ケノン ヒゲ 効果。 【ケノン体験談】ケノンの脱毛器 でヒゲの脱毛をしたのでメンズ 脱毛の体験談を語ります。

ケノン【写真付で1年間の経過レビュー】全身を脱毛中

ケノン ヒゲ 効果

誰にでも簡単なの?• どうやって使うの?• 痛がりの私にも使えるの? 実はケノンを購入する前、いろんな疑問があり、 ちょっと心配していました。 実際に使ってみると、とても簡単でした。 ケノンは直感的に使えます! ケノンは電源をオンにすると、ディスプレイに 日本語表示が出るので、 難しいという感じはありません。 とくに便利だなと思ったのは、 照射中・前後など、ディスプレイに 文字とイラストが出て、 どうなっているのかが分かることです。 また、 何をすればよいかも、文字とイラストで表示されるので、 不安なく使うことができました。 画像や動画でまとめました ケノン本体の 操作だけでなく、それぞれの部位への 使い方なども、 わかりやすいように画像や動画でまとめました。 よかったら参考にしてください。 NEW ケノンの効果 家庭用脱毛器で本当に脱毛が出来るのか。 ケノンの効果はあるのか、効果はないのか。 やはり、このことが一番気にかかります。 ケノンの効果を出すには レベルと回数が関係しています。 ヒザ下の脱毛効果 レベル6で4回目の照射くらいから効果が出てきました。 満足がいく状態になるまでに12回照射しました。 画像だと、効果が分かりにくいので、動画で撮り続けました。 ワキの脱毛効果 2週間に1度、 レベル6で8回照射しても、まったく効果なしでした。 そこで、レベルと頻度を見直すことにしました。 1週間に1度、 レベル8で3回照射すると、生えてこない部分が増えてきました。 だんだん生えてくる スピードが遅くなるのを感じました。 現在は レベル9で週に1度の照射を続けています。 ヒザ下脱毛の現在 休止期だった毛がたまに生えてくるので、 気になったときに剃って、ケノンで照射脱毛します。 いつも同じペースではないのですが1、2カ月に1度くらいです。 ほんと、 生えてきたら、照射するという感じです。 ケノンの価格と購入先は?【Q&A】 ケノンを使いはじめてスグは、 面倒だったり、効果が出なかったりと焦ってしまいがちです。 慣れると、 時間もかからず効率良く照射できるようになります。 4回から6回照射した頃には、毛の生えてこない部分が増えてくるので、 楽しんでケノンを使えるようになります。 脱毛する前は 以前の私は、ムダ毛をいつも剃っていました。 剃ってもすぐにチクチクと生えてきて、手触り、見た目もイヤでした。 さらにチクチクと生えてくると、 かゆみもありました。 気になるからと毎日剃ると、毛が皮膚の表に出てこれない 埋没毛となり、 炎症をおこしてしまいました。 だから数日はムダ毛が生えた状態にしておかなくてはならず、 ひざ下のムダ毛を隠すために、仕事でスカートの時は ハイソックスをはいていました。 生脚はもちろんありえませんが、薄手のストッキングも無理でした。 10分丈の レギンスや 厚手のタイツをはいていました。 スカートよりパンツのほうが多くなってしまいます。 ワキのムダ毛のせいで、ノースリーブの服だけで外出することはなく、 夏も上着が手放せませんでした。 流行りのファッションはもちろん、おしゃれを楽しむことができませんでした。 脱毛した後は ケノンで脱毛していくと、いつの間にか ムダ毛で悩んでいたことが嘘のようにキレイになっていました。 クロップドパンツをはけるようになりました。 スカートの時にムダ毛を気にしなくて大丈夫になりました。 夏の暑いとき、上着を着なくてもノースリーブだけで大丈夫になりました。 ファッションを楽しめるようになりました。 あなたも家庭用脱毛器ケノンを使って ムダ毛の悩みから解放される生活を手に入れてください。

