キット カット 早口。 名古屋弁の早口言葉 : 毎日徒然良い加減

キットカット早口言葉関西弁では何て言う?|特ダネレポ!

キット カット 早口

ぐらさんお誕生日おめでとおおおおおおおおおおおおうわあああああ可愛いよ神楽あああふわああああ。 永遠なれの抜刀斎沖田と神楽たん。 まだ11月だしセーフだと思ってる。 沖田隊長が神楽たん好き過ぎてなんか隊長じゃないみたい。 設定はいろいろ捻じ曲げてるので気にしない方たちで楽しんでいただければ…細かい設定はないよ!ごめんなたいっ! ふわわわわ11月12日付の小説ルーキーランキング 38 位に入りました!ありがとうございます!こんなの初めてでもうどうしたらいいか…!いつの間にかブックマークも50超えてる…!どうしたの…!皆様ありありありがとうなのです! 小説ルーキーランキング 6 位…だと…!ありありがとなのです…なに怖いこれ…• 「だからやるっつってんだろィ。 聞こえねェのか、この阿婆擦れが」 そんなこと言われたって。 いつも通り普通に何でも屋をこなして何か情報は無いかと必死に走っていつも通り何もなくて定春と住む家に帰って。 玄関先に置いてあるティッシュ箱くらいの箱を拾い中を開ける。 そこにはびっしりと酢昆布が入っていた。 カードも何も無いその箱はきっと新八のものだ。 顔をみなくなって、会話もしなくなって、それでもこの日だけは繋がりを置いていてくれる。 そんなことされたってどうにもならないのに。 「…だからあんたは童貞なのよ、ばか」 その箱を抱いて部屋に入る。 番傘を玄関に投げ捨ててブーツをぽいと放って。 部屋のど真ん中においてある人をだめにするクッションに顔面から倒れて神楽は息を吐いた。 もう18になってしまった。 銀時は相変わらず見つからない。 妙の病状も悪化するばかり。 自分は何をしているのだろう。 こんなとき銀時ならどうするだろうか。 「…どこにいるアルか、銀ちゃん…」 アルアルなんてべたな中国語は捨てたつもりだった。 あの頃の思い出も何もしてくれないと振り返らない覚悟もしていたのに。 目を閉じるとあの頃ばかりが浮かび上がって、神楽にはそれがなによりも辛かった。 楽しいことを思い出すたびに、あの日々が戻ってこないような気がして仕方ない。 自分がいくら年を重ねたって銀時はいない。 あのときの家族はここには誰一人いない。 「定春だけよ、いまも…私のそばにいてくれるのは」 自身の横に甘えるように身体を摺り寄せてきた定春の頭を撫でながら箱を片手で強く抱き締める。 こんなものをくれるくらいなら顔を見せたらいいのに。 そう考えてしまう自分はまだ子供なのだろうか。 「…グルル」 「定春?」 目を閉じ甘えていた定春がベランダの窓を強く睨み付ける。 箱を置いてそっとその窓を開ければ長い髪を風に揺蕩せながら男が一人立っていた。 こんな夜中に来るとは些か不躾ではあるが、そういうところがこの男らしいといえばらしいではあった。 「何の用よ」 口に咥えた葉をぷっと地面に投げ捨てて男がドアに手を掛ける。 閉めようと力をいれるもそれをやんわりと制して男は部屋へと入った。 相変わらず定晴は小さく呻いている。 いつもなら唸るはずはないのだがと眉を寄せるもその匂いに神楽は目を細めた。 「あんた、誰かを斬って来たの?定晴が嫌がってるんだけど」 「仕事でござるよ。 拙者は人斬り。 致し方ないでござる」 「その喋り方やめてくんない。 訴えられるわよ」 「ならテメェこそ止めな。 アルアル言ってろィ」 「言うわけないでしょ。 ばかじゃないの」 勝手に入ってきた沖田が先程まで神楽が座っていた人をだめにするクッションに背中を預ける。 そのまま深く凭れながら定晴の頭をぐしぐしと撫でた。 「悪ィな狛犬。 今日は仕事がひどかったもんで。 我慢してくれ」 「…くぅ」 定晴が小さく返事をする。 頭を地面に伏せゆっくり目を閉じ定晴は眠りに入ってしまった。 今日は遠くまで行き過ぎて定晴はきっと疲れている。 しゃがみ込み定晴の背中を撫で神楽は小さな簡易キッチンへと向かった。 「何しに来たの。 仕事終わったんなら帰りなさいよ」 真っ赤なポットに水を入れコンロに掛ける。 