東須磨 いじめ。 東須磨小いじめ被害届提出!提出の本当の理由がえぐい!長谷川雅代らの逮捕はいつ? | 今!読みましょう

東須磨小いじめの実名報道は?この事件でわかる!神戸でいじめが多い訳! | 今!読みましょう

東須磨 いじめ

スポンサーリンク 東須磨小学校で教員が教員をいじめる事件が発覚 【小学校の教員4人が同僚いじめ】 神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代男性教員が、同僚の先輩教員4人に暴行や暴言などのいじめ行為を昨年から継続的に受けていたことが分かった。 羽交い締めにして激辛カレーを目にこすりつけるなどしたという。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 神戸市須磨区の市立東須磨小学校で20代の男性教員が同僚の教員4人からいじめ行為を受けるという信じられない事件が発生。 報じられた内容によると20代の男性教員は同僚である 30代〜40代の教員4人から暴言や暴行を受けていたようです。 この4人に2018年から継続的にいじめ行為を受けていた 20代教員は目に激辛カレーを塗られたり、車に飲み物をわざとかけられたりといった許せない内容となっています。 これは、いじめではなく傷害事件ですし、加害者の4人は逮捕されるべきです。 というか二度と教員になってはいけませんし日頃から「いじめはダメだ!」と教育する側の人間が集団いじめとは許せません。 スポンサーリンク いじめ加害者の教員の実名や名前の特定情報は? ネット上では20代の男性教員をいじめた加害教員の実名や名前の特定について求める声が殺到しているようです。 東須磨小学校の教師による同僚への暴行や脅迫の件冗談抜きで実名公開か免許剥奪か逮捕してほしいんだけど。 犯罪者を人事異動とか頭おかしいの?やっぱり市教委は子供の事なんて何も考えてないんだね。 何で被害者や子供じゃなく加害者を守ろうとする? — 名前決めるの面倒でした。 30代〜40代の教員• 男3人女1人 そこで東須磨小学校のホームページに何か手掛かりはないかと調べてみると いじめ事件発覚を受けて朝の時点で東須磨小学校のホームページは閲覧制限が掛けられていたようです。 ちなみに加害者4人は10月から休職中でありいじめ被害者である教員は先月から体調を崩しているそうです。 最悪の場合、教育委員会が加害者教員を守ったり再教育をさせて、再び教員に復帰させなければ良いのですが… いじめ加害者の教員について詳しい情報が入り次第追記したいと思いますので今しばらくお待ちください。 スポンサーリンク ネット上の反応まとめ! 神戸市立東須磨小学校の4人の教諭、言語道断。 なんだこいつら、懲戒免職だし刑事告訴は当然。 許せん。 しかし、教員の質の劣化が著しい。 こんな馬鹿者たちが教育に携わっていてよいのだろうか?これではますます保護者らが厳しく監視していかなくてはならないではないか!本来ははすべきじゃないのに — WGN hibikimasu 教師4人の名前出せや! 子供のいじめ解決すらできないくせになにしとんじゃ人間のゴミすぎて草。 — こーりっち johokusotu1221 これは酷すぎ。 加害教員4人の顔と名前を公表すべき。 学級担任もいた…クラスでいじめがあった場合いじめる側に加担しかねない 神戸新聞NEXT 教員間暴力で市教委が謝罪 あだ名はポンコツの「ポンちゃん」20代教員にセクハラも — コートcoat sugarcoat0 大人のイジメって もっと 尻尾掴まれない様な やられてる人しか わからない様な 巧妙なヤツやってるの 聞いたことあるけど 神戸市東須磨小学校の先生方 イジメの現場に居て なぜこんな わかりやすいイジメ、、、 どんな時でも やる側にも 言い分あるんだろうけど この先生方の イジメて良い理由って、 — 疑問ちゃん. Jr Jr45163315 神戸市須磨区の市立東須磨小学校で20代の男性教員に同僚4人か 暴行やいじめ行為 ばか丸出し 子供に大人が見本を見せないといけないのに、いじめをするなんて! いじめを無くすように指導する立場の人間が… これでは、絶対にいじめは無くならない この4人は子供に教育を 教える資格なし 刑事告訴しろ! — 青空 kSqj8q1b281OAfb 東須磨小学校の教師による教師へのいじめ。 この4人は刑事事件とし実名を晒すべきだと思う。 本当に酷すぎて信じられないレベル。 しかも複数の若い教師にも行っているところから常習性悪質性が大で社会に与える影響もとんでもなく大きいですよ。 今頃SNSのアカウント消してるんだろうなw 早く逮捕されないかなー。 被害者の先生かわいそうすぎる…20代の先生なんて宝やないか。 — たちゅ tachucx3 神戸市の東須磨小学校の教員が同僚をイジメ。 あたま、おかしいんじゃねーの? で、何故 加害教員の名前を報道しないの?公務員じゃん。 しかも、実名報道が原則でしょ? 私が小学校、中学校、高校でイジメを解決出来なかったのも、こんなのが教員だったからなのかなっ!生命を何だと思ってるんだ。

