イチジクの挿し木。 イチジクの挿し木は3~4月頃にするとうまくいく!│こちら『ReLIFE研究所』 広報部です!

イチジクの挿し木は3~4月頃にするとうまくいく!│こちら『ReLIFE研究所』 広報部です!

イチジクの挿し木

イチジクって挿し木で増やせるの? そもそも挿し木って何? 挿し木とは、植物の枝や葉を用土に挿して発根させて、繁殖させる方法です。 比較的簡単に植物体を増やすことができます。 イチジクの挿し木は冬に剪定した枝を使ってやるのですが、成功率が高く、初心者でも簡単にイチジクを増やすことができます。 イチジクの挿し木の時期はいつ? イチジクの挿し木の時期は3月から4月くらいが適期ですが、1月や2月に挿しても、5月や6月に挿してもできないことはないでしょう。 寒い地域では1月や2月だと凍害にあう危険性があるので遅らせて3月中下旬から4月上旬におこないます。 暖かい地域でも内陸部など温度差の大きい地域では遅めにする方が凍害に対して安全であります。 しかし霜に当たると傷むことがあるので、遅霜には注意が必要です。 私は5月上旬にイチジクの挿し木をしたことがありますが、うまく発根して育ちました。 イチジクの挿し穂の作り方と挿し床の準備 挿し木に使う植物体を挿し穂や穂木といいます。 イチジクの挿し木では前の年に伸びた枝を剪定して使うことがほとんどです。 イチジクでは冬の間に剪定しますが、その枝の一部を挿し穂にします。 挿し木するよりも早く選定した枝を使う場合、採取した枝は適当な束にして乾燥防止のためビニールで包み0度から5度の冷蔵庫か、排水が良く温度が低くかつ温度変化の少ない日陰の土の中に枝の先端がわずかに表に出る程度に埋めて貯蔵します。 穂木をを過湿状態で保存するとカビが生えたり腐敗しやすくなります。 逆に乾燥した状態では穂木から水分が奪われて発芽率が低くなるので保存温度と湿度に注意します。 またできるだけ保存期間を短くするために剪定のの最終時期を2月から3月上旬に遅らせるのも良いです。 3月に剪定すれば、そのままを挿し穂を調整して挿し木をすることもできます。 挿し穂の作り方 挿し穂は剪定した前年に伸びた枝の先端4分の1から3分の1を除いた、よく充実した部分を使います。 芽が2から3残るように切り分けていきます。 長さでいうと20センチくらいになると思います。 上部は芽が乾かないように節と節の間で切り、下部は根が出やすい節の直下で切ります。 めんどくさければ、すべて節と節の間で切っても、大丈夫です。 切り口には乾燥と腐りを防ぐために、トップジンMペーストを塗っておきます。 トップジンMペーストがなければ、木工用ボンドでも乾燥に対しては代用できます。 スポンサーリンク 畑に挿し木をする場合 挿し木はある程度肥沃で排水が良く、水のやれる畑を選びます。 イチジクの跡地はセンチュウの被害が出やすいので避けます。 特にイチジクはセンチュウに弱いので、前作がサツマイモやトマトなどセンチュウが寄生する作物を作付した畑は避けます。 イチジクの挿し木では日当たりが良く風当たりの弱いところで排水の良い圃場を利用します。 十分に耕し、幅1メートルほどの畝を立てます。 30㎝から40㎝間隔で2条又は3条にさしていくいますが挿し方は芽を上に向け先端の芽が地際から少しだけ出るように挿します。 地上部に芽がたくさんあるとその分茎もたくさんできます。 ポットに挿し木をする場合 1本ずつ行う場合は育苗ポットを用意します。 培土は市販の園芸用培土を使います。 イチジクの挿し木後の管理 挿し木したイチジクは発芽、展葉直後は乾燥に特に弱いので挿し木後は敷き藁をして土壌の乾燥防ぎます。 また冷え込みが予想されるときは地上に出ている部分にワラをかぶせるなどして防寒をします。 発芽後は芽かきをして1本の新梢をまっすぐに伸ばします。 新梢の脇芽から発生する副梢は除去します。 また6月に入っても新梢が10センチ程度にしか伸びていない場合は化成肥料を10アール当たり窒素成分で2キロ程度追肥します。 最終的には長さ1メートル以上樹の直径が2センチ以上で副賞の発生が少ない充実した苗を目標にします。 苗は翌年の3月上旬に掘りとり、定植します。 養成期間は1年が基本です。 イチジクの挿し木のまとめ イチジクは発根しやすい果樹で、挿し木も成功率はかなり高くなります。 より成功率を高めるために ・充実した挿し穂を選ぶこと ・挿し木の時期を凍害や霜害に合いにくい時期を選ぶこと ・乾燥に弱いので水やりに気をつけること を気をつけることが大切です。

