ゴールデン カムイ 212。 ゴールデンカムイ212話のネタバレと感想!逃走|漫画ウォッチ

ゴールデンカムイ212話のネタバレと感想!逃走|漫画ウォッチ

ゴールデン カムイ 212

【ゴールデンカムイ】213話ネタバレ感想|谷垣だけまさかの離脱!? 今回は 『ゴールデンカムイ』213話の内容と感想を紹介します。 前回(212話)の内容を復習したい方は、下記の関連記事をご覧ください。 ー野田サトル『ゴールデンカムイ』213話より その連絡船は故障していたようですが、鶴見中尉と落ち合う日に出発するという情報を旅館のオバサンから聞いていました。 この情報は、アシリパと白石しか聞いていないため、上手くいけば敵(鯉登少尉・月島軍曹)に見つからずに北海道へと帰ることができるというワケです。 誰かと合流することになるのかと思っていましたが、意外と真っ当な帰り方でしたね。 ヴァシリ(頭巾ちゃん)と合流【ゴールデンカムイ213話】 高床式倉庫みたいなところの下で、アシリパは杉元の血痕から追跡されないように布を丸めたものを傷に詰め込みました。 いざ船へと向かおうとしたところに馬に乗った ヴァシリが現れ、アシリパに手を差し伸べました。 ー野田サトル『ゴールデンカムイ』213話より そんなヴァシリを見てアシリパは 「頭巾ちゃん」と言います。 頭巾ちゃんww ち〇ぽ先生やら頭巾ちゃんやら、アシリパのネーミングセンスは最高ですね。 笑 ヴァシリは尾形を狙っており、尾形はアシリパを狙っています。 なので、アシリパが鶴見中尉に警護されると尾形が近づいてこなくなると考え、アシリパを鶴見中尉から逃がすことに協力してくれるみたいです。 言葉が分からないのであくまでも予想ですが。 笑 白石見っけ!【ゴールデンカムイ213話】 アシリパと杉元はヴァシリの馬(たぶん盗んだやつ)に乗って船に向かう途中で、走っている 白石と 谷垣を見つけます。 アシリパは白石だけを馬に乗せますが、これは決して谷垣へのイジワルではありません。 というのは、谷垣が愛する インカラマッは鶴見中尉の監視下にあるからです。 なので、もし谷垣がアシリパたちと一緒に逃げるとインカラマッと会うことは叶わなくなります。 また、アシリパも谷垣と同様に、このまま逃げると フチ(アシリパのおばあちゃん)がいる村は鶴見中尉に監視されることになり、アシリパがフチに会うのが困難になります。 アシリパがは谷垣に、フチを安心させるために次のことを伝えるようにお願いしました。 フチに会う夢を見たこと(噓)• 必ず会いに戻ること ー野田サトル『ゴールデンカムイ』213話より 谷垣の目的はアシリパをフチと会わせることでしたが、それを叶える前に杉元チームから離脱します。 こうなってくるとアシリパとフチが会えるような気がしませんね。 バイバイ谷垣【ゴールデンカムイ213話】 谷垣がアシリパたちと別れた後、菊田に会って白石はどこに行ったと訊かれ 「街の方へ逃げるのが見えました」と谷垣は嘘の情報を伝えました。 それに対して 「俺はマタギです。 マタギの谷垣です」と答えました。 笑 ー野田サトル『ゴールデンカムイ』213話より 逃げる白石は追わないし、突然マタギとか言うしで菊田は谷垣を「何だコイツ」と思ったはずですねww ただ、谷垣については今後笑えない展開になる気がしています。 インカラマッを人質に取られて杉元たちの敵もしくはスパイになってしまうのではないでしょうか? 「俺はマタギなのでインカラマッと結婚してのんびり暮らしますわ!鶴見中尉バイバイ~」というほのぼの展開が待っているとは思えません。 それこそ「はあ!?」って言われてしまいますね。 笑 無事(?)出港【ゴールデンカムイ213話】 アシリパたちは船に乗り込むことに成功しますが、アシリパは杉元の傷を心配している様子です。 それに対して杉元は 自分は自分の都合で金塊が必要だから戦うんだと言いました。 