ドクター コトー 2006 動画 6 話。 ドクターコトー診療所のたけひろ役の子役の現在は?

ドクターコトー診療所第1シーズンの無料ドラマ動画!第1話から最終回までフル視聴!

ドクター コトー 2006 動画 6 話

ドクターコトー診療所 2006 あらすじ 最終話 「逃れられぬ、医師の宿命」 ドクターコトーこと五島健助(吉岡秀隆)は星野彩佳(柴咲コウ)のため、後遺症の危険性がない方法での手術をすることに。 だが、彩佳の主治医、鳴海慧(堺雅人)には Dr. コトーの行動が理解できない。 それは、鳴海の過去に起因していた。 鳴海は、会わせたい人がいると ドクターコトーを自宅に招く。 そこには、鳴海の妻が器機につながれて横たわっていた。 鳴海は、5年前に心臓発作で倒れて以来、コミュニケーションがとれなくなったと説明し、 ドクターコトーに問う。 この状態で、生きているのか? それとも死んでいるのか?と。 答えられない ドクターコトーに、鳴海は5年前に妻を自ら執刀したと続ける。 そして、彩佳に対して家族のような思いがあるのなら、この事実を知っておいてもらいたかったと言う。 2006年12月21日。 彩佳のオペが始まろうとしている。 彩佳の病室には、手術に付き添うため原剛洋(富岡涼)も来た。 手術前、彩佳は Dr. コトーに乳房再建術はしないで欲しいと頼む。 将来、自分ががんと闘ったことを忘れないためと言う彩佳に、 ドクターコトーは頷いた。 そうして、彩佳はオペ室へと運ばれて行く。 その頃、志木那島の診療所では、和田一範(筧利夫)、仲依ミナ(蒼井優)、 ドクターコトーの代理医師、三上新一(山崎樹範)が彩佳の心配をしていた。 すると、診療所に続々と島民が集まってくる。 みんな、彩佳が心配なのだ。 原剛利(時任三郎)、西山茉莉子(大塚寧々)、安藤重雄(泉谷しげる)らも、それぞれの場所で彩佳の手術の無事を祈っている。 ドクターコトーの執刀を鳴海がフォローする形で、彩佳のオペが始まった。 検査の結果、リンパ節への移転はなく、 ドクターコトーの予想通り、彩佳は後遺症の心配が極めて少ない方法での術式で進められることに。 いよいよ、患部の摘出に入ろうとした時、執刀部位から予期せぬ出血。 いつもの ドクターコトーなら、的確な判断が出来るのだが…。 コトーは明らかに動揺しだす。 鳴海は、落ち着くよう諭すのだが、 Dr. コトーの耳には入らない。 その時、鳴海が叫ぶ。 患者が彩佳だと思うなと。 そして、医師ならオペに集中しろと。 我に返った Dr. コトーは、医師の表情に変わる。 いつものペースを取り戻した ドクターコトーは、手術を成功させるのだが…。 彩佳の手術が成功したことは、すぐに島へと連絡された。 放心状態の Dr. コトーが手術室から出ると、正一(小林薫)と昌代(朝加真由美)が来ていた。 彩佳の無事を報告する ドクターコトーだが、それ以上話す気になれない。 手術着のまま廊下の長いすに座っている Dr. コトーに、鳴海が近づいた。 オペの鮮やかさを称える鳴海に、 ドクターコトーはなぜ術中に患者が彩佳であることを忘れろと言ったのかと尋ねる。 鳴海は、命を救うという、本来人間が入り込んではいけない領域に踏み込む時、感情が存在すると医者は大きな間違いを起こすと答えた。 それは、鳴海自身が妻の執刀で経験したことだった。 そして、鳴海は島民全員を家族と思って接すると言った ドクターコトーを全否定する。 医者は患者と家族にはなれない…なっては、いけない…と。 医師とは…家族とは…。 逡巡する Dr. コトーは、彩佳の病室に顔を出せない。 迷う ドクターコトーは、ある人に電話をかける。 受話器の向こうから、懐かしい声が聞こえてきた。 「健助…どうしたの?」。 それは ドクターコトーの母、沙知子(宮本信子)だった。 長の無沙汰を詫びる ドクターコトー。 すると、沙知子は朝からずっと Dr. コトーのことを考えていたと言う。 実はその朝、 ドクターコトーが医学の道へと進むきっかけとなった医師が他界していたのだ。 沙知子は、その医師が最期まで離島で医療に励む ドクターコトーを気づかっていたと話す。 思わぬ言葉に、 Dr. コトーは涙を堪えることが出来ない。 沙知子に、健康を心配され、電話を切った後も涙はとめどなく流れ続ける。 と、剛洋が遠慮がちに声をかける。 彩佳が病室で ドクターコトーを待っている…と。 病室を訪ねた Dr. コトーに彩佳は手術の礼を言う。 そして、いつの日か島に戻った時に、お守りにつけた ドクターコトーのボタンを付け直すと彩佳。 彩佳の言葉に、ようやく Dr. コトーの心もほぐれて…。 まだ暗い時間に、ひとりで病院を出ようとする ドクターコトーに鳴海が話しかける。 すると、 ドクターコトーは先日、鳴海に問いかけられた質問の答えを告げる。 鳴海の妻のことだ。 コトーは、人として答えるならば鳴海が生きていると思っている限り、生きている。 そして、医師としてならば、鳴海が治療を続ける限り、生きている…。 そして、 ドクターコトーは彩佳の手術でサポートしてくれたことの礼を述べて病院を後にした。 島に帰った Dr. コトーは、重雄の思いついたサプライズパーティーで島民に出迎えられた。 そうして、いつものように診療、往診の毎日で ドクターコトーの2006年は暮れていき、2007年がやってくる。 医師であることの意味を問い続けながら…。 (フジテレビより).

