ジャッカル ライザー ベイト。 ジャッカルのライザーベイト008を買ってみたレビュー

ジャッカルのライザーベイト008を買ってみたレビュー

ジャッカル ライザー ベイト

Index• はじめに リップの形状が特徴的なジャッカル ライザーベイト008を買ってみました。 シーバス、小型、中型青物を狙って見ようかと思っています。 ライザーベイト008のスペック• 大きさ:80mm• 重さ:21. タイプ:シンキング• フックサイズ:SP-MH 6• 価格:1,900円 店頭で購入すると2000円超えていたりと、現時点はあまり値引きがされていないようです。 amazonなんかでも値下がりしていないので、売れているんだと思います。 フックにSP-MH 6が使われているのが豪華ですね。 ライザーベイト008の写真 ピカピカしたシルバーの箱に入っています。 ボディーは一口サイズなので、小物から大物まで幅広く狙えそうです。 ライザーリップ。 先端は少し下に向いています。 背中に装着されているアイが何に使うものか謎です。。。 ライザーベイトの感想 レンジとしては、表層がメインになります。 最大の特徴がただ巻きでトップウォーターでやるドッグウォークができるということなので、マズメ時の表層狙いに抜群に良さそうです。 水面をヌメヌメといい感じに動いてくれるので、魚を誘い出せそうな雰囲気がプンプンしています。 自重が21. 7gあり、ボティーも80mmとこぶりなので、飛距離は抜群に出ます。 人によっては70mくらいは飛ばせそうな感じです。 良くも悪くも、ウェイトが固定なので飛距離は安定していると思います。

次の

ライザーベイト ジャッカル

ジャッカル ライザー ベイト

同等サイズのトップウォータープラグでは届かなかった遠距離も射程に入れ、水面の攻略を可能にするアイテムです。 ライザーベイトには、008と007、004という3種類のサイズ(4cmと7cmと8cm)があり、ライザーベイト008が主にシーバスや中型回遊魚、ライザーベイト004が小型回遊魚やメバルなどがターゲット。 007はバス釣りなどフレッシュウォーター用という位置付けのようです。 一番の特長はヘビーシンキングタイプのボディだけど、トップウォーターとして使うというところ。 「んっ?何言ってるの?」って感じなのですが、「ライザーリップ」と呼ばれる独特のリップ形状がボディを浮き上がらせる役目を担っています。 その結果、ボディを重たいシンキングにすることができ、その分同サイズのプラグに比べて遠投ができるようになっているようです。 008タイプのみ背中側にアイが付いており、背針チューニングが可能になっています。 ライザーベイト004のスペック 人気の記事• こんにちは。 最近流行りのルアーを使ったタコ釣りについ... ハマチやブリ、ヒラマサなどの青物からキジハタ、アカハ... ロックフィッシュ釣りをこれから始めようと考えている人... イカメタルはイカからの繊細なアタリをとって積極的に掛... 船のタコ釣り用ロッドを紹介します。 海底の起伏に合わせてタコエ... 明石のタコと言えば高級食材。 そんな美味しいタコを船か... こんにちは。 こないだ某釣具ブランドのファミリーセール... ジギング(オフショア)に必要なタックルやジグのしゃくり方を紹... タコエギにも色々な種類が発売されています。 その中でも個人的に... 一昔前だと難易度が高かったショアジギングやキャスティ...

次の

ナギサ(ジャッカル)。超名作セイラミノーをナギサは超えられたのか?

ジャッカル ライザー ベイト

基本スペック 長さ:85mm 長さ85mmはリップを含まないボディ部分の長さである。 重さ:22g 実測は21. タイプ:シンキング フックサイズ: 5 フックはフッ素コーティングされた良く刺さるやつが付いている。 口から入った水がエラから抜ける事でスプラッシュ音を発生させる仕組み。 後ろに向かうにつれてウエイトが太くなっており、重心が後方にあるのでかなりの飛距離が期待できる。 尚、フロントフックはエイトカン仕様だが、リアフックは太いヒートンで接続されている。 サイズ感 ボディ部分のサイズ感はドッグXスピードスライドとほぼ一緒。 太さ、長さ共に近い大きさだか、ドッグXの重量は10. 4gなのでその重量差は実に2倍にもなる。 メタル系のルアーを除けば最大級に良く飛ぶルアーではないだろうか。 ウエイトが集中してるのと、空気抵抗の少ないまっすぐなボディのお陰で飛行姿勢も一定なので、飛距離を出しつつ狙った場所にも投げやすい。 文句無し・・・と言いたい所だが、着水からすぐに表層を引いて来るには少し工夫が必要。 弾丸のように飛んで行くので着水後もその勢いで水中に潜って行く。 巻いたら徐々に浮いて来るわけだが、ラインスラックが多かったりすると着水点から水面に出てくるまで何メートルもかかったりする事がある。 なので、着水する少し前から強めにサミングをかけて糸フケを取っておくといい。 で、着水後すぐに巻き出す事で、最初から水面を引いて来る事ができる。 アクション動画 普通にリトリーブした場合 ライザーベイトの真骨頂と言えばやはり早巻きだろう。 ポッパー形状の口がいい感じに水を噛んでいかにも釣れそうな音が出ている。 ちなみにカップのお陰で引き抵抗は増えているものの、一般的なミノーなんかと比べると引き抵抗は小さい。 飛距離が出る=たくさんラインを回収しなければならない、という点から考えると、なるべくハイギヤのリールと組み合わせて使うといいと思う。 まとめ ここまで良く飛ぶトップウォータープラグは過去に例が無いので、また一つ新しい武器を手に入れたという印象。 今まで届かなかった場所でのボイルもこれさえあれば攻略できるかもしれない。 広範囲をテンポ良く探る事ができるので、サーチベイトとして一軍入り確定である。 大きい湖なんかの広大なシャローエリアなんかで重宝しそう。 おかっぱりにとってやはり飛距離は正義である。 一方でアクション自体はラージマウスだけでなく川スモールにも良さそうだし、シーバスにも効きそう。 とりあえずガンガン投げて行こうと思う。

次の