そんな時、ヴァシリが 「フンフン」言いながらが船の外を指さしていました。 「どうした頭巾ちゃん」と言って白石が近くに行きます。 お前も頭巾ちゃんって呼ぶんかい!!笑 白石が双眼鏡で確認すると、敵の一人が杉元の血痕に気づき船に向かって 「出港は待て!」と叫んでいました。 白石はヴァシリに 「撃て」と命令し、アシリパは追加の注文でヴァシリの足を叩いて 「足を狙え」と言います。 が、ヴァシリはしっかり頭に命中させていました。 笑 ー野田サトル『ゴールデンカムイ』213話より やっぱり鶴見中尉に気づかれた【ゴールデンカムイ213話】 この時の銃声で、鶴見中尉は海の方が怪しいと言い、 宇佐美が走り出しました。 杉元とひと悶着あった宇佐美の顔は、 スパゲティを食べるのが下手くそな幼稚園児みたいになっていて可愛かったです。 笑 ー野田サトル『ゴールデンカムイ』213話より 白石は鶴見中尉から逃げきったと喜びますが、鶴見中尉は撃たれた仲間と乗り捨てられた馬を見て、アシリパたちが出港したことに気づきます。 まさか追われているなんて思わない杉元たちは、ホッと一息ついて北海道に帰った後のことを話していました。 杉元はアシリパの 人を殺したくないという信念が絶対に変わらないということを尾形との一件を通してよく分かりました。 一度は、アシリパを金塊争奪戦から外れてもらおうと思っていましたが、今は自分のやり方でアイヌを守ってくれるはずだとアシリパを信じることにしたようです。 白石が 「それはいいけどどうやって俺たちだけで金塊を見つけるの?」と言った時に、大砲が飛んできました。 ここで、『ゴールデンカムイ』213話は終わります。 谷垣との別れ• ヴァシリと合流• 樺太を出港 谷垣との別れ 谷垣は、アシリパをフチの元に届けることを目的としていましたが、それは叶いませんでした。 しかし、谷垣がアシリパと行動を共にすればフチに会えるワケでもないので、フチがアシリパと会えないという夢を見たことをアシリパに伝えた時点で役目を果たしたとも言えます。 なので、インカラマッに会うためにアシリパたちと別れたのは仕方がないことでした。 ヴァシリ(頭巾ちゃん)と合流 そして、そんな谷垣と入れ替わりでヴァシリ(頭巾ちゃん)が杉元チームに加わります。 ヴァシリは金塊のことを知らないはずなので、目的はアシリパを狙っているであろう尾形を撃つことです。 そのために故郷を離れて北海道に行くというのは、かなり執着心が強いことが分かります。 笑 馬に乗せてくれたのはありがたかったけど、この後も行動を共にするというのはなかなかカオスな状況です。 そして、恐らく一人でいるであろう 尾形はいつ北海道に戻ってくるのでしょうか? ソフィアたちと合流するのか、それとも次の便で北海道に帰ってくるのか、、、 まさか今杉元たちが乗っている船に乗っているなんてことはないと思います。 乗っていたら怖すぎですね。 笑 樺太を出港 杉元たちは樺太を出港しましたが、大砲が届く距離に鶴見中尉チームが迫っています。 樺太から北海道まで3時間ということなので、3時間ずっと撃たれっぱなしになるとすると、控え目に言ってかなりヤバイですね。 笑 鶴見中尉が乗っている船の方が恐らく性能も良いはずなので、ちょっと前まで故障していた船だとすぐ追いつかれてしまうかもしれません。 船上が戦場になるかもですね。 の 特徴は次のとおりです。 無料登録で31日間無料で動画見放題!• 無料登録で600円分のポイントゲット!• 月額1990円で使い放題! を無料登録すると 600円分のポイントが貰えるので、そのポイントで『ゴールデンカムイ』の最新話が掲載されている 『ヤングジャンプ』を1冊無料で読むことができます。 あまり大きい声では言えませんが、『ヤングジャンプ』を読んだ後で 解約すればお金はかかりません。 なので、1円もお金を払いたくないという方は31日以内に解約しちゃってください。

