独立 独歩。 独立系SIerとは何?強み・大手一覧・ホワイトランキングまとめ

独立独歩の意味とは?読み方や使い方・例文を解説

独立 独歩

まずは、「独立独歩」という四字熟語がどのような言葉なのか、基本的な意味や使い方を通して、考察していきます。 「独立独歩」という言葉の意味や使い方がわからないという方は、この機会にぜひ確認してみて下さい。 「独立独歩」の意味 最初に、「独立独歩」とはどのような意味を持つ言葉なのか、確認していきましょう。 「独立独歩」の意味について、「goo辞書」では以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「独立独歩」という言葉には、大きくわけて2種類の意味があると読み取れます。 「独立独歩」の1つ目の意味は、他人に頼らないで、自分の意志や考えに従って行動や判断をすることだとされています。 そして2つ目の意味は、他に並ぶものや存在がないことだと言われています。 1 他人にたよらず、自分の信じるところに従って行動すること。 独立独行。 2 他に並ぶもののないこと 「独立独歩」の使い方 続いては、上記で考察した「独立独歩」の意味をもとにして、会話や文章においてどのように使えば良いのか、「独立独歩」の使い方について考察していきます。 上記でもご紹介したとおり、「独立独歩」という言葉には、2種類の意味があるとされています。 1つ目は、自分の意志のもとに行動することとなっており、2つ目は他に並ぶ存在がいないこととされています。 ですから、他人に頼らずに行動する様を表現したり、他を寄せ付けないような存在を言い表したりする際に、「独立独歩」という言葉が使用されると予想できます。 続いては、「独立独歩」と同じような意味を持つ、類語・同義語と呼ばれる言葉をご紹介していきます。 類語や同義語を学ぶことで、「独立独歩」という言葉の言い換え表現として使用できるケースもあります。 また、「独立独歩」という言葉をより深く理解するための、新たな気付きが得られる可能性もあるでしょう。 自主独往 「独立独歩」という言葉の類語の1つとして、「自主独往」という言葉が挙げられます。 「自主独往」という言葉の意味については、「コトバンク」にて、以下の引用のように解説されています。 引用の解説から、「自主独往」とは、他人に動かされずに、自分の主義や主張を優先したり、自分の意志に従って行動したりすることを意味する言葉だと、読み取ることができます。 他人に動かされないで、自分の主義・主張どおりに行動すること。 独行 「独行」という言葉もまた、「独立独歩」の類語の1つだと言えそうです。 「独行」という言葉の意味について確認するにあたり、今回は「コトバンク」に掲載されている解説を参考にして、考察していきます。 以下に引用した解説によると、「独行」には2種類の意味があるとされています。 1つ目の意味は、自分ひとりだけで行動することを意味しており、単独行動などとも言い換えることが可能です。 2つ目の意味は、自分の力だけで物事を行うことだとされています。 1 自分ひとりだけで行くこと。 単独行。 2 自分の力だけで物事をすること。 「独立独歩」の対義語・反対語 続いては、「独立独歩」という言葉の反対の意味を持つ、対義語や反対語に分類される言葉について、考えていきます。 「独立独歩」の対義語や反対語を、この機会に学んでおくことで、ボキャブラリーや語彙力の向上に繋がる可能性があります。 ですから、ぜひ「独立独歩」の反対語・対義語も、覚えておきましょう。 四字熟語の対義語 「独立独歩」という言葉には、複数の意味があるとされていますが、そのうちの1つに、他人に頼らずに自分の意志に従って行動することという意味があります。 上記のような意味で「独立独歩」を使用する場合の対義語・反対語で、四字熟語の形となっているものの1つに、「他力本願」という言葉が挙げられます。 「他力本願」の意味については、「コトバンク」にて、以下の引用のように解説されています。 引用の内容から、「他力本願」とは、仏教に関する言葉であることが読み取れます。 しかし、現代社会のおける「他力本願」は、仏語としての意味よりも、自分の努力ではなく、他人の力で何かをしたり、物事を人任せにしたりすることを意味する言葉として、使用されるケースが多いと言われています。 1 《他力(阿弥陀仏)の本願の意》仏語。 自らの修行の功徳によって悟りを得るのでなく、阿弥陀仏の本願によって救済されること。 浄土教の言葉。 2 《誤用が定着したものか》俗に、自分の努力でするのではなく、他人がしてくれることに期待をかけること。 