ジーク フリード キルヒアイス。 ジークフリード・キルヒアイス

ジークフリード・キルヒアイスとは (ジークフリードキルヒアイスとは) [単語記事]

ジーク フリード キルヒアイス

「 ジークフリード・キルヒアイス」(g Khs 4年~8年)とは、の・「」に登場する軍人であり、の半身。 そして「Mn nd(が友)」。 「に対する忠心」「軍人としての功績」「個人」の全てに優れ、特にとしては作中最高の人物ともが認める存在ながら、常にを引き立て、時に諌め、弱者のを大事にし、明正大なままの為に散った「の人」であり、軍側の人物ではのをぐ一番である。 、あなたはもっと自分を評価すべきですよ。 には 才はあります。 たぶん、ほかのにもない才が。 でも、、はあなたほどおとなではありません。 自分の脚のにおぼれて断崖から転落するのような、そんなところがあります。 これはが生まれたときから知っているだから言えることです どうか、、お願いします。 が断崖から足を踏みはずすことのないよう見ってやって。 もしそんなが見えたら叱ってやって。 はあなたの忠告ならうけいれるでしょう。 もしあなたの言うこともきかなくなったら……そのときはも終わりです。 どんなに才があったとしても、それにともなう器量がなかったのだとみずから明することになるでしょう () 旗艦は「バロッサ」。 版「」でのは (「の」のみ)。 「」でのは (幼少期は)。 正義の人 を見ておいでですか、。 のとは、からの友人であり、「溜めの中にも美点を見出す」(にも長所があると考えるとの意味)、「になっていたらの長所を伸ばすいいになっていた」と評される程に温和で人当たりが良い人物であった。 苛果敢なのするどすぎる部分をない、ときには周囲との調整役や有事の護衛を担当するなど、から、 たとえ全が私の敵になろうとも、キルヒアイスは私に味方するだろう。 と言い切られる程だった。 外見は、「を溶かした液で染めあげたような」と作中で記されている通りの、「感じの良いい瞳」、よりも7高い1の、そして温厚さを現すやかな顔が特徴的である。 への忠心以外にも、幼少時から万で性の喧巧者と、幼少時から実と人望を兼ね備えていたほか、兵戦では同盟軍のと互、射撃の腕は軍幼年の大会ではの常連というなを持っており、キルヒアイスのみがのをゆるされる場が多かったのも、射撃の腕前で幾度ものを救った事や信頼感からだったと言える。 の幕僚としても、明正大で清廉潔、弱者を救済し、者にはを与えるべきという(やは足を向けて眠れない程の)精的にもであり、が特別扱いする事を、を除く幕僚が認めていた(と言うか気にしない)という扱いをうけていた。 では、さま、あなたが怒っておられるのは、の失敗に対してですか? 私にはそうは思えません、さま、あなたのお怒りは、ほんとうはあなた自身にむけられています。 ヤンに名をなさしめたご自身に。 また、などに意見・進言する人物は幕僚の中に何人もいたが、諫言出来る人物はジークフリード・キルヒアイスのみと言われた。 「ヴェラントの悲劇」後には、知りながらもを止めず弱者を見殺しにしたに対して正面からその行動を諌めた清廉潔さが、逆にの唱えたー2不要論に火をつけてしまったとも言えるのは皮である。 温厚篤実さは、を失った敵に降伏を促したり、自軍の兵卒にまで心を配り、を最小限におさえようとする等戦術にも垣間見える。 また、同盟軍のについても高く評価し、 彼には彼の不満がありましょう。 なぜ、自分は、ことの最初からグ伯と対局できないのかと とその遇に対する感情を代弁している。 ヤンもまた 的にもの分身である とキルヒアイスを評価していた。 その死 こうした「の最高の友」であったキルヒアイスだが、そのを発揮した期間がでは2巻まで、は第一期までであり、も高かったにもかかわらず序盤で死んでしまった事については作物そしてからも惜しむが大きく、者も、最終巻の後書きで「く殺し過ぎた」と自らの失敗を認めている。 