次の

ゴールデンカムイ

ゴールデン カムイ 212

スポンサーリンク 白石が言いたいこと 野田サトル「ゴールデンカムイ」211話より引用 夜が明け、いよいよ鶴見ら第七師団との合流日です。 朝焼けの中ひとり佇む杉元は何を考えているのか。 するとそこへ、ずいぶん年配の嬢を連れた白石が酔っ払いながら近づいてきました。 「アレアレ、眠れなかったのかい?不死身の杉元さんよ」 野田サトル「ゴールデンカムイ」211話より引用 白石は鶴見たちが今日来ることを挙げ、「アシリパちゃんを引き渡して鶴見中尉の飼い犬になるんだよな」と随分な言い様です。 「昔は誰にも懐かねえ一匹狼だったんだぜ」 と嬢に報告する白石。 結局鶴見に加担するのなら小樽で捕まった時にそうすれば良かっただろと言われた所で、杉元が「あの時とは状況が違うだろ」と反論します。 杉元にとっては鶴見の計画も知ったことではありません。 しかし杉元は、• 鶴見は暗号さえ解けたらアシリパに用は無い• 土方と違ってアイヌを背負わせて戦わせることもない という点から 「アシリパさんのことを考えたらこれしか選択肢はない」 野田サトル「ゴールデンカムイ」211話より引用 と考えているのです。 すると白石は「アシリパさんアシリパさん」と心底呆れた表情。 「おまえさぁ、惚れた未亡人にカネ渡すのはどうなったんだよ!」 白石の厳しい指摘に杉元は、梅子が治療を受けられるだけの額はもらう約束しているのだとタジタジで答えます。 しかしこれは杉元の話。 金塊の分け前を貰うという約束でついてきた白石にとっては納得いかない話です。 「俺が皮算用してた分け前は何百円ボッチじゃねぇぞコラァ」 野田サトル「ゴールデンカムイ」211話より引用 と思いっきりバチッと杉元の頬を平手打ちしました。 「やっぱそれか!」 「カネカネ汚えんだよいっつもてめえは!」 野田サトル「ゴールデンカムイ」211話より引用 と白石の頬をパァンと叩き返す杉元。 すると白石は酒の影響もあってかゲボァーと嘔吐してしまいました。 「杉元は樺太の旅でのアシリパちゃんを見てねえ!」 杉元のいない間もずっとアシリパを見守ってきた白石だからこそ、言いたいことがありました。 彼女が色んなものを学んで成長したこと。 もう杉元の知っているアシリパではないということ。 「お前らは樺太でやっと再会できたのに離れたままだ!」 白石は2人のズレを誰よりも感じていたのですね。 そして、 「キロランケが彼女に伝えたことは嘘じゃねえだろ!?」 白石は、杉元たちにとって敵のようにして亡くなったキロランケのことも理解し、肯定していました。 アシリパをわざわざ真面目に樺太まで連れて来て、自分たちの現状を彼女の目で直に見てもらおうとしたのだからと。 「全部覚悟の上でアシリパちゃんが『アイヌを背負いたい』というなら、背負わせりゃいいだろッ!」 野田サトル「ゴールデンカムイ」211話より引用 杉元の胸ぐらを掴み心の内を吐き出す白石。 「彼女を自立した相棒として信じればなぁ、お前は元のギラギラした狼に戻れるのに…」 と、言葉とともに再び吐瀉物も吐き出す白石。 せっかく熱く説いたのに、最後にオナラをして締まらないところが白石らしくて良いです。 冒頭の嬢に言っていた「一匹狼」から来ているのだと思いますが、杉元のことを「狼」と表現しているのも興味深いですね。 しかしこれですよ! 白石はいつも肝心な時に冷静に見ていてくれていますし、飾らないからこそ真っ直ぐ響くんです。 野田サトル「ゴールデンカムイ」211話より引用 友の言葉に杉元は何を思うのか。 スポンサーリンク 第七師団到着! 野田サトル「ゴールデンカムイ」211話より引用 さていよいよ第七師団と合流です。 「来たッ」と鯉登が緊張しています。 アシリパに対し 「北海道へ戻ったら小樽のフチに会いに行けるよう頼んでみるといい」 と声をかける谷垣。 「それを許さないほど話の通じない人間ではない」 とは言いますが、アシリパは 「どんな男かはひと目見ればわかる」 野田サトル「ゴールデンカムイ」211話より引用 と、あくまで自分の目で判断しようとしています。 異様な空気を纏っている第七師団。 銃を携えているのは杉元や月島も同じですが、表情も見えずなんだか怖いです。 ちなみに水雷艇の定員数は60名程度。 その大半が水兵で、鶴見中尉の部下たち陸兵は16名程度乗ることができるそうです。 ここで確認できる限り第七師団の兵の数は鶴見含めて11名。 なので恐らく樺太先遣隊(月島・鯉登・杉元・谷垣)+アシリパの5名を連れて帰る計算で、ギリギリまで部下を連れてきた感じですかね。 