夏休み なくなる コロナ。 夏休みに北海道などへの国内旅行は可能?コロナの影響でどうなるの?

夏休みに北海道などへの国内旅行は可能?コロナの影響でどうなるの?

夏休み なくなる コロナ

補修等無しで無条件で進級できるのか? はたまた、夏休み返上で授業をして取り戻すのか! 上記の2つのうちどちらかの対応になると予想されます。 現在、 オンライン授業も無く自宅待機をしている学生さんは、夏休みに授業がある可能性を買う後しておく必要があります。 また、 オンラインで授業を受けている学生さんもコロナが落ち着いたタイミングでテストだけ受ける必要がある場合があります。 オンラインだからと怠けずにしっかり勉強をしましょう。 夏休みが来てもコロナが落ち着いていない可能性も!? 上記は、飽くまで夏休みまでにコロナが収束したと仮定した場合の話です。 緊急事態委宣言が発表された後も、東京では毎日200人弱の感染者が見つかっており、 現状コロナ収束の目処は立っていない状態です。 仮に、 夏休みが来てもが外出自粛が続いて居る可能性は大きいです。 現時点では、 一刻も早くコロナウイルス収束を願うことしか出来ません。 そのために出来る事は感染を広げないこと、 引き続き不要不急の外出は控えましょう。 コロナウイルスによる教育機関の対応 さて、ここまでは夏休みについて書きました。 ここからは、現在、教育機関がどのような対応をしているのかを見ていきましょう。 義務教育では臨時休校? 主に緊急事態宣言が発表された都道府県では、義務教育(小学校から高等学校まで)は現在臨時休校の対応が取られています。 期間は、緊急事態宣言中の期間と合わせて「 5月6日」までとなっています。 こちらもコロナウイルス次第となっているので実際はいつまで続くのかは目処が立っていません。 大学ではオンライン講義も!? 現在、設備の整っている大学ではオンライン講義も取り入れられています。 外出しないのが一番の対策になるので素晴らしい試みだと思いますが、やはり オンラインになることで成績の低下は免れないでしょう。 教育機関では9月入学にする動きも!? 現在持ち上がっている動きとしては「 9月から新学期を始める」という動きです。 新学期や、新年度を半年間ずらすことで授業数を考える必要を無くす方針です。 もちろん卒業も半年間後ろ倒しになります。

次の

2020年の夏休みどのくらい?コロナで短縮は確実!?既に決定した自治体の夏休み期間まとめ

夏休み なくなる コロナ

補修等無しで無条件で進級できるのか? はたまた、夏休み返上で授業をして取り戻すのか! 上記の2つのうちどちらかの対応になると予想されます。 現在、 オンライン授業も無く自宅待機をしている学生さんは、夏休みに授業がある可能性を買う後しておく必要があります。 また、 オンラインで授業を受けている学生さんもコロナが落ち着いたタイミングでテストだけ受ける必要がある場合があります。 オンラインだからと怠けずにしっかり勉強をしましょう。 夏休みが来てもコロナが落ち着いていない可能性も!? 上記は、飽くまで夏休みまでにコロナが収束したと仮定した場合の話です。 緊急事態委宣言が発表された後も、東京では毎日200人弱の感染者が見つかっており、 現状コロナ収束の目処は立っていない状態です。 仮に、 夏休みが来てもが外出自粛が続いて居る可能性は大きいです。 現時点では、 一刻も早くコロナウイルス収束を願うことしか出来ません。 そのために出来る事は感染を広げないこと、 引き続き不要不急の外出は控えましょう。 コロナウイルスによる教育機関の対応 さて、ここまでは夏休みについて書きました。 ここからは、現在、教育機関がどのような対応をしているのかを見ていきましょう。 義務教育では臨時休校? 主に緊急事態宣言が発表された都道府県では、義務教育(小学校から高等学校まで)は現在臨時休校の対応が取られています。 期間は、緊急事態宣言中の期間と合わせて「 5月6日」までとなっています。 こちらもコロナウイルス次第となっているので実際はいつまで続くのかは目処が立っていません。 大学ではオンライン講義も!? 現在、設備の整っている大学ではオンライン講義も取り入れられています。 外出しないのが一番の対策になるので素晴らしい試みだと思いますが、やはり オンラインになることで成績の低下は免れないでしょう。 教育機関では9月入学にする動きも!? 現在持ち上がっている動きとしては「 9月から新学期を始める」という動きです。 新学期や、新年度を半年間ずらすことで授業数を考える必要を無くす方針です。 もちろん卒業も半年間後ろ倒しになります。

次の

夏休みなくなる説・返上で授業は必至?実際どういう見通し?