次の

【ケノン体験談】ケノンの脱毛器 でヒゲの脱毛をしたのでメンズ 脱毛の体験談を語ります。

ケノン ヒゲ 効果

なんだかハッキリしねぇな!よし、いっちょやってみっか! と悟空さんのように思い立ち、 実際に購入し、 自分自身の剛毛ヒゲで効果を検証してみることにしたのです。 ケノンを使う目的 次に、意外と大事な「ケノンを使う目的」について。 目的なんて「ヒゲを薄くするため」に決まってるじゃねーか!と思うかもしれませんが、実は少し違います。 当サイト「ひげ研究所」は、 ヒゲ脱毛・抑毛の方法を、可能な限り自分自身で実体験し、その情報を読者の皆様にシェアする、という目的のもと運営しています。 ですから、私は以前、ゼロファクターやNULL等の抑毛ローションも全部使ってみましたし、 脱毛器に関しても、ケノンだけではなくトリアやエピレタなど、様々なメーカーの物を使って、「どれが一番効果があるか」を実証することを心がけているのです。 後述しますが、現在はメンズ脱毛クリニックに通っています。 とにかく、 世間で評判の商品・サービスは本当に効果があるのか?ということを検証することが目的です。 今回のケノンに関しても例外ではなく、今この文章を読んでいるあなたの「ケノンは7万円も払う価値があるか否か」という疑問を検証するために、使用するのです。 使用条件 使用期間: 1年間 使用部位: あごヒゲの一部(写真参照) 使用頻度: 1週間に1回 使用する時間帯(タイミング):休日の朝、ヒゲ剃りの前(1mm程度ヒゲが生えている状態) 使用カートリッジ: ストロング 照射レベル: 7~10 使用部位をあごヒゲの一部とした理由は、実に単純で、ヒゲ全体に照射するのがめんどくさいからです。 というのは半分冗談で、頬や口のヒゲには、別の脱毛器(トリア等)を使用することにしたからです。 あとは、 最終的には10万円以上かけて 医療で永久脱毛する予定なので、全体的にやる必要は無いと判断したからですね。 使用カートリッジに関しては、ヒゲなどの剛毛に効くとされている「ストロング」を選択。 また、照射レベルは、初めのうちは痛かったので6に設定していたんですが、慣れ始めてくると7~9にし、最終的には10に設定していました。 ケノンを1年間使用したビフォーアフター(画像付き) 大変長らくお待たせしました。 実際に使ってみた経過と結果を、 ビフォーアフターの写真付きで紹介させていただきます。 写真を撮ったタイミングは、いずれも朝のヒゲ剃り前です。 (つまりヒゲが伸び切っている状態) 初日から1年後まで、5枚の写真をご覧に入れましょう。 初日(脱毛前) 半年後(ズーム写真) 使用後、半年間が経過するとこのレベルにまでヒゲが薄くなりました。 だいぶ効果を実感できるのが「6か月」という時間だと思います。 ただ、私の記憶が正しければ、この頃は痺れを切らして使用間隔を一時的に3~5日間に変更していた時期だと思います。 そのせいか、肌がより赤くなって若干肌荒れ?っぽくなっているのがわかりますね。 やっぱり間隔は1週間以上空けないと、 肌へのダメージが相当なものになってしまいます。 頻繁に照射すると、全身がゾクッとするような痛みを感じることもありました。 さすがに肌へのダメージが心配になってきたので、8か月目くらいからまた週一のペースに戻しました。 1年後 すげえ あらためて1日目と1年後の写真を並べてみると 全然違いますね。 なんか、高いお金をかけた甲斐がありました。 数日おきにコツコツと、真面目に照射しては保冷剤で冷やし、化粧水(パイナップル豆乳ローション)でケアして…っていうのを愚直に繰り返してきた甲斐がありました。 ぶっちゃけ効果があると思っていなかったので、良い意味で予想を裏切られて若干感動しています。 【総評】ケノンでも脱毛は可能。 