その間にカップを取り出しさらさらとインスタントコーヒーを注ぎスティック砂糖を二本流す。 ミルクはあったかと冷蔵庫へと足を向けようとした瞬間に神楽は背中を抱き込まれた。 「おめでとさん」 ほのかに血の匂いがするが、その中に沖田の匂いがふわりと揺れる。 腕か逃げないようにと二の腕から胸へ沖田の腕が回る。 額を神楽の旋毛にあてながら沖田は呟いた。 「…教えた覚えはないんだけど」 「去年も祝ってやったろィ」 「勝手に来たんじゃない。 家だって教えた覚えないんだけど。 なに、あんたストーカーなの。 ゴリラみたいになるわよ」 「両想いはストーカーとは言わねェんでさァ」 「両想いな訳ないでしょばかじゃないの」 忘れるはずがない。 去年も沖田は来たのだ。 先程のようにベランダから入って来て先程のように素っ気なく告げて意味のわからないことを言って帰って行った。 それから何度か偶然会ってはいるのだけどそれらしい会話をした覚えはない。 両想いと言われぴくりと肩が揺れてしまったが、そんなはずはない。 いつもの沖田の戯言に付き合っている時間などないのだ。 思わず早口になってしまったが、そんなはずは、ないのだ。 「振り払わねェのかよ、これ」 「…勘違いしないでよね。 さっき帰って来たの。 少しくらい暖を取ったってバチは当たらないでしょ」 「へェ、暖めてやりやしょーか。 ナカまで」 「死ねば」 「テメェが死ね」 「あんたが死ね」 くだらない戯言なのだが神楽は思わず小さく笑ってしまった。 あの頃を思い出させる会話は誰ともしていない。 妙とも、新八とも。 思い出したくはないのに、思い出した瞬間は泣けるほど暖かかった。 「んで」 「なによ」 「もてなしてくれんのかィ」 「もてなさないわよ、さっさと帰りなさいよ」 「二つあんのにか」 沖田の指がこんこんとカップを置いてあるステンレスを叩く。 二つ並んだカップには先程入れたインスタントコーヒーの粉末と砂糖が入っている。 何気なかったのだがつい二つ準備してしまい神楽は慌てて一つを掴んだ。 「勘違いしないでよね、定晴のに決まってるでしょ」 「狛犬がコーヒー飲む訳ねェだろィ」 「うちの定晴は飲むの。 コーヒー片手にゴシップ雑誌読むの」 「狛犬寝てんだろーが」 きゅっとカップを両手で掴む。 確かに定晴は寝る体制に入っている。 きっと他の言い訳も通用しないだろう。 相変わらず旋毛に額を当てている男に流されたわけではないのだが、神楽は小さく呟いた。 「…代わりにあんたが飲めば」 応えるかのように沖田の腕が一回ぎゅっと抱き締める。 沖田も外にいたからか暖かくはないのだが、やはりどこか暖かかった。 しゅんしゅん言い出したポットに掛けたコンロを止めてカップにお湯をそそぐ。 血の匂いを打ち消すかのようなコーヒーの香りにふわりと気分があがり神楽はつい口元を吊り上げた。 ミルクを淹れようかと腕を上げるも子供扱いされるだろうかとその腕で別のカップを取る。 そこに水をそそぎ、そこからコーヒーの入っているカップに少しばかり足した。 すぐに飲める温度まで調節し、赤いカップを持ち上げる。 暖かなそれに指先がじんと痺れる。 気持ちの良い痺れに安堵しカップに口を付けようとした瞬間に沖田の腕が伸び冷蔵庫をこんこんと叩いた。 「ガキ、ミルクはこっちだろィ」 見透かしたかのような声を無視して一口飲む。 砂糖が入っているとはいっても苦い。 苦味に眉根を寄せれば見えてなどいないくせに沖田はくつりと笑った。 「誕生日に大人の振りたァ可愛いことすんじゃねェか」 「振りじゃない。 大人なの」 「へー」 「帰れば」 沖田の指先が伸びた桃色をくるくると巻き付ける。 良い加減この体制を変えなくてはと腕をはたき文句でも言おうかと振り返る。 悪態をつこうと相手を見上げたところで神楽ははたりと気がついた。 沖田はこんなに大きかっただろうか。 あと、近い。 「…なによ」 「別に。 プレゼントでも恵んでやろーかと」 神楽を囲むように沖田の腕がステンレスのシンクを掴む。 ほんの少し背中を丸めたのを見るところ、やはり沖田は慎重が伸びた。 公園で殴り合っていた時とは距離が違う。 あの頃は近かった。 今は別の意味で近いのだが。 「ならプレゼントだけ置いて帰りなさいよ」 思わず目を逸らして告げる。 