シメチジン。 シメチジン

がんの転移を防ぐはたらき?シメチジンの持つ医学的効果とは

シメチジン

クロモグリク酸ナトリウムは、1971年6月より気管支喘息に対し、1976年4月よりアレルギー性鼻炎に対して医療用として使用されてきた成分で、実績がある。 (一日限度量は医療用の3/8) シメチジンは、1976年に開発された成分で、20年間150カ国で使用されており、実績がある。 混合製剤とすることで即効性と清涼感(散剤:炭酸水素ナトリウムのため)を持たせた製剤となった。 (ロート製薬) (藤沢薬品) シメチジン100mg アルジオキサ100mg ケイ酸アルミン酸マグネシウム200mg シメチジンがスイッチ成分。 (一日限度量は医療用の3/8) シメチジンは、1976年に開発された成分で、20年間150カ国で使用されており、実績がある。 混合製剤とすることで即効性と胃粘膜保護作用(アルジオキサ:アラントイン+水酸化アルミニウム:の作用)を持たせた製剤となった。 三共Z胃腸薬(三共) 大正エスブロックZ(大正製薬) 塩酸ラニチジン63mg ケイ酸アルミン酸マグネシウム250mg 酸化マグネシウム100mg 水酸化アルミナマグネシウム200mg 塩酸ラニチジンがスイッチ成分。 (一日限度量は医療用の3/4) ラニチジンは、この10年間世界一販売されている医薬品である。 また、副作用情報などの臨床データも豊富にあり、実績がある。 混合製剤とすることで、持続性と即効性を持たせた製剤となった。 ガスター10(山之内製薬) ファモチジン10mg ファモチジンがスイッチ成分。 (一日限度量は医療用と同じ) 医療用10mg錠と全く同じ成分、同じ量の製剤。 一回の服用で約10時間効果が持続する。 *必ず、薬に同封されている「 使用上の注意」をよく読んでから、使用して下さい。

次の

シメチジンの効果と副作用や市販薬!石灰化や適応外についても

シメチジン

シメチジン(商品名:タガメット)の作用機序 食物を消化するために胃酸が分泌されますが、胃酸の正体は塩酸です。 つまり、強力な酸です。 胃酸の量が多くなると食物だけでなく、胃や十二指腸まで溶かしてしまいます。 その結果、潰瘍を引き起こすようになります。 そのため、 胃酸分泌をストップさせることができれば、潰瘍を治療できることが分かります。 胃酸を止めることによって胃や十二指腸へのダメージを減らすのです。 この時の胃酸分泌にはシグナルが必要であり、「胃酸を分泌せよ!」というシグナルが胃の壁細胞にたどり着くことが合図となって胃酸が出されます。 この時のシグナルとしては、アセチルコリンやヒスタミン、ガストリンなどが知られています。 この中でも、特に重要な役割を行っているシグナルとして ヒスタミンがあります。 ヒスタミンが作用することで大量の胃酸が分泌されるようになります。 ヒスタミンが作用する受容体として、ヒスタミンH 2受容体があります。 H 2受容体を阻害すればヒスタミンが受容体に作用できなくなるため、結果として胃酸分泌を抑えることができるようになります。 これにより、消化性潰瘍を治療することができます。 このように、H 2受容体を阻害することで胃酸分泌を抑え、消化性潰瘍を治療する薬としてシメチジン(商品名:タガメット)があります。 シメチジン(商品名:タガメット)の特徴 H 2受容体阻害薬の中でも、最初に開発された薬がシメチジン(商品名:タガメット)です。 これにより、胃潰瘍による手術が激減しました。 臨床試験では、シメチジン200mgを投与することで投与後1~3時間の2時間の胃酸分泌を91. ただし、シメチジンは肝臓の代謝酵素を阻害する事で「他の薬の作用を増強させる」という性質をもっています。 薬の多くはCYPと呼ばれる酵素によって代謝されますが、 シメチジンは代謝酵素であるCYPの働きを抑えてしまいます。 そのため、「多量投与によって中毒を引き起こしてしまう薬」を使用する場合、シメチジンとの相互作用に注意しなければいけません。 なお、シメチジンは消化性潰瘍の治療だけでなく、 がんの治療に使用される事もあります。 ヒスタミンは免疫細胞に存在するH 2受容体に作用し、免疫機能を弱めます。 H 2受容体を阻害するとこの逆の働きを得ることができるため、 シメチジンは免疫機能を強めるように働きかけます。 このような考えによってがんに使用されるシメチジンですが、同じようにヘルペスウイルスが原因となって発症する帯状疱疹に対しても使用されることがあります。 免疫を強める作用により、帯状疱疹を治療するのです。 ただ不思議な事に、同じH 2受容体阻害薬であるラニチジン(商品名:ザンタック)やファモチジン(商品名:ガスター)では、免疫細胞に働きかける作用が認められません。 がん抑制作用や帯状疱疹の治療はあくまでもシメチジン特有の作用になります。 このような特徴を持ったH 2受容体阻害薬がシメチジン(商品名:タガメット)です。

次の

シメチジン錠200mg「サワイ」

シメチジン

本剤が肝臓の薬物代謝酵素P450(CYP1A2、CYP2C9、CYP2D6、CYP3A4等)を阻害して、これらの医薬品の代謝、排泄を遅延させる。 プロカインアミド これらの医薬品の血中濃度を高めることが報告されているので、これらの医薬品を減量するなど慎重に投与すること。 本剤が近位尿細管におけるプロカインアミドの輸送を阻害し、腎クリアランスを減少させる。 エリスロマイシン これらの医薬品の血中濃度を高めることが報告されているので、これらの医薬品を減量するなど慎重に投与すること。 機序不明 副作用 シメチジン錠200mg「サワイ」と標準製剤を健康成人男子にそれぞれ1錠(シメチジンとして200mg)空腹時単回経口投与(クロスオーバー法)し、血清中シメチジン濃度を測定した。 得られた薬物動態パラメータ(AUC、Cmax)について統計解析を行った結果、両剤の生物学的同等性が確認された。 16 1. 7 2. 3 5. 89 標準製剤(錠剤、200mg) 1. 23 2. 6 2. 6 5. ) 血清中濃度ならびにAUC、Cmax等のパラメータは、被験者の選択、体液の採取回数・時間等の試験条件によって異なる可能性がある。 シメチジン錠400mg「サワイ」 シメチジン錠400mg「サワイ」と標準製剤を健康成人男子にそれぞれ1錠(シメチジンとして400mg)空腹時単回経口投与(クロスオーバー法)し、血漿中シメチジン濃度を測定した。 得られた薬物動態パラメータ(AUC、Cmax)について統計解析を行った結果、両剤の生物学的同等性が確認された。 59 1. 6 2. 2 8. 14 標準製剤(錠剤、400mg) 2. 55 1. 6 2. 3 9. ) 血漿中濃度ならびにAUC、Cmax等のパラメータは、被験者の選択、体液の採取回数・時間等の試験条件によって異なる可能性がある。 溶出挙動.

次の