私 の 身 に 起き た こと。 第5話 そろそろ私の身に起きたことをありのまま語ろうと思う

ミフリグル・トゥルソン

私 の 身 に 起き た こと

脳内で、エンディング音楽が流れ始め、もうダメだと観念し始めた頃、名探偵は思いも寄らぬ言葉を私に投げかけてきた。 「どこから来たのか正直に言ってほしい。 きっと、私の想像もつかないような遠い国からいらしたのでしょう? とても興味がありますので教えてもらえませぬか」 本当に打ち明けてしまってもいいのだろうか、と迷う思いが表情に表れてしまったせいだろうか。 兄君も思案顔になって、しばらく何か真剣に考えていたかと思うと、何かまた名案が浮かんだかのように頷きはじめ、おもむろに硯で墨をすりながら、 「こちらに」 と私を手招きした。 そこは、彼の読書スペースなのだろうか。 小さな机の上に、 硯箱 ( すずりばこ )と筆、メモを書き付けたような紙の束、そして多数の巻物などが乱雑に並べられている。 兄君は、雑多に置かれたものを机の端に寄せると、何も書かれていないまっさらな和紙を机の中央に置き、私に 「名前をここに書いてもらえますか?」 と言った。 「でも、さっき名前は言ってはいけないと」 「一度聞いたら、二度聞こうが三度聞こうが同じことです。 さあ、どうぞ」 筆を渡され、私はおそるおそる杖に向かう。 習字なんて、中学の授業以来ではないか。 習字の授業でも、細い筆で自分の名前を作品に書き入れるのが一番大変だったように思う。 それを、こんなふうに横からマジマジと見つめられながら、書くことになろうとは。 こんなことなら、もっと練習しておけばよかったと後悔する。 緊張のあまり、筆先が震えてガタガタになってしまったけれど、なんとか私は「藤原香子」と書き上げた。 兄君はそれをじっと見つめ、 「ふうん、女性なのに楷書でしかも漢字か」 などと呟き、また何か考えているようだ。 そして今度は、 「これを読んでみてほしい」 と、机の端に寄せていた巻物を手に取り、私の目の前に開いて見せた。 広げられた巻物の中には、女性と男性の絵が描かれていて、その周囲に文字らしきものがたくさん書かれているのだが、まるでミミズの這ったような崩し字で、一字一字の境目すら私には見分けることができなかった。 「ごめんなさい。 読めません……絵巻物ですよね?」 授業で習った知識で、この巻物が絵巻と呼ばれるものであろうということだけはなんとか理解できた。 「これが絵巻だとわかっても読めぬのか。 では、これは?」 兄君は新たな巻物を手に取ると、また私の目の前に広げて見せる。 今度は、漢字のオンパレードで、一文字もひらがながない。 漢文だ。 先ほどから何かのテストなのだろうか。 しかし、これならばまだ一字一字の判読はできる。 漢字を一字ずつ目で追ううちに、漢文の授業で習ったばかりの四字熟語を見つけることができ、ようやく理解できるものに出会えたという嬉しさから私は思わず声を上げた。 「あ、 四面楚歌 ( しめんそか )! これならわかります、『史記』ですよね?」 と、得意気に。 「夜、漢の軍の四面に皆な楚歌するを聞き、 項王 ( こうおう ) 乃 ( すなわ )ち大いに驚きて曰く、漢、皆な 已 ( すで )に楚を得えたるか」 テスト対策で暗記した部分を 諳 ( そら )んじて見せたのは、やはりやり過ぎだったのだろうか。 みるみるうちに兄君の表情が凍り付く。 まるで、見たことのないものを見たかのように。 「そなたは、いったい何者なのだ? 女性の使うかな文字が読めぬから学がないのかと思えば、一方で自らの名は漢字で記してみせる。 唐の国から渡って来た者かと思えば、漢籍をスラスラと我が国の言葉として読み下す。 『史記』など女性の読むものではないというのに。 私のように女装した男性かと疑ってもみたが、それでもかな文字を一字も読めぬことの説明がつかぬ。 女性と歌のやりとりをするときは、男でもかな文字は使うのだからな。 いずれにせよ、それだけの学があるのであれば、平民とは思えぬ。 どこかの国の身分ある女性なのであろう。 そなたはいったいどこの国から渡って来たのだ? 天竺 ( てんじく )か? 渤海国 ( ぼっかいこく )か? それとも、もっと遠い国なのか?」 兄君の両手は私の肩を掴み、真剣な顔で私を覗き込む。 先ほど真っ赤になっていた人物と同じ人間とは思えない。 きっと、世間的な常識よりも知的好奇心が満たされることの方が、彼にとって最優先事項なのだろう。 もしかしたら、そんな人物ならば私のこの奇妙な出来事も受け入れて、一緒に解決策を見いだしてくれるのではないか。 打ち明けるのは大きな賭けだ。 気がふれていると、邸から追い出されてしまうかもしれない。 でも、いまこそが告白すべきタイミングで、これ以上の好機はもう二度と巡って来ないのではなかろうかとも思われた。 私はおそるおそる口を開く。 「とても、遠い国なんです。 信じられないぐらい遠い……」 「それはどこなのだ?」 「ここが私の推測した時代で合っているのならば。 おそらく、いまのこの時よりも千年ほど先の……、未来からやって来たようなのです」 兄君はそのままの姿勢で口をポカンと開けて固まった。 先ほどから既に、見たことのない奇異なものを見るような視線で私を見つめてはいたが、幽霊か宇宙人を目にしたかのような驚き方だ。 いや、それも当たり前かもしれない。 私自身も、タイムスリップなんてゲームやマンガというフィクションの中で起きる現象に過ぎないと思っていたし、それがまさか自分の身に起きようとは思ってもみなかったのだから。

