ロマサガrs 育成方法。 「ロマサガRS」をパソコンでプレイ! NoxPlayer

『ロマサガRS』SSランクのタチアナ登場!避けられていた過去から一転、なぜいま彼女にスポットライトが当たるのか

ロマサガrs 育成方法

スタイルによってキャラステータスの上がりやすさに差が有る ここからが今回の本題。 なんとなくプレイしてなんとなく育成しているプレイヤーはまずこれを読んでほしい。 実はロマサガRSは 同じキャラでもSSスタイルとSスタイルとAスタイルで伸びやすいステータスが異なるという特徴がある。 さらに言えば、 SSスタイルよりもSやAスタイルの方が伸びやすいステータス項目が多い傾向になっている。 SSスタイルとSスタイル・Aスタイルでどれくらい差が有る? こちらはSSアルベルトとSアルベルト。 成長のしやすさが明らかに違うのがわかる。 体力育成に関してはSSが優秀だが、Sの場合腕力・器用さ・素早さ・魅力が上がりやすいメリットがある。 SSユリアンとAユリアンの比較。 なんと言う事でしょう 棒読み。 AスタイルはSSスタイルと同じ体力・素早さが上がりやすいだけでなく、器用さと愛も上がりやすいではないか。 SウンディーネとAウンディーネの比較。 Sでは知力・精神・愛が上がりやすいが、Aだと体力・器用さ・素早さ・知力が上がりやすい。 しかも知力に関しては大きく上がりやすいので、術のダメージ量を上げたいならAで育成した方がおすすめ。 SSルージュとAルージュの比較。 どちらも体力・素早さが上がりやすい。 しかしAスタイルは同時に魅力がかなり上がりやすくなっている。 育成する場合はAスタイルでやった方がお得だ。 SSウルピナとAウルピナの比較。 Aスタイルの方が明らかに成長しやすいようになっているのがわかる。 効率よく 育成するために もうわかったと思うが、 このゲームはSSスタイルのみで育成するべきではない。 SスタイルやAスタイルのキャラステータス上昇補正をしっかりと確認してから育成しなければならない。 最初からSSスタイルだけで育成していくと、思ったよりステータスが上がらない問題が発生する。 序盤から積極的にAスタイルやSスタイルを使用して育成するのが間違いなく効率の良い育成方法だ。 クエストによって成長限界や成長のしやすさに差がある 例えばメインクエストのノーマルとベリーハードでは成長する限界に差があるのは明白。 ここではHP350までしか成長しないけど、こっちだと500まで上がるよって感じで設定されている。 さらに、同じベリーハードでも、6話までと7話以降では大きな差が設けられていることにも注意したい。 全体攻撃キャラを育成しよう Aスタイルを引き連れて周回するのが効率よく育成するコツだが、Aスタイルだけだと苦戦することも。 そこでパーティのAスタイルを引率するキャラが必要だ。 具体的には全体攻撃持ちのキャラだが、特におすすめなのは SSブルーとSSコウメイだ。 彼らは全体攻撃スキルのプロフェッショナル。 ライトボールという低BPで使える全体攻撃を持っているのでめちゃくちゃ育成時にはお世話になる。 育成効率を上げるならば先にSSブルーとSSコウメイの入手と育成が理想だろう。

次の

「ロマサガRS」をパソコンでプレイ! NoxPlayer

ロマサガrs 育成方法

舞台は「ロマンシングサガ3」から300年後の世界。 歴代のキャラクター達も集結し、オリジナルストーリーで描かれる新たなSaGa。 それは突如として世界中に現れた。 そして、グレイヴを攻略した者だけに与えられる力。 誰でも編集できるwikiとなっていますので、ぜひご参加ください。 編集はできないけど情報提供だけでも…というお気持ちだけでもとてもありがたいです。 当サイトは相互リンクを募集しています。 コメント欄またはにてご連絡お待ちしております。 このウェブサイトで使用されている画像や文章データは株式会社スクウェア・エニックス及び株式会社アカツキに帰属します。 , LTD. All Rights Reserved. Powered by Akatsuki Inc.

次の

【ロマサガリユニバースRS攻略】仲間の育成方法は?