理由は側のと同盟側のヤンののを取るため」と述べている。 来歴 本伝開始まで 4年、より4ヶはやくム王の法省に勤める下級官吏のに生まれる。 で善良なやごく一般的なと暮らしていたに転機が訪れたのは、10歳の時に隣に引っ越して来た没落の「ーゼ」と同い年の「」との出会いからだった。 初対面のから なんて、俗な名だ。 キルヒアイスという姓は的だ。 と言われた事から、に一生「キルヒアイス」と呼ばれる事になった彼は、その二の親友としてつきあっていたが、ある時、年上で慕っていたーゼがの後宮に入る事になる。 からの奪還への決意を聞かされたキルヒアイスは、協を誓って共に軍幼年へと進み、の事をさま付けで呼ぶようになった。 2年、で軍幼年をすると、准尉としてと共にカプチェに配属され、では高い格闘と射撃によるでのを救う。 4年にはでとなり、出向の形で隊に配属された。 その後は、5年、で参加した域会戦の後にに昇進、6年に19歳で参加した第会にに昇進、その後に昇進と、寵のであるには劣るものの、の副官としてを共にしながら順調に昇進していった。 本伝開始後 ののち、に昇進したが府を開設すると、に昇進したキルヒアイスは副官の任を離れて艦隊の官となり、7年、に反乱を起こしたの討伐にされた。 はじめて自身の部隊を率いることとなったキルヒアイスは、この「」を• :艦隊戦で撃破• 版:の本センを守る防衛「の首飾り」と同じものを配備していたプ軍に対して、向性ゼッ粒子を実戦で初めて使用すると言う策で撃破• :防御に専念して包囲した上、包囲にわざとを開け、脱出するプ軍の最後尾に残ったマクシンの乗艦を孤立させて降伏を勧告 といっちで鎮圧し、に昇進して名実共にの府のー2となる。 がヤンに奪われた後の軍による の愚策では、同盟軍側の戦線が伸びきったところでホーウッド率いるを敗退させ、ヤンの第13艦隊とも交戦。 続くでは全軍の三割をひきいて別働隊を展開すると、同盟軍が敷設した機原を向性ゼッ粒子で破壊して突破(向性ゼッ粒子の実戦初使用)し、同盟軍の戦線を崩壊させてのを決定づけた。 会には、ドジを踏んだを処罰しようとしたに対して、不問に付して機会を与えるべきだと諫言している。 アムァの功績でから一気に上級に昇進したキルヒアイスは艦隊副長官に任命され、8年、歳の時、へと捕虜交換の為に赴きヤンと会談している。 その後に発生した連合との戦いでは、との艦隊を率いて辺での回におよぶに全てしてその定に尽。 00隻の艦艇とミッシュ要塞を擁するとのでは、敵の形の不備をついて戦線を崩壊させ、ミッシュへとる際に味方の補給部隊を攻撃した事から人望を失ったリッテンムの自滅により要塞を占拠、と連合の間に決定的な戦差を生み出した。 さらば、遠き日 しかし、連合との戦いの最中に、刎頚の友との間に裂が入りかける事件が発生する。 連合の盟が、反乱を起こした自領ヴェラントに対し核攻撃をくわえ、万人のをする事件が発生したのである。 に察知しておきながら、の進言を容れたがあえてを止めなかったと聞いたキルヒアイスは、 だが、たしてどうする。 虚報であれば、それでよい。 しかし、もしだったらどうするのか。 これまで、のはキルヒアイス自身のでもあった。 それが一致しなくなる日がくるのだろうか。 離反して、たがいに生きていける自分たちではないはずなのに……。 との思いを胸に秘めてに面会し、が連合の権威失墜を狙ってヴェラントのを黙認したことがである事を聞かされると、 大たちが滅亡するのは、いわばの必然、五〇〇年来のつけを清算するのですから、流血もやむをえないことです。 ですが、民衆を犠牲になさってはいけません。 あたらしい体制は、解放された民衆を基盤としてされるのです。 その民衆を犠牲になは、ご自分の足もとの土を掘りすようなものではありませんか と、「の人」らしい弱者のと深謀遠慮に基づく諫言を行った。 