70 26,000,000 昭和43年(1968) 600 300 70 40 114,000,000 昭和44年(1969) 500 250 - - 240,000,000 昭和45年(1970) 500 250 - - 340,000,000 昭和46年(1971) 400 200 - - 362,050,000 昭和47年(1972) 300 150 - - 562,950,000 昭和48年(1973) 300 150 - - 745,000,000 昭和49年(1974) 200 100 - - 950,000,000 昭和50年(1975) 200 100 - - 970,000,000 昭和51年(1976) 300 150 - - 200,000,000 昭和52年(1977) 200 100 - - 340,000,000 昭和53年(1978) 200 100 - - 318,000,000 昭和54年(1979) 200 100 - - 317,000,00 昭和55年(1980) 200 100 - - 385,000,000 昭和56年(1981) 500 300 - - 95,000,000 昭和57年(1982) 200 100 - - 455,000,000 昭和58年(1983) 200 100 - - 410,000,000 昭和59年(1984) 300 100 - - 202,850,000 昭和60年(1985) 300 200 - - 153,150,000 昭和61年(1986) 500 300 - - 113,960,000 昭和62年(1987) 100 50 - - 631,775,000 昭和63年(1988) 100 50 - - 369,120,000 昭和64年(1989) 150 100 50 - 67,332,000 平成元年(1989) 100 - - - 960,660,000 平成2年(1990) 100 - - - 520,953,000 平成3年(1991) 100 - - - 517,120,000 平成4年(1992) 100 - - - 301,130,000 平成5年(1993) 100 - - - 413,240,000 平成6年(1994) 200 - - - 197,767,000 平成7年(1995) 100 - - - 351,874,000 平成8年(1996) 100 - - - 207,213,000 平成9年(1997) 100 - - - 239,086,000 平成10年(1998) 100 - - - 172,612,000 平成11年(1999) 100 - - - 60,130,000 平成12年(2000) 700 500 200 100 9,030,000 平成13年(2001) 200 100 - - 78,025,000 平成14年(2002) 100 - - - 143,662,000 平成15年(2003) 100 - - - 102,406,000 平成16年(2004) 200 100 - - 70,903,000 平成17年(2005) 600 400 200 100 16,029,000 平成18年(2006) 700 500 200 100 9,594,000 平成19年(2007) 1,000 500 200 100 9,904,000 平成20年(2008) 700 500 200 100 9,811,000 平成21年(2009) 1,500 1,000 400 200 4,003,000 平成22年(2010) 5,000 4,000 3,000 2,000 510,000 平成23年(2011) 5,000 4,000 3,000 2,000 456,000 平成24年(2012) 5,000 4,000 3,000 2,000 659,000 平成25年(2013) 5,000 4,000 3,000 2,000 554,000 平成26年(2014) 100 - - - 87,538,000 平成27年(2015) 100 - - - 105,004,000 平成28年(2016) 30,000,000 5円玉で価値の高い年代は? 昭和23年・24年に発行された「穴なしの黄銅貨」では、発行からの経過年数や、発行枚数の少なさから、並品でも 貨幣価値の10〜20倍という評価がされています。 穴のない5円玉に出会ったら、即キープですね! 昭和24年〜33年まで発行された「穴ありの黄銅貨(楷書体)」、こちらも、全ての年代で貨幣価値超えの評価がされています。 中でも昭和32年に発行された5円玉は高く評価されており、 並品で貨幣価値の50倍・250円という相場感となっています。 この年代の5円玉は、楷書体で文字が描かれているので、楷書体に出会ったらキープしておくようにしましょう。 昭和34年から発行された「現行の黄銅貨(ゴシック体)」では、年ごとの発行枚数によって価値が二分しています。 評価されている年代は、ある程度まとまっているので、覚えておくと良いかもしれません。 本来の貨幣価値より高く評価されているのは、 昭和34〜43年、平成12年、平成17〜25年の5円玉達です。 比較的最近のものでも高評価を得ていますが、発行枚数が100万枚以下という少なさなので、なかなか出会うのは難しそうです。 【関連】 古くなくても高評価な5円玉!? お気づきかもしれませんが、最近の5円玉でも、高い価格で取引されている年代があります。 それが、 平成22〜25年の5円玉で、いずれも並品で2,000円という高評価を得ています。 これは、でも同じ傾向がありました。 発行枚数を確認してみると、歴代のどの年代よりも少なく、平成23年にいたっては46万枚弱という少なさとなっています。 かなり少ない枚数なので、もしこれらの年代の5円玉に遭遇したら、是非キープしておきたいものです。 高価値な5円玉まとめ• 昭和23年,24年(並品 100円、50円)• 昭和24〜33年(並品 30〜250円)• 昭和34〜43年(並品 30〜70円)• 平成12年(並品 100円)• 平成17〜21年(並品 100〜200円)• 平成22〜25年(並品 各2,000円) 【注意】記念硬貨の買取でお近くの店舗にいく前に 記念貨幣(硬貨)を買い取ってもらおうと決めた時、あなたはどこで買取査定をしてもらうでしょうか?すぐに思いつくのは、お住まい付近の買取ショップ、またはチラシが入ってきた地域の買取業者ではないかなと思います。 すぐに足を運べる場所なのでつい選びがちですが.... その選択、ちょっとお待ち下さい!! 当サイト独自に行なった 「古銭買取経験のある方への満足度調査」によると、多くの方が地域の買取業者・店舗を利用されていました。 しかしその中には多く不満を抱く回答も多く、次は「ネット買取業者を利用したい」という声が多数上がりました。 近場の買取店を利用した方の「悪い口コミ」と「良い口コミ」.

