鉄塔 ツイッター。 鉄塔から女子中学生が転落、高圧線で感電死か 宮崎:朝日新聞デジタル

笹森山テレビ・FM送信所【送信所訪問】

鉄塔 ツイッター

2 tweets 水曜日の森、そして兄です。 posted at 雑談公開収録、今週もお付き合いありがとうございましたー。 posted at 大和田常務の電話投げ posted at オワタ。 次回に期待! posted at 協力プレイはーじまるよー 1【三人称】"二人でオバケ退治!"ドンピシャ,鉄塔のルイージマンション3【Switch】 posted at 19時からプレミア放送予定です! お時間ある方はよろしくお願いしますー! 1【三人称】"二人でオバケ退治!"ドンピシャ,鉄塔のルイージマンション3【Switch】 より Retweeted by retweeted at ! posted at 日曜ポケモンです。 どうぞよろしくどうぞ。 4【三人称】鉄塔とポケットモンスター 剣盾 鎧の孤島編【DLC】 posted at Arkお疲れ様でございましたとさ。 ちょっと昔の森です。 16【三人称】鉄塔とあつまれ どうぶつの森【ぶつもり】 posted at 特急電車に乗ってから スケジュールを間違えてたことに 気付いたんだけど 特急って 停まらないね はやい すごい posted at 1 tweet 12日まではフライヤーが入っているはずなので、お手数ですが、ショップのカスタマーサポートに問い合わせて頂ければ! posted at 1 tweet マスクのなか蒸れ山蒸れ太朗。 ちょとだけ怖い回でしたが、来週もよろしくお願いします!ザッ posted at おはじまり。 3【三人称】鉄塔とポケットモンスター 剣盾 鎧の孤島編【DLC】 posted at 無観客トークイベント、無事に配信が終了しました!長々とお付き合いくださった皆様、劇場の皆様、スタッフの皆様、本当にありがとうございました! posted at 大丈夫であれー! posted at 5 tweets この人はまだ泳げません。 15【三人称】鉄塔とあつまれ どうぶつの森【ぶつもり】 posted at ラストぴったんです。 ドンVSぺ どうなるどうなる。 3【三人称】ガチンコ勝負! もじぴったんアンコール【ことばのパズル】END posted at 【賽助さん 選書フェア】ディスカヴァーさんが読書感想文大会をされています!課題本は賽助さんの「君と夏が、鉄塔の上」。 その名の通り、夏にぴったりの小説!この機会にたくさんの方に読んでほしい作品です!当店の賽助さん選書フェアは7月15日 水 にて終了予定。 Y Retweeted by retweeted at 昨日上がってました! 5【三人称】ぺちゃんこ,鉄塔が見守るドンピシャのThe Last of Us Part II【PS4】 より Retweeted by retweeted at SANNIN SHOPで販売されているイベント限定のトートバックが再販されたようです! ただ、以前に販売されていたものと僅かに差があるようなので、その点ご了承頂ければ! posted at 6 tweets おつラント! posted at 無事に放送出来ますように…! posted at 朝です posted at 読書感想文の企画があるみたいです。 夏休みっぽい懐かしさがありますなぁ。 怪獣大戦争みたいでした。 posted at• 前のページ•