次の

Dr.コトー診療所2006の動画をパンドラで無料視聴する方法

ドクター コトー 2006 動画 6 話

それでも見れないのであれば、そもそも動画がアップされていないか、違法アップロードのため削除されたかのどちらかになります。 仮に、パンドラで運良く無料視聴できたとしても、• 動画を探しにくい• 画質が悪い• 動画が途中で止まる• 余計な字幕が表示される• 広告が邪魔で見にくい といった問題があるので、あまりおすすめはできません。 動画が見つからない、字幕や広告が邪魔して動画に集中できないというのは、非常にストレスですよね。 そうしたストレスを感じることなく『Dr. コトー診療所2006』の動画を視聴したい場合は、 FODプレミアムをおすすめします。 登録する必要はありますが、 現在2週間の無料おためしキャンペーンを実施中で、その期間内であれば無料で『Dr. コトー診療所2006』の動画を視聴することができます。 コトー診療所2006』の動画が見つからない場合は、FODプレミアムで視聴することをおすすめします。 コトー診療所2006のDVDをレンタルして視聴する 『Dr. コトー診療所2006』の動画を見るためには、 DVDをレンタルするという方法もあります。 例えば、TSUTAYAの宅配レンタルサービス(TSUTAYA DISCAS)に登録すれば、ネットで予約して自宅にDVDを届けてもらえます。 レンタル料は、1回に借りられる枚数によって変わりますが、 900円~7,000円くらいです。 DVDであれば、動画が途中で止まることも、余計な字幕や広告が表示されることもありません。 ただ、DVDをレンタルする場合、• レンタル料がかかる• 最短でも翌日配送で今すぐ見れない• 返却しなければならない• 返却が遅れると延滞料がかかる など、 見るのにお金がかかりますし、見たいと思ったその時に見ることができません。 お金も手間もかかるので、DVDのレンタルはおすすめの方法とは言い難いです。 ですが、 FODプレミアムであれば、お金も手間もかけずに『Dr. コトー診療所2006』の動画を視聴することができます。 コトー診療所2006の動画を公式サービスで無料視聴する 『Dr. コトー診療所2006』の動画を無料視聴するなら、 FODプレミアムがおすすめです。 FODプレミアムはフジテレビ公式の動画配信サービスで、『Dr. コトー診療所2006』の動画が配信されています。 登録は画面に従って操作するだけなので3分足らずで登録でき、登録が完了した瞬間から『Dr. コトー診療所2006』の動画を見れるようになります。 また、FODプレミアムは月額888円(税抜)かかるサービスですが、 現在2週間の無料おためしキャンペーンを実施中です。 (Amazonアカウントが必要、初回限定) 今すぐ登録すれば、2週間は料金が発生しません。 違法アップロードサイトの危険性 パンドラは違法アップロードサイトです。 