ちびちびとコーヒーを飲めば、沖田がぐっと顔を寄せて来た。 「おう。 置いて帰ってやらァ」 額をこつんと当てて沖田が言う。 近い近い近いと神楽は視線を泳がせた。 確か去年も近かった。 あのときは言葉だけだったのだが。 いや、違う。 その言葉の中に。 「家族、くれてやろーか、チャイナ」 そうだ。 去年も言っていた。 『家族欲しいか』。 確かこう言っていた。 いらないと告げれば沖田は帰って行ったのだが、これでは去年の二の舞だ。 睨むように見上げれば、沖田の目は楽しそうに細くなっていた。 「これでも一年待ってやったんだぜィ」 「あんた去年も言ってたじゃない。 いらないって言ったでしょ。 動物でも押し付けるつもり?」 沖田が目を丸くする。 その顔に神楽が目を丸くしてしまった。 「去年もそう思ってやがったのかテメェ」 「はぁ?あんたがそう聞いたからでしょ。 うちは定晴と2人で手一杯なの。 あんたみたいな野良の動物なんていらないの」 「野良ねェ」 「ほんとなんなの、あんた」 沖田の右腕がカップに伸びる。 神楽が持つカップにこつんとぶつけてから沖田はコーヒーを飲んだ。 「テメェみてェな阿婆擦れには学がねェからなァ。 直球で行けってことかィ」 「おい、ぶっ殺すぞエセ抜刀斎。 それより早く離れなさいよ」 「確かに血統書もなんもねェただの芋侍でさァ」 「…は?」 「おまけに公務員から野良に転職ときたもんだ」 「…ちょっと、さっきからなに言っ」 「いつ死ぬかもわからねぇ職業で明日の約束も出来やしねェ」 カタリ。 まだ中身のあるカップをシンクに戻し沖田の両腕が神楽の背中に回る。 神楽の持つカップのせいで些か居心地は悪いものの沖田は強く抱き締めた。 「それでも、俺と家族になってくんねぇか」 家族。 聞き間違えたのだろうかと沖田の顔を見ようと身体を捩るも沖田の腕は緩まない。 なんとか片腕だけ逃れそこからカップをシンクに戻し沖田の背中をばしんと叩いた。 苦いコーヒーの暖かさと、心にむず痒い暖かさが広がる。 神楽は自分の家族を思い出していた。 自分にめっぽう甘い父。 自分と母を置いて行った兄。 それから。 それから。 「だめヨ」 沖田の肩が揺れる。 「私にはもう家族がいるネ。 いまは会えないしまだ帰って来ないけど、私の家族はちゃんといるアル」 母親のように口煩い眼鏡。 朝起きたら暖かいご飯に暖かいお味噌汁。 たまに飛び込めば陽だまりと洗濯物の匂い。 振り向いた先には糖尿病のくせにコップ並々のいちごみるくと新聞紙。 たまに飛び込めばパチ屋のタバコの臭いといちごみるく。 いまはもう無いけれど、あの場所は埃だらけで明かりすらないけれど、確かにあったのだ。 神楽の家族がそこに。 「きっと帰って来るネ。 そのとき、私が家族じゃなかったらきっと困るアル。 帰ってくる場所に私がいなかったら、あの天パと眼鏡はきっと泣いてしまうアル」 「…きっときっとって。 キットカットかテメェ…」 「キットカットでもパピコでもいいネ。 半分こに分けてみんなで食べるのヨ。 帰って来たら皆で分け合うのヨ。 だから、お前とは家族になれないネ」 両腕を伸ばし沖田の頬に添える。 そっと肩から顔をあげれば、沖田はただ神楽を見ていた。 いつものようにだるそうに、けれどしっかりと見ている。 思わず神楽は小さく笑ってしまった。 「なに泣いてるネ」 「泣いてねぇよ、どうみたら泣いてんでィ」 「泣いてるネ」 「…そう見えんなら、そりゃきっと振られたからだろィ。 こちとら一年待ってんのになァ」 「来年に持ち越しアルな」 「持ち越すのかよ。 きれいさっぱり終わらせてもくんねぇのかテメェは」 「そーヨ」 「…ああ、なるほど」 もう一度、沖田が神楽の額に己のそれを合わせる。 目を閉じた沖田に、神楽もそっと目を閉じた。 「俺が好きなんだろチャイナ」 「…言ってろバーカ、お前なんて好きじゃないネ」 「仕方ねぇなァ、甘えたの子猫ちゃんは」 「キモいアル」 「なら家族は据え置いてやらァ」 目を閉じているなか、神楽の両頬にほんのり冷たい何かが当たる。 それが沖田の手のひらだと気付いた瞬間、ふと唇を塞がれた。 「俺ごとくれてやるよ、チャイナ」 「…は?」 