「樺太先遣隊…ご苦労であった」 対面は静かに、鶴見の労いの言葉から始まりました。 「お前たちならやれると信じていた」 という鶴見の言葉に喜びの表情を浮かべる鯉登。 谷垣は黙って見守り、杉元の表情は見えません。 「そちらのお嬢さんがアシリパだな?」 とうとう鶴見とアシリパが接触します! スポンサーリンク ついに対面!アシリパの反応は? 真っ直ぐ鶴見を見つめるアシリパ。 「…なるほど」 野田サトル「ゴールデンカムイ」211話より引用 鶴見はその目にあの男を見ていました。 「確かに同じ目だ」 鶴見の表情は複雑です。 鶴見はアシリパを懐柔するため優しい感じでいくと思っていましたが、やはりウイルクたちを恨んでいるのか…ん~恨んでるとも言い難いような表情ですね。 そしてアシリパは鶴見の表情をしっかりとその目に収めました。 その間にもまたゲーッと嘔吐する白石。 皆が目が白石に向いている時、杉元はとんでもない光景を目にしました。 アシリパが大量の矢を構え始めたのです。 そして杉元にこう伝えました。 「私のことは私が決める」 野田サトル「ゴールデンカムイ」211話より引用 鶴見や月島がアシリパの行動に気づき始める中、杉元は頷きアシリパの言葉に応えました。 するとアシリパは弓を使って数本の矢を一気に真上へ向けて放ったのです。 スポンサーリンク コンビ復活!新たな旅へ! 野田サトル「ゴールデンカムイ」211話より引用 空へ打ち上げられた矢に目を奪われる第七師団。 矢が空中で向きを変え落下し始めると、杉元が 「毒矢だッ!」 野田サトル「ゴールデンカムイ」211話より引用 との声をあげます。 毒矢となれば、万一当たるわけにはいかなくなります。 第七師団は一転、回避に集中することに。 ここで鯉登も月島も鶴見を庇っていませんね。 位置的に宇佐美とモブ兵が鶴見の元にいてすぐ庇っているので、わざわざ庇いに行かなかったと考えるのが妥当ですが、しかし鯉登に関しては前話のこともあるので少し勘ぐってしまいますね。 矢は落ちきり菊田が 「全員無事か?」 と確認するも、すでに事態は進んでいました。 「逃げたぞ!!」 野田サトル「ゴールデンカムイ」211話より引用 と鶴見。 そう、アシリパと杉元はこの間に駆け出していました。 部下に庇われなければ鶴見は矢にも動じずしっかりと2人を追っていたような気はしますが、結果として2人を逃がしてしまいました。 杉元はヤジリに毒が付いていないことに気づいていたため、アシリパの「逃げる」という判断に気づいたようです。 それでも瞬時にここまでの連携ができるのはさすがですよね。 アシリパもニヤリと笑い返します。 アシリパには杉元に言いたいことがありました。 それは相棒だったら「するな」と言うなということ。 「何かを『一緒にしよう!』って前向きな言葉が私は聞きたいんだ!」 野田サトル「ゴールデンカムイ」211話より引用 アシリパはスッキリしたような強い表情。 対し杉元もいつもの顔が戻っていました。 「あれ?オレ死ぬ?」 どこまでも締まらない白石。 それも含めていつものゴールデンカムイ復活って感じですね! スポンサーリンク 『ゴールデンカムイ』ネタバレ211-212話のまとめ アシリパが鶴見を一目見た結果こうなりました。 尾形を見てもこんな反応しなかったので、冷静で判断力のあるアシリパから見ても鶴見がいかに危険に映ったかということです。 いつもの鶴見であれば相手が警戒しないように巧みに近づく気がしますが、それが出来ていないということはそれほど色々思うことがあったということだと思います。 というわけでついにアシリパ・鶴見の対面の時が来たのですが、いきなりの逃走ということになりました。 逃走するにしても一言二言は話をすると思っていたので少し意外でした。 とは言え逃げ切れるでしょうか。 矢が落ちるまでなのであまり距離が稼げていないですし、北海道へ戻るにしても港はすぐに鶴見に押さえられそうですからね。 しかし逃げるという選択肢も考えていた以上その先もある程度考慮していると考えても良いでしょう。 ともあれ以前の2人が復活したのでどうにでもなりそうな感じがハンパないですね。 紆余曲折を経て再び杉元・鶴見・土方の三つ巴となった金塊争奪戦。 最も多くの皮を持つ第七師団、第七師団の持たない皮と偽物人皮を持つ土方一派、そして皮は持たないものの鍵であるアシリパ有する杉元。 まだ樺太で一波乱ありそうな気がしますが、新たな形で再開した金塊争奪戦がどう展開していくか非常に楽しみですね!.