次の

プロ解説!イチジクの育て方|剪定・収穫方法など| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

イチジクの挿し木

イチジクは、消化を促す成分やビタミン類を多く含む、健康にも良い果実として人気があります。 さらに、食物繊維やカルシウムも豊富であり、生のまま食べたりジャムやドライフルーツとしてに加工して楽しんだりする方法で楽しめることが魅力です。 手間をかけずに多くの実を収穫するためには、適切なタイミングで剪定をすることが重要だといえます。 「イチジクは剪定しない方が良い」という意見を持つ人もいますが、イチジクは成長が早いことから、剪定せずに育てていると枝が伸びすぎてしまうほか、樹木の大きさも大規模になるので果実を収穫するのに手間がかかるといったデメリットがあります。 どのようにイチジクの木を作り上げたいのかを明確にして、剪定作業を行うことが重要です。 イチジクの剪定は一般的に冬に行いますが、冬は枝を切断することで樹木への負担が少なく、イチジクの成長を阻害しません。 しかし、寒い時期に剪定をするのは人間の体に負担がかかります。 剪定バサミを使い、枝を丁寧にチェックしながら剪定するには時間と手間もかかるものです。 地域によっては雪が降る場合もあり、外出するのすら面倒だと感じることもあるでしょう。 そのため、イチジクをしっかりと育てたいものの自分で作業をするのは不安であるという人も多いのではないでしょうか。 冬に剪定をするのは寒くて面倒であるという場合や、自分で行う自信がないと感じる場合には、業者に依頼する方法が有効です。 プロに依頼することで手間もかからず、美味しいイチジクを楽しめるでしょう。 イチジクを収穫するためには、剪定が不可欠です。 イチジクは、伸びた枝を全部に実がつくことが特徴です。 枝の本数を調整して減らさなければ沢山のイチジクの実が育ちますが、イチジクの実1つ1つに栄養が届きません。 さらに、枝が多いと日光が当たらないため健康なイチジクが育たないことから、美味しく甘い実をつけるためにもイチジクの実の量を減らすなどの調整をしなければならないのです。 美味しいイチジクを収穫するために注意しなければならないポイントは、 夏果を収穫するのであれば前年度に芽を切断せずに栄養が不足しているものだけを切断すること、芽がぶつかって伸びないといったことを予防するために、苗を植える際には間隔を空けることなどが挙げられます。 成長して根が丈夫になったところで土に穴を開け、根の状態を良くするもポイントです。 イチジクは うどんこ病、さび病、疫病の3種類の病気にかかるケースが多いため、剪定後にはしっかり手入れをしましょう。 うどんこ病は、葉っぱの表面に白い粉のようなカビが生える症状が特徴であり、乾燥する季節に起こりやすい病気です。 白い部分は、光合成ができません。 そのため、うどんこ病を放置すれば花が枯れ、イチジクの実も大きくならないうえに、カビが繁殖すると更に病気が広がります。 ただし、作物ごとでうどんこ病のもととなる菌の種類の異なるので、イチジク以外の作物には移らないことが特徴です。 うどんこ病は、発症したばかりであれば専用の薬剤を使用してカビ菌の繁殖を予防抑制できますが、すでにうどんこ病にかかっている箇所については回復しないため注意しましょう。 症状が進行しているのであれば葉を取る必要があります。 さび病は、カビの一種である菌に感染する病気です。 さび病は最初に葉の裏側に細かな斑点ができ、症状が進行すると黄色い斑点が飛び散るように広がります。 