ドラポン グラブル。 グラブルの闇属性ルシHで質問です。これからハデスマンになろうかなぁと思っ...

【コロッパリ】火マグナで風六龍攻略【ワンチャン】

ドラポン グラブル

なのですがなんで勝ててるのかよく分かってないです。 ゴリ押しなので他のパターンとか考えつかないです……。 以上を踏まえた上で未討伐の方の参考になれば幸いです。 水マグナ討伐動画• 対ナル・グレートウォール 3種のモード変更ギミックを理解する必要がある 高難易度コンテンツの一つ「天上征伐戦」。 光属性の次に実装された火属性の【ナル・グレートウォール】になります。 これは「一定ターン数経過する」か「召喚をした次のターン」に入れ替わるギミックになります。 また、基本的にナルグレにつくバフはディスペル等での消去不可です。 各モードの違いは文字通りで防御モードは防御力が上がる形態です。 防御が上がる反面、特殊技含めて壊滅的なダメージは飛んできません。 ただし、この状態のCT技につく「ダメージカット」バフが厄介で、前半戦はモードを切り替わるごとに消去されるのですが、後半戦に継続付与になります。 特に33%以降はダメカバフが非常に長い間付与されるで極力避けたいです。 直接的にやられることはないですが、防御モード時ばかりで戦うと結局ダメージが与えられなくなりジリ貧になって負けやすいです。 攻撃モードは通常攻撃・特殊技含めて非常にきつい攻撃が飛んできます。 特殊特殊技は対処を怠ると一気に壊滅の危険があります。 しかし、3つのモードの中だと一番殴りやすい時でもあるのでこの状態で殴れるように用意するのが基本です。 この状態のCT技は全属性カットは無効ですのでリリィあたりでダメカをしたり、防御モード事に鞄を呼んでおいて対処したりしてこの状態の敵をできるだけ殴りたいです。 特殊モードは通常攻撃の代わりに特殊技を発動する状態、つまりCTの有無に関わらず常に特殊技を撃たれるため一番避けたいモードです。 厄介なデバフが付与されるのもそうですが、 そもそも火属性攻撃ばかりでは無いので属性転換をかけてない限りは非常に痛いダメージになります。 攻撃モードの特殊を受けるよりはマシなので意図的にこっちの特殊を受ける事もありますが、基本的にはさっさとすっ飛ばしたい状態……なのですが、どうやらこの状態のときが一番ダメージが通りやすいので最後の追い込みの時などはこの状態維持の時もあります。 特殊モードで注意したいのは 「特殊モード時弱体デバフが6個未満の場合石化付与が追加され、更に石化付与の味方が居る時に飛んでくる特殊技がある」事です。 石化時の特殊は基本壊滅になりますのでこれだけは注意したいです。 簡易にまとめると 防御モード時=HPの回復など立て直しのための時間がほしい時に利用したい。 攻撃モード時=相手にダメージを与えたい時に利用したい。 特殊モード時=攻撃モードの維持がきつい時の緊急時。 もしくは追い込みの時に。 と私は見ていました。 対ナルグレキャター編成 ドランク? いないよ 巷で対高難易度用のキャラ達を積めまくった編成です。 攻略記事を見て回ったのですが基本最終ヴェインの所はドランクが多かったです。 噛み合うんでしょうね。 はい、持ってないですドランク。 主人公【ランバージャック】 アビ構成はミスト・落葉・木もれ日の鉄板構成。 ゼノコキュ琴が特殊に応じて累積デバフ付与してくれるのでデバフ維持がしやすい 反面累積デバフが消されやすくもありますが のとストレングス付与が強い。 討伐できたのはにランバー実装のおかげです。 最終ヴェイン 現行四騎士最強の男 メイン盾兼メインアタッカーです。 チームのHP維持に大活躍なのと同時に3アビのスーパーヴェインタイムによる火力貢献に大きく関わってくれます。 ナルグレは防御モードの時の硬さが尋常ではないですが、マグナでもスーパーヴェイン状態なら大きなダメージを出してくれます。 カトルでスーパーヴェインを延長するのはもちろん、自身の1アビ発動でも強化効果の延長が入る ナルグレ討伐始めて知りました のでうまく回せれば10T以上維持ができたりします。 また、奥義効果でデバフが2つ付与できる 累積攻撃ダウンと火属性攻撃ダウン ので防御デバフを守る点でも貢献してくれます。 