しかし… 高校生の頃、ヤーマンの2万円台の安い脱毛器を買ったことがあるのですが、 3か月使っても全く効果が無かったので、「脱毛器は効果なし」っていう偏見がありました。 でも、今回ケノンを1年間使って、その偏見を見事に覆されました。 ケノン使用のデメリット ・想像以上にダルい、めんどくさい。 ・肌へのダメージが心配(保証が無い) ・放置したらまた生えてくる(永久脱毛ではない) ・ちょっと割高かも デメリットとしては、自分でヒゲ脱毛しようとすると、 想像以上にめんどくさいことがわかります。 今回はたまたま、あごヒゲの一部を照射するだけで済んだのですが、 もしこれが頬や口、あご下など、他の部位も一緒に照射する…ってなったら、たぶん 心が折れて途中でやめていたかもしれません。 というのも、照射前の保冷剤による冷却、照射後の冷却、そしてその後のアフターケア、ヒゲ剃りなど、気を付けなければならないポイントが多過ぎて、管理しきれないからです。 また、経過報告のところにも書きましたが、 肌へのダメージも心配です。 サロンやクリニックであれば、肌へのダメージを考慮して適切な施術を計画的にやってくれるのですが、基本的にケノンを使う場合はそれも含めて自分のタイミングでやることになります。 気持ちが焦って照射回数を増やしたり、照射レベルを上げたりして肌を傷つけてしまっては元も子もありません。 さらに、ケノンを使って見た目は脱毛できたように見えますが、これを放置していつまでもヒゲの無い状態が続くとも思えません。 ケノンを永遠に使い続ければ二度と生えてこないでしょうが、やっぱりそれはめんどくさいですよね。 そして、 お値段に関してもやっぱり ちょっと高いかな?っていう感じですね。 7万円って、そうそう手軽に購入できる金額じゃないし。 正直わざわざ7万円も払うくらいなら、方がコスパが良いような気がします。 以上のようなデメリットを考えると、 手放しに「ケノンがおすすめ!」って言える雰囲気ではないですね。 ケノンをオトクに買う方法 さて、あなたがここまでこの文章を読んでくださったということは、ひょっとしてヒゲ脱毛の手段として「ケノン」を購入するか、迷っているのかもしれません。 先述したとおり、効果がありorなし、で答えるのであれば、(個人差はあれど) 効果は確実にあります。 で、問題は購入先なんですが、買うなら Amazonや楽天ではなく、 公式サイトがオススメです。 というのも、定期的にキャンペーンを実施していて、 無料で追加カートリッジや保証がセットになって販売されていることが多いからです。 カートリッジを本体と同時購入すると、 カートリッジが 最大44%オフになります。 さらに、 無料で1年間のメーカー保証付き。 もちろん本体価格は 公式サイトが最安です。 ケノンを使用して本気でヒゲ脱毛を考えている人は、ぜひこれを機に購入を検討してみてはいかがでしょうか。 おわりに…今後はどうする? 今回は、家庭用脱毛器の王道『ケノン』体験談を書いてみましたが、参考になりましたか? 本文中にも書きましたが、私は抑毛ローション、家庭用脱毛器と色々実践してきて、ヒゲを薄くするためのグッズはほぼ試してみたつもりです。 今後は、グッズではなく、サービスを体験してみようと思います。 つまり、脱毛クリニックやエステサロンに通って、ガチのヒゲ脱毛をする…ということですね。 医療脱毛に関しては、効果があるとか無いとかそういう次元じゃなく、確実に脱毛できますから、問題はサービスの質や料金がネックになります。 そこらへんを、出来る限りわかりやすく、事細かに解説していければいいな~…なんて考えています。 当サイトに興味を持ってくださった方は、ぜひTOPページの記事や他の記事にも目を通してみてくださいね。 非常に長い文章でしたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!.