加えて、他の場所に赤い斑点が発生し、進行すると黒い斑点が見られることが特徴です。 さび病になると早い段階で葉が落ち、イチジクの実が大きく成長しません。 さび病は夏の終わりにカビで発病することが一般的であることから、予防のためには8月上旬から薬剤を散布する方法が有効です。 さらに、湿度が高いと病気にかかりやすいため、風通しの良さと日当たりを意識しましょう。 疫病は夏に多く、イチジクの表面が紫色や緑色に変色して白いカビが発生します。 雨が降るとすぐに繁殖するため、雨が降った後の予防として薬剤を散布することが大切です。 木の周辺で排水をしたりビニールで覆って雨を避けたりすることで、疫病の予防につながります。 風通しと、太陽光が当たるように工夫することも重要です。 イチジクは、初めて行う人でも挿し木を成功させやすいことが特徴です。 剪定をして切断した枝を使い、チャレンジしてみましょう。 枝の先や、前の年に伸びた枝もしっかりと育てることが可能です。 剪定で切り落とした枝を挿し木にするために20cmほど切って切り口を斜めにし、水に2時間程度浸け置きします。 挿し木用に使う鉢は大きなサイズのものを用意し、大粒の赤玉土を少量入れ上から小さな粒の赤玉土、培養土を入れましょう。 そして、切った枝の3分の2程度が土に入るように挿し、しっかりと水を与えます。 挿し木をする際には切り口に傷がつかないよう注意し、根が出るまでは日陰に置くことがポイントです。 芽が出るまでの間はビニール袋を被せての乾燥を予防しましょう。 太陽光が当たる場所に置くと土が乾いてしまい、葉が日焼けするので木が丈夫に育ちません。 根が出たら庭植えか鉢植えのどちらかを選択し、日当たりの良い場所に移して管理します。 カミキリムシといった害虫被害を受けないように注意しながら育てましょう。 水回り設備は毎日使うものなので、他の場所と比べて老朽化するのが早かったり、不便さを感じたりしやすい場所です。 特にキッチンは使い勝手の悪さをリフォームで改善したいと思う方が多く、単にキッチンセットを入れ替えるだけでなくレイアウトを変更したり、リビングルームと一体化して広いLDKにしたりといった大掛かりなリフォームになることが少なくありません。 しかしそこで気になるのがリフォーム費用のことです。 キッチンリフォームでは、キッチンの形状や寸法、グレード、オプション設備などの他に、配管交換や換気設備のためのダクト工事の有無、全体の計画などによって費用が大きく変わります。 そこで本記事では施工事例を元に、キッチンリフォームの費用をご紹介します。

次の

挿し木の方法,(果樹等の苗木の増やし方)

イチジクの挿し木

ココで、接ぎ木や挿し木の時期を教えていただきました。 どちらも2月~3月が適期と。 それに対し、 今回、バナーネの枝を貰ってきて植えてみたのですが、 明日で丸2週間になりますが、全く動きが見えません。 どんな状況と見るべきかを教えて下さい。 貰った枝 50㎝くらいで、今年枝(緑の部分)が5㎝ほど出ており、 ソコに葉が5枚ほど着いていました。 植え方 葉は全て落とし、1時間水上げをし、下を斜にスパッと切り、 20㎝ほど地面に埋めました。 葉を落とした切り口には「トップジンM」を塗布しておきました。 水は地表が乾かないよう、日に5回以上水やりをしました。 現状 まさに貰ってきたままで全く変化がありません。 以上、ナンでも良いので情報を教えていただけると嬉しいです。 何時まで待ってみろとか、ココを確認しろとか、、、、 宜しくお願いします。

次の