マグナの火力の低さを誤魔化してくれる最強の男です。 持ってない方是非サプりましょう。 役割はデバッファー兼連撃バッファーです。 カトルの固有デバフである「喪失」が付与されればダメージを通しやすくなりますし、特殊モード時のデバフが足りない場合は4アビを切って維持したり活躍の場が多いです。 当編成はオベロンやミュルを積んでいるとはいえ、マグナな以上連撃バフは課題です。 奥義回すだけで連撃を付与してくれるカトルは非常に有用です。 また、当編成唯一のスロウ要因で有り、更にヴェインやリリィの強化効果を延長してくれるのでもう絶対外せないキャラです。 最終リリィ 4アビは有効だがスタメンにはキツイ 最早リリィ下位互換と噂される十天衆ウーノ。 バックの理由はソシエ同様で繋ぎになります。 3アビの100%カットは強力ですが、攻撃モード時の特殊技は全属性ダメカ貫通なので噛み合いが無い。 可愛そう……。 攻撃モード時の特殊は単体技になるのでかばうでチームを守れる要因です。 やはり繋ぎ。 無属性の高難易度ではまだまだ出番がありそうですが、優位属性相手ならちょっとキツイ印象が……。 一応背水武器である冬ノ霜柱が入っているので背水編成でもあります。 ミュルグレスの枠はバハ武器でも良かったのですが、折角オルオベを入れているのでちょっと連撃を確保したいために採用。 という感情からではない。 決して! ジリ貧気味になってもまだ諦めたくない感じの時の緑の下の力持ちです。 高難易度だとドラポン便利ですね。 対ナルグレ召喚石編成 凛々しいの御姿 震え声 【メイン】・マグナ 火 ザ・ムーン ハールート・マールート ノビヨ4凸 召喚石も当然防御寄りの編成。 ハルマルはデバフ数維持のために入れています。 ノビヨはバリア効果目的ですが奥義ゲージも増やしてくれますのであると便利です。 4凸したことによって回しやすくなっているのも好印象。 鞄は張ってもすぐに消されることもあります プレイング次第でしょうが…… ので、攻撃モードの特殊を受けざるを得ない時に迷いなく切ってます。 仕様上、召喚をほいほい回すことは難しいので要所を狙った編成になると思います。 その点だとノビヨ以外の選択肢は全然有ると思います。 留意してた点 カトル奥義はMAX即発動はしない CTが貯まってないときは温存 この編成はカトルの奥義が唯一のスロウなのでできるだけCTに合わせます。 常にカトルの奥義の状況には目を配り、主人公・ヴェインの奥義でカトルも一緒に撃たないように留意しています。 スーパーヴェインタイムに魂をかける 瀕死即発動! ヴェイン3アビ「ソウルイラプション」は当編成の要です。 一人だけ異次元の火力を出し続けてくれるスーパーヴェインタイムをどれだけ継続できるか、また発動できるかがこの編成で勝つ鍵でした。 発動の前にヴェインが落ちることがあれば即撤退してました。 ドランクを持っていない私は 神様仏様ヴェイン様! な気持ちで倒しました。 特殊モード時のデバフ数に注意する 石化ダメゼッタイ 特殊モード時のデバフ数は要チェックです。 この編成はハルマルがいるのでデバフは常に+1ですが、チームの戦線維持のために召喚を回してたりすると気付いたらデバフ数が減っていることが多いです。 石化だけは絶対に受けたくないので特殊モード時にデバフ数が足りないと思ったらカトル4アビは迷うこと無く切りました。 33%以降は背水の陣 光同様やられる前にやる 33%以降は各モードによって累積バフが付与されます。 防御モード……累積防御UP 攻撃モード……累積攻撃UP 特殊モード……累積弱体耐性UP 悠長にやってたら攻略が困難になる要因ばかりです。 一番マシなのが特殊モードの累積というなんともいやらしい使用です。 この段階になればキャラ落ちるのを恐れずにガンガン殴りにいく形です。 キャラが2つ落ちたらを使って戦線維持です。 特に防御モードは避けたほうが良いです。 防御モードの特殊でダメージカットがつくとスーパーヴェイン以外ほとんど攻撃が通らなくなるので討伐が非常に困難になります。 やられる前にやりましょう。 天上のトロフィーは3つで金剛石の交換が見えているので未討伐の方は是非挑戦してみてください。 asumadenaguru.

