ライン アプリ 消え た。 LINEアカウントが勝手に消える原因と対処方法、乗っ取り防止設定方法

ラインアプリが突然消えた!焦る前にこれを!アンドロイド編

ライン アプリ 消え た

ここ数年、無料SNSアプリのLINEは色んな人の日常生活に不可欠な社交ツールと呼ばれてきました。 もしある日突然、そんな大事なアプリが不具合に遭って消えてしまったら使用者が大変困るのでしょう。 だからここで、LINEのアプリが消えた非常時の対応策を皆さんに紹介したいと思います。 おすすめ記事: 目次 また、LINEアプリが消えたせいでデータが失った場合、PCソフト「」でデータを復活する方法をおすすめしています。 ソフトは下記ダウンロードボタンからPCに保存できます。 LINEアプリ自体が消えた時の復元方法 LINEアプリ自体が勝手に消えるのは滅多にないことですが、不運にそんな事に遭っても焦る必要はありません。 まず最初からアプリが消える原因を特定してから、それぞれのシチュエーションによって適な対応策を取れば問題がないと思います。 ・最初に確認すべきこと LINEのアプリが消えたら、最初にはアプリのインストール状態を確認すべきです。 確認手段も簡単です。 Android系のデバイスならばGoogle Play、iPhoneならばApp Storeをアクセスしたらいいです。 それからアプリ検索機能で「LINE」を入力して、アプリ情報ページまでたどり着いたらインストール状態の確認ができます。 簡単に言うと、インストール済み状態のLINEアプリがデバイスに存在すると、「開く」というボタンがアプリストアに備えています。 それをタップして、LINEアプリを開けるかどうかを確認してください。 ・LINEアプリが消える原因と対策 アプリストアのインストールページでLINEのインストール状況確認したら、場合によってアプりが消えた原因を考えられます。 もしインストールされていない場合ならば、再インストールしてLINEのアプリを復元すれば問題を解決できると思うが、インストール済みなのにアプリが消えた場合は以下の原因が考えられます。 なぜLINEのアプリが消えるのかを分かってから、その対策を試してみましょう。 ランチャーの不具合 普通、ランチャーには携帯メーカーから用意された標準ランチャーとサードパーティー製ランチャーの区別があります。 前者の使い勝手がよくないと思ってから後者に移したが、元のアプリをトレイからデスクトップ画面にもう一度設定しないと、メイン画面で探したいアプリが見つけられないかもしれません。 この場合では、トレイ領域からLINEアプリを見つけて、もう一度メイン画面へ追加すれば問題を解決できます。 LINEがアップデート中 アプリの自動更新を設定した方ならば、偶には自動更新によってLINEアプリが不可用になって、更に消えてしまうことがあります。 そういうことに遭わない為、予め設定の 「アプリの自動更新」を 「自動更新しない」に設定する方がおすすめです。 誤操作によってショートカットアイコンが削除された サードパーティー製のランチャーを使わなくても、うっかりしてメイン画面からLINEのショートカットを削除することもないとは言えません。 極めて少ない状況ですが、ここは一応原因のリストに入ろうと思います。 もし本当にそんなことだったら、簡単にアプリ一覧画面、即ちトレイからアプリを改めてメイン画面へ追加すればいいです。 一番目の手順と同じ、簡単に対応できる状況だと思います。 LINEのアプリの中のデータが消えた時の復元方法 LINEのアプリ本体ではなく、トーク履歴等のデータのみが消えた時には、アプリのバックアップ復元からデータを取り戻すことが可能です。 バックアップのない場合では、サードパーティー製復元ソフトによって直接にデバイス本体からデータを復旧してみましょう。 iPhoneのユーザならば、本記事で紹介された「」を使って、LINEの消えたデータを復元することを試してください。 ダウンロードボタンから、「FonePaw iPhoneデータ復元」の最新バーションを入手できます。 ソフトを起動して、 LINEのトーク履歴が消えたiPhoneをパソコンと繋がってください。 iPhoneのデータを処理する権限を得る為に、iPhone側出た「このパソコンを信頼しますか?」のポップアップで 「信頼」のボタンをタップしてください。 次には「iOSデバイスから復元」機能タブの 「スキャン開始」を押して進みましょう。 データの量によって、スキャンにかかる時間も異なっています。 ここでは気長くお待ちください。 スキャン完了後、例示の画像のようにデバイスに残っているLINEのトーク履歴を直にプレビューことができます。 注意すべきのはデバイスの状況によって、データが上書きされたからスキャンしても必ずや検出できるとは言えません。 故にLINEのデータが失ったらすぐにiPhoneの使用を止めて、ソフトでデータをスキャンする方が一番成功率高くておすすめです。 トーク履歴だけではなく、LINEの画像データが紛失された時も「FonePaw iPhoneデータ復元」を使って失った画像を検出して復元することが可能です。 もし特定なファイル名でとある画像ファイルを検出したいならば、右上の検索ボックスを使ってみてください。 復元したいLINEデータ(トーク履歴や画像ファイルを含め)を選んで、 「復元」ボタンを押せば、保存先を決めるウインドウが出てきます。 そこでストレージの残量が多いドライブを選んでからLINEのデータをパソコンに復元してください。 以上では、LINEのバックアップなしで直にデバイスから消えたデータを復元する手順の紹介でした。 「FonePaw iPhoneデータ復元」の「iTunesバックアップファイルから復元」と「iCloudバックアップファイルから復元」機能を使ってみてください。 もし事前にトーク履歴のバックアップが行ったことがあるならば、同一アカウントでLINEにサインインするとデータを引き継くことが可能です。 関連記事でを参考してください。