次の

神戸市立東須磨小学校同僚いじめ 2@2ch

東須磨 いじめ

なお、公務員は先ずカレーを塗りたくる運用を確保する義務がある。 激辛カレーをぬりたくる事は 基本・根幹である テレビ放送会社も犯罪解決妨害、憲法運用妨害、犯罪正当化の義務がある。 陸海空に照らし合わせる 威嚇もしない テレビ会社も表面上は大切とアピールする人命に関わった犯罪 公務員による殺人幇助の強要事件など継続されている いじめの根絶 テレビ放送会社 いじめでない イジメなど存在しない 暴行などもなく ただのジョーク スキンシップ お笑い お笑いを与えて 皆さんの健康維持に貢献 己を知り 相手を知る 自分が、どのような人殺しの一員であったか 不都合でも 先ずは己を正しく知る これも基本だろう 最近では兵役による殺人や殺人幇助 武器製造などの労働による幇助活動も主流ではないだろう 人殺しへの関わり方、幇助の手段としては 資金提供が主流となっている 戦場と呼ばれるような殺人に近いところでの活動が必要になったとしても 日頃から陸海空に保持している軍を派遣して殺させるよう資金面で幇助する 一般の国民が実際に殺人で手を汚すこともなく、裏側で資金を提供し殺させる側となるだろう。 死刑、監禁、拘束、ポア 国民全員参加、総意のもと、人の命を奪ったりする。 憲法では死刑、ポアについて定義はない。 憲法98条。 根幹である最高法規のもと枝葉として死刑、ボアを定めたりする。 司法はじめ公務員。 憲法遵守。 98条。 104, P. 237 「サイコパスは社会の捕食者であり、生涯を通じて他人を魅惑し、操り、情け容赦なく我が道だけをいき、 心を引き裂かれた人や、期待を打ち砕かれた人や、カラになった財布をあとにのこしていく」 「良心とか他人に対する思いやりにまったく欠けている彼らは、罪悪感も後悔の念もなく社会の規範を犯し、 人の期待を裏切り、自分勝手にほしいものを取り、好きなようにふるまう。 彼らから被害を受けた人たちは、 驚きとまどい絶望的な思いで自問する。 『あの人たちはいったい何者なのだ?』『どうしてあんなことが できるのだろうか?』」 「サイコパスは家庭環境によるものではない。 彼らの家庭環境がほかの犯罪者の家庭環境と違うという証拠は 全くない。 サイコパスでない犯罪者は、家庭環境の質によって犯罪行為に手を染める年齢が異なっていた。 もめごとを抱えた恵まれない家庭環境出身の者は15歳くらい、比較的安定した家庭環境に育った者は 24歳くらいだった。 非常に対照的なことに、サイコパスの場合には家庭環境の質は初めて犯罪を犯す年齢に 全く影響を与えておらず、どちらの場合も14歳くらいだった」 「ほとんどのサイコパスは、幼い頃に嘘をつく、人を騙す、盗み、火遊び、学校をさぼる、暴力、いじめ、家出、 【社会】日本兵が日本兵を銃殺 当事者の元隊員95歳男性が記録に 「住民虐殺、強姦・強奪許せず」 daily. 2ch. 当時、沖縄で戦闘に参加した元日本兵・飯田直次郎さん(95)=神奈川県在住=は自ら日本兵を銃殺したことを証言した。 飯田さんは知人の協力を得て、中国で戦争に参加した体験や沖縄戦の詳しい足跡を原稿用紙129ページにまとめた。 45年6月、球部隊に所属していた飯田さんは摩文仁の壕に潜んでいた。 一緒に逃げて仲良くなった日本海軍兵や周辺住民から「自分が隠れている壕で住民にひどいことをしている軍曹がいる」と聞いた。 その内容は、住民や子どもを殺害したり女性を強姦したり食料を強奪したりするほか、その一帯で水が飲めた唯一の井戸を独り占めにしているというものだった。 ある日、飯田さんも「佐々木」という名の軍曹による「悪行を目撃」した。 「見るに堪えない。 もう限界だ。 同じ日本の兵隊として許せねえ」と殺意が湧いた。 海軍兵に「このまま見て見ぬふりできねえ。 島民が殺されているんだぜ。 やつさえいなければ皆なんとかしのげる。 水も飲める」と殺意を明かした。 飯田さんは米軍との戦闘前、那覇市の住民宅で寝泊まりし、沖縄の人々から温かくしてもらったことへの「恩義」もあって「住民を殺す日本兵が許せなかった」と言う。 ある晩、井戸で住民に嫌がらせをしている佐々木を見つけた。 人影がなくなったのを見計らい、軍服を引き裂いた布で拳銃を隠し持って近づき、水を飲んでいる佐々木の後頭部に銃を近づけ引き金を引いたという。 飯田さんは「全ては島民のためと思ってやったが、私自らの手で日本人をあやめてしまった。 70年余たっても忘れられない」と話し、今でもつらい思いが残っていることを吐露した。 