林田 理沙 ピアノ。 林田理沙NHKアナウンサーの名シーン・衣装・エピソード・プロフィール

『ブラタモリ』林田理沙アナ、ピアノを完璧に演奏 視聴者「カッコいい…」と感激

林田 理沙 ピアノ

人物・来歴 [ ] 生まれ、育ち。 両親が長崎県出身。 幼稚園から高校までで過ごし 、卒業 、東京芸術大学大学院修士課程音楽学専攻修了。 にアナウンサーとしてNHK入局。 同年、に着任。 にラジオニュースで、にはテレビのお昼のニュースがそれぞれ初出演となる。 、へ異動。 より『』キャスターを担当。 からに異動。 『』メインキャスターに就任するの後任として、『』アシスタントならびに『』の平日版5時台・6時台および『』6:55のキャスターに起用された。 林田は『ロクいち! 福岡』も近江から引き継いでおり、東京でも近江が担当していた番組を引き継ぐこととなった。 その後、度の番組改編で『ブラタモリ』および『 - おはよう日本』を降板し、『』のメインキャスターならびに『オシばん』のキャスターに起用された。 『首都圏ネットワーク』『オシばん』に関しては、林田の同期であるから引き継ぐ形となった。 嗜好・挿話 [ ]• 小学1年生から中学3年生までを続けていた。 東京芸術大学大学院生時代にはにてアナウンサーになるべく勉強し、アスク時代にはの『』やの『』の学生キャスターとして出演していた。 学生時代は、名字をにして「リンダ」というニックネームで呼ばれていた。 また大学3年生のとき36大学の学生を集めたを結成して演奏会で指揮をした。 『日本でがどのように普及したか』というテーマで研究をしていた。 絶対音感がある。 東京芸術大学時代に音楽学部邦楽科で講師だったの授業を受講していた。 長崎放送局時代に制作したリポートが、九州・沖縄地区で最優秀賞を受賞した。 、第4回福岡検定「中級」を初めて受験し合格を果たした。 現在の担当番組 [ ]• (メインキャスター:2020年3月30日 - )• (キャスター・2020年3月30日 - )• (ナレーター:2018年4月29日 - ) 過去の担当番組 [ ] BS朝日(NHK入局前) [ ]• (2012年度) - 学生キャスター• (2012年度) - 学生キャスター 長崎放送局時代(2014年度 - 2015年度) [ ]• (2014年8月6日) - 「平和案内人」のリポート(初リポート)• (2014年11月1日) - 「第14回全国障害者スポーツ大会開会式」の実況(全国放送)• 新人としては異例の抜擢。 平成27年(2015年8月9日) - 長崎中継リポート(全国放送)• (2015年8月9日) - 司会進行(九州管内中継)• その後の『』でも全国放送された(2015年10月11日)。 (2016年1月17日) - 「ぷりぷりで甘い 養殖とらふぐ〜長崎県〜」のリポーター• (2016年1月27日) - 司会進行( 全国放送)• キャスター(2016年2月29日 - 2018年3月16日)• (2016年9月14日) - 明日へのことば「〜原爆の子・禎子さんの兄 佐々木雅弘さん〜」のインタビュアー• (2016年10月10日) - 福岡担当リポーター• (2017年6月24日) - イタリア人の世界的ピアニストへのインタビュー• 特設ニュース(2017年7月6日) - 福岡放送局より災害状況を伝えた(全国放送)。 (2017年9月16日) - 朝倉はちみつ祭り紹介の中継。 「観光農園でフルーツ三昧!~福岡・朝倉市~」(2017年10月9日) - のをと共に中継。 第37回福岡大会(2017年10月29日) - にて井上二郎と共に中継。 2017「九州沖縄地区大会」(2017年11月23日) - の実況で松崎洋子と共にリポーターとして出演。 九州の祭り〜ユネスコ無形文化遺産登録〜(2017年12月29日) - ナレーション 東京アナウンス室(2018年度 - ) [ ]• (キャスター:5:00 - 6:00)(2018年4月9日 - 2020年3月27日)と隔週交代• ラジオニュース(午前10時、午前11時)隔週• まちかど情報室スペシャル『毎日の食卓を笑顔に』(2018年4月30日)• 映画「フジコ・ヘミングの時間」の公開に合わせて へのインタビュー(2018年6月15日)• の登録に合わせたについての特集(2018年7月5日)• の代理キャスターとしてと共に司会進行を行った。 (2018年8月6日 - 10日、2019年4月30日、8月26日 - 30日、2020年3月26日)• に出場する若きピアニストたちが小説さながらに熱い闘いを繰り広げた舞台裏を紹介(2018年11月25日)• まちかど情報室スペシャル『大切な人と特別な時間を』(2018年12月24日)• まちかど情報室スペシャル『ステキな春にしませんか? 』(2019年3月21日)• の公演初日を目前に控えたへのインタビュー(2019年9月24日)• に出演した、、監督・脚本をつとめたへのインタビュー(2019年9月30日)• まちかど情報室スペシャル『はじめの一歩をお助けします』(2020年1月13日)• (アシスタント・2018年4月21日 - 2020年3月14日)• ニュース・気象情報(不定期)• Nスペ5min. 『人類誕生 第1集 こうしてヒトが生まれた』(ナレーション・2018年4月21日)• (聞き手・2018年9月27日 - 2020年3月20日)• 新4K8K衛星放送 開始セレモニー中継(進行役・2018年12月1日)• クラシック・ハイライト2018(司会・2018年12月31日)• リポーター(2019年1月1日・より中継)• N響ほっとコンサート(司会・2019年10月13日)• リポーター(2020年1月1日・亀戸香取神社より中継)• 新型コロナウイルス 「いま あなたの不安は何ですか? 」(2020年3月16日)• (2020年4月7日・16日、の代役 )• (2020年4月16日・5月14日) - 改正・に基づくを巡る各地の状況を報じた部分の中で、首都圏向けローカルニュース用のスタジオより関東・甲信越地方の状況を伝えた。 同期のアナウンサー [ ]• 脚注 [ ] []• サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. 2018年2月22日. 2018年2月22日閲覧。 西本智実オフィシャルブログ 智実の小部屋 2014年10月16日• 林田理沙『』修士論文、(音楽研究科音楽学専攻)東京芸術大学、2014年。 NHK長崎放送局 2016年2月16日付• PDF プレスリリース , 日本放送協会, 2018年2月21日 , 2018年2月21日閲覧。 サンケイスポーツ. 2018年3月23日. 2018年3月24日閲覧。 なお、中山は林田と入れ替わる形で『 - おはよう日本』の平日版5時台・6時台のキャスターに就いた。 2019年3月21日放送のNHKニュースおはよう日本 まちかど情報室スペシャル『ステキな春にしませんか?』で子供時代のバレエ写真を披露• 2014年7月14日, at the. 2019年5月7日• [twitter. 「ロクいち! 福岡」林田アナウンサー、井上アナウンサーにインタビューすル〜! 広報誌ふく! なび 2016年4月号• NHK福岡放送局2017年03月10日• 一時、コロナ臨時対応のため出演しない週が設けられた時期があった。 同じく上原が担当している『』が、両日とも新型コロナウイルス関連ニュースのため20時45分まで拡大され『首都圏ニュース - 』にも上原が出演することが出来なくなったため。 2016年4月4日 - - テレビ朝日アスク 外部リンク [ ]• 先代: 2代目女性キャスター 林田理沙 - 次代: 先代: 5代目アシスタント 林田理沙 - 次代: この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