ロマサガrs 育成方法

【記事の補足】 各クエスト毎の素ステ上限値の数値は、 SSカタリナの旧上限値を基準に平均値を算出して記載しています。 能力上限の大体の目安として参考にしてください。 【前提】遠征「ジャングル奥地」でも到達可能 パーティ戦闘力30,000は遠征「ジャングル奥地」で遠征を繰り返しても到達できる育成ラインです。 チケットが余っているならスタメンキャラにガンガン使用し、次の のステップに進みましょう。 遠征「ジャングル奥地」解放条件の VH7-2-5のクリアがまだの場合は、下記に記載の戦闘力30,000が目指せるクエストを周回して育成し、VH7攻略を目指しましょう。 メインVH4-1-5. こちらは"VH4-1-5と比べて" スタミナ消費が少ない代わりに 副産物がないので一長一短です。 メインH6-1-5. ハードのため スタミナ消費が軽く、しっかりと育成されたSSコウメイやSSブルーがいれば他は誰でもいいので パーティの自由度が高いのも魅力です。 出現する敵こそ多いものの1体辺りのHPが少なく、 全体攻撃でまとめて処理できるため周回しやすいです。 ソフィアやゆきだるまなど棍棒で術を使用するキャラの強化に重要な要素になるので、能力上げと並行して属性厳選できるのが魅力です。 メインVH9-1-4. 所持しているキャラによっては VH7、8よりも周回しやすい場合もあります。 生存率をあげるためにも、副防具は 斬耐性を意識しましょう。 ラウンド1ではHPが低めのレブナントが5体出現するため、 全体攻撃持ちがおすすめです。 メインVH10-1-2. 編成の自由度も高い VH10-1-2は10話のベリーハード中でも難易度が低めでオートでも周回しやすいです。 メインVH10-1-3. メインVH11-1-2. 編成の自由度も高い VH11-1-2は11話のベリーハード中でも敵の出現数が少なく、オートでも周回しやすいです。 打アタッカーを育成しながら、打武器も厳選できるのが大きなメリットです。 メインVH11-2-3. 難易度は11-2-1より高めなので、小剣の厳選が終わったら11-2-1に戻るか、 12話周回に進むのがおすすめです。 メインVH12-2-2. 敵の攻撃もほぼ斬攻撃になっているため、ベースで斬耐性が高い 斬アタッカー主体で安定周回が可能です。 敵のHPが少ない代わりに出現数が多いので、 全体攻撃や 範囲攻撃キャラを編成して まとめて処理しましょう。 VH12-2-2では水杖と土杖がドロップするため、能力上げと同時に杖の能力厳選が可能です。 メインVH12-2-5. 出現数が少ないので、比較的周回も簡単で安定します。 敵が 縦一列攻撃を使用するので、体術キャラを編成する場合でも ラピットストリームは避けましょう。 VH12-2-5では光杖と闇杖がドロップするため、能力上げと同時に杖の能力厳選が可能です。 メインVH外伝-2-1. 強い攻撃がほぼ無いため、周回も簡単で安定します。 開幕で全体攻撃ができると、 シュラークをまとめて処理できるので、周回速度アップに繋がります。 メインVH外伝-2-4. メインVH13-2-2. また、1、3ラウンドの敵は陰弱点でもあるため、新ルージュも輝きます。 それぞれの引率役などは下記ページにてまとめていますので、参考にしてみてください。 HPに関しては表記の数字より伸びる可能性がありますが、「ここまではそれなりに上がりやすいよ」 というラインまでの数値で記載しています。 能力上限の大体の目安として参考にしてください。 この期間は対象キャラを育成するチャンスなのでスタミナ回復剤を効率良く使うようにしましょう。 素ステの上限値について 「素ステ」とはスタイル補正・装備補正等を除いた キャラの純粋なステータスのことです。 素ステはキャラ毎に上限値が決められており、中には同じキャラでもスタイル事に上限値が異なる例もあります。 1例としてSとAで器用さの育成傾向が違うクローディアの場合、Sの器用さは旧上限値 51に対し、Aは旧上限値 54まで伸びます。 このように、キャラを限界まで育成するには育成傾向の違う スタイルを切り替えて能力上げを行う必要があります。 HPは周回数、能力値はより高難度を周回 HPは他の能力値に比べて上昇幅が大きいため、比較的低めの難易度のクエスト周回でも上がりやすいです。 逆に能力値は、最大値に近づくに連れて、より高難度のクエストでない限り上がらなくなってきます。 そのため、HPだけ上げたいのであれば少し難易度を落として 周回数を稼ぎ、能力値を上げたい場合はさらに上の難易度での周回に切り替えるのがおすすめです。 ベリーハードで武器集めと合わせて周回 ベリーハードでドロップするS武器には能力付き武器があるため、能力の厳選も兼ねることでパーティを一気に強化することができます。 周回するクエストを厳選したい武器種がドロップするクエストから選ぶのもありです。 そもそも能力上げとは? 能力上げとは"キャラ"の"基本能力値"を上げること 「能力上げ」とはクエストをクリアした時に成長するキャラクターの 基本能力値を上昇させることです。 スタイルのレベル上げなどとは別にキャラクターを強化することができるため、より高難度のクエストを攻略する上で非常に重要なポイントです。

次の