暖かい何かとほんのり香ったコーヒーになにが当たったのかと考える。 落ち着かない思考のせいで沖田がなにを言ったのか聞き取れずにただ瞬きすれば沖田はゆっくりと目を開けた。 「だからやるっつってんだろィ。 聞こえねェのか、この阿婆擦れが」 「ぃ…」 「い?」 近くで見る赤い目が神楽を映す。 その視線に居た堪れなくなり神楽は思い切り沖田の胸へと腕を突っ張った。 「いらねぇヨクソサド!ななななにすんだヨ!」 「あ、せっかくあまーい雰囲気だったのにぶち壊しやがって。 小学生かテメェ。 あれだろ、告白されたら聞こえないふりして帰るんだろ」 「聞こえないふりなんてしてねぇダロ!」 「なんでィ、今更キスのひとつやふたつ。 いままで散々触ってきただろィ」 「お前が一方的にナ!キッ…キスなんかより先にすることとか言うこととかあろダロ!」 「…あ?だからテメェ宙ぶらりんで投げようとしてたんですかィ、なるほどー」 「なるほどじゃねぇんだヨッ」 腕で何度か唇を拭いながら神楽が沖田を睨む。 それを挑発的に見下ろしながら沖田はもう一度神楽の頭を抱き寄せた。 唇を拭っていた腕で振り払おうとするものの沖田の空いた片手が神楽の小さく細い指を握り締める。 「好きだ、チャイナ。 だから良い加減理解しろィ」 じわりと目が熱くなる。 神楽はそれを振り払うように沖田の首に巻かれる赤いマフラーに目元を押し付けた。 「家族なんてちょっぱえぇ事はもう言わねェ。 気持ちも、言葉も、ないがしろになんかしねェ。 …から、ひとりでどっか行こうとすんじゃねェや」 「…なんだヨ…家族がいいって言ったり…そうじゃないって言ったり…なんなんだヨ、お前は…」 「最終的に家族ならそっちのが話は早いだろィ」 「順番ってもんがあるネ。 こちとらジャンプ読みながら昼ドラ見てんだゾ。 ちゃんと順番ぐらい分かるアル」 「昼ドラみてんならまず妊娠が先でさァ。 そんぐらいどろどろしてるほうが視聴率が取れんだろ。 孕むか、チャイナ」 「ぶち殺すゾ。 カトラリーのない奴ネ」 「デリカシーな」 長い桃色を沖田の指が柔らかく撫でていく。 かつて銀色の彼にもやってもらったことがあるそれは余計に神楽の涙腺を緩ませた。 「なに泣いてんでィ」 「っ…泣いてねぇヨ…!」 「そーかい」 銀時がいなくなって、誰かに必要とされることはなくなった。 いや、皆は必要としてくれてはいたのだ。 でも神楽はそれを見ないふりをした。 銀時は自分の唯一だった。 銀時がいて新八がいて自分がいて世界は成り立っていた。 あの輪が、神楽の全てだった。 なのに。 「…銀ちゃんがネ…いなくなったアル…」 「…知ってらァ」 「私の…私を置いてくれたあの居場所は…もう…無くなって…っ」 銀時さえ戻って来てくれたら、この気持ちは晴れるのに。 銀時と新八がいてくれたら、神楽にはそれが十分だったはずだった。 「他の男の話すんじゃねェや、胸糞悪ィ」 「っふ…ぅ…ぅえ…」 「…テメェがそうやって泣くから…1年経っても未だに泣くから、こちとら今年も来てやってんでィ」 「ぅ…ぅるせぇヨ…あほ…」 「来年、旦那が戻って来るかもしんねぇだろ。 そしたら」 頭をがりがり掻きながらどこかだるそうに、それでいて優しく笑ってくれるのだろうか。 走ったら受け止めてくれるのだろうか。 「殴られる覚悟は出来てんだ。 頭下げてやらァ。 なんなら土下座だってしてやったっていい。 そん時は諦めて俺と家族になりやがれ。 キットカットだってパピコだって、俺以外と分けんじゃねぇぞ」 沖田の腕の中で神楽が小さく頷く。 それに安堵の息を吐いて沖田は桃色に鼻先を埋めた。 「お前、俺のこと好きだろィ、チャイナ」 「…私の名前覚えてない奴なんか…好きじゃないネ」 「…ああクッソ…デレもそれぐらいにしろよ」 沖田の長い栗色を指先に絡めながら神楽が小さく笑う。 沖田はそれをやんわりはねのけもう一度、唇を塞いでやった。 「おめでとう、神楽」 来年は、家族になれると信じて。 「そーゆーわけでテメェは今日から俺の女でさァ。 名前で呼べよ、おいコラ 」 「…ちょ、調子に乗らないでよね。 こっちがなってやるんだから、ありがたく思いなさいよね、……そ……総一郎っ…」 「総悟でさァ」 「えっ」 「えっ…………え」.