<ブラタモリ>林田理沙アナのピアノ演奏姿に視聴者くぎ付け「ますますファンになっちゃった」(ザテレビジョン)

林田 理沙 ピアノ

すぐ読める目次はこちら• 林田理沙アナのWikiプロフィール 名前:林田理沙(はやしだりさ) 愛称:リンダちゃん・リンダ 生年月日:1989年12月19日 出身地:長崎県(神奈川県育ち) 血液型:不明 身長:153cm 趣味:ピアノ・旅行・料理・お菓子作り 特技:絶対音感 職歴:長崎放送局・福岡放送局・東京アナウンス室 勤務局:NHK放送センター 参考元:・ 林田理沙アナには、 ニックネームがあり、 学生時代に 苗字を重箱読みにして、 リンダと呼ばれていました。 なお、 近江友里恵アナとの繋がりが非常に強く、 福岡放送局時代の ロクいち! 福岡は、 近江友里恵アナが 東京アナウンス室へ異動になったことがきっかけで引き継ぐ形となりました。 さらに、 東京アナウンス室に異動になってから、 NHKニュースおはよう日本・ ブラタモリも、 近江友里恵アナが あさイチへ 異動になったことがきっかけで引き継ぐ形となっています。 個人的には、 林田理沙アナにとっては、 先輩からの 引継ぎとなるので、 先輩よりも良い番組にしたいという 大きなプレッシャーの中で頑張っているのではないかと思うので、気楽に自分らしく頑張ってもらえたらと思います。 スポンサーリンク 林田理沙アナの出身大学は芸大? 林田理沙アナは、 幼稚園から 高校までは、 湘南白百合学園で過ごしています。 そして、 東京藝術大学音楽学部楽理科を 卒業、 東京藝術大学大学院音楽研究科を 修了しています。 上記のような 経歴なのに、なぜ 音楽関係の仕事ではなく、 アナウンサーになったのか疑問を感じますね。 林田理沙アナは、 大学院時代に テレビ朝日アスクにて、 アナウンサーになるべく勉強し、 アスク時代には、 News Accessや auベッドラインの 学生キャスターとして出演していました。 上記のように、 林田理沙アナは、 大学院時代にアナウンサーになることを目指したようです。 現在は、 情報番組や バラエティー番組の アナウンサーとして活動しています。 「和久田麻由子」アナは、2014年から「NHKニュースおはよう日本」のメインキャスターを務めるアナウンサーです… 林田理沙アナの声は癒し系で絶対音感の持ち主? 林田理沙アナは、大学・大学院時代には、持ち前の 絶対音感で 学生オーケストラの 指揮者をしたことがあるようです。 おそらく、オーケストラの中で 一番重要なポジションである 指揮者は、 才能がある人が選ばれると思います。 そのため、 絶対音感がある 林田理沙アナが 適任だったのだと思います。 そして、 林田理沙アナの 声に関して、以下のような反響があるので、ご紹介していきます。 林田理沙アナ 通称リンダ 声質が女性アナの中では 低音の部類だが 伸びがあって 聞き取りやすい。 朝5時に ふさわしい声。 東京芸大ピアノ専攻の経験からか 他のアナには無い 独特のテンポで原稿を読む。 年齢 キャリア以上の落ち着きが良いね!ちょっとボーイッシュな雰囲気も良いね!笑わないねw — Akira somanymensoman4 林田理沙アナウンサーは、講談師のような声だな 褒め言葉。 林田理沙アナは、 NHKニュースおはよう日本の キャスターだけではなく、 さわやか自然百景などの ナレーションも担当、ニュースのキャスターとは違い、声だけで勝負するナレーションでも視聴者から評価を得ています。