最近は、パンドラなど違法アップロードサイトのウィルスの情報が多くなっています。 実際に、twitterでこのような声が上がっていました。 うちもたまに使ってたから怖いし? 無料視聴にこだわって、自分のパソコンやスマホをウィルス感染の危険に晒すのは、あまり賢い選択とは言えません。 そんな危険を冒さなくても、公式サービスのFODプレミアムを利用すれば、『Dr. コトー診療所2006』の動画を 無料かつ 安全に視聴することができるというわけなんですね。 コトー診療所2006のあらすじ 2006年2月、南海の孤島・志木那島。 コトー(吉岡秀隆)がいつものように往診のために自転車を走らせていると、剛洋(富岡涼)が、受験した東京の私立中学に合格したとの報せが。 重雄(泉谷しげる)らは茉莉子(大塚寧々)の店に集まって自分のことのように喜び合った。 一方、島を離れて働いている父・剛利(時任三郎)も独り、息子の頑張りを誇らしく思いながらも、学費の問題が重くのしかかっていた。 そのころ彩佳(柴咲コウ)も東京にいた。 春からリハビリの学校に通うため、ということになっているが、実は大学病院で診察を受けるための上京だった。 彩佳は父・正一(小林薫)にもコトーにもそのことを隠していた。 島へ戻るフェリーの中で彩佳は、酔客にからまれてもみあっている女性・ミナ(蒼井優)の様子を見かねて仲裁に入った志木那島村長(坂本長利)が、はずみで転倒する現場に居合わせる。 島のコトーと連絡をとって、指示を受けながら、彩佳が治療を行った。 島に到着した村長の手術のため、一同が慌しく準備する中、ミナが手伝うと言って付いて来る。 彼女が彩佳の後任看護師だったのだ。 ところがミナは手際が悪く、なにかと和田(筧利夫)がフォローするが、彩佳の目にはミナの態度が無責任に映る。 そんな時、コトーに東京で彩佳の診察を行った鳴海医師(堺雅人)から電話が入る。 唐突に彩佳の病名を知らされたコトーは言葉を失った—。 各話 放送日 サブタイトル 第1話 10月12日 二人の約束 第2話 10月19日 最後の言葉 第3話 10月26日 秘密の贈り物 第4話 11月2日 父のあやまち 第5話 11月9日 荒海に漂う命 第6話 11月16日 息子への誓い 第7話 11月23日 命の期限 第8話 11月30日 幸福への決断 第9話 12月7日 愛を乞う者 第10話 12月14日 失われた信頼 最終話 12月21日 逃れられぬ、医師の宿命 Dr. コトー診療所2006』の動画を無料視聴する方法でした。 パンドラでウィルス感染を気にしたりストレスを感じたりしながら視聴するより、FODプレミアムで視聴することをおすすめします。 公式サービスなので安全ですし、登録から2週間は無料おためし期間なのでお金がかかりませんし、会員限定のお得な特典がたくさんあります。 ただ、無料おためし期間や会員特典がいつ終わるか分かりません。 気付いた時には終わっているかもしれないので、早めに登録することをおすすめします。