次の

#沖神小説1000users入り #銀魂小説1000users入り 来年の今日はキットカット

キット カット 早口

ぐらさんお誕生日おめでとおおおおおおおおおおおおうわあああああ可愛いよ神楽あああふわああああ。 永遠なれの抜刀斎沖田と神楽たん。 まだ11月だしセーフだと思ってる。 沖田隊長が神楽たん好き過ぎてなんか隊長じゃないみたい。 設定はいろいろ捻じ曲げてるので気にしない方たちで楽しんでいただければ…細かい設定はないよ!ごめんなたいっ! ふわわわわ11月12日付の小説ルーキーランキング 38 位に入りました!ありがとうございます!こんなの初めてでもうどうしたらいいか…!いつの間にかブックマークも50超えてる…!どうしたの…!皆様ありありありがとうなのです! 小説ルーキーランキング 6 位…だと…!ありありがとなのです…なに怖いこれ…• 「だからやるっつってんだろィ。 聞こえねェのか、この阿婆擦れが」 そんなこと言われたって。 いつも通り普通に何でも屋をこなして何か情報は無いかと必死に走っていつも通り何もなくて定春と住む家に帰って。 玄関先に置いてあるティッシュ箱くらいの箱を拾い中を開ける。 そこにはびっしりと酢昆布が入っていた。 カードも何も無いその箱はきっと新八のものだ。 顔をみなくなって、会話もしなくなって、それでもこの日だけは繋がりを置いていてくれる。 そんなことされたってどうにもならないのに。 「…だからあんたは童貞なのよ、ばか」 その箱を抱いて部屋に入る。 番傘を玄関に投げ捨ててブーツをぽいと放って。 部屋のど真ん中においてある人をだめにするクッションに顔面から倒れて神楽は息を吐いた。 もう18になってしまった。 銀時は相変わらず見つからない。 妙の病状も悪化するばかり。 自分は何をしているのだろう。 こんなとき銀時ならどうするだろうか。 「…どこにいるアルか、銀ちゃん…」 アルアルなんてべたな中国語は捨てたつもりだった。 あの頃の思い出も何もしてくれないと振り返らない覚悟もしていたのに。 目を閉じるとあの頃ばかりが浮かび上がって、神楽にはそれがなによりも辛かった。 楽しいことを思い出すたびに、あの日々が戻ってこないような気がして仕方ない。 自分がいくら年を重ねたって銀時はいない。 あのときの家族はここには誰一人いない。 「定春だけよ、いまも…私のそばにいてくれるのは」 自身の横に甘えるように身体を摺り寄せてきた定春の頭を撫でながら箱を片手で強く抱き締める。 こんなものをくれるくらいなら顔を見せたらいいのに。 そう考えてしまう自分はまだ子供なのだろうか。 「…グルル」 「定春?」 目を閉じ甘えていた定春がベランダの窓を強く睨み付ける。 箱を置いてそっとその窓を開ければ長い髪を風に揺蕩せながら男が一人立っていた。 こんな夜中に来るとは些か不躾ではあるが、そういうところがこの男らしいといえばらしいではあった。 「何の用よ」 口に咥えた葉をぷっと地面に投げ捨てて男がドアに手を掛ける。 閉めようと力をいれるもそれをやんわりと制して男は部屋へと入った。 相変わらず定晴は小さく呻いている。 いつもなら唸るはずはないのだがと眉を寄せるもその匂いに神楽は目を細めた。 「あんた、誰かを斬って来たの?定晴が嫌がってるんだけど」 「仕事でござるよ。 拙者は人斬り。 致し方ないでござる」 「その喋り方やめてくんない。 訴えられるわよ」 「ならテメェこそ止めな。 アルアル言ってろィ」 「言うわけないでしょ。 ばかじゃないの」 勝手に入ってきた沖田が先程まで神楽が座っていた人をだめにするクッションに背中を預ける。 そのまま深く凭れながら定晴の頭をぐしぐしと撫でた。 「悪ィな狛犬。 今日は仕事がひどかったもんで。 我慢してくれ」 「…くぅ」 定晴が小さく返事をする。 頭を地面に伏せゆっくり目を閉じ定晴は眠りに入ってしまった。 今日は遠くまで行き過ぎて定晴はきっと疲れている。 しゃがみ込み定晴の背中を撫で神楽は小さな簡易キッチンへと向かった。 「何しに来たの。 仕事終わったんなら帰りなさいよ」 真っ赤なポットに水を入れコンロに掛ける。 その間にカップを取り出しさらさらとインスタントコーヒーを注ぎスティック砂糖を二本流す。 ミルクはあったかと冷蔵庫へと足を向けようとした瞬間に神楽は背中を抱き込まれた。 「おめでとさん」 ほのかに血の匂いがするが、その中に沖田の匂いがふわりと揺れる。 腕か逃げないようにと二の腕から胸へ沖田の腕が回る。 