次の

中国政府によるウイグル人弾圧を描いた漫画『私の身に起きたこと』ウイグル人女性が語る残酷な現実にあなたは絶句する……

私 の 身 に 起き た こと

マンガ「私の身に起きたこと」~とあるウイグル人女性の証言~ 清水ともみさんのTwitterにて、このマンガが紹介されています。 自分が殺されることよりもずっと耐え難い。 現代のナチスだよ。 なんて、酷い。 言葉にならない。 本当に恐ろしい。 おぞましい。 ウイグルという国がある、入国審査が大変という上澄みだけの情報しか知りませんでした…このお話を読まなかったら、ずっと知らなかったかもしれません。 発信してくださって、ありがとうございました。 これウィグルだけの話ではなくて、チベットはもっとひどいし、自治区全部がこうだと思ったほうがいい。 この時代にこんなことが起こっているなんて…自分の無知さが恥ずかしいです。 知ることができて良かった。 私に出来ることなんて無いかも知れませんが、周りの人にも伝えます。 私の親友もウイグル人なので物凄く胸が痛くなりました。 彼女は曾祖父母やその前の家系を中国の方に亡き者とされ、中国の方に対し、今も恐怖を抱いています。 それでも、中国の方にもいい人はいるはずだから全員を恨みたくない、嫌いになりたくない、と打ち明けてくれたことがあります。 ウイグルの1友人として、 ウイグルの悲劇は絶対に忘れないで欲しいです。 そしてウイグルの中にも中国の方と仲良くなりたいと思っている人がいるのを忘れないで欲しいです。 彼女たちウイグルは今も隠れながら暮らしております。 今も命を狙われながら暮らしております。 目ざましい経済発展を遂げるが垣間見える話題でした。 この記事がよかったらシェアしてくださいね。

次の

[B! 新疆ウイグル自治区] 清水ともみ on Twitter: 1/5 #ウイグル #新疆ウイグル自治区 #東トルキスタン #MeToo #MeTooUyghur #FreeUyghur