本島南部の激戦時、食料が尽きて飢えた日本兵が夜、米軍の陣地に忍び込んで食料を盗み、その帰りを待ち伏せた日本兵がそれを奪い、殺し合う事態も「よくあった」という。 「戦場では人間が人間ではなくなってしまう」と振り返る。 神戸市立東須磨小学校の教員間暴行・暴言問題で、被害を受けて療養中の男性教員(25)が新規採用で同校に赴任した2017年度、 加害教員から宴席でソフトドリンクに酒を混ぜられるなどの嫌がらせを 受けていたことが11日、関係者への取材で分かった。 市教育委員会は当初、加害行為が18年度から続いていたと説明していた。 被害側の男性教員は加害側の教員4人から約50項目に及ぶ被害を受けたと 訴えており、同日、須磨署に被害届を提出し受理された。 関係者によると、男性教員は17年度、一部の加害教員から十分な指導も ないまま行事の準備などを任され、慣れない仕事に苦しんでいる様子だったという。 さらに、同年秋に開かれた運動会の打ち上げで、酒の苦手な男性教員が ソフトドリンクを注文した際、席を外している間に酒を混ぜられ、 知らずに飲んだこともあった。 同校の仁王(におう)美貴校長は9日の記者会見で、男性教員から 被害を訴える手紙を預かっていることを明かした。 加害行為の時期については 「手紙を全て読んでいるが、私が(18年度に)赴任する前、 17年度以降の出来事と認識している」と話した。 男性教員が「ドレッシングや焼き肉のたれ、 キムチ鍋の原液を大量に飲まされた」「髪の毛や衣服を接着剤まみれにされた」 などの被害を訴えていることも把握しているという。 市教委によると、2018年度には加害教員の一人に、 女性教員へのセクハラや若手教員をやゆするあだ名で 呼ぶなどの行為があった。 19年2月にも、前校長に 「職員室で若手教員へのいじりが度を過ぎている」という訴えがあった。 このため前校長は加害教員らを指導。 ただ、暴行や暴言は収まらず、 前校長は市教委に「詳しく聞き取っておらず、認識が甘かった」と 釈明したという。 一方、この前校長を巡ってもパワハラ相談が あったことが明らかになったほか、後任の仁王校長は加害教員への指導について 「前校長ときちんと共有できていなかった」と述べた。 今年4月に東須磨小の教頭から昇任した仁王校長は「職員室内の人間関係が 課題だと思っていた」と明かし、職員会議などで注意喚起を繰り返したと説明。 7月には被害教員から暴行や暴言について相談を受け、加害教員4人を指導した。 だが、市教委には「職員間のトラブルがあり、指導した」と報告しただけで、 具体的な内容には踏み込まなかった。 結局、この被害教員は加害側から 「なんで自分が呼ばれて指導されなあかんねん」などと言われ、 2学期から勤務できない状況に陥った。 市教委は問題の全容解明に向け、弁護士などを含めた調査組織の立ち上げを 検討している。 (井上 駿、上杉順子、杉山雅崇) また、弁護士がこのようなことを言うのは意外に思われるかもしれませんが、 47年間にわたり1万人以上の人生を見てつくづくと感じるのは、 「争っても、いいことは何もない」と いうことです。 なぜなら、争うことで運が悪くなるからです。 たとえ訴訟に勝って大金を手に入れたところで、運を悪くしては 何もなりません。 実際、争いで手に入れたおカネはすぐに失うことに なりがちです。 たとえば遺産争いで大金を得ても、危機を迎えたとき、 誰も助けてくれないということにもなりかねません。 私は弁護士として、 そのような転落をうんざりするほど見てきました。 また、不思議なことに、裁判で勝った後に不幸になる人が珍しくありません。 勝訴を勝ち取った後に会社が倒産してしまったり、不渡り手形をつかまされたり、 経営者が交通事故に遭ったりする例を多々見てきました。 非科学的だと思われるかもしれませんが、恨みを買ったために、運が落ちて しまったのではないでしょうか。 冷静に長い目で見てみると、 こうしたことは世の中に意外に多いと気づくはずです。 「いじめ」という言葉は「いたずら」と同じく、 幼稚で無邪気なレベルの行為と誤解・誤認されがちです。 しかし、「いじめ」は れっきとした犯罪です。 まず、目や唇に激辛カレーを塗る行為は「暴行罪」。 腫れたり、ただれたり すれば「傷害罪」です。 被害者の車の上に乗ったり、車内に飲み物をわざと こぼす行為は「器物損壊罪」です。 さらに、お酒を無理やり飲ませたり、わいせつメッセージを送信するよう 強いる行為は「強要罪」。 人格否定の呼称で呼びつける行為は「名誉毀損罪」に なります。 いずれも懲役刑のある重い犯罪です。 