額を神楽の旋毛にあてながら沖田は呟いた。 「…教えた覚えはないんだけど」 「去年も祝ってやったろィ」 「勝手に来たんじゃない。 家だって教えた覚えないんだけど。 なに、あんたストーカーなの。 ゴリラみたいになるわよ」 「両想いはストーカーとは言わねェんでさァ」 「両想いな訳ないでしょばかじゃないの」 忘れるはずがない。 去年も沖田は来たのだ。 先程のようにベランダから入って来て先程のように素っ気なく告げて意味のわからないことを言って帰って行った。 それから何度か偶然会ってはいるのだけどそれらしい会話をした覚えはない。 両想いと言われぴくりと肩が揺れてしまったが、そんなはずはない。 いつもの沖田の戯言に付き合っている時間などないのだ。 思わず早口になってしまったが、そんなはずは、ないのだ。 「振り払わねェのかよ、これ」 「…勘違いしないでよね。 さっき帰って来たの。 少しくらい暖を取ったってバチは当たらないでしょ」 「へェ、暖めてやりやしょーか。 ナカまで」 「死ねば」 「テメェが死ね」 「あんたが死ね」 くだらない戯言なのだが神楽は思わず小さく笑ってしまった。 あの頃を思い出させる会話は誰ともしていない。 妙とも、新八とも。 思い出したくはないのに、思い出した瞬間は泣けるほど暖かかった。 「んで」 「なによ」 「もてなしてくれんのかィ」 「もてなさないわよ、さっさと帰りなさいよ」 「二つあんのにか」 沖田の指がこんこんとカップを置いてあるステンレスを叩く。 二つ並んだカップには先程入れたインスタントコーヒーの粉末と砂糖が入っている。 何気なかったのだがつい二つ準備してしまい神楽は慌てて一つを掴んだ。 「勘違いしないでよね、定晴のに決まってるでしょ」 「狛犬がコーヒー飲む訳ねェだろィ」 「うちの定晴は飲むの。 コーヒー片手にゴシップ雑誌読むの」 「狛犬寝てんだろーが」 きゅっとカップを両手で掴む。 確かに定晴は寝る体制に入っている。 きっと他の言い訳も通用しないだろう。 相変わらず旋毛に額を当てている男に流されたわけではないのだが、神楽は小さく呟いた。 「…代わりにあんたが飲めば」 応えるかのように沖田の腕が一回ぎゅっと抱き締める。 沖田も外にいたからか暖かくはないのだが、やはりどこか暖かかった。 しゅんしゅん言い出したポットに掛けたコンロを止めてカップにお湯をそそぐ。 血の匂いを打ち消すかのようなコーヒーの香りにふわりと気分があがり神楽はつい口元を吊り上げた。 ミルクを淹れようかと腕を上げるも子供扱いされるだろうかとその腕で別のカップを取る。 そこに水をそそぎ、そこからコーヒーの入っているカップに少しばかり足した。 すぐに飲める温度まで調節し、赤いカップを持ち上げる。 暖かなそれに指先がじんと痺れる。 気持ちの良い痺れに安堵しカップに口を付けようとした瞬間に沖田の腕が伸び冷蔵庫をこんこんと叩いた。 「ガキ、ミルクはこっちだろィ」 見透かしたかのような声を無視して一口飲む。 砂糖が入っているとはいっても苦い。 苦味に眉根を寄せれば見えてなどいないくせに沖田はくつりと笑った。 「誕生日に大人の振りたァ可愛いことすんじゃねェか」 「振りじゃない。 大人なの」 「へー」 「帰れば」 沖田の指先が伸びた桃色をくるくると巻き付ける。 良い加減この体制を変えなくてはと腕をはたき文句でも言おうかと振り返る。 悪態をつこうと相手を見上げたところで神楽ははたりと気がついた。 沖田はこんなに大きかっただろうか。 あと、近い。 「…なによ」 「別に。 プレゼントでも恵んでやろーかと」 神楽を囲むように沖田の腕がステンレスのシンクを掴む。 ほんの少し背中を丸めたのを見るところ、やはり沖田は慎重が伸びた。 公園で殴り合っていた時とは距離が違う。 あの頃は近かった。 今は別の意味で近いのだが。 「ならプレゼントだけ置いて帰りなさいよ」 思わず目を逸らして告げる。 ちびちびとコーヒーを飲めば、沖田がぐっと顔を寄せて来た。 「おう。 置いて帰ってやらァ」 額をこつんと当てて沖田が言う。 近い近い近いと神楽は視線を泳がせた。 確か去年も近かった。 あのときは言葉だけだったのだが。 いや、違う。 その言葉の中に。 「家族、くれてやろーか、チャイナ」 そうだ。 去年も言っていた。 『家族欲しいか』。 確かこう言っていた。 いらないと告げれば沖田は帰って行ったのだが、これでは去年の二の舞だ。 睨むように見上げれば、沖田の目は楽しそうに細くなっていた。 