年末挨拶メール。 年末の挨拶メール例文|社外/社内/上司/友達/取引先/お客様

年末挨拶 メール》ビジネス・返信・社内・社外・上司・取引先・文/友達/件名/英語

年末挨拶メール

今年も残すところわずかとなりました。 最終営業日が近づくにつれて慌ただしくなり、つい後回しになりがちな、年末の挨拶。 中には「ご挨拶メール」を送付したいけれど、どのようなことを書けばいいかわからず、時間ばかり経っている方もいるかもしれません。 そこでこの記事では、何かと迷いがちな挨拶文の例文をいくつか紹介します。 合わせて、読んでもらいやすくなる「ご挨拶メール」のポイントや、年末の挨拶用に粗品を送る際などに添付できる手紙の例文も掲載。 これらを参考にして、クライアントの心に残る挨拶状を作成してみましょう。 年末の挨拶は、新年の仕事に繋がる可能性もあります。 年末作業だと思わず、相手の顔を思い浮かべながら丁寧に書いていくようにしましょう。 それだけで、伝わる内容が変わってくるはずです。 年末のご挨拶メールはいつ頃送る? まず、クライアントの年内最終営業日と、できれば担当者の予定をさりげなく伺っておいた方がいいでしょう。 担当者が有給を使い早目に休みをとっている場合もあります。 クライアントの最終営業日よりも数日前に送るようにしましょう。 もし事前にきいておくタイミングを逃したならば、2019年の場合は最終営業日を27日と考えておくと無難です。 年末のご挨拶メールの件名は? メールの件名欄はわかりやすい内容とします。 本文も伝えたいことを整理した上で、記していくことが大切です。 それでは例文を見ていきましょう。 年末のご挨拶メール例文(社外向け) まずは、一般的なご挨拶メール例文を紹介します。 手紙では「拝啓」「敬具」のビジネス文章が基本ですが、メールではあまり使われていません。 「拝啓」と時候の挨拶のかわりに「お世話になっております」が一般的です。 しかしそれでは味気ないと感じる場合は、「早いもので本年も残すところ、あとわずかとなりました。 」などの一文を加えると良いでしょう。 早いもので本年も残すところ、あとわずかとなりました。 〇〇様には1年間大変お世話になり、心より感謝しております。 なお、弊社の年内の営業は12月00日までとなり、新年は1月00日から営業開始となります。 来年も本年同様のご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。 参考: 一般的なメール用挨拶文は「メール例文1」のような構成となります。 最初に「感謝」を告げ、「要件」を伝え「締めの言葉」で終わります。 年末の挨拶メールで気持ちを伝えたい場合は、「メール例文1」の「感謝」の部分を、しっかりと記し今後の展望にも触れると良いでしょう。 具体的には「メール例文2」のようになります。 〇〇様のご支援により、同プロジェクトは円滑に進めることができました。 来年は、さらにその内容を充実させていく所存ですので、より一層のご支援のほどよろしくお願いいたします。 なお、弊社の年末年始の休業期間は、下記の通りです。 年末年始休業期間:2019年12月00日(〇)~2020年1月00日(〇) 時節柄、ご多忙のこととは存じますが、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。 来年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。 参考: 次に、もう少し堅めの印象の年末の挨拶メールを紹介します。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、弊社は、下記の期日を年末年始休業とさせていただきます。 年末年始休業期間:2019年12月00日(〇)~2020年1月00日(〇) 年末年始休業期間は何かとご迷惑をおかけいたしますが、 何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。 この例文を使う場合は、次の「社内向け年末のご挨拶メール 例文1」にもあるように「追伸」を加え、エピソードを交えながら感謝を伝える方法もあります。 来年も何かとご迷惑をおかけするかもしれませんが、 ご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。 本日の業務はまだ残っておりますが、取り急ぎ年末のご挨拶とさせていただきます。 それでは、良いお年をお過ごしください。 忘年会の際は、色々とありがとうございました。 ご提案いただいたお店は、とても雰囲気がよくプライベートでも、ぜひ使わせていただきます。 私にはちょっと分不相応かもしれませんが、ランチ時ならどうにかなりそうです……。 このように、社内の人間にあてるメールの場合は「追伸」の部分で、相手の気持ちを温かくするような言葉を加えると良いでしょう。 上司や先輩に対して褒めるフレーズを並べすぎると、逆に信頼をなくす恐れがあります。 ほどほどとし、感謝したいポイントを思い浮かべながら、あまり飾り過ぎない言葉でエピソードを入れたご挨拶メールとしましょう。 次はエピソード中心の挨拶メール例文を紹介します。 ありがとうございます。 来年はそうしたミスを減らしていく所存ですので、引き続きご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 それでは良いお年をお迎えください。 次は取引先に粗品と共に送る挨拶状の際に使える例文を紹介します。 手紙の場合は「拝啓」から始まる文章が基本です。 お歳暮を贈る際にも使えるので、フォーマットとして持っておくと便利です。 【番外編】挨拶状(手紙)を送る場合 拝啓 歳末の候、ますますご清栄とお喜び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、心よりお礼申し上げます。 お陰様で弊社も無事に年の瀬を迎えることができました。 これもひとえに〇〇様のお力添えによるものと感謝しております。 来年も変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。 敬具 参考: 挨拶は基本を抑え、相手を思い浮かべながら書こう 年末は繁忙期のため、ご挨拶メールのタイミングを逃しがちです。 忘れないようにしっかりと用意しておきましょう。 また件名は「年末のご挨拶」や「年末年始のお知らせ」などにして、他のメールに埋もれさせない工夫をすると読んでもらいやすくなります。 そして何よりも相手の顔を思い浮かべて、丁寧に気持ちを伝えていきましょう。 そうすれば受け取った相手も、きっと喜んでくれるはずです。 年始の挨拶の文例を見てみる.