次の

【レビュー】ケノンを男が使用して5ヶ月目。足のすね毛やヒゲへの効果を公開!

ケノン ヒゲ 効果

家庭用のフラッシュ脱毛器では圧倒的な売り上げを誇る ケノン(KE-NON)ですが、男性のヒゲ脱毛への効果については評価が分かれているようです。 脱毛マニアの集まる5ちゃんねるの美容整形板でも、 「ヒゲへの効果は分かれる。 効いたらラッキー!」というのがテンプレートになっていますね。 ただ、私個人の実体験としてはヒゲ脱毛に成功したこともあり、 「ヒゲだから効果がないという理由はない」と考えています。 ここまで来るのに8ヶ月ほどかかりましたが、今では伸びてきたヒゲが出てきたら照射する(その後に剃る)程度です。 毛が生える仕組、フラッシュ脱毛の仕組、ヒゲと他のパーツの違いなどを考えれば、「ヒゲだから効果がない」ということは科学的に説明がつきません(ただし、「ヒゲには効果がない」と 勘違いしてしまう理由はあります)。 これについても、後ほど説明しておきます。 ケノン(KE-NON)について詳しく知らない人は、まずは公式サイトで商品について情報を確認してください。 ケノンは家庭用脱毛器では 圧倒的な売り上げNo. 1の定番商品です。 フラッシュを当てる部位はキンキンに冷やす• 高出力なカートリッジ・照射レベルを使う• 推奨される頻度よりも多く使う 残念ながらケノンの脱毛に即効性はありませんが、これさえ継続すれば「ヒゲを剃る手間」や「青ひげ」から卒業ができるでしょう。 即効性がないのは、他の部位も同じでヒゲ固有の話ではありません。 ということで、それぞれの内容について少し踏み込んで説明していきます。 フラッシュを当てる部位はキンキンに冷やす まずは、 フラッシュ照射する箇所をキンキンに冷やすことを忘れないでください。 ケノン本体に同梱されている不凍液が配合された保冷剤ではダメで、もっとカチカチに凍る保冷剤を使いましょう。 フラッシュを照射する直前に、5-10秒ほど肌を冷やしてください。 これはフラッシュ照射による 肌へのダメージを抑えることが目的です。 顔の皮膚は薄いことや次に説明する照射レベルの高さの話もあるので、フラッシュ照射による熱で皮膚がヤケドしないように気を付けてください。 ヤケドによる傷は色素沈着の原因にもなります。 そもそも、プロが対応しているエステの脱毛や医療機関の永久脱毛であっても、人によっては肌トラブルが起こるのが「脱毛」という行為です。 - 独立行政法人国民生活センター 脱毛は毛包幹細胞や毛乳頭に熱ダメージを与えることで目的を達します(表向きは自宅用やエステ用の脱毛器機では医療行為となる熱変性は行えません)。 要するに 「熱」によって脱毛の効果を得られるため、冷やし過ぎは良くない(効率を悪くする)と考えられますが、そもそも肌に問題を抱えては元も子もなくなってしまいます。 ヒゲ脱毛は継続が命なので、細く長く続けられるように慎重に行いましょう。 高出力なカートリッジ・高い照射レベルを使う ヒゲを狙って脱毛する場合、一番重要だと考えられるのが 「カートリッジ」と 「照射レベル」です。 ケノンを使ったヒゲ脱毛に挑戦するにあたって、 使用するカートリッジは「ストロング」で「照射レベル10」を基本にしてください。 正直、毛が集中して生えているあごひげに照射するときは、皮膚をキンキンに冷やしても痛いことが多いです。 覚悟しましょう。 下記は "Richards-Merhag table" という「部位ごとの毛の密度と毛包までの深さ」を一覧にしたもので、これを見るとヒゲが強敵である理由が分かると思います。 5 mm わき 65 3. 5 - 4. 5 mm ビキニ 70 3 — 5. 5 mm 腕 80 2 — 4. 5 mm 脚 60 2. 5 — 4 mm ヒゲは髪の毛(頭皮)よりも毛が密集している部位となっています。 密度が濃いということは1回のフラッシュを照射で反応するメラニン色素が多いということで、 1回あたりの熱量が分散されてしまうということにもなります。 これが冒頭で紹介した「ヒゲ脱毛の効果は評価が分かれる」という話につながっているのでしょう。 ということで、ただでさえ毛の密度が高いヒゲにも関わらず、フラッシュ照射のパワーが分散してしまうため、ケノンでは「ストロングの照射レベル10」を使って、 可能な限り強いフラッシュで毛包に熱を伝えることが重要です。 部位ごとに細かく書いているわけではないので、肌への負担や部位ごとの休止期・成長期の平均をとった結果でしょう。 実際には下記(Richards-Merhag table)のとおり、部位ごとに毛包の休止期・成長期の長さは異なっています。 