次の

最新ネタバレ『ゴールデンカムイ』211

ゴールデン カムイ 212

ゴールデンカムイ 前回211話 あらすじ 鶴見中尉が杉本たちと合流する日がやって来た。 杉本は朝帰りの白石から説教を受ける。 アシリパを相棒としてちゃんと見れていないこと、ギラギラした狼からショボショボくたびれ男になってしまったこと…。 そして鶴見中尉が到着し、アシリパがのっぺらぼうと同じ目をしていることを確認。 アシリパは大量の矢を上空に向かって放ち、狙いを察した杉本が「毒矢だ!」と叫んだことで周囲は混乱に。 決意を固めた杉本はアシリパと一緒に逃げ、二人だけで金塊を見つけ出そう!と叫び、改めて相棒としての第一歩を踏み出すのだった。 ゴールデンカムイ 最新212話 ネタバレ! 逃げる当てがあるアシリパ! 家(チセ)まで送るよ、と優しく微笑むイケメン杉本が今回の扉絵(カラー)。 そして本編。 鶴見中尉達から逃げるために、人気のない建物の中を通り抜けていく杉本とアシリパ。 杉本「逃げる先に当てがあるのか?」 アシリパ「ある!!」 一方、アシリパの矢で混乱していた鶴見中尉達。 すでに混乱から立ち直っており、逃げた二人の捜索を開始していた。 置いていかれた谷垣は杉本たちの判断を非難。 鶴見中尉はフチの村を知っており、逃げれば戻れなくなる、と。 (谷垣の今の目的はアシリパをフチの所へ連れ帰ること) 杉本VS宇佐美! 米俵が置かれている倉庫の中を抜けようとする杉本とアシリパ。 しかし出口の前に宇佐美が立ちふさがる。 宇佐美「あ!!いたいた」 いきなり銃をぶっ放してくる宇佐美。 銃声が外にいた菊田と月島の元にも届く。 銃を避けた杉本にエルボーをかます宇佐美。 杉本は宇佐美の上半身を抱えて地面にたたきつけ、顔面を足蹴にする。 宇佐美も負けじと腰から剣を引き抜くが… アシリパが落とした米俵につぶされてしまう。 月島が杉本に発砲!鯉登も駆けつけてくるが… 先ほどの宇佐美の銃声で、鶴見の部下たちが集まってくる。 杉本たちはなんとか外へ出るが、そこへ月島が現れ、銃を構えてくる。 杉本に対して止まるよう指示する月島だったが、杉本は構わず逃げようとする。 そこで月島が発砲。 銃弾は杉本の左胸のあたりに命中。 鮮血をほとばしらせて倒れる杉本に対し、駆け付けてきた鶴見の部下たちがさらに銃弾を浴びせる。 アシリパが顔色を変えて杉本に駆け寄り、アシリパを殺すわけにはいかない月島の指示でようやく銃撃が止む。 そこへ鯉登も部下を引き連れて駆けつけてくる。 動かない杉本とうろたえるアシリパを見て、近づいて拳銃を構える鯉登。 鯉登「逃げればこうなることはわかっていたはずだ」 暗い瞳でそういう鯉登だったが、月島がはっと気づいて叫ぶ。 月島「何をやっている、近づくな鯉登少尉!!」 アシリパは倒れている杉本の髪の毛が、手負いのヒグマのように逆立っていることに気づく。 月島「離れろ!そいつは…!!」 月島が鯉登に叫び続けるが、鯉登の表情はどこかうつろで、動こうとしない。 不死身の杉本が大暴れ!うつろな鯉登 次の瞬間、アシリパを抱えて立ち上がった杉本は、鯉登の左肩に銃剣を差し込み、貫通させる。 杉本「俺は、不死身の杉本だ!!」 鬼気迫る表情で叫ぶ杉本。 鯉登の隣に立っていた部下が発砲するが、それより早く杉本が銃口を押しのけて弾をそらす。 