むきだし の みつこ。 石井苗子

狂気を狂気のままに、冷めた眼差しで人の「むきだし」をあぶり出す『宮本から君へ』 監督・真利子哲也

むきだし の みつこ

愛のむきだし 西島隆弘 AAA 今更なんですが 愛のむきだしって映画ありましたよね。 あれ、にっしーがでることに事務所とかは抵抗とか無かったんでしょうか? 年齢制限まであるし…。 私的ににっしーファン的にユウ役は有り得ない気がして…。 私個人の考えですが、にっしーというと 涙もろくて 天然で 男らしくて 格好良くて 時に可愛くて… そんなイメージです。 私と同じ考えのファンの方はいっぱいいると思います。 それなのにあの役柄は無いなぁと…。 Wikipedia等で内容を読むとかなり過激ですよね;; そんなにっしー見たくないなぁと思う人、少なからず、いると思います。 私もその中の一人です。 にっしー個人のファンじゃありませんが AAAかなり好きです!! イメージかなり崩れる気がして、見ない方が良いかなとか思ってます。 にっしー好きで見た人・ 私と同じ考えの人・ 長文すいません。 色んな人の意見が聞きたいです。 西島さんは素晴らしい俳優だと思います!!! 逆に考えてみてください。 イメージが崩せるほど、彼の演技は上手いんですよ!!! 『愛のむきだし』はDVDで見ました。 私も見る前は、過激だから少し抵抗はありましたが、 一つの作品として 素晴らしいと感激しました。 西島さんでなく、ユウ君として見ていました きっと西島さんがいなきゃ見てなかっただろうけど、 この作品に出会えて本当によかったです!!! 私は、今高1ですが きっと中学生の頃じゃこの感激は 味わえなかったと思います 質問者さんがいくつなのかは分かりませんが、 大人になってから見ると 更によく思えるんだろうなと私自身感じています。 アーティストの西島隆弘でなく 役者の西島隆弘として見てください。 これを見たからって、 にっしーのイメージが崩れるとか にっしーが好きじゃ無くなるとか・・・ そんな人は、 西島さんを本当に好きではありません。 あと、西島さんにイメージや価値観、 押さえつけるのはどーかと思います。 長らくすいません。 批判あるかもしれませんが、1つの意見として 参考にしてください!!! でも意外な役だからこそ、新たな一面を発見した感じで 良かったとも思います。 いつまでも同じ役・イメージばかり与えていても、 前には進めないと思います。 ファンにはショックかもしれませんが、 現に愛のむき出しで賞を もらえているわけですし、 新たな一歩になったのではないかなと思います。 もし、にっしーが歌手としてだけではなくて、 俳優としても躍進したいと思っているならば、 これからもいろいろな役に挑戦するべきだと思うし、 ファンの人が、そういう面を見たくないと 思ったなら、それはそれで仕方ないことだと思います。 私は、愛のむき出し見ていますが、 特にこの役柄は有り得ないなどと思いませんでした。。。 どうしてもイメージがあるので、それを崩したくないと思う人もいるだろうし、 私みたいにもっといろんなにっしーを見てみたいと思う人もいるので、 見たくないのならそれはそれで良いと思います^^.