次の

武器/ケラク (SSR)

ドラポン グラブル

各属性1本ずつ存在し、経過ターンに応じて攻撃力が上昇する第1スキルに加えて、可変式の第2第3スキルが特徴。 追加日時 追加ボス 3月10日 ウィルナス 火ボス 3月17日 イーウィヤ 風ボス 4月2日 木 ワムデュス 水ボス 4月9日 木 ガレヲン 土ボス 4月23日 木 ル・オー 光ボス 4月28日 火 フェディエル 闇ボス ライターD 集めるのは非常に大変ですがリンドヴルムHLで「祖なる欠片」1500個確保できればシングルバトルの六竜をクリアできずとも5凸を作成できます。 また、六竜HLマルチバトルは7月以降に実装予定となっています。 終末の神器とは同時編成不可 ドラゴニックウェポンと終末の神器は、 どちらか1本しか編成できない仕様。 ドラゴニックウェポンは火力系の上限UPスキルを設定できないが、耐久面に優れたスキルを持ち、長期戦などで役立つ性能。 ライターD 火力を求める場合は終末武器、高難易度で耐久面を求める場合はドラゴニックウェポン、といった使い分けもできそうですね。 5凸まで強化可能 交換時には3凸で入手でき、終末同様に5凸まで強化可能。 SLvも20まで強化できるようになるため、長く使っていける性能の武器になると思われる。 Slv20を作るのに大量にスキル餌が必要になるため日ごろからSSR武器、SR武器を確保しておきたい。 テルマによって力を得る。 スキル3:『六色の煌めき』 Lv200習得 世を彩る六色の象徴。 テルマによって力を得る。 テルマによって力を得る。 スキル3:『六色の煌めき』 Lv200習得 世を彩る六色の象徴。 テルマによって力を得る。 テルマによって力を得る。 スキル3:『六色の煌めき』 Lv200習得 世を彩る六色の象徴。 テルマによって力を得る。 テルマによって力を得る。 スキル3:『六色の煌めき』 Lv200習得 世を彩る六色の象徴。 テルマによって力を得る。 テルマによって力を得る。 スキル3:『六色の煌めき』 Lv200習得 世を彩る六色の象徴。 テルマによって力を得る。 テルマによって力を得る。 スキル3:『六色の煌めき』 Lv200習得 世を彩る六色の象徴。 テルマによって力を得る。