私 の 身 に 起き た こと

本作のことは、百田尚樹さんが出演された2019年9月3日の「虎ノ門ニュース」を視聴し、初めて知りました。 著者・清水ともみさんの承諾を得て、全頁がナレーション付きで紹介されていました。 ミフリグル・トゥルソンさんという29歳の女性の身に起きた、中国共産党による恐るべき人権弾圧が、シンプルかつ明確に描写されています。 この内容は、2019年7月6日に都内で開かれた「ウイグル人証言集会」に、彼女自身がインターネット上で参加し語った「事実」です。 トゥルソンさんは「新疆ウイグル自治区」出身のウイグル人。 イスラム教徒です。 「自治区」とは、中国共産党が他民族を武力で占領した地域、植民地です。 2019年現在、100万人単位の人々が「再教育施設」に「強制収容」されているそうです。 これは、1,100万人とされるウイグル人の、実に10人に1人の割合です。 トゥルソンさん以外のウイグル人からの証言や報道等によって、以下の事実も明らかになっています。 ・イスラム教徒としての文化や慣習を奪われている。 礼拝所が閉鎖され、イスラム教が禁じる豚肉を強制的に食べさせられ、男性はひげを、女性はヴェールを禁じられるそうです。 ・適齢期の女性が中国人との結婚を強制されている。 悲嘆にくれる「ウイグル人花嫁」の動画が、ネットにもUPされていますね。 ・自治区内で、1964 年から1996 年までの間に、延べ46回、広島型原爆の約1370発分の核実験が行われている。 その内22回は大気圏(空中・地表)でした。 大量の放射性物質放出によって、未曾有の死傷者、被爆者が出ているという推計もあります。 ・強制収容されたウイグル人、しかもまだ生きている人から臓器が取り出され、売買されている。 おぞましいとしか言い様がありませんが、亡命したウイグル人医師の証言も残っています。 自治区内のカシュガル空港には、臓器専用の運搬通路が存在しているそうです。 もはや「民族抹殺」以外の何物でもないと思います。 チベットでも、内モンゴルでも、香港でも、中国共産党の弾圧・蛮行は激しくなるばかりです。 我が日本にとっても、これは決して対岸の火事ではありません。 中国公船による尖閣諸島周辺への領海侵犯は、今や常態化しています。 (2019年は10月26日時点で既に28日目) 北海道では、中国人・中国資本による水源地等の大規模な土地買収が進んでいます。 「今日の香港、明日の台湾、明後日の沖縄」という言葉があるそうですね。 今、ウイグル人の身に起きていることは、明日、私たちの身に起こりうること。 私は、次世代やさらに先の世代の日本人を、絶対にそんな目に遭わせたくありません。 是非、ご一読頂きたいです! なお、彼女のお名前を「メヒルグル・トゥルスンさん」と表記している記事も見受けられます。 検索される際にはご留意を。 (追記) 来年(2020年)には、中国共産党最高指導者の「国賓」としての来日が予定されています。 ウイグルや香港等における人権弾圧。 尖閣諸島周辺への領海侵犯。 そして、2019年11月15日現在、中国国内では9名の日本人が拘束されています。 この様な状況での国賓待遇に、私は強く反対します。 2019年11月16日付のニューヨーク・タイムズ紙では、最高指導者が「ウイグル人に『情け容赦は無用』と取締りに発破をかけた」という内部リーク情報が報道されています。 「桜を見る会」の事など論じている場合ではありませんよ。 最初に本作を著した淸水ともみ氏に感謝とエールを送ります。 同氏著「その國の名を誰も言わない」と共に購入させて頂きました。 両方を合わせてもページ数が少ないので紙媒体での書籍になっていないことが残念です。 (月刊正論には小さく掲載されましたが…)是非、もっと多くのコミックを書いて一冊の本として出版して頂けると嬉しいです。 各国の言語版でも発売して世界中の国々へ啓蒙して頂けたらと思います。 本作は実体験を元に描かれていますが、証言者は生存しているので亡くなった方達の体験などは筆舌に尽くしがたいものがあると思います。 つまり、中国はウィグル人を人間牧場として年間10万件の臓器移植を行い、臓器輸出を一体一路に組み込もうとしています。 毎日273の臓器が摘出されていることになります。 まさに日々大虐殺です。 その事実さえ氷山の一角でしょう。 自民党総裁 安倍晋三内閣総理大臣は、これらのことを全て織り込み済みの上で中華人民共和国習近平主席を「国賓」として招待して、今上陛下と席を共にさせるつもりなのでしょうか? もし、本当にそのようなことが現実に実現したら…もう安倍総理のことはもはや人間とは思えないとおもいます。 どうぞ、国賓招待を撤回して頂きたいと願っています。 この漫画は全世界の国の言語に翻訳して、各国の学校や図書館へ配布すべき漫画だ。 中国共産党のやっていることを全世界に周知させ、「人権弾圧を許さない!」と 断固たる姿勢を示し、日本政府もそんな中国との付き合い方を考えるべきだ。 ウイグル人迫害は他人事ではないことを、全世界の人々に伝えることが重要だ。 恥ずかしながら私も本を読むまでは知らなかったし、私のようなお花畑の日本人は多い。 本著を読んで「ウイグル人」とYouTube動画検索すると、恐ろしい現実が見えてきた。 身の危険を感じながらも真実を伝えるために、勇気ある行動を起こしている人の存在も知った。 Amazon検索すると雑誌や単行本でウイグル人弾圧の実態を書いた本が多数出版されている。 しかし、自分からそこへ目を向けないと通り過ぎてしまう。 日本ではあまり報道もされず、 知らん顔の政府の姿を見ると、国民の1人として非常に情けく恥ずかしい気持ちになる。 明日は我が身と思って、今、自分にできることとして本著を身近な人に紹介したい。 それから、中国人が日本の水源地を求めて既に土地を買い占めていることを考えると、決して 日本も安全ではない。 美しい日本の土地を汚され侵略されないように注意深く動向を見るべき! 安倍総理に対して、「仲良しごっこの素振りはやめろ!人権弾圧反対の強い意志を示せ! 習近平氏の国賓など論外!甘い顔をしてなめられるな!」と怒りの感情が湧いてどうしようもない。

次の