次の

藤堂莉香ちゃん「むきだしエンジェル」DVDレビュー: グラドル探検隊

むきだし の みつこ

この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2014年3月)() ある大雨の日、ラブホテル街にぽつんと建っているアパートで女性の死体が発見される。 その事件を追う刑事の和子(水野美紀)は、幸せな家庭を持ちながらもずるずると愛人との関係を続けていた。 彼女は捜査を進めるうちに、大学のエリート助教授美津子(冨樫真)や、売れっ子小説家の妻いずみ(神楽坂恵)の秘密を知ることになる。 登場人物 [ ]• 吉田和子: 38歳。 主に殺人事件を追う女刑事。 表向きには仕事のできるいい女、家庭では夫と子供に恵まれた人妻。 しかし、その美貌から夫の後輩に目をつけられ、夫がいない夜に唇を奪われ、屈辱的な犯され方をする。 そして誘惑に負けてそのまま一夜を共にしてしまう。 その後、夫に隠れて愛し合う背徳の快楽に溺れ、鍛え上げた肉体を年下の彼に捧げることを惜しまず、奴隷のようなサディスティックな調教を受ける。 一家団欒を抜け出して男と会うことに何の罪悪感も持たない。 ラブホテルの浴室で後ろから攻められているところを呼び出され、捜査の過程で、いずみと美津子に強くひかれていく。 物語のラストでは彼女も夜の世界の闇に堕ちていくことを示唆している。 尾沢美津子: 38歳。 いかにして売春婦になったかは語られていないが、母親を憎悪し、その反発心で早くから売春を行っていた。 昼間は大学教授で夜は売春を行っている。 いずみを娼婦の世界へと誘う。 菊池いずみ: 30歳。 ベストセラー作家の夫を持つが、亭主関白な夫にまるで奴隷のように従っているだけの生活に耐えきれない。 騙されてAVへ出演し、初めは抵抗していたが徐々にその快感を得る。 その後美津子と出会い、娼婦としての手ほどきを受ける。 初めサラリーマンに犯されたときは激しく抵抗していたが、やがてすべての抑圧をはぎ取っていく。 ショウジ:()• 吉田正男:• カオル:• 木村一男:• マティーニ真木:• 土居エリ:• 赤いドレスの女:• スーパーの店長:• 美津子の父:• 尾沢志津:• 菊池由紀夫: この節のが望まれています。 ソフト化 [ ] 2012年6月2日発売。 ブルーレイとDVDでリリース。 オリコン初登場6位。 発売元は日活、販売元は。 ブルーレイ版(1枚組)• 映像特典• 禁断の未公開シーン• 特報・劇場予告編・TVスポット集・3女優キャラ別予告編集・第4の女キャラ別予告編・幻の男キャラ別予告編• 音声特典• 名セリフ炸裂のキャスト・スタッフプロフィール• DVD版(2枚組)• ディスク1:本編DVD• ディスク2:特典DVD(ブルーレイ版と同様)• 初回限定特典(ブルーレイ、DVD共通)• フィクション・ノベル(菊池由紀夫 短編集・13P)• 特製スリーブケース 出典 [ ].