「いじめ」などという無邪気な呼称ゆえ、その違法性や悪質さの印象が薄まって しまっていますが、この通り、今回の東須磨小の事件は「刑法犯の役満」といっても 過言ではないのです。 「いじめ」の被害者は、刑法犯による被害者であるにもかかわらず、「いじめ」と いう言葉のせいで、その被害実態が矮小化されがちです。 ですので、「いじめ」と いう言葉自体を使わないか、少なくとも明白な犯罪レベルのものを「いじめ」と 呼ばない対応(メディアの発信)なども検討されてよいのではないかと思います。 なお、加害教員による「いじめ」という犯罪行為の結果、精神的苦痛・ 身体的苦痛を受けた被害教員らは、加害教員だけではなく、 学校(市立なので神戸市)を相手に損害賠償請求をすることができます。 教員間の犯罪を把握しながら、何らの対応もせずに隠蔽しようとした 学校側の姿勢については、裁判を通じて白日の下にさらされていくことに なろうと思います。 わたしも、新任の頃や20代で、陰湿な嫌がらせをたびたび受けました。 幸い、周囲には相談できる素敵な先生方がいて、いつも助けてくださいました。 そして、今までの経験の中で、加害者の教師には次のような傾向があるような 気がしています。 1 あいさつができない、 2 ありがとうと、ごめんなさいが言えない。 3 人の話が聞けない 聞いているふりをする。 4 共感力がない。 5 他人の仕事 方法 の理解がない。 6 自分のやり方を同僚や部下に押し付ける。 この6つの中で、1つでも当てはまれば、加害者になる傾向のある教師かも しれません。 中には6つとも当てはまる教師がいて、かなり危険な教師でした。 みなさんの周りにこんな教師 人 はいますか? 文科省の公立学校教職員の人事行政状況調査によると、全国の小中高など 教職員92万人のうち、うつ病など精神疾患による病気休職者は、 2017年度で5077人。 「例年5000人前後で推移しています。 理由はさまざま。 もちろんAさんの ような職場のいじめやパワハラ、セクハラが原因というケースも少なく ありませんが、学校ぐるみで隠蔽しようとするので、今回のように 表沙汰にはなりにくいんです」(文科省関係者) 前出の30代の女性教師も、こう口を揃える。 「どの学校にも必ず教頭や主任など、実権を握る上長がいて、その人には 逆らえない構図が出来上がっています。 ウチの場合は学年主任で、 報告が遅れるだけで罵声を浴びせられる。 機嫌を損ねたら、事あるごとに 会議で吊るし上げられます。 以前、教え方が上手で生徒に人気があった 若くて優秀な先生が、その学年主任の嫉妬のせいで『生徒のウケばかり狙っている』 なんていじめに遭い、『もう教師は嫌だ』と辞めてしまいました……」 都内の私立中に勤める30代の男性教師は「パワハラもセクハラも私立なら クビですが、公立は処分が甘いのでエスカレートしがちなんです」とこう明かす。 「教員ひと筋の先生は、教員の常識は世間の非常識ということが分からない。 視察や参観日以外は服装もバラバラだし、会社勤めの経験がある若い先生が 正論を振りかざしたりするんですが、出る杭は打たれる。 そもそもモンペ (モンスターペアレント)など保護者からのプレッシャーで、 飼っていたインコを虐待したとして、動物愛護法違反の罪に問われた住所不定、 無職の男(34)の公判が9日、名古屋簡裁(上杉誌朗裁判官)で開かれた。 検察側は罰金20万円を求刑し、弁護側は寛大な判決を求めて結審した。 判決は18日。 男は虐待の様子を会員制交流サイトに投稿し、動画を見た愛鳥家が愛知県警に 相談して事件が発覚した。 起訴状によると、男は6月22日ごろ、名古屋市内の 当時の自宅で飼育していたインコに避妊具をかぶせて動けなくした上で、 棒を押しつけるなどの虐待行為をしたとされる。 被告人質問で男は、当時の自宅はペット飼育が禁じられており、 インコが鳴くため「隣人に聞こえ、追い出される危機感があった」として 虐待に及んだと答えた。 動画投稿は「承認欲求を満たすため」だったという。 インコは死んでゴミ袋に入れて捨てたという。 検察側は論告で「怒りにまかせた犯行。 本件以外に水に沈める動画もあり、 常習的犯行の一端であることを否定できない」と指摘。 「社会的にも悪影響があり、 厳しい処罰が必要」と訴えた。 弁護側は「内省を深め、再犯は考えられない」として寛大な判決を求めた。 インターネット上では、愛鳥家の間で厳罰を求める署名活動が広がり、 名古屋簡裁宛てに1万1000人以上分の嘆願書が提出されている。 インターネットに動物の虐待動画を投稿するなど悪質な事例が後を絶たないため、 今年6月に改正動物愛護法が成立している。 【川瀬慎一朗】.