次の

機種変やアンインストールで消えたLINEスタンプの復活方法 | LINEアプリの使い方・疑問解決マニュアル(LINE活用ガイド)

ライン アプリ 消え た

LINEアカウントが急に削除された(電話番号認証) 例1:電話番号認証による乗っ取り被害 ある日、友だちからスマホが故障して電話帳が消えたなどを理由に電話番号を教えてほしいとトークが届き、相手に電話番号を教えて、認証番号も聞かれたので教えてしまった。 その友達はすでに第3者から乗っ取られていた。 電話番号と認証番号を知った情報を入力してLINEアカウントを作成。 以上で、乗っ取りが成立。 自分の端末上にあったLINEアカウントは、消滅し第3者に自分の電話番号で作成したLINEアカウントが渡ってしまう。 (消滅するのはLINEアカウントを電話番号で登録している場合です。 ) 自分の電話番号知っている友だちや家族などが、LINEの設定にある【友だちへの追加を許可】をオンにしている場合は、第3者によって作成された新しいLINEアカウントの情報が表示されます。 そこから、自分のなりすました第3者がやり取りを行い悪用されてしまうケースがあります。 ・対処方法 電話番号を聞かれた時点では、本人であるのか乗っ取られているのかわかりづらいと思います。 突然、電話番号を聞かれた場合は、トークして本人か確かめるなど警戒したほうがよさそうです。 怪しいと思ったら、相手の番号がわかっていれば、こちらから電話をかけて教えたほうが安全です。 LINEの無料通話ではなく、090や080の電話にかけてください。 電話ができないならメールなど他の手段で連絡してみてください。 電話番号もそうですが、第3者に認証番号は絶対に教えないようにして下さい。 他者に認証番号を教えなければならないことなんてまずあり得ません。 例2:電話番号認証による上書きが行われたことによる削除の事例。 ある日、突然LINEアカウントが消えてしまうことがあります。 それには意外な原因が・・・全く知らない人が、LINEアカウントを新規作成したことが、発端となり、自分のLINEのデータが消滅してしまう。 これは、自分のLINEアカウントの登録に使用した電話番号が過去のものになっていることが原因で起こります。 ・電話番号を変更し、新しい電話番号を取得した ・電話番号を解約したが、LINEはそのまま使っていた 以上のようなことで、LINEに登録した電話番号が自分のものではなくなってしまっている。 過去の電話番号を手放して、キャリアでは数か月間は、解約した電話番号と同じ電話番号を他人が取得できなくなっている。 しかし、過去に使っていた電話番号が利用できるようになった時に、他人がその電話番号で携帯を契約し、LINEを新規契約すると、その電話番号によるLINEの所有権が新しく契約した他人に移る為、その他人がLINEの登録が完了すると、急に自分のLINEアカウントが消えてしまうのだ。 対処方法 電話番号を変更した時は、LINE上での電話番号の登録を変更しておこう。 他の端末からのログインによる乗っ取り 他者により、意図的にLINEアカウントを乗っ取られてしまうケースがある。 他者が自分のLINEアカウントに登録しているメールアドレスとパスワードでログインすることに成功した時に乗っ取りが成立します。 LINE運営でも対策がされており、メアドとパスワードでログインしても、電話番号認証もしくはFacebookアカウントによる認証が必要になる為、このパターンでは、今となっては乗っ取られることはあまりないと思います。 認証番号などがもし相手にわかってしまったりした場合は、乗っ取られてしまいます。 重要な情報は第3者に教えないようにして注意してください。 メールアドレスとパスワードの登録はバックアップや他の端末にデータを移すために登録するもので必ず登録する必要なありません。 私は、バックアップは全て、iTunesで行うようにしているので、このような乗っ取り対策として、メールアドレスの登録はしていない。 メアド、パスワードによるバックアップはできないが、登録しないという手もあります。 もし乗っ取られてしまった場合は、瞬時に自分のスマホからログインをしなおして、メールアドレスの登録を解除しよう。 メールアドレスの登録を解除をすれば、メールアドレスとパスワードは無効になり、他の端末からのログインができなくなる。 パスワードを変更してもいいのだが、そんな時間はないです。 メールアドレスの登録を解除を行う方が早いです。 ログインできれば、トーク履歴などは消えるが、アカウント自体は、なんとか復旧させることができる。 相手に、ログイン後パスワード変更やメールアドレスの登録を解除を先に行われてしまったら、取り返す事はできません。 一刻も早く自分アカウントを取り戻す必要があります。 他のスマホからログインされた場合 自分のスマホのLINEが利用できなり、アカウントデータが消えてしまう。 再利用には、1から設定し直す必要がある。 パソコン版、iPad版LINEアプリからログインされた場合 自分のスマホのLINEはこれまで通り利用できます。 連動している為、トークのやり取りなどが盗み見されてしまう可能性があります。 他者が自分のLINEアカウントにログインを成功した場合は、LINEから「他の端末で、LINEにログインしたことを通知するメッセージです。 以下略」という通知が来るようになっています。 通知が届いた場合は、自分のLINEアカウントがログインされてしまっている可能性がある。 スマホ以外でLINEは使わないという方は、パソコン版、iPad版LINEアプリからのログインを出来なくする設定があります。 旧iPhoneのデータを機種変更などにより、新しいiPhoneにデータをiTunesを利用してデータを移した時に、通常であれば、両方でLINEを利用することはできない。 私が体験したのは、旧iPhone、新iPhone両方でLINEが連動して利用することができたのです。 通常、同じアカウントでスマホ2台を共有設定はできない。 このような場合は、新iPhoneでのLINEのやり取りを旧iPhoneで見られてしまう可能性がある。 利用規約違反・通報によるアカウント停止・削除 LINEの利用規約を違反した場合は、予告、通知なくアカウントの停止や削除が行われることがあります。 LINEの全トークルーム、タイムラインから通報ができるようになっており、友だちでない相手からの迷惑トークが届いた場合、その画面から相手を通報することができるようになっています。 規約違反が原因で削除されたら、LINEアプリを起動させると、「現在LINEを利用できません」と表示されます。 規約違反によるものは、復旧はできないようです。 納得いかない場合は、一度LINE運営へ問い合わせてみよう。

