転職 リサーチ。 リサーチ・市場調査

マーケティングリサーチ業界から転職して給料が増える仕事って何でしょうか【質問・疑問・相談

転職 リサーチ

回答者 3. 3 年収 基本給(月) 残業代(月) 賞与(年) その他(年) 246万円 20万円 -- 6万円 -- 給与制度: 入社半年は基本給15万は保証されていて、それに加えて通勤手当等の各種手当てがつきます。 半年以降は、査定により変動します。 賞与は、最低3万は保証されていますが、半年毎の査定により変わり、上限はありません。 評価制度: 奨励策も沢山あり、頑張った分(契約を貰えた分)の評価は、しっかりされていると思いまふ。 ただし、数字の評価なので、契約がなければ、給与・賞与にも影響があり、勤続も困難になります。 回答者 3. 4 入社を決めた理由: 新卒で入社福利厚生がよく、中堅生保だが、ボーナスもしっかりしており。 かなり給料がいい会社であると思う。 総合職で有れば、他の生保と違い代理店営業のみで俗にゆう自爆営業やイニシャルといったものは全くない。 また、独自の営業モデルがあり、普通では出会わないであろう税理士や企業の社長と交流を図れる 「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」: 営業配属では地方に行くことも多く、3年ごとの転勤はしんどいと感じる人も多い。 加えて代理店営業ということもあり、自分の能力以上に、担当代理店の力量にかなり左右される。 本社と違い良くも悪くも支社によって雰囲気が全く違う。 また、面接で聞かれた希望が通ることはあまりなく、中途入社であればほぼ営業として最前線で働くことになる。 新卒の方が優遇されているような雰囲気がある。