結果的にヴェラントのにより連合を倒すのがはやまった、と返すに対しては、 相手が大どもであれば、ことは対等な権闘争、どんな策をになっても恥じることはありません。 ですが、民衆を犠牲になされば、手は血に汚れ、どのような美辞麗句をもってしても、その汚れを洗いおとすことはできないでしょう。 さまともあろうかたが、一時の利益のために、なぜご自分をおとしめられるのですか と言い立てたが、のー2不要論を聞かされていたは、はたくさんだと拒絶してしまう。 ですが、さま、たちは、やってはならないことをやりましたが、さまは、なすべきことをなさらなかったのです。 どちらが罪が大きいのでしょうか とさらに諫したキルヒアイスに対して、ついには、 はいったい、おれのなんだ? とを立てるを選んでしまい、 私はの忠実な部下です、グ と、それまでの二の親友の関係が崩れ、もまたの言を聞き容れてキルヒアイスにしていた特権の排除を決めてしまう。 そして運命の日、8年。 第二巻最終章「」…… 敗れた連合側の捕虜の謁見に出席するにあたり、キルヒアイスはそれまでされていたのを禁止されてで出席した。 そして亡き君の遺命を果たさんとしたがに口を向けた際、いつもであれば得意の射撃で一射のもとに討ち果たせたにも関わらず、この時に限ってを持てなかったが咄嗟ににつかり、その身をもって弾を受けて倒れたのだった。 もう私はさまのお役にたてそうにありません……お許しください 死の直前、ジークフリード・キルヒアイスは、 さま…… を手にお入れください それと、ーゼさまにお伝えください。 は昔の誓いをったと…… と言い残して、歳のでヴァルハラへと立った。 墓碑には、により一言 Mn nd 「が友」 とだけ、刻まれた。 その後、覇を進むの胸には、キルヒアイスのいが入ったがいていた……。 没後 歳ので弾により倒れたジークフリード・キルヒアイスは、死後、に昇進すると共に、生前にさかのぼって• 軍務尚書• 統帥本部総長• 艦隊長官• 軍最高官代理• 宰相顧問 の地位を与えられ、グ王成立時には、「」の地位を与えられた。 また、新王においてはジークフリード・キルヒアイス武勲章が制定された。 これは、授与された者は葬礼及び墓碑の建設を庫が賄うと言う軍人にとって最高の栄誉が与えられる勲章であり、作中では• (における奮闘と戦死による)• (同上)• (ヴァ事件における身を挺した護衛の功績による) の三人が受勲している。 しかし、そういった々しい栄誉ので、ー2不要論を唱えたーベルシュンは、一部の将帥からはキルヒアイスの死をもたらした男とそしられ、それまで一枚岩だった率いる軍に裂を生み出し、キルヒアイスに縁のあるや幕僚達との対立にまで発展する程の暗いを落とした。 部下だったにいたっては、キルヒアイスとという二人の偉大な上官が散った事にし、で原因となったを痛にしてを遂げた程だった。 また、自身も臨終の間際に際し、看病のために駆けつけたーゼに「キルヒアイスをお返しします」と詫びており、心の底にその存在と殺してしまったことへの後悔を滲ませている。 もしも…… も認めるジークフリード・キルヒアイスのすぎる死は、逆に「もし彼が生きていたら」と思わせ、• 益でしかないブルグ要塞戦に反対しただろう。 がに知りつつ見過ごした幼誘拐事件を見過ごさなかっただろう。 でを倒していただろう。 に代わってセンに赴任し、とうまくやっただろう。 に代わってに赴任し、は要塞奪取にだろう。 といったを楽しむ事も出来るようになったと言える。 作中にも、幾度も「ジークフリード・キルヒアイスが生きていれば」というが登場している。 また、すぎる死のなのか、「」には、ジークフリード・キルヒアイスがたっぷりつまったがあり、「汚名」に至っては全編キルヒアイスでお送りされている。 「」のの中には、進行によっては生き延びるようになっているものもある。 声優 版でのジークフリード・キルヒアイスのは が担当している。 