納豆 レシチン。 納豆の栄養と効果、美味しい食べ方は?食べ過ぎたら副作用も?

レシチン・コリンの効果と摂取量

納豆 レシチン

脳神経や神経組織を構成します。 レシチンなどのリン脂質が不足すると、細胞膜が正常に働かなくなったり、コレステロールが蓄積することもあります。 またレシチンの働きは水と油を混ぜ合わせる乳化作用、酸化防止作用、保水作用などがあります。 コリンとは ビタミンではないが、ビタミンに似たような働きやビタミンを助ける働きがあります。 体内に入ると細胞膜や神経組織を構成するレシチンの材料になります。 レシチン・コリンの効果 レシチンの効果 アルツハイマー型認知症を予防 アルツハイマー型認知症の原因の1つに脳内神経伝達物質であるアセチルコリンの量が減ることです。 アセチルコリンはコリントアセチルCoAからできていますが、コリンはレシチンからできています。 材料であるレシチンやコリンが不足すると、神経伝達物質が生成されなくなってしまうため、徐々に記憶力の低下や認知症などを引き起こします。 動脈硬化の予防 動脈硬化の原因はLDLコレステロールが血液中に蓄積したことによっておこりますが、レシチンの性質である乳化作用によって、血液中のコレステロールが溶け、余分なコレステロールが血管壁に溜まるのを防ぎ、血液中のコレステロールの量をコントロールします。 さらにレシチンが多いと、HDLコレステロールが増えるため、LDLコレステロールコレステロールが減ります。 肝臓の機能を高める レシチンは細胞膜を活性化する働きもあるので、肝臓の細胞も活性化させ、肝機能を保護する働きがあります。 脂肪肝は肝臓に脂肪が蓄積された状態なので、レシチンによって脂肪の代謝がアップすると肝臓の機能も高まります。 脂質の代謝を活発 レシチンの構成成分であるコリンは肝臓で行われる脂質の代謝に必要です。 肝臓での脂質が蓄積されるのを防ぐため、脂肪肝などを予防します。 美肌効果 レシチンの乳化作用によってコレステロールが血液中から排泄されるため、血流が良くなり、酸素や栄養素が全身に行き渡るため、肌に必要な栄養素がいき美しい肌が維持できます。 また、レシチンの乳化作用は脂溶性ビタミン 油に溶けやすい性質 である、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKの吸収も助けてくれます。 コリンの効果 2 コリンは、脂質代謝を促して体脂肪の分解を助け、コレステロール値を減らす働きがあります 3。 高血圧の予防• 脂肪肝の予防• コレステロールの抑制 レシチン・コリンが多く含まれる食品 レシチンは大豆レシチンと卵黄レシチンの2種類があり、大豆レシチンは大豆や大豆製品、卵黄レシチンは卵黄に多く含まれています。 大豆レシチンの特徴は必須脂肪酸 体内で合成されないので、食品から摂取する必要がある脂肪酸 が多く、コレステロールを含んでいません。 卵黄レシチンは神経系に関与するホスファチジルコリンが多く含まれ、神経伝達にかかわるアセチルコリンの前駆体であるコリンを含んでいます。 コリンは牛、豚、鶏のレバーや卵、大豆、ささげに多く含まれています。 レシチン・コリンの摂取量 4 レシチンの摂取量は食事摂取基準2015では摂取量は決められていません。 大豆レシチンは大豆から抽出しているので、大豆アレルギーの方は摂取を控えます。 食事から大豆レシチンを補う量は問題ありませんが、サプリメントや健康食品から摂取するさいは、表示に記載されている1日当たりの摂取量を守ります。 コリンは脳の発育に必要な栄養素であるため、日本の食事摂取基準では摂取量は決められていませんが、海外では目安量が決められています。 参考文献• 新しい栄養学と食のきほん事典 監修者 井上正子 発行所 株式会社西東社•

次の

納豆に含まれる、セレン、レシチン、アルギニンとは?その含有量は?