次の

むきだしの類語・言い換え

むきだし の みつこ

この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2015年11月)() の家庭に生まれた男子高校生の 本田悠は、幼くして母親を亡くし、母の「いつか様のような人を見つけなさい」という言葉を胸に、優しいの父・ テツと2人でつつましやかな生活を送っていた。 後に、テツに カオリという愛人ができ、テツはでありながらもカオリに惑溺していく。 しかしそのカオリもテツの下を去り、ショックのためかテツの性格は一変、悠に毎日「」を強要するようになる。 悠は父との繋がりを失いたくないがために、様々な罪作りに励んだ。 懺悔のために毎日罪作りに励むうちに罪作りはエスカレートし、いつしか悠は女性ばかりを狙う盗撮魔となっていた。 悠はテツに「変態」と罵られ、殴られたことで、これこそが愛だと確信。 父への執着心を愛と感じ取る感性が、悠を盗撮のプロに仕上げていくが、ついに悠はテツから懺悔を拒否されるに至った。 そんなある日、罰ゲームで女装していた悠(通称:)は、不良少年の大群をカンフーで叩きのめしていた女子高校生の 尾沢洋子と出会い、生まれて初めて恋に落ちた。 また、洋子も、共に不良少年たちと戦ってくれたサソリに恋をする。 2人は初めて恋心を知った。 悠は洋子を想うとが止まらない。 洋子もサソリを想うと胸が痛くなり、初めてを覚えた。 数日後、カオリと再会したテツは突然「神父をやめて結婚する」と悠に語るが、カオリには連れ子がいた。 それが洋子だった。 洋子はサソリの正体が悠だとは気付かず、悠を毛嫌いする。 悠の混乱は加速度を増し、想いを押し殺すようにして盗撮を続けていた。 その頃、謎の団体「0(ゼロ)教会」が世間を賑わせていた。 教祖の側近・ コイケは何を企んでか、悠とその家族に近付き始める。 しまいにコイケは、洋子に自分がサソリだと思わせ、さらに悠の家族を丸ごと洗脳した。 家族の不信感を払拭できず、家を出て行く悠は、洗脳された洋子の心を取り戻すべく「0教会」に戦いを挑む。 スタッフ• 原案・脚本・監督 -• エグゼクティブプロデューサー - 横濱豊行、河井信哉• コー・エグゼクティブプロデューサー - 、松岡周作• アソシエイトプロデューサー - 諸橋裕• プロデューサー - 梅川治男• 音楽 -• ラインプロデューサー -• 撮影 -• 美術 -• 照明 -• 録音 -• 編集 -• スタイリスト -• アクションデザイン -• アクション監督 -• 特殊造形・特殊メイク - 西村喜廣、石野大雅• 整音 - 小宮元• VFXディレクター - 馬場革• キャスティング - 石垣光代• 助監督 - 森倉研弥• 制作担当 - 戸田格• アシスタントプロデューサー - 須藤麻衣子、千田一義• 製作経理 - 佐藤尚子• 企画 -• 製作協力 -• 配給・宣伝 -• 宣伝協力 -• 製作プロダクション - ステューディオ スリー• 製作 - 「愛のむきだし」フィルムパートナーズ(オメガ・プロジェクト、ステューディオ スリー) 音楽• 上映時間が237分と長いことが話題となった。 この長さが理由で、劇場探しが困難となってしまった。 劇場によっては(途中休憩)を挟む二部構成となる。 同年に公開された『』と同様に、邦画の新作映画でインターミッションを挟むのは近年では稀である。 各劇場で映画料金は異なり、舞台挨拶が行われた渋谷のでは一般料金が2,500円に設定された。 メイン劇場であるユーロスペースでの舞台挨拶は初回上映・2便上映・3便上映の全てで行われたが、3便上映時の舞台挨拶では監督の園子温が急用のため、出演をキャンセルし、満島ひかりと渡辺真起子のみ出演した。 監督が舞台挨拶に出演しないのは異例であるが、その代わりにビデオ出演によって挨拶を行った。 映画祭への出品 第9回 - に開催。 特別招待作品に選ばれ、に上映された。 その際に舞台挨拶が東京・にて園子温、西島隆弘、満島ひかり、安藤サクラ、渡辺真起子の登壇によって行われ、上映後も監督による質疑応答が行われた。 中には興奮して園に「大好きです。 」と告白する者も見られ、その様子がオフィシャルサイトで見ることができる。 他に、宮台真司と園のトークイベントや舞台挨拶の様子も見ることができる。 観客の投票によって選出される「アニエスベー・アワード」を受賞した。 第59回 - に開催。 フォーラム部門のクリストフ・テルヘヒテが「選考委員の他のメンバーも私と同じように、この映画に感動し、興奮した。 約4時間という長さを全く感じさせず、独創的で秀逸な映画。 ぜひベルリン映画祭でヨーロピアンプレミア上映したい。 園子温監督にもゲストとして来て欲しい。 」とコメントを残し、通常ベルリン映画祭への出品作は年末から年明けにかけて決まる中、12月上旬という異例の早さで出品オファーが届き一番乗りで出品が決まった。 出品が決まった際に、園は「またベルリンに降り立つことができて、大変うれしい。 上映時間4時間だが、体感時間は一瞬。 」、西島は「初映画に初出演でベルリン国際映画祭で上映されることは非常に嬉しい。 海外の方々にこの作品を見て何か感じて欲しい。 ぜひ楽しんでいただきたい。 」、満島は「ベルリンへの参加を心から誇りに思う。 より多くの方に観てもらえることが最高にうれしい。 」とコメントした。 若手監督の登竜門であるフォーラム部門で上映され、「カリガリ賞」を受賞。 もう一つ、外部組織の中でも権威ある賞「国際批評家連盟賞」を受賞した。 受賞が決まった際、園は「ベルリン映画祭でのこのような賞を受賞するのは夢だったので本当にうれしい。 」、西島は「海外で評価されて光栄。 賞が2つとは夢のよう。 次回は役者としても技量を評価されるように励み、園監督らに恩返ししたい。 」とコメントした。

次の