次の

らくらくスマホでLINE(アプリ)が消えた?その解決方法とセーフモードの戻し方

ライン アプリ 消え た

LINEアプリを削除したときに消えないもの• アカウント情報• ノート• Keep(キープ)• 友だちリスト• アルバム• タイムライン• ブロックや非表示の設定• LINEポイント・コイン つまり、LINEアプリを削除し、再インストールをしてもそのほとんどが元の状態に戻せるのです。 スポンサーリンク 2.LINEのアプリを削除する前に確認したい2つのこと LINEアプリを、いったん削除するにはどうしたら良いのか、その方法を以下から紹介していきますね。 LINEアプリを再インストールする前提なら、まずは次のことを行ってください。 以前のトーク履歴を復活させたい時には、 バックアップを取る必要があるんですね。 バックアップを取るには、まずLINEアプリを起動してトップページを表示してください。 次に友達リストにある、 「設定」から 「トークのバックアップ」と進み 「今すぐバックアップ」をタップします。 これで、トーク履歴のバックアップは完了です。 アプリを起動するとき、いちいちログインはしないので、最初に設定した ログイン情報を忘れている人は少なくありません。 ログイン情報を確認するには、まずLINEアプリを起動してトップページを表示します。 次に 「設定」に移動し、 「アカウント」をタップ。 すると、アカウント情報が掲載されているので、こちらをメモするなどして把握しましょう。 スポンサーリンク 3.LINEのアプリを削除する方法 LINEアプリを削除する準備が整ったら、いよいよ アプリの削除を行います。 LINEアプリを起動しているなら、まずは終了させてください。 そしてスマホ端末の、LINEアプリアイコンを出します。 LINEアプリのアイコンを長押しして、アイコンに 「X」を表示させましょう。 すると、 「LINEを削除しますか?」という案内が出てきます。 内容を確認して、問題なければ 「削除」をタップしてください。 これで、LINEのアプリをスマホ端末から削除(アンインストール)できました。 スポンサーリンク 4.削除したLINEアプリを復元する方法 削除したLINEアプリを復元する方法を、以下から紹介します。 まずは、AppStoreやGooglePlayから、LINEアプリを インストールします。 再インストールすると、LINEからログアウトした状態になると、再度ログインしなければいけません。 LINEアプリを起動したら、画面左下にある「 ログイン」をタップし、メールアドレスとパスワードを入力します。 間違いがないか確認したら、 「OK」をタップしてください。 iPhoneの場合、ログインしたら 「トーク履歴の復元」という画面が表示されます。 履歴をバックアップしているなら、 「トーク履歴をバックアップから復元」をタップしましょう。 LINEスタンプや着せかえは、消えていますが期限内であれば再ダウンロードができます。 ここから、再ダウンロードしたいスタンプを選び、 「ダウンロード」をタップすれば完了です。 これで、削除したLINEアプリの復元ができました。 まとめ LINEアプリを削除(アンインストール)する方法は、 とても簡単だと分かりました。 アプリを削除して、再インストールをしたとき、ほとんどは元通りになるのでその点も安心ですね。 LINEのアプリに不具合が生じたとき、どんな影響があるか事前に知っておくと安心できるので、ぜひ覚えておきましょう。

次の