友達 が 少ない。 結婚式に呼ぶ友達がいない・少ない!友人招待人数の平均も紹介

大学生で友達が少ないのは影響ある?人生を考えた友達のつくり方

友達 が 少ない

たった数人の友人しか持たないことは知的なことだとみなされていません。 逆に友人がいないと、他人と関わるのが好きではない種類の人として「変わった人」のカテゴリーに入れられてしまいます。 しかし、これは事実なのでしょうか?友人が少ないことが変だというのは本当なのでしょうか?実は、人によっては、それは知的さと同義だと言います。 これは多くの人が認識する一方で、多くの人を驚かせもした革命的な主張です。 ある研究では、知的な人は友人の数がかなり少ないことが明らかになっており、それは知的な人が私達とはかなり違った振る舞いをするからだとされています。 心理学者のとノーマン・リーは、人口密度の高い場所に住む人はあまり幸せだと感じないと結論付けました。 この主張は多くの人の考えと合致するものでしたが、それまで一度も証明も研究もされていないないものでした。 しかし今、統計によってそれが浮き彫りとなり、その伝説が真実であったことが確認されました。 知的な人と友人 頭のいい人と考えると、成績がいい人やいつも本を片手に持っている人のことを考えるかもしれません。 そういった人は、教授に課された課題を先に済ませてしまおうと図書館で時間を過ごすことを好みます。 社交は彼らが必要とするものではなく、事実、彼らはなのです。 孤独と自立 多くの人は孤独と情緒的依存に深刻な問題を抱えています。 私達は、あらゆる物事や人とかけ離れた淵で生きるようには育てられていません。 私達は良い仲間と一緒にいることを楽しむ社交的な生き物であり、この仲間との時間を時に必要とします。 しかし、もし孤独でも幸せだったとしたらどうでしょうか? この研究で、 知的な人は独りで時間を過ごす時により多くの満足感を得られることが分かっています。 これは彼らが世界から孤立しているというわけではありません。 もちろん、彼らも人と関わり合いますが、身近で馴染のある人とのみなのです。 知的な人は友人に頼ることができる一方で、もし友人が何らかの形で関係を継続できなくなったとしても、前へ進み続けるのに全く問題がないのです。 彼らはどんなサポートも必要とせずに人生に直面する準備が整っているのです。 多くの人とは対照的に、 知的な人はのです。 知的な人は随分と自立しており、孤独というほとんどの人にとっては考えられないことを楽しんでいます。 こうした面で、研究者たちは サバンナ説という人類史の初めから今までに至る人類の脳の進化に焦点を当てる説に注目します。 ホモサピエンスが最初に地球上で歩いていた頃、彼らは他の仲間と離れた存在ではありませんでした。 代わりに、彼らは大きくて、開けっぴろげな空間に一緒に住んでいました。 とても数少ない人しかいなかったので、自分たちを守り生き残るためにグループを構成しました。 知的な人は自分の周りの数少ない人と共に、こうした広くて群居しない空間にいるかのように感じているのです。 だから 彼らは、知らない人からの助けやサポートなしに自分で試練に向き合う覚悟ができているのです。 彼らには確信があり、知らない人を頼ることは足手まといになるかもしれないのです。 世界に偉大な発明をして貢献した人々は、まさに社交性を重要視しなかった良い例です。 おそらく彼らのプロジェクトや目標のほうが、他人と関わり合うことよりもずっと幸せにしてくれたのでしょう。 更に、ロンドンスクールオブエコノミクスのカナザワ氏はまた別の爆弾を落下させました。 最も知的な女性は子供を持たないか、遅くになって子供を持つということです。 世界を見渡してみれば、一理ある理論です。 より教養がある人、キャリアのある人、あるいは何らかの訓練を受けている人は30才を超えるまで子供を持ちません。 しかし、高校の後に教育を終えるほとんどの人は既に子供が一人か二人いる家族を持っています。 知的であるかそうでないかということは、と大きく関係があるようです。 この研究によると、あなたの知的レベルがあなたの行くべき道をいずれかの方向へと導いていくことができるのです。