納豆 レシチン

椎名さん(獨協大学 ドイツ語学科2年)男性 家政大学出身の母と、料理人である祖父をもつわたしは幼いころから食について関心をもち、高校生のころから自分でお弁当を作るようになりました。 その際、母が昔使っていた栄養素についての教材を読み、レシチンの存在と効果を知りました。 レシチンは大豆や卵黄などといった、調理のしやすい食品に多く含まれています。 そのため、毎日のお弁当の1品に卵焼きや煮豆を加えたりと、簡単に摂取することができます。 日々の積み重ねがとくに重要である、語学をおもに勉強しているわたしにとってレシチンは強い味方であり、今でも陰から疲労回復や記憶力向上の手助けをしてくれているのではないかと思っています。 春山さん(東京大学 教養学部文科三類 2年)男性 わが家の食卓には、けっこう頻繁に大豆食品が登場していた気がします。 頭と体によさそうだから、調理が楽だから、親のダイエットにつきあわされて……。 いろいろな場面で、手軽に取れるヘルシーなタンパク源として重宝していました。 とくに豆腐は、さまざまな調理法があり、飽きずに食べられる食品。 麻婆豆腐は、大好物の一つでした。 また、レシチンは熱に弱いそうですが、豆腐はそのまま食べてもおいしいのも利点かな、と思います。 板山さん(東京女子大学 現代教養学部心理学専攻2年)女性 わたしは小さいころは豆腐が苦手だったのですが、小学生のころによく給食に出ていた豆腐ハンバーグや揚げ出し豆腐でだんだんと克服していき、今では好きな食べ物の一つです。 豆腐はレシチンを多く含むだけでなく、おかずやスイーツにも取り入れてアレンジできる食材です。 また、レシチンにはコリンという物質が含まれていて、自律神経にも効果があります。 とくに受験期のお子さまには1回1回の食事によって、疲れた脳と心を癒してもらいたいです。 古谷さん(東京女子大学 現代教養学部2年)女性 豆腐のおやつや納豆をよく食べていました。 レシチンは大豆に多く入っているとされています。 ですが豆腐をあまり好んで食べなかった私に、昔から母が豆腐ドーナツや豆腐白玉などの豆腐を混ぜたおやつをよく作ってくれて、おいしく食べていました。 また納豆も好きでふだんからよく食べていましたし、とくに受験期は毎日のように食卓に出ていました。 そのころはただ「健康にいいらしい」というざっくりとした認識だったのですが、それが脳を活性化させ、集中力や記憶力を高めることにつながっていたのだと思います。 レシチンはギリシャ語で卵黄を意味する「レシトス」に由来しています。 数種類あるリン脂質の総称で、ホスファチジルコリンとも呼ばれています。 また、レシチンはわたしたち人間の体内に存在するリン脂質としては最も多く、約60兆個ある細胞の細胞膜を構成している成分です。 学習や記憶、睡眠に深くかかわりがあります。 レシチンの特徴として、乳化作用があげられます。 レシチンを構成するリン酸とコリンは親水性、グリセリンと脂肪酸は親油性であるため、水と油どちらともなじみやすい性質を持っています。 この乳化作用によって、細胞内の水溶性物質と脂溶性物質を溶け合わせ、細胞内に栄養を取り入れること、細胞外に老廃物を排出することが可能となります。 この性質をいかし、レシチンはケーキやアイスクリームなどといった脂肪分の多い食品の乳化剤(食品添加物)として使用されることがあります。 「レシチンは記憶力によい」という話はよく耳にしますが、レシチンは記憶をつかさどる伝達物質、アセチルコリンの材料でもあります。 つまり、レシチンが欠乏していると神経伝達物質であるアセチルコリンの量が減ってしまい、情報がうまく伝達しなくなってしまいます。 それが記憶力の低下につながるのです。 レシチンは原料が何であるかによって「大豆レシチン」と「卵黄レシチン」に大きく分けられます。 この二つに含まれているレシチンの効果に大きな違いはありません。 レシチンを含む食品は、卵や大豆製品といった日常生活で口にすることの多いものです。 日ごろから少しでもレシチンの存在を意識して食事をすることで、記憶力や集中力の向上が期待できるのではないでしょうか。 *この記事で紹介しているレシピはアレルギー対応はしておりません。 アレルギーをお持ちの方はご注意ください。

