合掌 画像。 合掌の意味とは?なぜ手を合わせるの?僧侶がわかりやすく解説!!

ご利用案内-資料閲覧・貸出案内

合掌 画像

もくじ• 胸や額の前で 両手の手のひらを合わせて相手への 敬意を表します。 仏教が起こるよりも前から、インドでは合掌の姿で挨拶がなされていたようです。 合掌の意味 一言で言うなら 合掌の意味は尊敬と感謝です。 インドでは今でも挨拶で「ナマステ」という挨拶をしますよね。 「ナマス namas 」は敬意・敬意の意味、「テー te 」はあなたにという意味。 合掌とともに「ナマステ」と言うインドの挨拶は「あなたに敬意を持って礼拝します」という敬いの気持ちを表した挨拶ということですね。 また、インドでは 右手が清浄な手、 左手が不浄な手とされています。 清浄な手とは仏の象徴であり、 不浄な手は人間をあらわします。 仏前で手を合わせることで この2つが一体となる意味を持っているんですね。 合掌の姿は平和的 この 合掌の姿は相手に対する暴力的な意思がないことを示しています。 仏教とともに合掌の所作が伝わったタイなどでも挨拶の時には手を合わせ合掌します。 これは目の前の相手に対して「あなたのことを大事に思ってますよ、敬意を持っていますよ。 」ということを態度で示しているわけです。 合掌・礼拝の仕方 合掌・礼拝をするときの基本の姿勢を紹介いたします。 これを参考にしてお寺やお仏壇に参る時にやってみてください。 1.両手をみぞおちの前あたりであわせる。 軽く胸にあたる程度で手の角度は45度程度。 みぞおちの前あたりで手を合わせます。 2.数珠を両手にかけ組紐・房が自然に下にたれるようにし、親指で軽く押さえます。 合掌した両手にをかけましょう。 視線はご本尊であるさまの方にむけてください。 数珠は両手を通してください。 3.「南無阿弥陀仏 なむあみだぶつ 」と数回声にだしてお念仏を唱え、上体を前方に45度傾け礼拝します。 浄土真宗では合掌・礼拝とともにお念仏をとなえます。 南無阿弥陀仏と唱えつつ礼拝 4.おもむろに上体をもどし、合掌をときます。 合掌・礼拝した後はもとの姿勢にもどりましょう。 元の姿勢にもどります。 お経の中の合掌 の中のひとつ、仏説無量寿経の中には合掌・礼拝の姿が表現されています。 詣世自在王如來所 げせじざいおうにょらいしょ 稽首佛足 けいしゅぶっそく 右繞三帀 うにょうさんぞう 長跪合掌 じょうきがっしょう 以頌讚曰 いじゅさんわつ 訳:(法蔵菩薩が)世自在王仏のおそばへ行って仏足をおしいただき、三度右まわりにその師の周りをめぐり、地にひざまずいてうやうやしく 合掌 がっしょう し、次のように世自在王仏のお徳をほめたたえた。 さて、難しそうで急に読む気がなくなりますよね・・・。 ですので、かなりフランクに訳しますと 昔あるところに、のちに阿弥陀仏という仏にランクアップするスーパーすごい 法蔵菩薩という方がおられました。 その法蔵菩薩が、お師匠様となるこれまた超スーパーすごい世自在王仏さまに対して、その周りを右回りに3周まわってひざまずいて頭を下げ、手を合わせました。 という感じですね。 「尊敬する人の周囲を右回りにまわる」というのはインドの古い風習で敬意を表すものだそうです。 これは現代のお寺の作法にも残っています。 法要の時に僧侶がお勤めをしながら本堂内を右回りにパレードする行道(ぎょうどう)という作法の中に見ることができます。 このお経ではこの文章のあとに讃仏偈 さんぶつげ という世自在王仏を褒め称える偈文が続いていきます。 意訳すると、お師匠様はまじすごい、めちゃんこすごい。 そんな仏にオレもなる!! みたいな感じです。 すごいぜ師匠〜!! と言葉で褒め称え、そしてひざまづいて合掌するという行動もあわせて 最上級の敬意を示しているということですね。 この姿をもとにして、 われわれも仏さまの前で合掌して礼拝し、お勤め(お経を読んだり、言葉で仏を讃えている)をしているのです。 形から入るのはとても大事 よく耳にする言い方に「形から入る」という言い方があります。 これは物事の本質や内容はおいといて、とりあえず道具をそろえたり、フォームをまねしたりする事からはじめることですね。 少し小馬鹿にしたような言い方に感じるかもしれません。 でも、この 「形から入る」という事は 人間が学びをえる上でとても重要なことなんです。 例えば、こども達は難しいお経を理解することはできないかもしれませんが、合掌・礼拝の仕方を教えればすぐに実践することができます。 1歳半ぐらいのこどもでも仏壇の前で手を合わせるのはできますからね。 もちろん意味はわかっていないでしょう。 それでも形から覚えて、だんだん理解すれば良いのです。 しかし、この簡単なことも大人になるにつれて声にだすのは恥ずかしい、やっても意味がない、など 理屈が邪魔をしてなかなか実践できなくなるのが世の常です。 お仏壇の前でお寺さんがお勤めしてくれたらええわ。 ではなく、仏前に座るその 本人が参ることが大事なんです。 理想的には「内容がわかって行動がともなう」のが一番だとは思うのですが、 人間やり始めてから好きにな るものってたくさんあるのではないでしょうか? むしろ実際に行動に起こして、 しばらく時間が経過してからでないと物事の本質というのはわからないことのほうが多いはずなのです。 繰り返しによって「気づき」がもたらされるのです。 先日、この歌詞のあとには 「ふしとふしをあわせてふしあわせ」という言葉が続くんだと聞かせていただきました。 合掌とは反対に節と節をあわせる、つまり 拳と拳があわさる世界は不幸せだというそうです。 相手を叩きのめすために振るわれる暴力は決してあってはならないことです。 節をあわせ 「い」がみ合って争う世界ではなく、しわをあわせて 「お」がみあって尊敬しあう世界にしていきたいものです。 今は仏壇に参る気なんて起こらないという人も、この記事を読んでちょっと何か感じていただけたなら、まずは姿勢を正して手を合わせるだけでもいいのでやってみてくださいね。 手を合わせる場所、お仏壇を用意しよう そしてどうせならきちんと仏様に手を合わせる場所としてのお仏壇を用意しましょう。 仏様に手をあわせるということを通して開かれてくる自分自身への発見があるかもしれません。 「」という記事も仏壇の意義がわかりやすいと思いますのであわせて読んでみてくださいね。