次の

東須磨小いじめ被害届提出!提出の本当の理由がえぐい!長谷川雅代らの逮捕はいつ? | 今!読みましょう

東須磨 いじめ

東須磨小・教員いじめ暴行事件とは 神戸市立東須磨小学校で教員4人が共謀して20代の男性教員にいじめや暴行を行っていた事件。 目に激辛カレーを塗りつける、被害者の所有する車の屋根に土足で登るなど陰湿な行為を繰り返していた。 また、加害者らはその様子を笑いながら動画で撮影するなどしていたことからネット上で拡散され炎上した。 被害者の男性教諭は警察に被害届を提出、今後、傷害・暴行などの容疑で立件されるかどうか注目を集めている。 さらに、加害教員4人は今回の被害者とは別の20代教員3人に対しても暴言を浴びせたりセクハラ行為を行っていた。 加害教員4人の構成は30代男性3人と40代女性1人。 40代女性の教員が主犯格だとみられている。 この4人は子供のいじめ防止の取り組みにも関わっていた。 懲戒免職になると教員免許をはく奪される 教育職員免許法の第十条に「公立学校の教員であつて懲戒免職の処分を受けたとき」に「免許状はその効力を失う」とあります。 つまり、懲戒免職になると教員免許をはく奪されます。 神戸市教育委員会は加害教員4名の自主退職を認めない方針を決定。 事前に逃げ道を防ぐなど市教委の本気度から考えても、十分に重い懲罰が下されることが予想されます。 教育職員免許法 第十条の抜粋 教育職員免許法 (失効) 第十条 免許状を有する者が、次の各号のいずれかに該当する場合には、その免許状はその効力を失う。 一 第五条第一項第三号、第四号又は第七号に該当するに至つたとき。 二 公立学校の教員であつて懲戒免職の処分を受けたとき。 2 前項の規定により免許状が失効した者は、速やかに、その免許状を免許管理者に返納しなければならない。 東須磨小教員いじめ暴行事件、加害者4名は3年で復活? 教育職員免許法の第五条には「免許状がその効力を失い、当該失効の日から三年を経過しない者」には免許状を授与しないとあります。 逆にいうと、懲戒免職により免許状が失効しても3年が経過すれば申請をするだけで教員免許が再取得できてしまいます。 教員として学校側に採用されるかどうかは別として、教員の資格自体はたったの3年で復活です。 教育職員免許法 第五条の抜粋 教育職員免許法 (授与) 第五条 普通免許状は、別表第一、別表第二若しくは別表第二の二に定める基礎資格を有し、かつ、大学若しくは文部科学大臣の指定する養護教諭養成機関において別表第一、別表第二若しくは別表第二の二に定める単位を修得した者又はその免許状を授与するため行う教育職員検定に合格した者に授与する。 ただし、次の各号のいずれかに該当する者には、授与しない。 四 禁錮以上の刑に処せられた者 五 第十条第一項第二号又は第三号に該当することにより免許状がその効力を失い、当該失効の日から三年を経過しない者 六 第十一条第一項から第三項までの規定により免許状取上げの処分を受け、当該処分の日から三年を経過しない者 七 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者 加害者に教員として現場復帰させないためには 裁判結果次第、禁固刑以上の実刑判決 教育職員免許法の第五条に「禁錮以上の刑に処せられた者」には免許状を授与しないとあります。 