次の

健康効果を徹底解説!納豆の栄養と健康効果について

納豆 レシチン

納豆に多く含まれる「レシチン」 納豆には「レシチン」が多く含まれています。 わが国日本は、団塊の世代をむかえ高齢化がすすでいます。 そして、痴呆症などの脳の老化が取りだたされるようになって来ました。 納豆は、大豆加工食品の中でも、リン脂質を多く含み、代表的なものが大豆レシチンです。 この大豆レシチンは、体内で吸収され、血中のコリン濃度を上げ、脳内でアセチルコリンに変化し、記憶や判断などの情報伝達物質に変化するのです。 頭を使ったり、ストレスがたまったりするとアセチルコリンが消費され減少してしまいます。 そこで納豆に含まれるレシチンを摂取することで、再び血中のコリン濃度を上げることで、物忘れを防止したり、学習能力を高める効果があるとされています。 大豆加工食品の代表として挙げられる納豆と豆腐がありますが、豆腐にはリン脂質はほとんど含まれていない事が解かっています。 ちなみに大豆100gに含まれるレシチンの量は1,480gと他の食品と比べ圧倒的な含有量を誇っています。 レシチンは大豆そのものより納豆のほうが消化吸収率が高く、効率よく身体に取り込むことができる食品です。 注意してほしいのは、サプリ等で多量に摂取するとレシチン自体は高カロリーですので肥満の原因や成人病の原因となることがあります。 サプリに頼らず普段の食事から摂ることを強くお勧めします。 納豆を食べて老化でひき起こる健忘症や痴呆症を予防して身も心も頭も健康で高齢化社会に打ち勝ちましょう! 腸元気、骨元気には発酵食品納豆 骨元気で元気に暮らす!! 納豆に含まれる成分でナットウキナーゼは皆さんご周知のところで、血栓を溶かす働きがあり、脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞などの予防や治療などに有効とされています。 しかし、これらの病気で寝たきりになっている方達より骨折などで寝たきりになっている方達の割合が増えていることはご存知でしょうか。 それも納豆をよく食べる地域より納豆を食べない地域の割合が多いことを。 骨はカルシウム、身体でカルシウムが不足すると骨を溶かし血液に送り込みます。 それで骨がカスカスになり、骨粗しょう症になってしまうのです。 そうならない為に牛乳や魚などを食べてカルシウムを摂っていると言う方も多いはずです。 でも、摂っただけではダメ、ダメなんです。 ビタミンK2がないと骨は作られないのです。 ビタミンK2は、骨にカルシウムを沈着させて丈夫な骨を作るのに必要で、また骨は、コラーゲンにカルシウム、マグネシウム、リンなどが沈着して出来ているのです。 カルシウムだけを摂っても骨は作られないことが解かって貰えたでしょうか。 それともう一点、体内のカルシウム濃度を一定に保つために必要なのがビタミンDで紫外線を浴びることで身体か作ってくれます。 でも長時間浴びないでください。 シミ、ソバカス、皮膚がんになることもあるのでご注意。 納豆にはまだまだ生活習慣病を予防する、防ぐパワーがあります。 サポニン、水溶性ペプチド、リノール酸、セレンなどなどです。 納豆は新型インフルエンザに勝てる!? 納豆で新型インフルエンザに勝つ!? 納豆には新型インフルエンザは勿論、インフルエンザを抑制する力はありません。 しかし、納豆には、身体の免疫力を挙げる成分が豊富に含まれています。 人間の腸内には100種類、100兆個ともいわれている細菌が棲息 せいそく しています。 疲れたり、ストレスが溜まったり、年を取ったりすると悪玉菌であるエウルシュ菌や腐敗菌増殖し、腸が弱り、免疫力が低下してしまいます。 納豆には善玉菌の代表であるビフィズス菌の大好きなオリゴ糖や繊維質が豊富に含まれているので、偏った肉食の食生活をしている人とかストレス、加齢で減少してしまったビフィズス菌を殖やすことができ、若くて健康な腸にしてくれ、結果免疫力がアップし病気にかかりにくい体質になると考えます。 