落ち着いた雰囲気とやかさを併せ持つと演技に、最初からキルヒアイスを演じるべき人物だったと思われがちだが、が決まった当初、キルヒアイスのをにするかはの難問とされ、結局によりに決まったと言う経緯がある。 その為かもまた、キルヒアイスへの思い入れが深く、を演じる機会があれば、他のを断ってでも駆けつけるとまで言している。 あえてを総入替した「の」では が担当しており、は大変に残念がったと言われている。 「」では が担当している。 発表では、出席したよりに引き継ぎが行われたが、この時のからへの忠告は 「思ったよりく死ぬから気をつけて」であった。 ゼッ粒子• 関連人物:幕僚経験者• ウェー・ゲン• 関連人物:帝国軍人• 関連リンク•

次の

銀河英雄伝説 ARTFX J ジークフリード・キルヒアイス

ジーク フリード キルヒアイス

「 ジークフリード・キルヒアイス」(g Khs 4年~8年)とは、の・「」に登場する軍人であり、の半身。 そして「Mn nd(が友)」。 「に対する忠心」「軍人としての功績」「個人」の全てに優れ、特にとしては作中最高の人物ともが認める存在ながら、常にを引き立て、時に諌め、弱者のを大事にし、明正大なままの為に散った「の人」であり、軍側の人物ではのをぐ一番である。 、あなたはもっと自分を評価すべきですよ。 には 才はあります。 たぶん、ほかのにもない才が。 でも、、はあなたほどおとなではありません。 自分の脚のにおぼれて断崖から転落するのような、そんなところがあります。 これはが生まれたときから知っているだから言えることです どうか、、お願いします。 が断崖から足を踏みはずすことのないよう見ってやって。 もしそんなが見えたら叱ってやって。 はあなたの忠告ならうけいれるでしょう。 もしあなたの言うこともきかなくなったら……そのときはも終わりです。 どんなに才があったとしても、それにともなう器量がなかったのだとみずから明することになるでしょう () 旗艦は「バロッサ」。 版「」でのは (「の」のみ)。 「」でのは (幼少期は)。 正義の人 を見ておいでですか、。 のとは、からの友人であり、「溜めの中にも美点を見出す」(にも長所があると考えるとの意味)、「になっていたらの長所を伸ばすいいになっていた」と評される程に温和で人当たりが良い人物であった。 苛果敢なのするどすぎる部分をない、ときには周囲との調整役や有事の護衛を担当するなど、から、 たとえ全が私の敵になろうとも、キルヒアイスは私に味方するだろう。 と言い切られる程だった。 外見は、「を溶かした液で染めあげたような」と作中で記されている通りの、「感じの良いい瞳」、よりも7高い1の、そして温厚さを現すやかな顔が特徴的である。 への忠心以外にも、幼少時から万で性の喧巧者と、幼少時から実と人望を兼ね備えていたほか、兵戦では同盟軍のと互、射撃の腕は軍幼年の大会ではの常連というなを持っており、キルヒアイスのみがのをゆるされる場が多かったのも、射撃の腕前で幾度ものを救った事や信頼感からだったと言える。 の幕僚としても、明正大で清廉潔、弱者を救済し、者にはを与えるべきという(やは足を向けて眠れない程の)精的にもであり、が特別扱いする事を、を除く幕僚が認めていた(と言うか気にしない)という扱いをうけていた。 では、さま、あなたが怒っておられるのは、の失敗に対してですか? 私にはそうは思えません、さま、あなたのお怒りは、ほんとうはあなた自身にむけられています。 ヤンに名をなさしめたご自身に。 また、などに意見・進言する人物は幕僚の中に何人もいたが、諫言出来る人物はジークフリード・キルヒアイスのみと言われた。 「ヴェラントの悲劇」後には、知りながらもを止めず弱者を見殺しにしたに対して正面からその行動を諌めた清廉潔さが、逆にの唱えたー2不要論に火をつけてしまったとも言えるのは皮である。 温厚篤実さは、を失った敵に降伏を促したり、自軍の兵卒にまで心を配り、を最小限におさえようとする等戦術にも垣間見える。 