次の

笹森山テレビ・FM送信所【送信所訪問】

鉄塔 ツイッター

路線図凡例 路線図凡例 前の表示ページに戻るときはブラウザの『戻る』で戻って下さい 路線の種類 1回線送電線 3相交流送電の最低限の単位の送電線です。 需要の少ない路線や工場引き込み線、2回線の送電線で豪雪地の脊梁山地を通る時とかに使われています。 上の写真は今はなき山形県西川町の吉白線で、山形県最古の送電路線です。 2回線送電線 3相交流送電線を2組にした送電線です。 1回線の送電線と比べて、もしも片側の送電線がダメージを受けても送電できるメリットがあります。 上の写真は埼玉県久喜市ので、とを結ぶ重要な路線です。 3回線送電線 3相交流送電線を3組にした鉄塔です。 あまり見かけないタイプです。 上の写真は東京都足立区にかつてあったで花畑変電所から足立区役所近くを架空送電線で結び、そこから地下に潜り蔵前変電所まで通っていました。 4回線送電線 4回線鉄塔は2回線鉄塔を縦または横に配列した形になります。 左の写真は埼玉県宮代町のでを潜るために横配置の矩形鉄塔になっています。 この路線はからを結ぶ4回線送電線になっています。 右の写真は埼玉県さいたま市のとで、上が、下がになっています。 この場合は上の送電線の鉄塔番号になっています。 上下線で路線名が違う場合には4回線とは言わずに2回線+2回線になります(併架路線とも言います)。 はと幸松変電所を結び、はから鷲宮変電所を結んでいます。 背後に見えるのは4回線のです。 鉄塔の種類 四角鉄塔 4本の足を正方形の断面で組んだ鉄塔です。 最もオーソドックスな鉄塔です。 写真は福島県喜多方市ので、この鉄塔自体かなりの年代物で、さらに後年嵩上げ工事がされています。 矩形鉄塔 四角鉄塔と似ていますが断面が矩形(長方形)になっているのが特徴です。 四角鉄塔と違い鉄塔内部に電線を引き込むことができ狭い場所でも電線を通すことができます。 写真は東京都足立区のとで形が違いますが両方とも矩形鉄塔です。 門型鉄塔 2本足にすることで狭い面積で設置できるのが特徴です。 鉄道路線の上部に送電線を通す時に多く使われています。 写真は東京都葛飾区ので住宅地に鉄道が走ってないのに突如として現れる門型鉄塔、たぶん設置面積の関係でこのような鉄塔が建てられたのでしょう。 1本ポール鉄塔 四角鉄塔ですとあたかも『鉄塔』という感じで周囲の見栄えも悪いことから嫌われることもあり、それをカムフラージュする感じの鋼管で造られた鉄塔が最近増えています。 また、ポールにすることにより設置面積が狭くできるのも特徴です。 写真は東京都大田区の安方線で周囲の住宅から見ても設置面積が狭くなっているのが分かると思います。 2本ポール鉄塔 併架鉄塔等では1本ポールで強度を保てないために2本足にして強度を保ったものもあります。 なお、これらのポール鉄塔は環境調和型鉄塔とも言われています。 写真は埼玉県久喜市のですが、かつて下段に1回線の国鉄(現JR)送電線が通っており、現在は撤去されましたので今は空きになっています。 紅白塗色鉄塔 渡河部や他の送電線を跨いだりする付近の背の高い鉄塔は航空機等に認識させるために紅白7段に色分けされています。 また夜間になると高層ビルのように赤いランプを点灯させ航空機等に認識させています。 写真は千葉県野田市ので利根川を跨ぐために高い鉄塔が建てられています。 捻架鉄塔 3相交流送電の位相を変えるための鉄塔で、長距離の送電線路に多く見かけます。 写真は埼玉県鴻巣市ので、下の桶川線共々ダブルで捻架しています。 引き下ろし鉄塔 変電所に配線するために下に引き下ろす引き込み線を設けた鉄塔です。 その形がドラキュラのマントのように見えることからドラキュラ鉄塔とも言われます。 写真は埼玉県久喜市ので背後にキューピー五霞線の引き留め引き下し鉄塔も見えダブルドラキュラ鉄塔になっています。 引き留め鉄塔 送電線の終端部の鉄塔で、終点には変電所か地下路線への施設があるために引き下ろし鉄塔も兼ねていることがほとんどです。 写真はで左の写真の奥に写っている鉄塔です。 ここから送電線は地中に潜り、キューピー五霞工場に地下配電されています。 烏帽子(えぼし)鉄塔 1回線の鉄塔の一種で、その形が昔の公家がかぶっていた烏帽子と似ていたからそう言われています。 形状から一部の路線を鉄塔内に納められるのが特徴で、日本では比較的積雪の多い地方で使われており、海外でも多く使われています。 また対空地線の腕金が猫の耳にも似ていることから猫耳鉄塔とも呼ばれています。 写真はかつてあった埼玉県鶴ヶ島市の安曇幹線で長野県塩尻市のから埼玉県鶴ヶ島市のを結ぶ路線で全線が烏帽子鉄塔になっています。 ドナウ鉄塔 近くに飛行場があったりして最高高さが制限されているところに多く見られる鉄塔です。 普通は2対を3段に配列していますが、4+2対の2段配列にして高さを低く抑えています。 写真は栃木県宇都宮市ので、かつての猪苗代旧幹線の一部を引き継いだ路線です。 この近くに陸上自衛隊北宇都宮駐屯地があり、そのために低い鉄塔になっています。 ポール架台 変電所内部にある変電所への受電部です。 最初は気がつきませんでしたがよく見るとこの鉄塔にも番号が付いていました。 写真は埼玉県川口市の京北変電所内にある瀬崎線で京北変電所から埼玉県八潮市の花葛線を結ぶ路線です。 2本柱 1回線の送電線では鉄塔ではなく昔ながらの電柱によるものもあります。 この中で2本の柱で支持されたものが2本柱です。 材質により木柱、コンクリート柱、鋼管柱があります。 左は群馬県太田市ので邑楽線から分岐して富士重工の工場への路線で、小高い丘を越えるところが木柱2本柱になっています。 右は群馬県前橋市ので、から分岐して電研赤城センターを結ぶ路線です。 そのほとんどが2本柱になっているのが特徴で、一部は写真のような鋼管柱になっているところもあります。 なお、上の環境調和型鉄塔と類似しますが柱の高さが電灯線並のためにこれは2本柱に含み、詳細図はコンクリート柱に準じた表現にしています。 1本柱 文字通り1本の柱で支持されているもので電灯線然しているのが特徴で碍子の大きさとかを見なければ電灯線と見間違えてしまうほどです。 左は宮城県栗原市の細倉鉱山近くの送電線で、完全に高圧送電線とは見えない姿です。 右は秋田県湯沢市の樺山線でこちらも高圧送電線には見えませんね。 すずらん柱 1本柱のうち三角配列にした支持柱です。 上に曲がって伸びた腕金がスズランの穂のように見えることからそういう名前がつきました。 似たような支持物がJR東日本の羽越線やJR九州の日豊線とかでもあります。 左の写真はで前橋市の泉沢線から分岐して、USS東洋群馬工場を結ぶ路線でかつては野中変電所から線が伸びていました。 この路線は特徴のある鉄塔あり、木柱・コンクリート柱ありとバラエティーに富んだ路線です。 右の写真は茨城県龍ケ崎市の竜ヶ崎変電所から利根町の利根浄化センターを結ぶ利根浄化線で、木柱・コンクリート柱が混在する有名な路線です。 この路線ですが、2009年4月に訪れたときは利根川付近で撤去作業が始められ、その後の経過が気になるところです。 前の表示ページに戻るときはブラウザの『戻る』で戻って下さい 写真、図版の無断複製転載を禁じます.