次の

【新潟県求人】新潟転職Komachiのリサーチと評価・評判

転職 リサーチ

サービス・小売・運輸・その他 すべて• 店長・店舗開発・スーパーバイザー• カスタマーサポート・コールセンター運営・管理• 教師・講師・インストラクター• 警察官・消防士・自衛官• 行政事務・サービス職• 介護・福祉• ウェディングプランナー• ホテル・レジャー施設運営• コーディネーター・仲介(人材・ブライダルなど)• 翻訳・通訳• パイロット• キャビンアテンダント• 運転手・セールスドライバー• 調理師・パティシエ・キッチンスタッフ• 飲食ホールスタッフ• エステティシャン・ネイリスト・美容師• 整体士・マッサージ• 警備員• 学芸員・司書• 水産・農林・酪農・農園• その他 北海道• 札幌市• 函館市• 小樽市• 旭川市• 室蘭市• 釧路市• 帯広市• 北見市• 夕張市• 岩見沢市• 網走市• 留萌市• 苫小牧市• 稚内市• 美唄市• 芦別市• 江別市• 赤平市• 紋別市• 士別市• 名寄市• 三笠市• 根室市• 千歳市• 滝川市• 砂川市• 歌志内市• 深川市• 富良野市• 登別市• 恵庭市• 伊達市• 北広島市• 石狩市• 北斗市• 当別町• 新篠津村• 松前町• 福島町• 知内町• 木古内町• 七飯町• 鹿部町• 八雲町• 長万部町• 江差町• 上ノ国町• 厚沢部町• 乙部町• 奥尻町• 今金町• せたな町• 島牧村• 寿都町• 黒松内町• 蘭越町• ニセコ町• 真狩村• 留寿都村• 喜茂別町• 京極町• 倶知安町• 共和町• 岩内町• 神恵内村• 積丹町• 古平町• 仁木町• 余市町• 赤井川村• 南幌町• 奈井江町• 上砂川町• 由仁町• 長沼町• 栗山町• 月形町• 浦臼町• 新十津川町• 妹背牛町• 秩父別町• 雨竜町• 北竜町• 沼田町• 鷹栖町• 東神楽町• 当麻町• 比布町• 愛別町• 上川町• 東川町• 美瑛町• 上富良野町• 中富良野町• 南富良野町• 占冠村• 和寒町• 剣淵町• 下川町• 美深町• 音威子府村• 中川町• 幌加内町• 増毛町• 小平町• 苫前町• 羽幌町• 初山別村• 遠別町• 天塩町• 猿払村• 浜頓別町• 中頓別町• 枝幸町• 豊富町• 礼文町• 利尻町• 利尻富士町• 幌延町• 美幌町• 津別町• 斜里町• 清里町• 小清水町• 訓子府町• 置戸町• 佐呂間町• 遠軽町• 湧別町• 滝上町• 興部町• 西興部村• 雄武町• 大空町• 豊浦町• 壮瞥町• 白老町• 厚真町• 洞爺湖町• 安平町• むかわ町• 日高町• 平取町• 新冠町• 浦河町• 様似町• えりも町• 新ひだか町• 音更町• 士幌町• 上士幌町• 鹿追町• 新得町• 清水町• 芽室町• 中札内村• 更別村• 大樹町• 広尾町• 幕別町• 池田町• 豊頃町• 本別町• 足寄町• 陸別町• 浦幌町• 釧路町• 厚岸町• 浜中町• 標茶町• 弟子屈町• 鶴居村• 白糠町• 別海町• 中標津町• 標津町• 羅臼町 福島県• 福島市• 会津若松市• 郡山市• いわき市• 白河市• 須賀川市• 喜多方市• 相馬市• 二本松市• 田村市• 南相馬市• 伊達市• 本宮市• 桑折町• 国見町• 川俣町• 大玉村• 鏡石町• 天栄村• 下郷町• 檜枝岐村• 只見町• 南会津町• 北塩原村• 西会津町• 磐梯町• 猪苗代町• 会津坂下町• 湯川村• 柳津町• 三島町• 金山町• 昭和村• 会津美里町• 西郷村• 泉崎村• 中島村• 矢吹町• 棚倉町• 矢祭町• 鮫川村• 石川町• 玉川村• 平田村• 浅川町• 古殿町• 三春町• 小野町• 広野町• 楢葉町• 富岡町• 川内村• 大熊町• 双葉町• 浪江町• 葛尾村• 新地町• 飯舘村 埼玉県• さいたま市• 川越市• 熊谷市• 川口市• 行田市• 秩父市• 所沢市• 飯能市• 加須市• 本庄市• 東松山市• 春日部市• 狭山市• 羽生市• 鴻巣市• 深谷市• 上尾市• 草加市• 越谷市• 戸田市• 入間市• 朝霞市• 志木市• 和光市• 新座市• 桶川市• 久喜市• 北本市• 八潮市• 富士見市• 三郷市• 