また、同盟軍のについても高く評価し、 彼には彼の不満がありましょう。 なぜ、自分は、ことの最初からグ伯と対局できないのかと とその遇に対する感情を代弁している。 ヤンもまた 的にもの分身である とキルヒアイスを評価していた。 その死 こうした「の最高の友」であったキルヒアイスだが、そのを発揮した期間がでは2巻まで、は第一期までであり、も高かったにもかかわらず序盤で死んでしまった事については作物そしてからも惜しむが大きく、者も、最終巻の後書きで「く殺し過ぎた」と自らの失敗を認めている。 理由は側のと同盟側のヤンののを取るため」と述べている。 来歴 本伝開始まで 4年、より4ヶはやくム王の法省に勤める下級官吏のに生まれる。 で善良なやごく一般的なと暮らしていたに転機が訪れたのは、10歳の時に隣に引っ越して来た没落の「ーゼ」と同い年の「」との出会いからだった。 初対面のから なんて、俗な名だ。 キルヒアイスという姓は的だ。 と言われた事から、に一生「キルヒアイス」と呼ばれる事になった彼は、その二の親友としてつきあっていたが、ある時、年上で慕っていたーゼがの後宮に入る事になる。 からの奪還への決意を聞かされたキルヒアイスは、協を誓って共に軍幼年へと進み、の事をさま付けで呼ぶようになった。 2年、で軍幼年をすると、准尉としてと共にカプチェに配属され、では高い格闘と射撃によるでのを救う。 4年にはでとなり、出向の形で隊に配属された。 その後は、5年、で参加した域会戦の後にに昇進、6年に19歳で参加した第会にに昇進、その後に昇進と、寵のであるには劣るものの、の副官としてを共にしながら順調に昇進していった。 本伝開始後 ののち、に昇進したが府を開設すると、に昇進したキルヒアイスは副官の任を離れて艦隊の官となり、7年、に反乱を起こしたの討伐にされた。 はじめて自身の部隊を率いることとなったキルヒアイスは、この「」を• :艦隊戦で撃破• 版:の本センを守る防衛「の首飾り」と同じものを配備していたプ軍に対して、向性ゼッ粒子を実戦で初めて使用すると言う策で撃破• :防御に専念して包囲した上、包囲にわざとを開け、脱出するプ軍の最後尾に残ったマクシンの乗艦を孤立させて降伏を勧告 といっちで鎮圧し、に昇進して名実共にの府のー2となる。 がヤンに奪われた後の軍による の愚策では、同盟軍側の戦線が伸びきったところでホーウッド率いるを敗退させ、ヤンの第13艦隊とも交戦。 続くでは全軍の三割をひきいて別働隊を展開すると、同盟軍が敷設した機原を向性ゼッ粒子で破壊して突破(向性ゼッ粒子の実戦初使用)し、同盟軍の戦線を崩壊させてのを決定づけた。 会には、ドジを踏んだを処罰しようとしたに対して、不問に付して機会を与えるべきだと諫言している。 アムァの功績でから一気に上級に昇進したキルヒアイスは艦隊副長官に任命され、8年、歳の時、へと捕虜交換の為に赴きヤンと会談している。 その後に発生した連合との戦いでは、との艦隊を率いて辺での回におよぶに全てしてその定に尽。 00隻の艦艇とミッシュ要塞を擁するとのでは、敵の形の不備をついて戦線を崩壊させ、ミッシュへとる際に味方の補給部隊を攻撃した事から人望を失ったリッテンムの自滅により要塞を占拠、と連合の間に決定的な戦差を生み出した。 さらば、遠き日 しかし、連合との戦いの最中に、刎頚の友との間に裂が入りかける事件が発生する。 連合の盟が、反乱を起こした自領ヴェラントに対し核攻撃をくわえ、万人のをする事件が発生したのである。 に察知しておきながら、の進言を容れたがあえてを止めなかったと聞いたキルヒアイスは、 だが、たしてどうする。 虚報であれば、それでよい。 しかし、もしだったらどうするのか。 これまで、のはキルヒアイス自身のでもあった。 それが一致しなくなる日がくるのだろうか。 離反して、たがいに生きていける自分たちではないはずなのに……。 