部位 休止期 成長期 頭皮 3-4 months 2-6 years ほお 1 year - あごひげ 10 weeks 16 weeks くちひげ 6 weeks 6 weeks わき 3 months 4 months ビキニ 3 months 4 months 腕 18 weeks 13 weeks 脚 24 weeks 16 weeks - Laser Spa Group(英語) さらに、存在する毛包の休止期・成長期の割合も部位ごとに異なります。 もちろん、休止期の毛包にフラッシュを当てても意味がありません。 ケノンよりも高出力な器具を使うメンズエステの場合、1ヶ月に1回の施術を推奨していますね。 さらに、毛包による成長期・退行期・休止期のサイクルは遺伝・年齢・体型などで人それぞれです。 これが数年にも渡る施術を勧めるようなクリニックもある理由です(確実を求めるなら、年単位も視野に入れる必要があるということです)。 - Hair Free 部位 毛周期 あご 14 months 上唇 5 months わき 5 months 鼠径部 8 months 腕 10 months 脚 11-12 months さらに、上で書いたとおり、ヒゲは 「他の部位に比べて毛の密度が高い」ので、 「照射した熱が分散する」という固有の事情があります。 家庭用のケノンはメンズエステなどで使う器具よりもパワーが弱く、始めたての頃は毛包も多い状態のため、とにかく毛包に熱ダメージを与えることを意識したほうが良いでしょう。 私の場合、毛が伸びなくなって生える量も減る実感が早かったので、最初の頃は2-3日に1回のハイペースで照射していました。 もちろん、やみくもに頻度を増やしたら脱毛できるわけでもなく、フラッシュの影響を受けていない休止期の毛包が成長期に入ったら生えてきます。 これに対して 「伸びたら打つ」の繰り返しですね。 1回の照射で熱変性するほどのダメージを毛包幹細胞に与えられるわけではないので、これは照射頻度を高めて少しでもダメージを与えることが重要です。 抑毛効果の実感から脱毛へ ヒゲ脱毛は強敵とは言いつつ、 抑毛効果は割と早めに実感できるはずです。 ケノンを使う前は夕方には無精ひげになっていた人でも、夕方になってもヒゲが伸びてこない(伸びが遅い)ことにすぐ気付くでしょう。 これは確実に 毛包に影響(必ずしも脱毛効果ではありません)を与えられているサインで、これをモチベーションに継続するようにしてください。 密度の低いほお(もみあげの下)のヒゲであれば、すぐに生えてくる量も減っていることを実感できると思います。 さらに、生えてくる量の減少と共に 青ひげ状態が改善していることにも気づくでしょう。 ただし、家庭用脱毛のイメージは下記のように「徐々に減っていく」というスピード感です。 毛周期の話もありますが、そもそも 「もう生えてこない」というレベルで脱毛できていないケースも往々にあります。 「スルッと抜けたけど生えてきた」という話ですね。 他のパーツに効いて「ヒゲには効かない」理由はありません ここまで書いてきた内容からお分かりのとおり、冒頭に載せた 「ヒゲへの効果は評価が分かれる。 効いたらラッキー。 」ということはありません。 フラッシュを照射でダメージを与えたいヒゲ(あご・くち)の毛包は、ワキ・ビキニラインよりも浅いところ(2. 0-3. 5mm)に存在します。 フラッシュ照射による熱は十分に届くわけですね。 これでダメなら、より毛包が深いところにあるワキ・ビキニラインも効果が見込めないことになります(そんなことはないので「効果がある」ということです)。 ただ、毛の密度が圧倒的に濃いので 「パワーが分散する」のと、口ひげ・あごひげは照射部分が 形状的に「うまく当てにくい」という難点があります。 これを理解して挑むことが重要です。 ケノンを使う理由を再確認しましょう ヒゲであろうと誰にでも間違いなく効果はあるので、 評価は「その人の期待値に応えられているか否か」の問題でしょう。 要するに、「少ない回数で早く脱毛する」という目的の場合、家庭用の脱毛器はケノンに限らず実現できないでしょう。 メンズエステか医療機関に行きましょう。 ちなみに、国民生活センターの調査(下表)を見る限り、医療関・エステサロンでも問題がないわけではないので注意が必要です(高出力な器具を使う分だけリスクも高くなります)。 何はともあれ、ケノンを使う理由は 「安く」「いつでも」「自分のペース」で脱毛できることですよね。 無理なく結果が出るまで使えることこそが家庭用の脱毛器を使う強みなので、そのメリットを忘れずに根気強く取り組むことが重要です。 最後に、ヒゲ脱毛を行うにあたって重要なポイントを再掲しておきます。

次の