そして銃の先端についていた金具を外して銃剣を奪い取り、顔面に突き刺す。 鯉登はやはりうつろな瞳のまま、フラ…と拳銃の銃口を杉本に向けるが、怒りの形相で大暴れする杉本にのされ、逃げられてしまう。 アシリパを抱えてダダァ~ッと走り去っていく杉本。 鯉登の演技に気づいていた月島。 無関心な鶴見 月島「鯉登少尉殿、診せてください」 杉本とアシリパが逃げていってしまう中、月島は負傷した鯉登のそばに。 菊田「月島軍曹、追え!逃げられるぞ!」 菊田は杉本とアシリパを追って走り去っていく。 鯉登「行け月島。 私はいいから…」 杉本に刺された銃剣がそのままになっている鯉登。 うつろな瞳で月島に向かってそう言うが…。 月島「いつも感情的になって突っ走るなと注意していたでしょう…」 心配そうな表情の月島。 月島(昨日は素直に聞いてくれたのに…) そんな月島と鯉登の隣を、ザッ…と鶴見が通り過ぎていく。 鶴見は月島と、そして刺されいてる鯉登の方をチラッと一瞥するが、まったく表情を変えず、すぐに視線を杉本たちが逃げた方へ移す。 月島は帽子のつばから、どこかにらむような視線を無言で鶴見に向ける。 アシリパ「頑張れ杉本!!もう少しだッ」 杉本の手を引いてどこかへ向かって急ぐアシリパ。 一方、手を引かれている方の杉本は、撃たれたケガが重いのか、うつむいて辛そうな様子を見せながらも、何とか足を止めずに走り続けるのだった。 ゴールデンカムイ 最新212話 感想と考察レビュー! 前回の白石の説教?の効果もあってか、再びアシリパの相棒として走り出した杉本は、やはり活き活きしていて、見ていて爽快ですね! さっそく銃弾の雨を浴びてハチの巣になってしまいましたが…普通なら動けなくなるような状態から、覚醒したかのように大暴れする杉本の煌めきが久々に見れて、(辺見和雄じゃないですが)大興奮でした!! ゴールデンカムイはやっぱりこういう、命を懸けた戦いがめちゃくちゃ熱くて面白いですよね…。 ただその裏で、鯉登は今回ひたすら生気がなく、ずっと空虚な表情を浮かべていましたね。 薩摩示現流の使い手である鯉登が本気で杉本を止めようとするなら刀を使うべきなのですが、拳銃をだら…と向けるくらいで、全然本気じゃない感じですよね。 杉本に刺されても、倒されても、驚きもしていないというか、このまま殺されてしまっても別に構わない…とすら思っているように見えました。 (一応前回、アシリパの放った矢をぐにゃ、と避けてはいましたが) そして杉本たちが逃げていく中、追いかけるより鯉登の容態を見る方を月島が優先したのは、さり気ないシーンながら…グッとくるものがありました。 (昨日は素直に聞いてくれたのに…)という独白からも、やはり前回、鯉登が鶴見中尉にますます心酔したかのような態度を見せたのは演技だったようですね。 月島もそれを見破りながら…自分の意を汲んでくれたとして、あえてその嘘に乗ってあげていたのですね。 そしてそんな二人を一瞥しながら、何の言葉もかけず、顔色一つ変えない鶴見中尉…。 これも月島が見たかった鶴見劇場の一幕、なのでしょうか。 再び活き活きし始めた杉本と、対照的に意気消沈してしまった鯉登… 杉本とアシリパがどこへ向かうのかも気になりますが、個人的は鯉登が今後どうなっていくのか、という点がより気になります…!.

次の