次の

【グラブルQ&A】火古戦場に向けて、終末orドラポン...[No269611]【グランブルーファンタジー】

ドラポン グラブル

そろそろ何を喋ってるのか知りたい 六龍HLの第四段である【ガレヲン】攻略記事です。 これで4属性は六龍が揃いました。 ルシファーHLへの敷居も少し下がってきましたかね? キャラ編成 においても最優の騎士「ユリウス」 フロントは全て恒常キャラですが、サブにリミテッドキャラと十賢者を入れた編成になっています。 始めはグリームニルがフロントだったのですが、討伐が安定しなかったのでバイヴカハにご登場頂きました。 フロントメンバー 主人公【ランバージャック】 特に言うことがない巷で大人気ジョブ【ランバージャック】。 高難易度でも大活躍のリミアビ2つに念のためのリヴァイヴ積んでます。 デバフはユリウスが居るので問題ないのですが、もっぱら回復と長期戦で便利なマウント付与が仕事です。 【ガレヲン】は特殊技にガード無効の攻撃 後述 があるので、HP維持に貢献しやすいランバーが本当に便利です。 また、リミアビ「落葉焚き」で自身に4000バリア付けられるので主人公を落としたくないという視点からも有用かと思います。 まぁ、こんな無駄に推さなくてもランバーの便利さが知れ渡っているので困ったらランバー使いましょう。 バイブカハ 家にいて欲しい…… 高級鞄でもお馴染みの星晶獣「バイヴカハ」。 2アビのブーア効果は上限UPまで込みしたキャラ単体超強化ですがデメリットとして防御が大幅に下がります。 しかし、【ガレヲン】は特殊技しか撃ってこず、又ランバーの落葉焚きの効果でバリアが付いているので噛み合いがヤバイです。 【ガレヲン】特攻的なところがあると思うのでお持ちの方はフロントに入れることを検討していただきたいです。 、 余談ですが、バイヴカハは杖得意なのでグリームニルと杖パが組めます。 また、ニオと一緒に虚空杖の範囲にも入る上に星晶獣なのでバハ武器の恩恵も受けやすいです。 いいキャラだと思うのですが中々騒がれないのが惜しいですね。 ティアマト 最終上限解放で島の守り神の名前に恥じない性能に めちゃくちゃ強くなったと言われている星晶獣「ティアマト」。 ユリウス同様でほぼ説明不要かと思われます。 最終上限解放でバフ、片面デバフ、マウント、挙げ句に回復と「え?本当に何?一体どうした!?」と言わんばかりのアビ構成になりました。 また、サポアビの効果で味方全体に与ダメージ上昇効果 天司武器と同枠。 共存不可 が付いたようなので天司武器枠を外した編成も一考できるともっぱら高評価になっています。 また刻印キャラでも有り2アビが刻印5の時に超強化されます。 CT上昇を防ぐ効果もあるので長期戦になりがちな高難易度ソロバトルに置いては有効です。 【ガレヲン】に有効な側面もありますが、高難易度でとりあえず入れておけ、的なキャラです。 ユリウス 研究の以下略 説明不要のキャラかと思います。 持ってない人は勇気を出してサプりましょう。 【ガレヲン】は頻繁にデバフリセットをかけてくるのでユリウス使えと言われているボスです。 こんだけユリウスユリウス! 言われてるのに未だにユリウスが有効なボスを出す辺り、多分運営に好かれているキャラなのでしょう。 もちろん私も大好きです。 サブメンバー グリームニル 風の強キャラで名高いグリームニル。 始めはフロントだったのですが、安定しなかったので外しました。 基本裏から出たことないのですが、火力役な上にマウントにディスペルガードと高性能ですので後ろにいてくれると安心ですね。 カッツェリーラ 十賢者のカッツェは逆位置効果が頼りになるの裏にいうと安心です。 出てきた時も出てきた時で3アビの全体かばう付与などで支援役として有効です。 武器編成 ドラポン5凸in 【メイン】新風武器 春ノ柔風 ヴィントホーゼ ティア銃5凸2セット グリム琴4凸3セット 天司武器4凸 風ドラゴニックウェポン5凸 バハ銃 テンプレ風マグナハイブリット編成です。 メイン武器の新降臨武器奥義時に連撃アップを付与します。 連撃が課題のマグナにとっては貴重な武器です。 しかもランバージャックで持てる楽器武器。 ドラポン無しでもいけそうな気がするのでトレジャー集め終わったら無し動画も撮ってみます。 召喚石編成 は5凸しています 【メイン】ティアマト・マグナ4凸 5凸 バイブカハ無凸 黒 土3凸 防御寄りの編成になっています。 個人的に鞄系は2枚は無いときつそうな印象です。 黒は使わないことも多いのですが、やはりいざという時にあると便利です。 注力するポイント 【ガレヲン】は攻撃行動が特殊技のみで通常攻撃を行わないという今までにない部類のシングルボスです。 通常攻撃に意識を割かれなくて済む反面、特殊技のダメージがものごっつ高い仕様になっています。 無茶をせずに特殊技の対処は基本ガードでいきましょう。 仕様の性格上、かみ合わせが悪いと連続で特殊技を連発で喰らう事もありますがランバーを使っている場合は「落葉焚き」によって防御バフもかかりますのでガードで対処すれば1500~2000ぐらいで済むこともザラです。 ここに鞄系などのカット手段も入れればもっとダメージを減らせます。 ガードを連発するのでだるさがでるでしょうが、特殊技は半端に受けられないので慌てずじっくり確実に攻略していくのをお勧めします。 特殊技の対処 5T毎に撃たれる特殊技、そしてCTMAX特殊技、更にHPトリガー特殊技。 流れ次第では3回連続特殊技なんてことも有りえます。 攻撃特殊技は基本的にガード必須です。 特殊技の「クラスト・」はデバフリセットなのでこれを撃たれる時は攻撃しましょう。 次ターンで即デバフ入れ直しです。 40%以降が肝 六龍さん恒例の40%デバフリセットがかかります。 ODタイムは通常攻撃はないので若干気楽な感じがしますが、CTのかみ合わせが悪いと特殊技と重なるため、 可能なら40%に合わせてダメージカット手段を入れましょう。 また、規則的に撃たれる40%以降は特殊技が変化します。 大ダメージである「島投擲」は変わらずガードで対処しますが、変化後の特殊技「降砂石」が非常に厄介です。 デバフリセット効果は変わらずあり、更に【ガレヲン】に付与されるバフの効果で毎ターン無属性ダメージを喰らいます。 無属性ダメージが6回と多いのでできるだけ早めに解除したいです。 ただし、「降砂石」をディスペルで解除後にターンを回す、もしくは召喚を行うと ディスペル誘発トリガーとして「大激震」が飛んできます。 「大激震」はガード無効の土属性15000ダメージになります。 これが非常に痛いので対処は必須です。 幸いどっかの火竜と違って土属性ダメージですので等のカットが有効です。 また、全体技なのでバイヴカハ等の反射でもダメージを抑えることができます。 カット手段がなかったとしても15000以上のHPがあれば耐えられますので、40%以降はできるだけ15000以上のHPがあると精神的に楽になるかと思います。 特殊技でしか攻撃してこない仕様と風マグナの強さも相まってガレヲンは比較的対策は模索しやすい部類になると思います たぶん……。 反面、十天衆 シエテ、ニオ との噛み合いがよくない感じがするので、特攻キャラを持っていないと厳しい戦いを強いられるイメージです。 折角苦労して取得して最終十天衆がいないのは寂しいので。 そのうち十天衆を入れた編成も考案してみたいと思います。 asumadenaguru.

次の