との思いを胸に秘めてに面会し、が連合の権威失墜を狙ってヴェラントのを黙認したことがである事を聞かされると、 大たちが滅亡するのは、いわばの必然、五〇〇年来のつけを清算するのですから、流血もやむをえないことです。 ですが、民衆を犠牲になさってはいけません。 あたらしい体制は、解放された民衆を基盤としてされるのです。 その民衆を犠牲になは、ご自分の足もとの土を掘りすようなものではありませんか と、「の人」らしい弱者のと深謀遠慮に基づく諫言を行った。 結果的にヴェラントのにより連合を倒すのがはやまった、と返すに対しては、 相手が大どもであれば、ことは対等な権闘争、どんな策をになっても恥じることはありません。 ですが、民衆を犠牲になされば、手は血に汚れ、どのような美辞麗句をもってしても、その汚れを洗いおとすことはできないでしょう。 さまともあろうかたが、一時の利益のために、なぜご自分をおとしめられるのですか と言い立てたが、のー2不要論を聞かされていたは、はたくさんだと拒絶してしまう。 ですが、さま、たちは、やってはならないことをやりましたが、さまは、なすべきことをなさらなかったのです。 どちらが罪が大きいのでしょうか とさらに諫したキルヒアイスに対して、ついには、 はいったい、おれのなんだ? とを立てるを選んでしまい、 私はの忠実な部下です、グ と、それまでの二の親友の関係が崩れ、もまたの言を聞き容れてキルヒアイスにしていた特権の排除を決めてしまう。 そして運命の日、8年。 第二巻最終章「」…… 敗れた連合側の捕虜の謁見に出席するにあたり、キルヒアイスはそれまでされていたのを禁止されてで出席した。 そして亡き君の遺命を果たさんとしたがに口を向けた際、いつもであれば得意の射撃で一射のもとに討ち果たせたにも関わらず、この時に限ってを持てなかったが咄嗟ににつかり、その身をもって弾を受けて倒れたのだった。 もう私はさまのお役にたてそうにありません……お許しください 死の直前、ジークフリード・キルヒアイスは、 さま…… を手にお入れください それと、ーゼさまにお伝えください。 は昔の誓いをったと…… と言い残して、歳のでヴァルハラへと立った。 墓碑には、により一言 Mn nd 「が友」 とだけ、刻まれた。 その後、覇を進むの胸には、キルヒアイスのいが入ったがいていた……。 没後 歳ので弾により倒れたジークフリード・キルヒアイスは、死後、に昇進すると共に、生前にさかのぼって• 軍務尚書• 統帥本部総長• 艦隊長官• 軍最高官代理• 宰相顧問 の地位を与えられ、グ王成立時には、「」の地位を与えられた。 また、新王においてはジークフリード・キルヒアイス武勲章が制定された。 これは、授与された者は葬礼及び墓碑の建設を庫が賄うと言う軍人にとって最高の栄誉が与えられる勲章であり、作中では• (における奮闘と戦死による)• (同上)• (ヴァ事件における身を挺した護衛の功績による) の三人が受勲している。 しかし、そういった々しい栄誉ので、ー2不要論を唱えたーベルシュンは、一部の将帥からはキルヒアイスの死をもたらした男とそしられ、それまで一枚岩だった率いる軍に裂を生み出し、キルヒアイスに縁のあるや幕僚達との対立にまで発展する程の暗いを落とした。 部下だったにいたっては、キルヒアイスとという二人の偉大な上官が散った事にし、で原因となったを痛にしてを遂げた程だった。 また、自身も臨終の間際に際し、看病のために駆けつけたーゼに「キルヒアイスをお返しします」と詫びており、心の底にその存在と殺してしまったことへの後悔を滲ませている。 もしも…… も認めるジークフリード・キルヒアイスのすぎる死は、逆に「もし彼が生きていたら」と思わせ、• 益でしかないブルグ要塞戦に反対しただろう。 がに知りつつ見過ごした幼誘拐事件を見過ごさなかっただろう。 でを倒していただろう。 