東須磨小いじめ暴行事件の被害者である男性教諭は警察に被害届を提出済みです。 これが刑事事件として扱われ加害者たちに対して禁固刑以上の処罰が下れば教員免許の再取得ができなくなります。 ただし、禁固以上の刑が言い渡された場合でも、執行猶予がつくと、執行猶予期間の満了と共に「禁錮以上の刑」が無かったことになります。 つまり、実刑を受ける(加害者が実際に牢屋に入る)ことにならない限りは、教員免許の再取得が可能です。 教育委員会の判断次第(3年後) 教育職員免許法の第十一条に「法令の規定に故意に違反し、又は教育職員たるにふさわしくない非行」があった場合には「免許管理者は、その免許状を取り上げることができる」とあります。 加害者たちが禁固以上の実刑を免れた場合でも、免許管理者(都道府県の教育委員会)の判断によっては加害者が教員免許の再取得を申請した時に免状を交付しないことが可能です。 (法令の通りに解釈すると、免状を再取得すること自体は可能だが、同日付で取り上げるような形になると思われます) しかし、基本的に公務員は事なかれ主義です。 申請が上がってくれば機械的に処理をされて教員免許は再発行されてしまうのではないかと思われます。 再発行を却下したら加害教員が不服として県や教育委員会に対して裁判を起こす可能性もありますから。 そんな面倒なこと公務員なら関わりたくないでしょう。 逆に、「なんでこんなやつに教員免許を再発行するんだ」という世間の声も怖いでしょうから、3年後にこの事件がどの程度風化しているかなども影響してくるでしょう。 教育職員免許法 第十一条の抜粋 (取上げ) 第十一条 3 免許状を有する者(教育職員以外の者に限る。 )が、法令の規定に故意に違反し、又は教育職員たるにふさわしくない非行があつて、その情状が重いと認められるときは、免許管理者は、その免許状を取り上げることができる。 学校側が採用するかどうか(3年後) 個人的な見解ですが、加害者たちが懲戒免職で教員免許を失効したとしても、3年後に教員免許の再取得自体は阻止できないのではないかと考えています。 そもそも、まだ懲戒免職になるかどうかも未定のままです。 そうなると学校側が採用するかどうかにかかってきます。 懲戒免職になった場合は、履歴書の懲罰欄にそのことを記載する義務があります。 これを怠った場合は虚偽記載として、採用の取り消し、解雇などの理由となります。 しかし、事実を伏せて採用された場合には、発覚すれば当然解雇となるでしょうが、発覚しなければそのまま学校に潜り込めてしまいます。 このような事件を起こすような人たちですし、先日発表された謝罪文でも「わたしは悪くない」というニュアンスが発言の端々からにじみ出ているとしてバッシングを受けていました。 そんな人たちが再就職がかかった場面で懲戒解雇の件を正直に話すかといわれると疑問です。 そう考えると、学校側が「あの事件のあの人だ」ということにすぐに気づけるかがポイントになってきます。 つまり、加害者たちの氏名や顔写真が公表されるかどうか。 風化せずに、3年後もその事実が確認できる状態にあるか。 教員が懲戒免職になると「教育職員免許状失効」公告として官報に氏名などが公表されます。 公式な情報として加害者の氏名が公表されるので、それ以降はマスコミでも遠慮なく実名報道がされると思われます。

次の