次の

友達が少ないと思った時に読みたい自分らしくなれる5つのポイント

友達 が 少ない

大学で友達が少ない女性が困ること あなたはなぜ友達が少ないことについて気になってしまうのでしょうか?友達が少ない女性が困ることをピックアップしていきます! 友達が少ないと大学生活に支障が出る 高校を卒業し、一気に自由となった大学生活。 出席する・しないも自由だし、煩わしい集団行動や行事、人間関係のストレスもぐっと減ります。 でもその反面、なかなか友達が作りづらいという特徴があります。 今までと違ってクラスがないところが多いし、講義が自由ということはメンバーが集まりにくいので、集団行動を行っているだけで友達ができる機会はなく、自分自身で仲間の輪に入らなければなりません。 自由行動しても困らないといっても、困ることが全くないというわけではありません。 例えばテスト。 毎日しっかり授業に出席し、内容を完璧に理解していれば問題ありませんが、時には休んでしまったり他のバイトなどで出席できないなんてこともあります。 その時のノートをもらったり、テストの過去問題を入手するためには友達づきあいがないと困ってしまいます。 友達が少ないとさみしい・モチベーションが下がる いくら友達が少ないと言っても、一人ぼっちではさみしいもの。 一人でいた方が気楽だけど、人に全く興味がないわけではありません。 大学に入って全く友達と交流がなくなったときに、寂しさを感じたりモチベーションが下がってしまうことがあります。 昔は煩わしい人間関係だと思っていましたが、多少なりとも友達として接している時間が貴重だったということに気づくはずです。 他にも今まであった学校生活でのイベントが減ります。 高校生までは体育祭・文化祭などさまざまなイベントがありましたが、大学生になると自分から働きかけないとイベントに参加する機会が減ります。 仲間と楽しみたいのであれば、自分から積極的に外と関わらないといけない部分も多少は出てくるのです。 友達が少ない自分の特徴を知る そのことを踏まえて、友達が少ないと感じているあなた自身のことを知りましょう。 まず友達が多い・少ないにいい・悪いはありません。 友達の定義も人によって違うし、多い・少ないの感じ方ははその人によって違うのです。 そして、「友達が少ない」にも大きく分けて二つの特徴があります。 男性に好かれようとするから友達が少ない 同性の友達をつくるのと、異性の友達をつくるのは別問題です。 異性に好かれようとアピールすることで同性から嫌われたりします。 もしくは女性は同調することを好むため、人と話を合わせない人も女性の友達が少なくなります。 男性の友達が多い• 男性の前でぶりっ子をする自覚がある• 人と話を合わせない、思ったことをハッキリ言う もちろん同性・異性関わらず友達が多い人もいます。 要はどんな友達を作りたいか、そこに注ぐエネルギーの違いによって同性の友達の多い少ないが変わってきます。 敏感で繊細な人間である 敏感で繊細な人は全世界の中で5人に1人おり、人種や性格による違いはありません。 刺激に敏感であるため人への影響を受けやすく、多くの友達を作るのは苦手です。 刺激に敏感に反応する• 人の影響を受けやすい• 慎重で、自分のペースを守る そして、敏感で繊細である人は、外向的・内向的どちらかと言われれば内向的であることがほとんどです。 外向的ではなく、内向的な人間である 外向的な人は広く浅くを好みますが、内向的な人は狭く不覚を好みます。 したがって、初対面の人と仲良くなるのには時間がかかるので友達が少なくなります。 はじめての場所や人が苦手• ざっくばらんな会話より深い会話を好む• 一人でいることを好む 社交的・外向的ではなく内向的で一人を好む人は4人に1人いると言われています。 これは男性・女性関わらずではありますが、女性の方が人間関係に敏感で、友達が少ないことにさみしさや不安を感じることが多いです。 友達が少ないことのメリット けれども、友達が少ないことにはメリットももちろんあります。 人間関係におけるストレスが減る 友達が少ないということは、それだけ人間関係におけるストレスが減るということ。 多くの友達に囲まれた人が幸せかと言われれば必ずしもそうとは限りません。 一人でゆっくりしたいと思っても、人間関係のしがらみにとらわれることもあります。 特に繊細で1人を好むあなたの場合、ストレスを減らすのはもっとも大切にすべきことです。 無駄な出費が減る 友達付き合いには、もちろん時間とお金がかかります。 飲み会・旅行などはもちろん楽しい・喜ばしい場でもありますが、同時に出費もかさみます。 場合によってはストレスだけため込んで時間とお金を無駄にしてしまうことも少なくありません。 あなたの大切な時間とお金を、あなたの好きなことに使うことができるのです。 一人の時間を大切にできる 友達が少ないと、その代わりに1人の時間を大切にできます。 物事に敏感な人は、エネルギーをチャージするためにどうしても一人でいる時間が必要です。 一人でいることはさびしいこと・よくないことと考えられてきましたが、最近では「おひとり様」という言葉が定着するほど、1人でいることに抵抗感は感じなくなっているのではないでしょうか。 自分を責めたりせず、堂々と一人の時間を満喫してください。 友達と深い関係を築くことができる 友達が多いと、どうしても広く・浅くの関係になりがちです。 