人まかせ。 その他の反対語・対義語 続いては、上記でご紹介した「他力本願」以外の、独立独歩の反対語・対義語をご紹介していきます。 四字熟語以外の反対語もご紹介していくので、参考にしてみて下さい。 ・おんぶにだっこ ・丸投げ ・一任 ・無責任 ・任せきり 続いては、「独立独歩」という言葉の由来や成り立ちについて、考察していきます。 由来や成り立ちについて学ぶことで、「独立独歩」という言葉について、より深く理解することができる可能性があります。 「独立独歩」という言葉の成り立ちについて考える際、「独立」と「独歩」の2つの言葉にわけて考えることができます。 ですから今回は、「独立」と「独歩」の意味をもとにして、2つの言葉の意味などを確認して、「独立独歩」の成り立ちについて考えていきます。 「独立」の意味 まずは、「独立独歩」の「独立」の意味について、確認していきます。 「独立」という言葉は、日常的にもよく使われる言葉ですが、正しい意味がどのようなものなのか、見直しておきたいところです。 「独立」の意味について、「goo辞書」では以下の引用のように解説されています。 引用の内容から、「独立」には複数の意味があることが読み取れます。 「独立」とは、他の人・ものから離れて孤立することや、他者から支配されずに行動すること、自分の力で事業などを営んでいくことや、他の機関からの干渉を受けない存在、国や団体などが主権を行使できる状態などを意味する言葉だとされています。 1 他のものから離れて別になっていること。 2 他からの束縛や支配を受けないで、自分の意志で行動すること。 3 自分の力で生計を営むこと。 また、自分で事業を営むこと。 4 (法律の拘束を受けるが)他からの干渉・拘束を受けずに、単独にその権限を行使できること。 5 一国または一団体が完全にその主権を行使できる状態になること。 「独歩」の意味 続いては、「独立独歩」の「独歩」の意味について、考察していきます。 「独歩」の意味について、「コトバンク」では、以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「独歩」には、複数の意味があることが読み取れます。 1つ目は、1人だけで歩くことといった意味です。 その他に、自分の意志で行動や決断をすることや、比べようのない素晴らしいものであることを表現する意味も含まれていると考えられます。 単独で行くこと。 どくほ。 独立して事を行うこと。 どくほ。 卓越していること。 どくほ。 独立独歩の性格 「独立独歩」とは、主に人の性格や特徴などを表現する言葉だと考えられます。 また、生き方やポリシー、人生に対する姿勢などを表現する際に使われるケースもあるでしょう。 そこで続いては、独立独歩な人や、独立独歩な性格・生き方とはどのようなものなのか、考察していきます。 人に頼らない 上記でご紹介した「独立独歩」の意味にもあるように、「独立独歩」とは、人に頼らずに自分の意志で行動することを意味している言葉です。 ですから、独立独歩の生き方をしている人は、物事を人に頼らずに、自分の力で何とかしようとすることが多い考えられます。 仕事などでも、なるべく自分の力だけで成し遂げようとしたり、他人の助けや手伝いを必要としなかったりするケースが多いと考えられます。 また、自給自足のような生活をしている方の生き方も、見方によっては独立独歩の生き方だと言えそうです。 自分なりの価値観や信念を持っている 独立独歩の性格の方は、強い意志や自分なりの価値観を持っている方が、多いと考えられます。 「独立独歩」という言葉には、他人に頼らないで、自分の意志や信念などを信じて行動することを表現する意味があります。 自分なりの価値観や強い信念などがないと、他人に頼らない選択や、自分の意志を信じる強さなどは、持ちづらいと予想できます。 上記のような背景から、独立独歩の性格の方には、他人に頼らなくても不安にならないような、強い信念や自分なりの価値観を持っている方が多いと考えることができそうです。 個性的 「独立独歩」という言葉には、特性や個性があって、他と同じように扱うことができないという意味もあります。 ですから、個性的な人や珍しい特性がある方も、独立独歩の性格の持ち主である可能性があると考えられそうです。 また、「独歩」という言葉には、他者よりも優れている様子を表現することから、ずば抜けて素晴らしい才能や特性などを持っている方も、独立独歩な人だとされるケースもあると考えられます。 「独立独歩」とは他人の力を借りずに行動すること.