に代わってセンに赴任し、とうまくやっただろう。 に代わってに赴任し、は要塞奪取にだろう。 といったを楽しむ事も出来るようになったと言える。 作中にも、幾度も「ジークフリード・キルヒアイスが生きていれば」というが登場している。 また、すぎる死のなのか、「」には、ジークフリード・キルヒアイスがたっぷりつまったがあり、「汚名」に至っては全編キルヒアイスでお送りされている。 「」のの中には、進行によっては生き延びるようになっているものもある。 声優 版でのジークフリード・キルヒアイスのは が担当している。 落ち着いた雰囲気とやかさを併せ持つと演技に、最初からキルヒアイスを演じるべき人物だったと思われがちだが、が決まった当初、キルヒアイスのをにするかはの難問とされ、結局によりに決まったと言う経緯がある。 その為かもまた、キルヒアイスへの思い入れが深く、を演じる機会があれば、他のを断ってでも駆けつけるとまで言している。 あえてを総入替した「の」では が担当しており、は大変に残念がったと言われている。 「」では が担当している。 発表では、出席したよりに引き継ぎが行われたが、この時のからへの忠告は 「思ったよりく死ぬから気をつけて」であった。 ゼッ粒子• 関連人物:幕僚経験者• ウェー・ゲン• 関連人物:帝国軍人• 関連リンク•

次の

銀河英雄伝説 ARTFX J ジークフリード・キルヒアイス

ジーク フリード キルヒアイス

銀河英雄伝説 Die Neue These 第三話「常勝の天才」あらすじ 銀河帝国皇帝の居城である「新無憂宮」(ノイエ・サンスーシ)で、ラインハルトへの帝国元帥杖の授与式が行われた。 その翌日、ラインハルトは、皇帝の寵姫となっている姉アンネローゼが暮らす館を訪れる。 同行するヒルヒアイスは、自分の運命を大きく変えることになった姉弟との出会いやそれからの日々に思いを馳せるのだった。 一部の貴族が人民を支配する世界からの脱出を試み、惑星ハイネセンにおいて自由惑星同盟が成立を宣言した。 以来帝国軍と銀河連邦の正当な後継者として宇宙歴を復活させた自由惑星同盟は150年にわたり闘い続けてきた。 アスターテ星域反乱軍討伐の武勲を称えて銀河帝国皇帝フリードリヒ4世はラインハルトに帝国軍帥及び帝国宇宙艦隊副司令官の任務を与え、宇宙艦隊の半数をラインハルトの指揮下におくことを告げた。 ラインハルトの功績を認める者、認めない者それぞれが噂するなか、オーベルシュタイン大佐がキルヒアイスに近づいてきた。 キルヒアイスが、部下の才幹を生かす数少ない上官についているということを自分の感情は一切入れずに客観的に話す。 そこへやってきたラインハルトが何者か尋ねたが、得体の知れない人物であるとキルヒアイスは答えた。 キルヒアイスという姓は誌的だ 時は遡り、少年時代のラインハルトとキルヒアイス。 キルヒアイスの家の隣に引っ越してきたのがラインハルトだった。 すぐにラインハルトとキルヒアイスは仲良くなる。 ラインハルトの姉のアンネ・ローゼはキルヒアイスに弟と仲良くして、と頼む。 アンネ・ローゼが皇帝の元に行くことになり、ラインハルトの目に憎悪の炎が燃え上がる。 ラインハルトは幼年学校へ行き、姉を取り戻すためにと、キルヒアイスをも誘う。 二人は固く手を握った。 明確な目標を持つ二人は首席と次席の成績で卒業する。 こう考えてみたことはないか アンネ・ローゼを訪ねたラインハルトとキルヒアイス。 アンネ・ローぜはキルヒアイスに、ラインハルトが断崖から足を踏み外すことがないよう見守っていて欲しいと頼む。 ラインハルトは自分の野望をキルヒアイスに告げた。 キルヒアイスは「宇宙を手にお入れください」と答える。 三話感想「ジーク、弟と仲良くしてやってね」 第三話を視聴してラインハルト・フォン・ローエングラムとジークフリード・キルヒアイスの戦う理由がわかったような気がします。 