蓮田市• 坂戸市• 幸手市• 鶴ヶ島市• 日高市• 吉川市• ふじみ野市• 白岡市• 伊奈町• 三芳町• 毛呂山町• 越生町• 滑川町• 嵐山町• 小川町• 川島町• 吉見町• 鳩山町• ときがわ町• 横瀬町• 皆野町• 長瀞町• 小鹿野町• 東秩父村• 美里町• 神川町• 上里町• 寄居町• 宮代町• 杉戸町• 松伏町 千葉県• 千葉市• 銚子市• 市川市• 船橋市• 館山市• 木更津市• 松戸市• 野田市• 茂原市• 成田市• 佐倉市• 東金市• 習志野市• 勝浦市• 市原市• 流山市• 八千代市• 我孫子市• 鴨川市• 鎌ケ谷市• 君津市• 富津市• 浦安市• 四街道市• 袖ケ浦市• 八街市• 印西市• 白井市• 富里市• 南房総市• 匝瑳市• 香取市• 山武市• いすみ市• 大網白里市• 酒々井町• 神崎町• 多古町• 東庄町• 九十九里町• 芝山町• 横芝光町• 一宮町• 睦沢町• 長生村• 白子町• 長柄町• 長南町• 大多喜町• 御宿町• 鋸南町 東京都• 千代田区• 中央区• 新宿区• 文京区• 台東区• 墨田区• 江東区• 品川区• 目黒区• 大田区• 世田谷区• 渋谷区• 中野区• 杉並区• 豊島区• 荒川区• 板橋区• 練馬区• 足立区• 葛飾区• 江戸川区• 八王子市• 立川市• 武蔵野市• 三鷹市• 青梅市• 府中市• 昭島市• 調布市• 町田市• 小金井市• 小平市• 日野市• 東村山市• 国分寺市• 国立市• 福生市• 狛江市• 東大和市• 清瀬市• 東久留米市• 武蔵村山市• 多摩市• 稲城市• 羽村市• あきる野市• 西東京市• 瑞穂町• 日の出町• 檜原村• 奥多摩町• 大島町• 利島村• 新島村• 神津島村• 三宅村• 御蔵島村• 八丈町• 青ヶ島村• 小笠原村 長野県• 長野市• 松本市• 上田市• 岡谷市• 飯田市• 諏訪市• 須坂市• 小諸市• 伊那市• 駒ヶ根市• 中野市• 大町市• 飯山市• 茅野市• 塩尻市• 佐久市• 千曲市• 東御市• 安曇野市• 小海町• 川上村• 南牧村• 南相木村• 北相木村• 佐久穂町• 軽井沢町• 御代田町• 立科町• 青木村• 長和町• 下諏訪町• 富士見町• 辰野町• 箕輪町• 飯島町• 南箕輪村• 中川村• 宮田村• 松川町• 高森町• 阿南町• 阿智村• 平谷村• 根羽村• 下條村• 売木村• 天龍村• 泰阜村• 喬木村• 豊丘村• 大鹿村• 上松町• 南木曽町• 木祖村• 王滝村• 大桑村• 木曽町• 麻績村• 生坂村• 山形村• 朝日村• 筑北村• 池田町• 松川村• 白馬村• 小谷村• 坂城町• 小布施町• 高山村• 山ノ内町• 木島平村• 野沢温泉村• 信濃町• 小川村• 飯綱町• 栄村 愛知県• 名古屋市• 豊橋市• 岡崎市• 一宮市• 瀬戸市• 半田市• 春日井市• 豊川市• 津島市• 碧南市• 刈谷市• 豊田市• 安城市• 西尾市• 蒲郡市• 犬山市• 常滑市• 江南市• 小牧市• 稲沢市• 新城市• 東海市• 大府市• 知多市• 知立市• 尾張旭市• 高浜市• 岩倉市• 豊明市• 日進市• 田原市• 愛西市• 清須市• 北名古屋市• 弥富市• みよし市• あま市• 長久手市• 東郷町• 豊山町• 大口町• 扶桑町• 大治町• 蟹江町• 飛島村• 阿久比町• 東浦町• 南知多町• 美浜町• 武豊町• 幸田町• 設楽町• 東栄町• 豊根村 福岡県• 北九州市• 福岡市• 大牟田市• 久留米市• 直方市• 飯塚市• 田川市• 柳川市• 八女市• 筑後市• 大川市• 行橋市• 豊前市• 中間市• 小郡市• 筑紫野市• 春日市• 大野城市• 宗像市• 太宰府市• 古賀市• 福津市• うきは市• 宮若市• 嘉麻市• 朝倉市• みやま市• 糸島市• 那珂川町• 宇美町• 篠栗町• 志免町• 須恵町• 新宮町• 久山町• 粕屋町• 芦屋町• 水巻町• 岡垣町• 遠賀町• 小竹町• 鞍手町• 桂川町• 筑前町• 東峰村• 大刀洗町• 大木町• 広川町• 香春町• 添田町• 糸田町• 川崎町• 大任町• 福智町• 苅田町• みやこ町• 吉富町• 上毛町• 築上町.