「これでも一年待ってやったんだぜィ」 「あんた去年も言ってたじゃない。 いらないって言ったでしょ。 動物でも押し付けるつもり?」 沖田が目を丸くする。 その顔に神楽が目を丸くしてしまった。 「去年もそう思ってやがったのかテメェ」 「はぁ?あんたがそう聞いたからでしょ。 うちは定晴と2人で手一杯なの。 あんたみたいな野良の動物なんていらないの」 「野良ねェ」 「ほんとなんなの、あんた」 沖田の右腕がカップに伸びる。 神楽が持つカップにこつんとぶつけてから沖田はコーヒーを飲んだ。 「テメェみてェな阿婆擦れには学がねェからなァ。 直球で行けってことかィ」 「おい、ぶっ殺すぞエセ抜刀斎。 それより早く離れなさいよ」 「確かに血統書もなんもねェただの芋侍でさァ」 「…は?」 「おまけに公務員から野良に転職ときたもんだ」 「…ちょっと、さっきからなに言っ」 「いつ死ぬかもわからねぇ職業で明日の約束も出来やしねェ」 カタリ。 まだ中身のあるカップをシンクに戻し沖田の両腕が神楽の背中に回る。 神楽の持つカップのせいで些か居心地は悪いものの沖田は強く抱き締めた。 「それでも、俺と家族になってくんねぇか」 家族。 聞き間違えたのだろうかと沖田の顔を見ようと身体を捩るも沖田の腕は緩まない。 なんとか片腕だけ逃れそこからカップをシンクに戻し沖田の背中をばしんと叩いた。 苦いコーヒーの暖かさと、心にむず痒い暖かさが広がる。 神楽は自分の家族を思い出していた。 自分にめっぽう甘い父。 自分と母を置いて行った兄。 それから。 それから。 「だめヨ」 沖田の肩が揺れる。 「私にはもう家族がいるネ。 いまは会えないしまだ帰って来ないけど、私の家族はちゃんといるアル」 母親のように口煩い眼鏡。 朝起きたら暖かいご飯に暖かいお味噌汁。 たまに飛び込めば陽だまりと洗濯物の匂い。 振り向いた先には糖尿病のくせにコップ並々のいちごみるくと新聞紙。 たまに飛び込めばパチ屋のタバコの臭いといちごみるく。 いまはもう無いけれど、あの場所は埃だらけで明かりすらないけれど、確かにあったのだ。 神楽の家族がそこに。 「きっと帰って来るネ。 そのとき、私が家族じゃなかったらきっと困るアル。 帰ってくる場所に私がいなかったら、あの天パと眼鏡はきっと泣いてしまうアル」 「…きっときっとって。 キットカットかテメェ…」 「キットカットでもパピコでもいいネ。 半分こに分けてみんなで食べるのヨ。 帰って来たら皆で分け合うのヨ。 だから、お前とは家族になれないネ」 両腕を伸ばし沖田の頬に添える。 そっと肩から顔をあげれば、沖田はただ神楽を見ていた。 いつものようにだるそうに、けれどしっかりと見ている。 思わず神楽は小さく笑ってしまった。 「なに泣いてるネ」 「泣いてねぇよ、どうみたら泣いてんでィ」 「泣いてるネ」 「…そう見えんなら、そりゃきっと振られたからだろィ。 こちとら一年待ってんのになァ」 「来年に持ち越しアルな」 「持ち越すのかよ。 きれいさっぱり終わらせてもくんねぇのかテメェは」 「そーヨ」 「…ああ、なるほど」 もう一度、沖田が神楽の額に己のそれを合わせる。 目を閉じた沖田に、神楽もそっと目を閉じた。 「俺が好きなんだろチャイナ」 「…言ってろバーカ、お前なんて好きじゃないネ」 「仕方ねぇなァ、甘えたの子猫ちゃんは」 「キモいアル」 「なら家族は据え置いてやらァ」 目を閉じているなか、神楽の両頬にほんのり冷たい何かが当たる。 それが沖田の手のひらだと気付いた瞬間、ふと唇を塞がれた。 「俺ごとくれてやるよ、チャイナ」 「…は?」 暖かい何かとほんのり香ったコーヒーになにが当たったのかと考える。 落ち着かない思考のせいで沖田がなにを言ったのか聞き取れずにただ瞬きすれば沖田はゆっくりと目を開けた。 「だからやるっつってんだろィ。 聞こえねェのか、この阿婆擦れが」 「ぃ…」 「い?」 近くで見る赤い目が神楽を映す。 その視線に居た堪れなくなり神楽は思い切り沖田の胸へと腕を突っ張った。 「いらねぇヨクソサド!ななななにすんだヨ!」 「あ、せっかくあまーい雰囲気だったのにぶち壊しやがって。 小学生かテメェ。 あれだろ、告白されたら聞こえないふりして帰るんだろ」 「聞こえないふりなんてしてねぇダロ!」 「なんでィ、今更キスのひとつやふたつ。 いままで散々触ってきただろィ」 「お前が一方的にナ!キッ…キスなんかより先にすることとか言うこととかあろダロ!」 「…あ?