夏休み なくなる コロナ

生活・暮らし 2020. 14 2020. 16 namaradaisuki コロナの影響で夏休みはどうなるの? 短縮やなくなるのかを調査! 新型コロナウィルスの影響により、 緊急事態宣言が発令されました。 それに伴い、対象地域では臨時休校となり、多くの学校ではゴールデンウィークが終わる5月6日までの期間となっています。 さらに、独自で緊急事態宣言を発令する自治体も出てきましたよね。 すでに 夏休みを短縮することを発表しているところもあります。 さらに心配なのが、緊急事態宣言の さらなる延長ですよね。 そうなると、夏休み自体が完全になくなる可能性もあります。 そこで今回は、夏休みはどうなるの?短縮するの?もしくは完全になくなるのかについて調べていきたいと思います。 もくじ• とりあえずの臨時休校の期間 4月7日に安倍首相が緊急事態宣言を発令しました。 その期間はゴールデンウィーク最終日の 5月6日までとなっています。 緊急事態宣言の対象地域では、それと合わせるかのように、学校の臨時休校が実施されています。 しかし、個々の市区町村では、その期間に多少のずれが生じていますが、いずれその足並みをそろえなければならない状況に陥るのではないでしょうか。 そして、愛知県・岐阜県・三重県・北海道・石川県などでも 独自の緊急事態宣言を発令し、期間も政府が決めたものに準じています。 ほかの自治体でも独自の緊急事態宣言を検討しているところもあります。 さらに、感染拡大の状況次第では、さらに増える可能性もありますね。 各自治体の教育委員会は、戦々恐々と その動向に注視しているのではないでしょうか。 およそ1ヵ月の臨時休校なので、授業の遅れは否めませんよね。 しかも、塾なども休業要請に含まれているため、夏休みでその遅れを取り戻すしかありません。 とりあえずは、緊急事態宣言が予定通りの期間で解除されるのを期待しましょう。 Sponsored Link 夏休み短縮かなくなるの? 臨時休校が始まった時点で、その分の穴埋めを夏休みで補うことになります。 仮に 臨時休校が延長となると、本当に夏休みがなくなるのかもしれません。 実際にフランスなどでは、 9月まで臨時休校を検討しているようです。 また、イタリアでも学年末に当たる 6月末まで臨時休校を検討しています。 日本よりも早い段階で強硬な都市封鎖などを行ってきた国々ですらそのような状況なので、日本でも十分に臨時休校の延長が考えられますよね。 日本での緊急事態宣言は、 緊急事態宣言の体をなしていないと、海外から非難されているほどです。 安倍首相は、最低でも7割、極力8割の人との接触を減らしたいと語っていました。 8割が達成できた場合には、1ヵ月である程度の収束が望めるそうです。 しかし、7割となると、感染が収束してくるまでに時間がかかり、 2~3か月ほどの期間を要してしまうという試算があります。 現在の状況を見ると、最低目標である7割にも届いていないのではないでしょうか。 このままだと、おそらくはダラダラと感染が収束せずに、緊急事態宣言の期間が延長することが 濃厚だと思います。 そうなると、臨時休校は7月や8月まで突入し、必然的に夏休みはなくなってしまいます。 そもそも臨時休校なので、 夏休みという概念がなくなるといった方が正しいのでしょうか。 夏休みには、田舎のおじいちゃんおばあちゃんに会いに行ったり、海や山で思いっきり遊ぶことが常です。 しかし、緊急事態宣言の期間中であれば、 それも不可能ですよね。 欧米などの状況を考えると、夏休みがなくなる可能性の方が高いような気がします。 それも、政府の対応次第でかなり変わってくると思うのですが、あまり期待できそうにありません・・・ 感染を早く収束させるためには? 緊急事態宣言の期間が伸びれば伸びるほど、 経済的な影響も深刻さを増してしまいます。 政府のこれまでの対応は、完全に後手後手となっており、その結果が今の日本の状況ですよね。 安倍首相は、口では先手先手と言っていますが、何をもって先手と言っているのかが理解出来ません。 今回の緊急事態宣言で、いよいよ本気を出してくれるのかと思いきや、国民の多くが 肩透かしにあったような状態です。 特に、安倍首相は国民に対して、活動の自粛を要請していますが、その救済措置は完全に不十分となっています。 海外では、今回の新型コロナウィルスに対しては、 戦時下の状況で臨んでいます。 一方の日本では、法的にもそれほどの効力を発揮することが出来ません。 それであれば、根本的に法改正を行い、徹底した姿勢で新型コロナウィルスに対峙する必要があります。 そして、小手先ばかりの緊急経済対策を打ち出すのではなく、 迅速かつ大規模な対策を打ち出すべきなのではないでしょうか。 このままでは本当に、ズルズルと長期化し、経済的な犠牲者が増加することが目に見えています。 完全に疲弊しきってしまった日本経済を立て直すことは容易ではありません。 疲弊しきる前に、国民にある程度の余力がないと、 経済のV字回復は難しいのでは無いでしょうか。 そして、そのような政府の姿勢に対して、来年の東京オリンピックの開催も危ぶまれているとの声もありますよね。 現在の日本のこの状況では、東京オリンピックのことを考える余裕すらありません。 こうしている間にも、経済的な犠牲者が出ているのではないでしょうか。

次の