コウノドリ 14歳の母。 コウノドリの14歳の母の回を見ていて疑問に思ったのですが、赤...

ドラマ透明なゆりかごの5話見ましたけど、あの14歳の母親の話は美化し...

コウノドリ 14歳の母

私は陣痛が弱くて、切開と吸引してホント死ぬかと思ったけど、生まれた我が子見たら痛みなんて飛んでったなぁ。。 中学2年生の少女・吉沢玲奈(山口まゆ)が妊娠したというストーリーでした。 相手の父親・元倉亮(望月歩)は玲奈の同級生で当事者二人がまだ中学生。 今後のことを両家の親が話し合いますが亮の父親は養育をする意思がなく、玲奈の母親・昌美(中島ひろ子)も持病があり子育てを十分に出来る環境ではありません。 しかし肝心の当事者である玲奈はどこか他人事のよう。 命が宿っていることに対する自覚が感じられません。 そういった状況から、鴻鳥先生(綾野剛)ら医師は養子縁組を検討。 養子縁組は子どもが欲しい親のためにあるのではなくあくまで子供の福祉のためにあるもの。 決して簡単なものではありませんが、それでも親になりたいという夫婦はいます。 最初は他人事のような態度だった玲奈もおなかの中の子供が大きくなりにつれ徐々に親としての自覚を持つようになりました。 ですが結局、赤ちゃんは養子に出すことを決意。 子どもの幸せを1番に考えたからこその決断でした。 ここで重要なのは決して逃げたわけではないということです。 14歳の母も養子縁組を希望する親も「親としての覚悟」をそれぞれ持った上での決断。 命を宿すことは何かを考えさせられますよね。 泣けるシーンはいくつもあるんですが、泣けると同時に考えさせられます。 「コウノドリ」は4月17日にも再放送があります。 17日はシーズン1の最終回。 5話も名作ですが、最終回も名作です。 …いや、「コウノドリ」自体が泣ける名作ですね。 物語はもちろん、キャスト、主題歌全てが評判となった名作は色褪せません。

次の

コウノドリの14歳の母の話はどう思いましたか?同級生の中学生男子が...

コウノドリ 14歳の母

instagram. 妊娠した中学生の親の葛藤を演ています! 元倉和夫(亮の父親):蛍 雪司朗 玲奈の元交際相手の父。 県議会議員であり、息子・亮の将来の事しか考えておらず、両家の話が進まない。 笠原節子(NPO法人代表 ):烏丸 せつこ 中絶や虐待、特別養子縁組をサポートするNPO法人の代表。 未成年の出産の問題に関して様々な説明や提案をしていく。 関連記事 ドラマ「コウノドリ」の原作は? ドラマ「コウノドリ」の 脚本は山本むつみ氏が手がけていますが、 その ドラマの原作となっている作品は、 鈴ノ木ユウさん作の漫画『コウノドリ』(講談社刊)です!! 原作の作者である鈴ノ木ユウさんは、 「奥様の出産に立ち会って人生が変わった」 とお話されていて、様々な妊娠・出産に関する漫画を描いているそうです。 原作の漫画「コウノドリ」には、ドラマにはならない(ならなかった)エピソードがまだまだあります。 是非手にとってもらえると嬉しいです。 世のパパさん達も見た方がいいっすよ。 — ぺすぱぱ xxxpesuxxx ドラマ「コウノドリ」の第1シーズン5話を見た視聴者の感想を挙げてみました! 5話の感想を挙げているほとんどの皆さんに共通していることは、 「涙なしでは見られない」ということですね! それも、号泣です!!! 学校の性教育にもこのドラマを見せてほしいという意見もありました! 実際に学校で見たという声もあり、様々な年代に影響を与える内容となっていることがわかりますね! 関連記事.

次の

コウノドリ5話「14歳の母」の女優や男の子のキャストは?原作情報や感想での感動の声も!

コウノドリ 14歳の母

instagram. 妊娠した中学生の親の葛藤を演ています! 元倉和夫(亮の父親):蛍 雪司朗 玲奈の元交際相手の父。 県議会議員であり、息子・亮の将来の事しか考えておらず、両家の話が進まない。 笠原節子(NPO法人代表 ):烏丸 せつこ 中絶や虐待、特別養子縁組をサポートするNPO法人の代表。 未成年の出産の問題に関して様々な説明や提案をしていく。 関連記事 ドラマ「コウノドリ」の原作は? ドラマ「コウノドリ」の 脚本は山本むつみ氏が手がけていますが、 その ドラマの原作となっている作品は、 鈴ノ木ユウさん作の漫画『コウノドリ』(講談社刊)です!! 原作の作者である鈴ノ木ユウさんは、 「奥様の出産に立ち会って人生が変わった」 とお話されていて、様々な妊娠・出産に関する漫画を描いているそうです。 原作の漫画「コウノドリ」には、ドラマにはならない(ならなかった)エピソードがまだまだあります。 是非手にとってもらえると嬉しいです。 世のパパさん達も見た方がいいっすよ。 — ぺすぱぱ xxxpesuxxx ドラマ「コウノドリ」の第1シーズン5話を見た視聴者の感想を挙げてみました! 5話の感想を挙げているほとんどの皆さんに共通していることは、 「涙なしでは見られない」ということですね! それも、号泣です!!! 学校の性教育にもこのドラマを見せてほしいという意見もありました! 実際に学校で見たという声もあり、様々な年代に影響を与える内容となっていることがわかりますね! 関連記事.

次の