次の

<ブラタモリ>林田理沙アナのピアノ演奏姿に視聴者くぎ付け「ますますファンになっちゃった」(ザテレビジョン)

林田 理沙 ピアノ

お好きなところからお読み下さい• 林田理沙アナ 1989年生まれの身長は 153cm。 出身は長崎とのことですが、林田理沙アナは幼少期から神奈川県で育っています。 幼稚園から高校まで湘南白百合学園に通っていたみたいです。 名門のお嬢様学校ですね。 また学生の時から「 News Access」や「 au ヘッドライン」の学生キャスターとして活躍されていたそうです。 ちなみに相性は「リンダちゃん」として親しまれています。 ブラタモリでピアノ演奏を披露!? 話題の放送は 1月 25日放送のブラタモリでのこと。 林田理沙アナのピアノ演奏姿が注目を集めました。 その日訪れたのは静岡県の浜松市。 新幹線の浜松駅からロケはスタートしました。 事件が起こったのは冒頭、そこには浜松を象徴するものとしてグランドピアノが置かれていたのです。 まさかまさか、ロケの冒頭で早速事件の予兆が起きていたなんて、まるで林田理沙さんのピアノ演奏のためにグランドピアノが用意されていたかのようですね。 なかなか度胸がいるよな ロケの真っ只中、目の前にグランドピアノが現れた一行。 タモリさんは 「(ここに)入って弾こうとする人はなかなか度胸がいるよな」とコメント。 事件が起きたのはその直後でした。 なんと担当者から、「もしよかったら林田さん、何かお弾きになりませんか? 」との声がかかったのです。 いきなりの無茶振りに、さすがの林田理沙アナも戸惑いを隠しきれなかったようですが、なんと林田理沙アナはピアノへと向かったのでした。 この空気感の中ピアノに向かうなんて、よっぽど自信がないとできませんよね。 本当にすごいと思います。 林田理沙アナのピアノ演奏はなんと おもむろにピアノに向かった林田理沙アナ、一体どんなピアノ演奏を見せてくれるのか、視聴者の期待値も最大限に高まっていました。 そんなプレッシャーを一身に背負った林田理沙アナ、ピアノ演奏で奏でたのはなんと ドビュッシーの「月の光」でした。 いきなりピアノ演奏をしなければならない状況で、ドビュッシーの「月の光」を選ぶなんて、林田理沙アナ只者ではありませんね。 ところが、そんな只者でない林田理沙アナですが、それには納得の理由がありました。 林田理沙アナのピアノ演奏、出身大学はあの名門 いきなりのピアノ演奏で注目を集めた林田理沙アナですが、その腕前には納得の経歴の持ち主でした。 林田理沙アナの出身大学はなんと、あの 東京芸術大学とのこと。 しかも大学院にまで進学していて、専攻の研究分野はピアノだったとのことです。 幼少期からプロのピアニストを目指しており、幼い頃からプロのピアノ講師について腕前を磨いていたそうです。 これだけピアノとともに育ってきた林田理沙アナだからこそ、突然の無茶振りにも臆することなく、華麗なピアノ演奏を披露することができたんですね。 林田理沙アナのピアノ演奏、ネットでの反応は 突然の林田理沙アナのピアノ演奏に、ネットでは感動の声が上がっています。 「東京芸術大学卒だったんだ」 「ドビュッシー、もっと聴きたかった」 「そういえば絶対音感の持ち主だった」 などなど、 林田理沙アナのピアノ演奏を絶賛する声が多数寄せられています。 ドビュッシーだけでなく、とっさに譜面を渡され番組の効果音を演奏する場面もあり、視聴者を楽しました。 とっさに譜面を見て演奏できるなんて、本当の実力者なんですね。 まとめ 今回は 1月 25日放送のブラタモリにおいて、林田理沙アナが披露したピアノ演奏について、その全容に迫ってきました。 あの日あの時のピアノ演奏は、幼少期からの林田理沙アナの経験に裏打ちされた、本物の実力によるものでした。 これを機に、他の番組でも林田理沙アナのピアノ演奏が見られるようになるといいですね。 今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

次の