次の

Dr.コトー診療所 2006 あらすじ 最終話

ドクター コトー 2006 動画 6 話

志木那島診療所のロケ地() ジャンル 原作 脚本 演出 平井秀樹 (第1期) 高木健太郎(第2期) 出演者 製作 制作 放送 放送国・地域 第1期 プロデューサー エンディング 「」 放送期間 - 放送時間 木曜日22:00 - 22:54 放送枠 木曜劇場 放送分 54分 回数 11 特別編 プロデューサー 放送期間 - 放送時間 金・土曜日21:00 - 22:52 放送分 112分 回数 2 Dr. コトー診療所2004 プロデューサー 放送期間 - 放送時間 金・土曜日21:00 - 22:52 放送分 112分 回数 2 第2期 プロデューサー 中江功 塚田洋子 出演者 エンディング 中島みゆき「銀の龍の背に乗って」 放送期間 - 放送時間 木曜日22:00 - 22:54 放送枠 木曜劇場 放送分 54分 回数 11 『 Dr. コトー診療所』(ドクターコトーしんりょうじょ)は、で放送されていた日本の。 主演は。 によるを原作とする。 第1期は、よりまで毎週木曜日22:00 - 22:54に、「」枠で放送。 に『特別編』と『Dr. コトー診療所2004』が放送。 第2期は、よりまで毎週木曜日22:00 - 22:54に、「木曜劇場」枠で放送。 概要 [ ] 第1期 にあるとされる架空の島 志木那島(しきなじま) を主な舞台とするドラマ版『Dr.コトー診療所』は、2003年に連続ドラマとして第1期が制作された。 ロケ地となったの自然が美しく、での過酷な医療状況とともに、島でのゆったりとした時間の流れや人間関係が情緒豊かに描かれている。 また、都会から島にやってきた人の視点と島の人が外来者を見た視点が対照的に描かれ、時には誤解が生じたり、お互いを傷つけることもあるが、忘れてしまっていた大切なコトにお互いに気付きはじめ、相互に影響しあいながら少しずつ信頼関係を築いてゆく姿が描き込まれている。 出身である脚本家のと、主人公のコトー役の吉岡秀隆をはじめとする役者陣の演技や、演出家のをはじめとするスタッフ陣、の主題歌やのなど、それまでの医療ドラマの視点とは異なる作品になっている。 ハイビジョン撮影作品であるが、本放送時はは行われておらず(2003年12月1日放送開始)、において4:3サイドカットで放送されている。 特別編 、の2夜連続でフジテレビ系列の新春ドラマスペシャルとして放送された。 志木那島での新撮場面にはコトーと和田、島の少年たちの他にはレギュラー出演者は登場しないが、Dr. コトー診療所2004、2006年第2期に繋がる貴重な新録内容となっている。 この作品はDVD化はされておらず地上波での再放送もされていなかったが、、の2週連続で放送された。 で配信されている。 コトー診療所2004 2004年、に2夜連続のドラマスペシャルとして放送された。 2003年第1期の続編として完全新撮されたもので、コトーの身近な人たちを襲う悲劇や苦渋の選択をする姿が描かれている。 尚、当初の放送予定は10月であったが、相次ぐのため収録に手間取り、放送が遅れる経緯があった。 この作品も長らく地上波での再放送がされていなかったが、よりまで『特別編』として毎週木曜日22:00 - 22:54に、「」枠で再放送される。 第2期 『Dr. コトー診療所2004』の続編。 また近年では珍しく、同じタイトルバック(1話のみ映像の上にタイトル)、同じエンドバックが使用されていた。 なお、前シリーズでは、夏のシーンが夏に放送されただけだったが、このシリーズではドラマ中で、春から冬(12月)までの四季の移り変わりが描かれていた。 あらすじ [ ] 第1期 東京ので外科医をしていた五島健助が星野正一とともにに乗り込み、()から6時間かかる志木那島をめざして洋上を行くところからドラマは始まる。 それは島のに常駐してくれる医師を長年さがし続けている、志木那村役場の民生課長星野 の要請だった。 星野の娘での彩佳や役場の職員で診療所事務長の和田 をスタッフとして張り切る五島だったが、それまでの経緯から島の医師を信用しない島民らは全く診療所に寄りつかない。 