次の

求人・転職はマイナビ転職エージェントサーチ/探そう。転職エージェント

転職 リサーチ

転職で失敗しないためには 過去と比べると、現在では転職することに抵抗を感じる人が減っており、転職者の人数や転職に対して悪い印象を持たない会社も増えているようです。 しかし、転職に失敗したという話は相当数存在し、転職を後悔している方も決して少なくありません。 想像とのギャップで、転職先の不満やストレスが溜まっていくと、体調を崩す原因にもなりかねません。 また、短期間に何度も転職を行っていると次第に印象が悪くなり、結果として次の転職が困難となる可能性があります。 転職でありがちな失敗 たとえば、やりがいや実力主義を求めて大企業から中小企業に転職してみると、大企業以上に厳しい年功序列となっており、やりたいことができずに入社後に後悔するといったケースが少なくありません。 また、会社によっては周囲の社員から嫉妬や対抗意識を持たれたり、給料の高さなどの条件の良さで転職を決めたが、それ以上に残業やストレスが多くて身体を壊してしまったり、蓋を開けてみればハラスメントが横行しているといった失敗例が数多くあります。 表面上は目立たないような問題を避けるためにも、丁寧なリサーチが必要と言えます。 転職エージェントの注意すべきポイント 転職の際、無料で利用できる転職エージェントを利用する方も多いですが、注意すべきポイントも存在します。 転職エージェントは転職成功者のその後の年収に応じて報酬を受け取ることが一般的です。 つまり、担当者によっては転職者が迷っている場合などでも転職を成功させるようなサポートを行う可能性があります。 また、転職エージェントは転職活動を仲介するためのものであって、転職について相談を受けてくれるものではありません。 転職エージェントの利用で失敗しないためには、あらかじめ自己分析をしておく必要があると言えます。 転職希望先の企業リサーチをしよう! どのような理由で転職するにしても、会社の情報をリサーチすることはとても重要です。 転職先に希望していた会社の情報を収集してみると、想像と内情が全く異なっていたという話も珍しくありません。 また、リサーチすることで自分の向き不向きや、働くうえで重要視していることが明確となり、自己分析をするきっかけとなります。 もし、リサーチ不足で転職に失敗し、短い期間でまた転職をすることになると印象が悪くなり、希望する会社への転職がだんだん困難となる可能性もあります。 情報収集は十分に時間をかけて丁寧に行いましょう。 企業リサーチ方法は 転職先の会社のホームページを読み、世間で語られている漠然としたイメージのみで企業のリサーチを終えてしまっている方がいますが、それは大きな間違いです。 重要なリサーチ方法はいくつか存在し、それぞれから読み取れる情報の質が全く異なります。 一般的に、企業リサーチを終えると会社の概要や経営方針、キャリアパスなどを質問されたときに自分の言葉に置き換えて説明できることが最低ラインとされています。 転職は人生において一大転機です。 あらゆるリサーチ方法を検討し、時間の許す限り転職先の会社をチェックしておきましょう。 企業の情報は総合的に判断しよう 転職前のリサーチ方法としてもっとも代表的なものは会社のホームページを確認し、経営状況や給料に関する情報などを確認しておくことです。 さらに、会社の関係者や社員に話を聞くことで会社内の雰囲気や抽象的な情報まで知ることができます。 そして、ネットが普及している現在では、SNSやブログを定期的にチェックすることも重要です。 条件面などにはあまり表れない問題を抱える会社も存在するため、リサーチの際は数字で具体的に書かれている情報と、会社内の雰囲気などの抽象的な情報の両方をチェックし、総合的に判断する必要があります。 ホームページを見る 会社のホームページにはIR情報というものが記載されています。 IRはInvestor(投資家)Relations(関係)の略で、上場企業が主に投資家に対して公開している情報です。 なかでもIR情報内にある有価証券報告書には平均年間給与や平均勤続年数、退職金などのさまざまな情報が記載されているため、会社の体制をもっとも客観的に知ることができます。 さらに、記載されている業績の推移を確認することで企業の安定性をある程度予測することが可能となります。 転職者は会社のIR情報を必ずチェックしておきましょう。 働いている人に話を聞く 実際に会社に就職している人に話を聞くことで、想像と現実のギャップを埋めることができます。 ただ、同じ職種の会社に転職する場合は知り合いも多く、事前に十分な内部情報を収集することが可能ですが、全く異なる職種を目指す場合は話を聞ける知り合いがいないケースも多いでしょう。 その場合、業界研究セミナーに参加するという方法があります。 実際に働いている方に話を聞き、キャリアイメージの形成や知る機会の少ない最新情報を手に入れることができます。 話を実際に聞くことは転職後のビジョンを明確にする手助けとなるでしょう。 企業のSNSやブログを読む できれば会社の関係者が運営しているSNSやブログもチェックしておきましょう。 企業のオフィシャルブログだけではなく、会社によっては社長個人のブログ、人事担当者のブログ、社員のブログなどで情報発信が行われていることがあります。 それらのようなブログはホームページに記載されている情報と比べるとタイムリーなことが多く、会社の雰囲気がリアルに伝わってくるのが特徴です。 会社の内部を把握するためにも、転職の準備期間は忙しくなりがちですが、すきま時間を見つけるなどして定期的に目を通してみることをおすすめします。 業界新聞や専門誌をチェックする 多くの業界では業界新聞や専門誌が発行されています。 転職先の会社が同じ業界であればあえて調べる必要性は薄くなりますが、全く異なる業種に転職する場合は非常に重要です。 会社単位での将来性ではなく、業界全体の将来性や傾向を把握しておきましょう。 わざわざ購入せずとも、大きな図書館であればバックナンバーが取り揃えられていることがあります。 誌面での情報はネット上で入手しづらいため、面接時のアピールポイントに活用することで差を付けることが可能となります。 特に大きなニュースが起きた場合は専門誌のチェックをぜひ行いましょう。 イベントに参加する 転職を考えている方のために、全国で転職フェアが開催されています。 主に大手の転職エージェントや人材紹介会社が主催しており、転職希望者とさまざまな有名企業との交流が行われます。 転職フェアは大規模なものになると動員数が1万人を超える場合もあります。 そのため、転職フェアに参加する場合は履歴書までは必要ありませんが、希望の職種や年収などをあらかじめまとめておくことで、目的をもってスムーズに情報収集することが可能です。 転職者向けのイベントにも積極的に参加し、なるべく自身にふさわしい会社を見つけましょう。 企業リサーチは余裕を持って行おう! 転職先の会社のリサーチには方法がいくつかあり、どれも情報の質が異なります。 総合的に判断しようとすると、どうしてもある程度の時間がかかってしまうため、時間に十分な余裕を持って会社の情報を調べる必要があります。 また、そもそも転職の前後1~2か月は考えなければならないことが通常より増える傾向にあり、企業リサーチに割くキャパシティが不足してしまうことも多々あります。 時間だけではなく体力的な意味でも、転職先の情報を調べるときは長い準備期間を確保し、計画的に進めていきましょう。

次の