次の

独立独歩の意味とは?読み方や使い方・例文を解説

独立 独歩

建学の、 独立独歩の精神が生かされているのね。 独立独歩(どくりつどっぽ)の例文• これまで 独立独歩でやってきたのには訳がある。 彼の 独立独歩の精神を尊重しようではないか。 これまで私は悠々自適、 独立独歩でやってきた。 彼の 独立独歩を、親として静かに見守ろう。 彼の作品は 独立独歩、ほかに類を見ないものだ。 まとめ 「自分の力で信じる道に進んでいく」という意味の【独立独歩】は、「他人に頼らずに」というのが一番のポイントです。 自分ひとりの力で事をなした結果、比類無い物になるというイメージなのでしょう。 この四字熟語も含め、禅宗の思想が随所にちりばめられています。 【独立独歩】は自分の中にあるなまけ心や欲、邪念に打ち克ち、理想へと近づいて行く様子を示しています。

次の

独立独歩の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

独立 独歩

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 独立独歩? c Shutterstock. com 社会人となったからには、人に依存することなく「自分自身の考えに基づき、自分自身の責任において行動する」、そんな人間になりたいものです。 しかしながら「言うは易し、するは難し」で、ついつい、親や兄弟、先輩や友人に頼ってしまいがちですよね。 もしかして、あなたは「この世の中、自分独りでは生きていけないんだから…」と思っているかもしれません。 しかし、それは「独立独歩」の本当の意味を、しっかりと理解していないのかもしれませんよ? この記事は、そんなあなたにピッタリかも…? では、四文字熟語「独立独歩」の意味や使い方、類語や対義語など詳しくご紹介していきます。 独立独歩の意味や読み方とは c Shutterstock. com 「独立独歩」の読み方は、(どくりつ・どっぽ)と読みます。 「独立(どくりつ)」と「独歩(どっぽ)」に分けて説明をしていきましょう。 「独立(どくりつ)」は、用法によって様々な意味を持ちます。 代表的な意味としては、以下の通りです。 ・他と離れて、一つだけ立っていること。 また、他のものとはっきり別になっていること。 ・他人の援助・束縛を受けず、個人が一家をかまえて生活を営むこと。 ・他から干渉を受けずに、単独で権限を行使し得ること。 などです。 「独歩(どっぽ)」は、なかなか蘊蓄(うんちく)のある宗教上の言葉が由来です。 「独歩(どっぽ)」という言葉は、中国南宋時代の禅僧である無門慧開(むもん・えいかい:1183年—1260年)によって編まれた仏教書、『無門関』(むもんかん)の中にある漢詩の一節に出てきます。 その一節を以下にご紹介します。 『大道無門、千差有路。 透得此關、乾坤獨歩』 「大道無門(だいどう・むもん)、千差路有り(せんさ・みちあり)。 此の関(かん)を透得(とうとく)せば、乾坤(けんこん)に独歩(どっぽ)せん。 」と読みます。 このことを理解したならば、その者は世界をただ独り歩むであろう」と解釈されています。 このように「独歩(どっぽ)」という言葉には、禅宗の深い意味があるのです。 ちなみに、小説家の国木田独歩もこの『無門関』から名前を採ったのではないかとも言われています。 以上から、独立独歩とは、「他人に頼らず、自分の信じるところに従って行動すること」を意味します。 独立独歩の使い方を例文でチェック c Shutterstock. com 1:「彼の父親は、実に独立独歩の方で、誰の力も借りず事業をあそこまで大きくなさった」 この文例では、客観的な視点で人物の生き方を捉え、尊敬の気持ちを伝える表現として使っています。 