最初の患者となった島の少年から感謝のしるしとして贈られた診療所の旗に「 ドクターコトー診療所」と記されていたため、以来五島は島民からコトーと呼ばれることになる。 コトーの医師としての技量の確かさと誠実な人がらはしだいに島民らに受け入れられ、交流を深めていった。 そんななかコトーが大学病院を辞めるきっかけとなった医療事故の関係者が来島し、最終話に向けて島民を巻きこむ大波乱となる。 特別編 志木那島で新年を迎えたコトーのもとに三上医師からの手紙が届く。 大学病院を辞した三上はコトーと同じように僻地医療を担うべく、にある礼別島(れべつとう:架空の島)診療所に赴任していた。 島の医師は自分1人という責任の重さと、島民に信頼されない焦りとの苦悩をつづった文面から、コトーは自分が初めて志木那島に赴任して来た頃を思い出していた。 ここから2003年第1期の主要エピソードを再編集した内容が回想される。 東京へ研修中の彩佳からお土産を貰う。 それは「週刊アクセス」という。 離島医療に携わるコトーと島の現状が掲載されている。 もちろんこの記事は巽謙司が書いたものである。 そしてコトーは三上に励ましの手紙を書く。 三上は患者となった1人暮らしの老女との交流を通して島の医師としての手応えを掴んで行く。 コトー診療所2004 島を挙げての祭りのさなか星野昌代が家で倒れているのを、診療所から戻った娘の彩佳が発見した。 コトーの緊急手術により一命を取り留めたものの、のが残り、右半身が不自由になってしまう。 昌代の異変に気付かなかったことで、夫の正一や彩佳は後々まで自分を責め続けることになる。 一方、コトーに憧れ医師を目指す島の少年、原剛洋は島を出て東京の私立中学受験を決意する。 漁師では充分な学資が得られないと考えた父の剛利は、漁船を手放し本土(沖縄本島)に出稼ぎに行く決断をする。 キャスト [ ] 登場人物についてはを参照。 志木那島診療所• 五島健助(医師) -• 星野彩佳(看護師・星野正一の娘) -• 和田一範(村役場の職員・志木那島診療所の事務員) -• 仲依ミナ - (第2期) 原家• 原剛利(漁師) -• 原剛洋 (息子) - 星野家• 星野正一(村役場の民生課課長) -• 星野昌代 (正一の妻) - 山下家(明夫)• 山下明夫(農業) - (第1期)• 山下一夫(明夫の息子・村役場の職員) -• 山下道子(一夫の妻) -• 山下邦夫 (一夫の息子) - 山下家(努)• 山下努(漁師) -• 山下春江(努の妻) -• 山下信一(努の息子) - (第2期:)• 山下桃子(努の娘) - 坂野家• 坂野ゆかり -• 坂野孝(村役場の職員・ゆかりの夫) -• 坂野千賀 - (第2期) 宮野家• 宮野純平(剛洋の友達) -• 宮野真由美 -• 宮野真人(純平の兄) - (第2期) 小沢家• 小沢信二 - (2004、第2期)• 小沢小百合 - (2004、第2期)• 小沢ひな - (現:)(2004、第2期) その他• 西山茉莉子 (スナック経営) -• 中村三郎(志木那村村長) -• 中村悠子(剛洋の同級生) - (第1期)• 川畑夏美(剛洋の同級生) - (第1期)• 山下巌 - (第1期)• 山下茂 - (第1期)• 元木渡(漁師) -• 橋口俊(漁師) - (第1期)• 熊木圭介(漁師) -• 脇田実(漁師) -• 南佑介(漁師) -• 洋平(漁師) - (第2期)• 剛洋の叔父 - (第2期)• 原和子 - (第2期)• 原沢咲(五島の元同僚・昭英大学附属病院産婦人科医) - (第1期)• 内つる子(村の長老・産婆) - (第1期)• 鳴海慧(医師) - (第2期)• 安藤重雄 (漁業協同組合漁労長) - ゲスト [ ] 第1期(2003年) [ ] 第1話 「美しい南の島から、心温まる感動の物語(そこに、人が生きている)」• 笠井ミツエ - 第2話 「故郷で暮らす母へ」• 内誠(本土在住・内つる子の息子) - 第3話 「赤ちゃんを助けて」• 坂野ゆかり(妊婦・孝の妻) -• 坂野達郎(ゆかりの義父) -• 坂野和枝(ゆかりの義母) -• 高村 - 第4話 「病気を診るな、人を診ろ」• 芦田ゆき(原沢咲の高校時代の後輩・医師) - (第5話も)• 芦田雄一郎(ゆきの父・代議士) - (第5話も)• 