だからテメェ宙ぶらりんで投げようとしてたんですかィ、なるほどー」 「なるほどじゃねぇんだヨッ」 腕で何度か唇を拭いながら神楽が沖田を睨む。 それを挑発的に見下ろしながら沖田はもう一度神楽の頭を抱き寄せた。 唇を拭っていた腕で振り払おうとするものの沖田の空いた片手が神楽の小さく細い指を握り締める。 「好きだ、チャイナ。 だから良い加減理解しろィ」 じわりと目が熱くなる。 神楽はそれを振り払うように沖田の首に巻かれる赤いマフラーに目元を押し付けた。 「家族なんてちょっぱえぇ事はもう言わねェ。 気持ちも、言葉も、ないがしろになんかしねェ。 …から、ひとりでどっか行こうとすんじゃねェや」 「…なんだヨ…家族がいいって言ったり…そうじゃないって言ったり…なんなんだヨ、お前は…」 「最終的に家族ならそっちのが話は早いだろィ」 「順番ってもんがあるネ。 こちとらジャンプ読みながら昼ドラ見てんだゾ。 ちゃんと順番ぐらい分かるアル」 「昼ドラみてんならまず妊娠が先でさァ。 そんぐらいどろどろしてるほうが視聴率が取れんだろ。 孕むか、チャイナ」 「ぶち殺すゾ。 カトラリーのない奴ネ」 「デリカシーな」 長い桃色を沖田の指が柔らかく撫でていく。 かつて銀色の彼にもやってもらったことがあるそれは余計に神楽の涙腺を緩ませた。 「なに泣いてんでィ」 「っ…泣いてねぇヨ…!」 「そーかい」 銀時がいなくなって、誰かに必要とされることはなくなった。 いや、皆は必要としてくれてはいたのだ。 でも神楽はそれを見ないふりをした。 銀時は自分の唯一だった。 銀時がいて新八がいて自分がいて世界は成り立っていた。 あの輪が、神楽の全てだった。 なのに。 「…銀ちゃんがネ…いなくなったアル…」 「…知ってらァ」 「私の…私を置いてくれたあの居場所は…もう…無くなって…っ」 銀時さえ戻って来てくれたら、この気持ちは晴れるのに。 銀時と新八がいてくれたら、神楽にはそれが十分だったはずだった。 「他の男の話すんじゃねェや、胸糞悪ィ」 「っふ…ぅ…ぅえ…」 「…テメェがそうやって泣くから…1年経っても未だに泣くから、こちとら今年も来てやってんでィ」 「ぅ…ぅるせぇヨ…あほ…」 「来年、旦那が戻って来るかもしんねぇだろ。 そしたら」 頭をがりがり掻きながらどこかだるそうに、それでいて優しく笑ってくれるのだろうか。 走ったら受け止めてくれるのだろうか。 「殴られる覚悟は出来てんだ。 頭下げてやらァ。 なんなら土下座だってしてやったっていい。 そん時は諦めて俺と家族になりやがれ。 キットカットだってパピコだって、俺以外と分けんじゃねぇぞ」 沖田の腕の中で神楽が小さく頷く。 それに安堵の息を吐いて沖田は桃色に鼻先を埋めた。 「お前、俺のこと好きだろィ、チャイナ」 「…私の名前覚えてない奴なんか…好きじゃないネ」 「…ああクッソ…デレもそれぐらいにしろよ」 沖田の長い栗色を指先に絡めながら神楽が小さく笑う。 沖田はそれをやんわりはねのけもう一度、唇を塞いでやった。 「おめでとう、神楽」 来年は、家族になれると信じて。 「そーゆーわけでテメェは今日から俺の女でさァ。 名前で呼べよ、おいコラ 」 「…ちょ、調子に乗らないでよね。 こっちがなってやるんだから、ありがたく思いなさいよね、……そ……総一郎っ…」 「総悟でさァ」 「えっ」 「えっ…………え」.

次の

早口言葉/新春シャンソンショー

キット カット 早口

全国の方言を例えるのに分かりやすい例として、 近年よく取り上げられるようになったのがお菓子のキットカットを使った早口言葉。 キットカットの公式facebookサイトが取り上げたことがきっかけでSNSを中心に 名古屋弁キットカット早口言葉も流行りました。 このキットカット早口言葉、 名古屋弁になるとどうなるのか? 標準語と関西弁を比較しながら早速紹介してみます。 次に標準語の買うの忘れたからが名古屋弁で買っとかんかったで。 最後に買いに行かないといけないが買わんといかんかったんだわ。 関西弁とは比較的似てますよね? 強いて言うと、アカンといかんの違いぐらい。 それから名古屋弁で昔からある早口言葉にえんぴつときんときんがあります。 ていうか、ちゃんと削っとかないといけないって言っておかないといけない。 てかちゃんとけずっとかんとかんっていっとかんとかん。 ちょっと難しいかもですが、名古屋弁だとこんな感じになります。 キットカットとえんぴつときんときんの名古屋弁の早口言葉 ぜひ、あなたもチャレンジしてみて下さい。 スポンサーリンク.

次の