次の

令和元年の硬貨の価値はどれくらい?プレミアム価格になる?

平成31年十円玉価値

平成31年度の硬貨 硬貨は、財務大臣が定める製造計画により、大阪にある独立行政法人造幣局が製造します。 それを財務大臣が、日本銀行に交付して流通となります。 製造計画は、例年、財務省が年度初めに発表します。 今年度は、4月から来年の3月までの計画は以下になります。 500円玉 2億700万枚 100円玉 3億7369万枚 50円玉 8200万枚 10円玉 2億7500万枚 5円玉 5600万枚 1円玉 100万枚 正確な枚数は財務省でもわからないそうです。 ただ、令和になってからも、令和の金型ができていないので、夏ごろまでは、平成31年の刻印の硬貨は製造されています。 1円玉、5円玉は、もともと製造枚数が少ないので、狙うとしたら1円玉、5円玉かもしれません。 5円玉の1ロール(250円)が、ヤフオクで3万円で取引となれば、価値があるように思いえますが、実際どうなのでしょう。 毎年、造幣局が出している、通常貨幣の6種類をセットにした「ミントセット」(平成31年)2000円のものが、では1万2000円の値がついています。 ヤフオクは単品、バラ銭で販売されていることが多いようです。 コイン商のようなところは、セットで売買されていることで、価値がつけられているようです。 また、平成23年度の1円玉、5円玉、50円玉は、それぞれ45万6000枚しか製造されず、しかも、すべて記念セットで使われて、市場には出回らなかったそうです。 スポンサドーリンク プレミア硬貨 一覧表 普通に流通している硬貨で、額面以上の価値があるとされる硬貨は以下のものになります。 使用済みで、おおよその価値になります。 ただし、買取可能かどうかは、また別の話になり、全部以下の値段で買い取りされるワケではないのでご注意ください。 10円玉玉に描かれている、平等院鳳凰堂の階段の脇の線の凹凸が薄いのが後期です。 上記以外に、古い年号でも状態が良いもの、またエラーがあるもの等については高い価値がつくものがあります。 例えば昭和26年10円玉の完全未使用60,000円は、コレクターの価値が高いことからの値段になると思われます。 価値ある硬貨を探すのであれば、使用済み硬貨から珍しい年号を探すことよりも、如何に綺麗な硬貨、もしくはエラーコインである場合、非常に価値のあるモノとして取引されるようです。 プレミア硬貨平成31年500円玉? 平成31年の500円玉は、価値が高そうに思えますが、今まで500円玉で一番、価値が高かったのは、昭和64年になります。 この時は、270万枚しか製造されなかったことから2000円の値段がついています。 一応、今年度分は2億枚以上作られますが、このうち平成31年のモノが何枚になるか、財務省でも今のところわからないそうなので、この枚数がはっきりすれば、おおよそがわかるかもしれません。 ただ、金型の関係で夏ごろまで、平成のモノが作られます。 昭和64年は、厳密に言うと1989年(1月1日 ~ 1月7日)の7日間です。

次の