安部純一(芦田の秘書) - (第5話も)• 安部広子(安部純一の母) - (第5話も)• 杉本竜一(西山茉莉子の東京に住む息子) - (第5・6・7話も) 第5話 「手術で治せない病」• 柏木秀一 - 第7話 「巣立ち」• 安藤リカ(安藤重雄の東京に住む娘) -• 古川徹 - 第9話 「暴かれた過去」• 巽謙司(週刊アクセスの記者) - (第10話も)• 巽久美子 - (第10話も) 第10話 「この島を出て行け」• 三上新一(五島の元同僚・昭英大学附属病院消化器外科医) - (最終話も) 最終話 「新たな旅立ち」• 奥村史朗(昭英大学附属病院消化器外科教授) -• 熊谷英夫 - 特別編(2004年) [ ]• 三上新一 -• 奥村史朗 -• 熊谷英夫 -• 北見康代 -• 荻野ツネ - Dr. コトー診療所2004(2004年) [ ]• 小沢信二(教師) -• 小沢小百合(信二の妻) -• 小沢ひな(信二の娘) - 第2期(2006年) [ ] 第1話 「二人の約束」• 剛利の元同僚 - (第3・4話も) 第2話 「最後の言葉」• 島民 - (第2話のモブで特別出演) 第4話 「父のあやまち」• 宮野博(投資顧問会社勤務) - 第7話 「命の期限」• 坂野和枝 - (第8話も) 第9話 「愛を乞う者」• 仲依知明(ミナの夫) - 第10話 「失われた信頼」• 三上新一 - (最終話も) 最終話 「逃れられぬ、医師の宿命」• 五島沙知子 - スタッフ [ ]• 脚本 -• 原作 -• 音楽 -• 主題歌 - 「」(作詞・作曲:中島みゆき、「」に収録)• 挿入歌 - 柴咲コウ「」(作詞・作曲:中島みゆき、アルバム「」に収録)• 原案協力 - 上阪泰幸、宇都宮紀子、山川恵一(小学館「週刊ヤングサンデー」編集部)• 取材協力 - 下甑村立(現:)手打診療所• 協力 - 、、、、、ほか• 撮影 - 星谷健司• 美術プロデュース - 関口保幸(第1期)、木村達昭• 演出補• 第1期 - 高木健太郎、松山博昭、西坂瑞城、、• 第2期 - 緒方敬大、戸崎隆司• プロデュース補• 第1期 - 柴田圭子、玉田祐美子、久野貴子• 第2期 - 玉田祐美子• プロデュース助手(第1期) - 池田匡夫、三竿玲子• 協力プロデュース(第1期) - 東海林秀文• 企画(第1期) -• 制作統括(第1期) -• プロデュース• 第1期 -• 第2期 - 中江功、、塚田洋子• 第1期 - 、、平井秀樹• 第2期 - 中江功、平井秀樹、高木健太郎• 放送日程 [ ] 第1期 [ ]• 初回は30分拡大(22:00 - 23:24)。 最終回は15分拡大(22:00 - 23:09)。 などのスポーツ中継によって放送時間が繰り下げの場合もあり。 (「 」)内はDVD-BOXで改題されたタイトル。 第1期は平均・最高視聴率ともに2003年7月期の連続ドラマで1位となった。 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1話 2003年7月 03日 美しい南の島から、心温まる感動の物語 (「そこに、人が生きている」) 中江功 19. コトー診療所2004 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 前編 2004年11月12日 待望の最新作! 親子愛・夫婦愛・家族の絆・コトーを襲う新たな試練 中江功 22. 初回と最終回は30分拡大(22:00 - 23:24)。 (「 」)内はDVD-BOXで改題されたタイトル。 第2期の初回視聴率は木曜劇場初回視聴率の歴代最高記録となり、最終回視聴率は2006年の連続ドラマ最終回視聴率1位となった。 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1話 2006年10月12日 二人の約束 中江功 23. 第12回• 第38回ドラマアカデミー賞• 最優秀作品賞• 主演男優賞• 主題歌賞• 監督賞• 脚本賞• 劇中音楽賞• キャスティング賞 第2期• 第15回() シリーズ• 第44回 特別賞 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の