次の

三人称(SANNINSHOW)・鉄塔さんの本名・素顔・小説まとめ

鉄塔 ツイッター

路線図凡例 路線図凡例 前の表示ページに戻るときはブラウザの『戻る』で戻って下さい 路線の種類 1回線送電線 3相交流送電の最低限の単位の送電線です。 需要の少ない路線や工場引き込み線、2回線の送電線で豪雪地の脊梁山地を通る時とかに使われています。 上の写真は今はなき山形県西川町の吉白線で、山形県最古の送電路線です。 2回線送電線 3相交流送電線を2組にした送電線です。 1回線の送電線と比べて、もしも片側の送電線がダメージを受けても送電できるメリットがあります。 上の写真は埼玉県久喜市ので、とを結ぶ重要な路線です。 3回線送電線 3相交流送電線を3組にした鉄塔です。 あまり見かけないタイプです。 上の写真は東京都足立区にかつてあったで花畑変電所から足立区役所近くを架空送電線で結び、そこから地下に潜り蔵前変電所まで通っていました。 4回線送電線 4回線鉄塔は2回線鉄塔を縦または横に配列した形になります。 左の写真は埼玉県宮代町のでを潜るために横配置の矩形鉄塔になっています。 この路線はからを結ぶ4回線送電線になっています。 右の写真は埼玉県さいたま市のとで、上が、下がになっています。 この場合は上の送電線の鉄塔番号になっています。 上下線で路線名が違う場合には4回線とは言わずに2回線+2回線になります(併架路線とも言います)。 はと幸松変電所を結び、はから鷲宮変電所を結んでいます。 背後に見えるのは4回線のです。 鉄塔の種類 四角鉄塔 4本の足を正方形の断面で組んだ鉄塔です。 最もオーソドックスな鉄塔です。 写真は福島県喜多方市ので、この鉄塔自体かなりの年代物で、さらに後年嵩上げ工事がされています。 矩形鉄塔 四角鉄塔と似ていますが断面が矩形(長方形)になっているのが特徴です。 四角鉄塔と違い鉄塔内部に電線を引き込むことができ狭い場所でも電線を通すことができます。 写真は東京都足立区のとで形が違いますが両方とも矩形鉄塔です。 門型鉄塔 2本足にすることで狭い面積で設置できるのが特徴です。 鉄道路線の上部に送電線を通す時に多く使われています。 写真は東京都葛飾区ので住宅地に鉄道が走ってないのに突如として現れる門型鉄塔、たぶん設置面積の関係でこのような鉄塔が建てられたのでしょう。 1本ポール鉄塔 四角鉄塔ですとあたかも『鉄塔』という感じで周囲の見栄えも悪いことから嫌われることもあり、それをカムフラージュする感じの鋼管で造られた鉄塔が最近増えています。 また、ポールにすることにより設置面積が狭くできるのも特徴です。 写真は東京都大田区の安方線で周囲の住宅から見ても設置面積が狭くなっているのが分かると思います。 2本ポール鉄塔 併架鉄塔等では1本ポールで強度を保てないために2本足にして強度を保ったものもあります。 なお、これらのポール鉄塔は環境調和型鉄塔とも言われています。 写真は埼玉県久喜市のですが、かつて下段に1回線の国鉄(現JR)送電線が通っており、現在は撤去されましたので今は空きになっています。 紅白塗色鉄塔 渡河部や他の送電線を跨いだりする付近の背の高い鉄塔は航空機等に認識させるために紅白7段に色分けされています。 また夜間になると高層ビルのように赤いランプを点灯させ航空機等に認識させています。 写真は千葉県野田市ので利根川を跨ぐために高い鉄塔が建てられています。 捻架鉄塔 3相交流送電の位相を変えるための鉄塔で、長距離の送電線路に多く見かけます。 写真は埼玉県鴻巣市ので、下の桶川線共々ダブルで捻架しています。 引き下ろし鉄塔 変電所に配線するために下に引き下ろす引き込み線を設けた鉄塔です。 