次の

「背中で合掌」できる?肩甲骨をほぐす簡単ストレッチ&ヨガのやり方

合掌 画像

合掌している。 両手のひらを胸または顔の前で合わせる。 概説 [ ] 右手はの象徴で、清らかなものや知恵を表す。 左手は、つまり自分自身であり、不浄さを持ってはいるが行動力の象徴である。 両手を合わせることにより、仏と一体になることや仏へのを示すとされる。 仏教徒は、あらゆる挨拶において合掌をするが、特に他人に向かって合掌をすることは、その者への深い尊敬の念を表す。 以外(特に)ではしばしばのつもりでの(・・など)に向かって合掌しをするものがいるが、以外の一般人が日常の挨拶として合掌をするのはやの一部の国や地域(のやのなど)に限られる。 このはをはじめとする(・・など)にしばしば登場する。 では仏教に関する儀式の際に行われるだけでなく、をするときやをするときに、相手を持ち上げるための仕草として使う例もある。 また、食前食後の挨拶の際に合掌する例もあるが、これは仏教由来の習慣である。 ではとして手を打ち合わせるが、その後は両手を下ろし、お辞儀して礼拝する(神道の礼拝では、合掌はしない)。 合掌の種類 [ ]• 堅実心合掌 - 最も一般的な合掌。 両手の平および指をまっすぐに伸ばしてずれや隙間のないようにぴったりと合わせる。 素直で偽りのないの心を表現するとされる。 虚心合掌 - 手の平と手の平の間に、少し隙間ができるように合わせる。 子どものような穢れのない心を表現するとされる。 金剛合掌 - 指を少し開き、交互に組むようにして 右手を上に手の平を合わせる。 左手を上にする人もいるがそれは正しくない。 より強い仏への帰依を表すとされ、帰命(きみょう)合掌とも呼ばれる。 片手で行う略礼という形式もある。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - この項目は、に関連した です。

次の

合掌の意味とは?なぜ手を合わせるの?僧侶がわかりやすく解説!!

合掌 画像

合掌している。 両手のひらを胸または顔の前で合わせる。 概説 [ ] 右手はの象徴で、清らかなものや知恵を表す。 左手は、つまり自分自身であり、不浄さを持ってはいるが行動力の象徴である。 両手を合わせることにより、仏と一体になることや仏へのを示すとされる。 仏教徒は、あらゆる挨拶において合掌をするが、特に他人に向かって合掌をすることは、その者への深い尊敬の念を表す。 以外(特に)ではしばしばのつもりでの(・・など)に向かって合掌しをするものがいるが、以外の一般人が日常の挨拶として合掌をするのはやの一部の国や地域(のやのなど)に限られる。 このはをはじめとする(・・など)にしばしば登場する。 では仏教に関する儀式の際に行われるだけでなく、をするときやをするときに、相手を持ち上げるための仕草として使う例もある。 また、食前食後の挨拶の際に合掌する例もあるが、これは仏教由来の習慣である。 ではとして手を打ち合わせるが、その後は両手を下ろし、お辞儀して礼拝する(神道の礼拝では、合掌はしない)。 合掌の種類 [ ]• 堅実心合掌 - 最も一般的な合掌。 両手の平および指をまっすぐに伸ばしてずれや隙間のないようにぴったりと合わせる。 素直で偽りのないの心を表現するとされる。 虚心合掌 - 手の平と手の平の間に、少し隙間ができるように合わせる。 子どものような穢れのない心を表現するとされる。 金剛合掌 - 指を少し開き、交互に組むようにして 右手を上に手の平を合わせる。 左手を上にする人もいるがそれは正しくない。 より強い仏への帰依を表すとされ、帰命(きみょう)合掌とも呼ばれる。 片手で行う略礼という形式もある。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - この項目は、に関連した です。

次の