2:「本来、WHO(世界保健機関)は政治的に左右されない独立独歩の調査機関であるべきだ」 社会的な動きや事件などに対して、第三者的なスタンスで論評したり、自分の考えを述べる時の使用例です。 会議やミーティングなどでも活用できますので、覚えておくと便利でしょう。 3:「今からは、自分自身を信じ、独立独歩であなたの道を邁進してください」 友人や後輩の激励したり、アドバイスをする場合に使用できる文例になります。 後輩の披露宴や祝賀式などのスピーチに活用してみてください。 ただし、上司や年上の方に対しては、上から目線の言葉使いになってしまいますから使用しないでくださいね。 独立独歩の類語にはどんなものがある? c Shutterstock. com 1:独立自尊 「独立自尊」(どくりつ・じそん)と読みます。 「自尊(じそん)」は、自身の品格を保つということです。 四文字熟語としての意味は、人に頼らずに自分の力だけで事を行い、自己の人格・尊厳を保つことです。 2:独立不羈 「独立不羈」(どくりつ・ふき)と読みます。 「羈(き)」は、つなぎ止めることを意味します。 したがって「不羈(ふき)」は、束縛されないことを意味します。 四文字熟語としての意味は、他人の力に頼らず、他人に影響されず、他から束縛されずに行動することです。 3:赤手空拳 「赤手空拳」(せきしゅ・くうけん)と読みます。 「赤手(せきしゅ)」とは、手に何も持たないことを意味します。 「空拳(くうけん)」は、こぶしだけで武器を持たないことを意味します。 四文字熟語としての意味は、手に何の武器も持たないで立ち向かうこと。 誰からも助けを何も借りずに、独力で物事を行うことです。 独立独歩の対義語語にはどんなものがある? c Shutterstock. com 1:揣摩迎合 「揣摩迎合」(しま・げいごう)と読みます。 「揣摩(しま)」は、推測するという意味で、「迎合(げいごう)」は、相手に合わせて、さからわないようにするという意味になります。 四文字熟語としての意味は、相手が思っていることを推測して、調子を合わせることです。 2:付和雷同 「付和雷同」(ふわらいどう)と読みます。 「付和(ふわ)」は、定見をもたず、すぐ他人の意見に賛成することという意味です。 「雷同(らいどう)」は、雷が鳴ると万物がそれに応じて響くように、むやみに他人の言動に同調するという意味です。 四文字熟語としての意味は、自分にしっかりとした考えがなく、他人の言動にすぐ同調することです。 3:阿諛追従 「阿諛追従」(あゆ・ついしょう)と読みます。 阿諛(あゆ)」は、人に気に入られるように、へつらうという意味です。 「追従(ついしょう)」は、こびへつらうこという意味です。 四文字熟語としての意味は、相手に気に入られるために、ゴマを擦ったり、お世辞を言ったりして機嫌を取る行為のことです。 独立独歩の英語表現もチェック 「独立独歩」の英語表現についてもご紹介しておきましょう。 「self」は、ご存知のとおり「自己、自分」という意味し、「reliance」は、「依存」という意味の単語です。 したがって、直訳すると「自分に依存する」になります。 他にも「independent」(独立・自立)も使用できますね。 参考にしてください。 最後に c Shutterstock. com どうでしょう、「独立独歩」の意味を知り、あなたは「独立独歩」な生き方ができそうですか? まあ、すぐには「独立独歩」の生き方ができないまでも、少なくとも対義語でご紹介した「阿諛追従」(あゆ・ついしょう)や、揣摩迎合(しま・げいごう)のような生き方だけはしたくない! と思いませんか? もし、そう思われたなら、今から「自分自身の考えに基づき、自分自身の責任において一つだけ行動する」ことから始めてみてはいかがでしょう。 TOP画像/ c Shutterstock. com.

次の