その形がドラキュラのマントのように見えることからドラキュラ鉄塔とも言われます。 写真は埼玉県久喜市ので背後にキューピー五霞線の引き留め引き下し鉄塔も見えダブルドラキュラ鉄塔になっています。 引き留め鉄塔 送電線の終端部の鉄塔で、終点には変電所か地下路線への施設があるために引き下ろし鉄塔も兼ねていることがほとんどです。 写真はで左の写真の奥に写っている鉄塔です。 ここから送電線は地中に潜り、キューピー五霞工場に地下配電されています。 烏帽子(えぼし)鉄塔 1回線の鉄塔の一種で、その形が昔の公家がかぶっていた烏帽子と似ていたからそう言われています。 形状から一部の路線を鉄塔内に納められるのが特徴で、日本では比較的積雪の多い地方で使われており、海外でも多く使われています。 また対空地線の腕金が猫の耳にも似ていることから猫耳鉄塔とも呼ばれています。 写真はかつてあった埼玉県鶴ヶ島市の安曇幹線で長野県塩尻市のから埼玉県鶴ヶ島市のを結ぶ路線で全線が烏帽子鉄塔になっています。 ドナウ鉄塔 近くに飛行場があったりして最高高さが制限されているところに多く見られる鉄塔です。 普通は2対を3段に配列していますが、4+2対の2段配列にして高さを低く抑えています。 写真は栃木県宇都宮市ので、かつての猪苗代旧幹線の一部を引き継いだ路線です。 この近くに陸上自衛隊北宇都宮駐屯地があり、そのために低い鉄塔になっています。 ポール架台 変電所内部にある変電所への受電部です。 最初は気がつきませんでしたがよく見るとこの鉄塔にも番号が付いていました。 写真は埼玉県川口市の京北変電所内にある瀬崎線で京北変電所から埼玉県八潮市の花葛線を結ぶ路線です。 2本柱 1回線の送電線では鉄塔ではなく昔ながらの電柱によるものもあります。 この中で2本の柱で支持されたものが2本柱です。 材質により木柱、コンクリート柱、鋼管柱があります。 左は群馬県太田市ので邑楽線から分岐して富士重工の工場への路線で、小高い丘を越えるところが木柱2本柱になっています。 右は群馬県前橋市ので、から分岐して電研赤城センターを結ぶ路線です。 そのほとんどが2本柱になっているのが特徴で、一部は写真のような鋼管柱になっているところもあります。 なお、上の環境調和型鉄塔と類似しますが柱の高さが電灯線並のためにこれは2本柱に含み、詳細図はコンクリート柱に準じた表現にしています。 1本柱 文字通り1本の柱で支持されているもので電灯線然しているのが特徴で碍子の大きさとかを見なければ電灯線と見間違えてしまうほどです。 左は宮城県栗原市の細倉鉱山近くの送電線で、完全に高圧送電線とは見えない姿です。 右は秋田県湯沢市の樺山線でこちらも高圧送電線には見えませんね。 すずらん柱 1本柱のうち三角配列にした支持柱です。 上に曲がって伸びた腕金がスズランの穂のように見えることからそういう名前がつきました。 似たような支持物がJR東日本の羽越線やJR九州の日豊線とかでもあります。 左の写真はで前橋市の泉沢線から分岐して、USS東洋群馬工場を結ぶ路線でかつては野中変電所から線が伸びていました。 この路線は特徴のある鉄塔あり、木柱・コンクリート柱ありとバラエティーに富んだ路線です。 右の写真は茨城県龍ケ崎市の竜ヶ崎変電所から利根町の利根浄化センターを結ぶ利根浄化線で、木柱・コンクリート柱が混在する有名な路線です。 この路線ですが、2009年4月に訪れたときは利根川付近で撤去作業が始められ、その後の経過が気になるところです。 前の表示ページに戻るときはブラウザの『戻る』で戻って下さい 写真、図版の無断複製転載を禁じます.

次の