次の

先方が「おっ」と目を引く、年末の挨拶メールの書き方・注意点:社内・社外・取引先向け

年末挨拶メール

年始の挨拶をビジネスメールでする際の書き方を紹介します。 まず、年始の挨拶ではあるものの、ビジネスメールになるので、普段のビジネスメールのマナーは守りましょう。 まず件名を見ただけで、用件(年始の挨拶であること)が分かるような件名をつけます。 というのも、年始の仕事始めでは、ビジネスマンのメールボックスには大量のメールが届いているからです。 仕事で急ぎの用件は年始の挨拶メールには入れない このとき、ビジネスマンは新年の挨拶メールは後に回し、先に急ぎの用件のメールから読んでいきます。 なので、件名で「これは仕事の用件ではなく、新年の挨拶ですよ」と教えてあげるのが、相手に対する気遣いなのです。 また、件名を「新年のご挨拶」とした以上、相手がメールをすぐに読んでくれるとは限りません。 本文に、仕事や急ぎの用件を書くのは控えましょう。 仕事の用件がある場合には、年始の挨拶メールとは別に、メールを送ります。 ただし、メール本文の冒頭に「謹賀新年」や「恭賀新年」といった挨拶を書くと、読むときに違和感があるので、新年の挨拶は「明けましておめでとうございます」にしましょう。 年始のビジネスメールでは、「昨年のお礼」「今年の抱負」の他に、年始の営業や業務開始の日時についても書いておきましょう。 」という営業日に関する情報の方が知りたい訳です。 年始の挨拶メールでも、名乗りや署名は忘れずに行いましょう。 スパムメールと間違えられないように件名にも氏名を入れる 特に、仕事の時のパソコンやメールアドレスではなく、自宅のパソコンなどからメールを送るときには要注意です。 本文中だけでなく、件名にも自分の氏名を入れるなど、相手にスパムメールと間違えられない対策が必要です。 旧年中は、いろいろとお世話になり、まことにありがとうございました。 なにかありましたら、私佐藤にご連絡ください。 メールにて恐縮ではございますが、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げ、年始のご挨拶とさせていただきます。 ビジネスメールで年始の挨拶をする際は文例を参考に本文には業務開始日も入れよう 以上が、年始の挨拶をするビジネスメールの書き方・文例についてです。 年始の挨拶は正月から、遅くとも年始の仕事明けの日中には、送るようにしましょう。 また、年始のビジネスメールに一斉送信はNGです。 相手に手抜きだと思われるからです。 一斉送信する場合も、相手にそれと分からぬように気をつけましょう。