ワクチンが足りないといっている昨今、納豆を食べる価値はあると思いませんか? メタボリックシンドローム 内臓脂肪は怖い 暴飲・暴食・運動不足が原因で内臓脂肪は付いてしまうので、運動や食生活の改善で減らすことはできます。 しかし、その前にして置かなければならない新たなポイントがあるのです。 肝機能をよく保つ 内臓脂肪を効率よく燃やすためには、肝臓の機能をよく保つことがポイントです。 身体全体に蓄積されている皮下脂肪は、肝臓を経由しなくてもエネルギーとして燃焼させるので、肝臓がかかわる事はありません。 しかし、内臓脂肪の場合は、脂肪が溜まっている腸間膜が血管を通じて肝臓に直結しているのです。 つまり溜まった内臓脂肪は、肝臓を経由しないと脂肪を燃やすことができずエネルギーとして使われることはないのです。 ですから肝臓が元気でなければ内臓脂肪を効率よく燃やす事ができないのです。 そこで内臓脂肪に詳しい医師に効果的に内臓脂肪を減らす食材を3つ上げてもらいました。 共通してあげられた食材は、「お酢と大豆」でした。 お酢と大豆で体内脂肪は減らせるのでしょうか? 大豆には、アルギニンをはじめとする良質の大豆タンパクを構成するアミノ酸が豊富に含まれています。 このアルギニンが傷ついた肝臓の細胞を修復し機能を回復させる働きがあるのです。 ではお酢の役割は? お酢の主成分である酢酸は、肝臓での脂肪燃焼を促進してくれるのです。 酢酸が肝臓細胞の酵素を活性化してくれ、元気になった酵素が肝臓内の脂肪燃焼を促進してくれると言うわけです。 ちなみにお酢と大豆以外にも次の食材が肝機能を高め脂肪燃焼を促進してくれます。 シジミ:アラニン• 豚肉:ビタミンB1• タコ:タウリン• 緑茶:カテキン 内臓脂肪退治に特に大豆がお勧めなのは、大豆にはもう1つの大事な役割があるからなのです。 医学会では、まだ研究段階なのですが大豆タンパクが善玉物質のアディボネクチンを増やして悪玉ホルモンを減らす効果があるといわれているのです。 ポイント「大豆とお酢」正しい摂取方法 あるある流献立• 朝食時に大豆(納豆1パック又は豆腐半丁又は煮豆50g)• 昼食時にお酢(「醸造酢」を大さじ2杯を5倍以上の水で薄めて飲む。 又は、酢の物を食べる)• 夕食時に大豆(納豆1パック又は豆腐半丁又は煮豆50g) 今までの食事に上記内容を追加するだけで肝機能が改善され内臓脂肪が減っていくのです。 それと酢酸が大豆タンパクを固め、吸収を阻害する恐れがあるためお酢と大豆は1食離して摂取するとよい。 内臓脂肪が気になるアナタ! まずは肝機能の改善から心がけてはいかがですが!! 納豆を食べて血管の若返りをしよう! 納豆には血管を若返りさせるサポニンが豊富 納豆に多く含まれている「サポニン」は、動脈硬化を引き起こす狭心症、心筋梗塞、脳梗塞といった成人病、生活習慣病から健康を守ってくれる強い味方です。 納豆の原料大豆に含まれるサポニンとは、「サポ」泡、という意味で、水を加えると発泡する性質を持っています。 皆さんも経験したことがあるかもしれませんが、大豆を洗ったとき、煮たときに泡立ちます。 「起泡性」といいます。 これがサポニンです。 納豆を食べると、サポニンの働きにより、宿便を解消し、便通をよくし腸を綺麗にして大腸がんをはじめ、その他の癌や病気を予防するのに役に立っているといわれています。 さらに、血管に付着したコレステロールや脂肪などを洗い流し、老化防止の働きや動脈硬化を防ぐ働きが解かっています。 年齢を重ねると「過酸化脂肪」体内の サビ 、 腐った脂肪 とも呼んでいますが、心臓や脳に、と到る所にたまり酸素の攻撃を受けて、老化現象となって蓄積されていきます。 納豆を食べてサポン二を身体に取り込んで血管を掃除して若返りをしましょう。 肥満防止、肩こりの解消、最近ではエイズウイルスの増殖を抑える効果でも注目されいてます。 com.

次の