二人はラインハルトの姉であるアンネローゼ・フォン・グリューネワルトを取り戻すだけの力を持つ権力が欲しいということなのでしょうか。 第三話冒頭で人類の銀河の歴史が語られています。 銀河連邦から銀河帝国が作られ、反発した人々が自由惑星同盟が設立されました。 誕生した時からお互いの主義主張を否定し戦いが繰り返されています。 ラインハルトが帝国元帥に任命された元帥杖の授与式では銀河帝国皇帝フリードリヒ四世のセリフを読んでいるという演技がすばらしいなと感じてしまいました。 皇帝はラインハルトのことを高く評価しているようですが、皇帝にとっても元帥杖の授与式も通過点のようにみていて当たり前のことであるからなのでしょうか。 皇帝の期待があるからこそのあの演出なのではないかと考えてしまいました。 帝国内部でもラインハルトへの評価はまだわかれているようです。 大半が若さや贔屓といった目でラインハルトのことをみており、門閥意識といった考え方に囚われています。 ラインハルトが今後このような意識を覆してしまうのでしょうか。 ラインハルトの態度や所作から彼ならやってくれるのではと期待してしまいます。 しかしラインハルトの弱さとはいったいどこにあるのでしょうか。 そんなところが気になっていました。 しかしラインハルトの姉であるアンネローゼの前ではラインハルトも年相応の青年なのだと感じました。 過去の回想でアンネローゼがキルヒアイスにかけた「弟と仲良くしてやってね」や「ラインハルトのこと頼むわね」といった言葉はある種の呪いのように感じました。 直接的にはラインハルトに引っ張られてですが、アンネローゼのかけた言葉が平民であるキルヒアイスが軍人を志すきっかけとなり准将となった今でも、ラインハルトを敬っております。 そして 「ラインハルトが断崖から足を踏み外す事がないよう見守ってやって。 もしそんな兆しが見えたら叱ってやって。 弟はあなたの忠告なら受け入れるでしょう。 」 という決定的な言葉をアンネローゼからかけられてしまいます。 まるでこの先キルヒアイスがこれから危機へ陥ったラインハルトを身を挺して道を正すことを暗示しているかのようです。 キルヒアイスがラインハルトへどうしてそこまでの敬意を払っているのかは詳しく描写されていないため不明ですが、やはりラインハルトの圧倒的なカリスマ性のような才能なのでしょうか。 その点の描写がないのが残念です。 さて次はヤン・ウェンリーの戦う動機は何なのか?という疑問があります。 次回のタイトルも不敗の魔術師ですのでヤンサイドでの物語が展開されるのかなと予想しています。 もしかしたらヤンはアスターテ会戦で明確な動機が生まれたのかなとも考えて居ます。 アスターテ会戦で負けない算段がありながらも上官から採用されず友人を結果的に救えなかったことから、大切な誰かを失わないために自分の作戦を通すだけの権力を手に入れるということが動機となるのかなと少し予想しております。 次回の銀河の歴史に期待しています。 銀河の歴史の一頁 フェザーン自治領 物語ではまだ詳しくは触れられておらず銀河帝国と自由惑星同盟の対立のみとなっていますが勢力はもうひとつあります。 その第三勢力であるフェザーン自治領は中立国家であり商業国家です。 銀河帝国と自由惑星同盟、両方に対して商売を行っているようです。 両国が戦争をしているわけですから武器や情報、食料なんかが主な取引となるのでしょうか。 銀河帝国と自由惑星同盟の対抗軸だけではなく仲介する勢力があるためより複雑な物語が展開されるそうです。 ASSORTの用語解説コーナー Youtubeで公開されている公式告知番組「銀河英雄伝説ASSORT」の第4回は語解説コーナー(自由惑星同盟・叛乱軍、ダゴン殲滅戦、フェザーン自治領)下山吉光生朗読「永遠の夜のなかで(その2)」という内容です。 補足説明がとてもわかりやすく実は次回の伏線なんかにもなっていたりするので視聴しているとなるほどと思ってしまいます。

次の