次の

年始挨拶のビジネスメールのポイント2つ【文例あり】

年末挨拶メール

ありがとうございます。 しかし、普段の仕事では単純なミスが多く、振り返れば、やり直しの指示を頂いてばかりの一年でした。 来年はそうしたミスの回数を減らすため、細心の注意を払って業務を行っていく所存ですので、引き続きご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 それでは良いお年をお迎えください。 早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。 本年は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。 来年も更なるサービス向上を目指し、より一層の努力をしてまいりますので、より一層のご支援を賜りますよう、弊社一同心よりお願い申し上げます。 尚、当社の年末年始の営業予定は下記の通りとなっております。 来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、歳末のご挨拶とさせて頂きます。 どうぞ良いお年をお迎えください。 新年もよろしくお願いいたします。 その際には何かとお時間を取ってご相談に乗って頂き、誠にありがとうございました。 現在は先生にご指導いただいたことを活かし、日々の業務に向き合っております。 とは言え、少しは慣れたもののまだまだ社会生活で迷うことや分からないことも多いので、今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 時節柄、ご多忙のことと存じます。 お身体にお気をつけ、良き新年をお迎えください。 さて、ここまで年末の挨拶メールへの送り方を見てきましたが、逆に誰かから年末の挨拶メールを受け取った場合の返信について、取り上げてみましょう。 まず、ビジネスにおけるメールの返信は当日中、遅くとも翌日までが期限です。 やむを得ず、メールを見るまでに時間が掛かってしまった場合には、「返信が遅くなってしまいまして、誠に申し訳ございません」など、お詫びのメッセージを入れておくのが基本です。 年末の挨拶メールも、たいていは最終営業日の数日前に届きますので、このルールに従って返信すればOKです。 返信内容は、最初に挨拶メールを受け取った事への御礼を述べる以外は、通常の年末のメールと同じで構いません。 御礼だけでは片手落ちですから、自社の休業情報などもきちんと伝えるようにしましょう。 この度はご丁寧に年末のご挨拶を頂き、ありがとうございました。 来年も更なるサービスの向上を目指して、これまで以上の努力をしてまいりますので、より一層のご支援を賜りますよう、弊社一同心よりお願い申し上げます。 尚、当社の年末年始の営業予定は下記の通りとなっております。 来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、歳末のご挨拶とさせて頂きます。 どうぞ良いお年をお迎えください。 新年も引き続きよろしくお願いいたします。 年末の挨拶メールは、基本的に相手を訪問する手間を避けるために送るので、通常は送った相手をわざわざ訪問することはありません。 逆に訪問をするのであれば、そこで直接挨拶をすれば良いわけで、やはりメールを送る必要はなくなります。 しかし、年末は、1年の御礼の挨拶にかこつけて、普段あまり行くキッカケのない取引先に行くチャンスでもあります。 もちろん、取引先への挨拶は直接訪問するのが一番ですから、伺うことに問題はありません。 とは言え、普段から顔を出している相手であれば、そのついでに挨拶をすればいいのですが、そうでない場合は、あらかじめアポイントをとってから訪問するのがマナーです。 また忙しい年末ですから、長居は先方に対して失礼です。 メールで希望する日付と時間帯を複数上げて選んで貰い、所要時間も伝えておくようにしましょう。 来年も更なるサービスの向上を目指して、これまで以上の努力をしてまいりますので、より一層のご支援を賜りますよう、弊社一同心よりお願い申し上げます。 尚、当社の年末年始の営業予定は下記の通りとなっております。 年末の挨拶メールの結び.

次の