Facebookの友達が多い人がいますが、ほとんどは知らない人ばかり。 広く・浅くではなく、狭く・深くを意識することで今いる友達の関係を深めることができるのです。 以上が友達が少ないことのメリットです。 それでは最後に友達が少ない人がどうやって人間関係をつくっていくのか、そのとっかかりについてお伝えしていきます。 友達が少ない人の人間関係のつくり方 友達が少ない人は友達が少ないなりに人間関係を築けばいいのです。 先ほどもお話しした通り、全くつながりを切ってしまえばさみしさを感じたり不安を覚えたりするので、最低限の、気の合った人とのつながりを重視するようにしましょう。 そのための人間関係のつくり方のポイントをお伝えしていきます。 無理に明るくしゃべらなくてもいい 繊細で内向的な人は、物静かで消極的な方がほとんどです。 無理に明るく振舞ったりすることはあなたにとってストレスになるばかりか、本当に友達になるべき人を遠ざけることになりかねません。 友達になる人はできるだけあなたと同じような気の合う人を選びましょう。 無理に取り繕った偽りの自分を演じることは、例えば就職活動などでも悪影響を及ぼします。 ぎこちない演技をすることで面接官の評価を下げてしまうこともあるので気をつけましょう。 うまく話せなくても全然OK! 人間関係をつくるのに、うまく話す必要はありません。 今までを振り返ってみても、うまく話せたから友達関係になったわけではないはずです。 むしろ気の合う・落ち着いていられる人だからうまくスラスラと話せるのではないでしょうか。 相手にしゃべってもらう仕掛けをつくろう 自分から話すことが難しいのであれば、相手に積極的にしゃべってもらう仕掛けを作ることが効果的です。 相手にしゃべってもらうためには、相手に質問してもらうようにすること。 聞かれると嬉しい・聞かれると話しやすくなるように、自分の好きなもの・キャラクター・ファッションなどを相手の目に留まるようにしてみてください。 無口な人がいても話題がなくても大丈夫! 反対に、自分から話しかけようとする場合は、先ほどとは反対のことをします。 つまり、自分から話すときは、自分のことを話すのではなく相手に質問するようにしてみてください。 注意する点は、「相手に関する話題」を聞くこと。 初対面であれば、どこ出身なのか・どんな部活動をしていたのか、などなど簡単な話題でOK。 相手が話しやすい話題を選べば話が弾むこと間違いなしです。 気の合う人と一緒にいる時間を大切にする 友達が少ない、繊細で内向的な人は集団での人づきあいが苦手です。 飲み会の席やパーティー、大勢で行動するときなど、こんなときは多くの人に気を配るのではなく、気の合う人と一緒にいる時間を増やしましょう。 「気の合う人」とは具体的に言えば、一緒にいても安心できる人のこと。 「しゃべらなきゃ、しゃべらなきゃ」と思ってしまうと自然といられないので、しゃべらなくても問題ないと感じる人と一緒にいるようにしてください。 悪口を言われないようにする方法 友達付き合いのデメリットでもある、人間関係におけるストレス。 その中でも多いのは他人の悪口ではないでしょうか。 悪口はその場では盛り上がりますが、ずっと聞いたままではあまり気持ちのよいものではないし、自分が言われているかもしれないと不安になるかもしれませんね。 その時の対処法は、なるべく悪口を言うような集まりには参加しないこと。 そして悪口に同意せず、あくまで物静かなキャラに徹することがベストです。 内向的で繊細な人が活躍する時代 友達が少ないということはデメリットだと感じやすく、自分を責めてしまいがちですが、そうではなくメリットもあるということをお伝えしてきました。 けれども、今まで生きてきた中で、やっぱり友達が多い人に憧れを抱いてきたのも事実です。 これから社会に出ていく中で繊細で物静かな人は自分に価値を見出せるかどうか心配になるかもしれません。 しかし、内向的で繊細な人は素晴らしい才能があります。 それは、物事を深く考えられること。 どの世界も似たようなアイデアやサービスが出回る中、物事を深く考えられるあなたであれば、他の人が思いつかないような意見・アイデアをつくり出せるクリエイティブな才能があります。 自分自身の特徴を知り、それを活かす。 欠点を直すのではなく長所を伸ばしていけば、努力しなくてもあなたに合った友達が自然とできていくと私は思っています。 まとめ• 大学で友達が少ない女性が困ることは、勉強の情報収集・楽しみとなるイベントが減り、寂しさや不安を感じることがある。 友達が少ない女性は、自分の特徴を知ることから始まる。 繊細で内向的な部分を認めることで自分を責めることは減る。 友達が少ないことのメリットは、人付き合いのストレスが減り、時間とお金を自分のために使うことができる。 友達が少ない人が人間関係をつくるには無理をしないこと。 自分を知り、自分に合った人と深く付き合うことがその秘訣。 いかがだったでしょうか。 私も繊細で1人でいることを好む人間だったので、自分自身を振り返って特徴と人間関係のつくりかたをまとめました。 バランスを取ることはもちろん大切ですが、自分自身に合ったバランスを見つけること。 友達が少なくても責められたり大きな不具合が起こることはありません。 思い切り一人の時間を楽しみましょう!.

次の

友達が少ない女性との恋愛とは? 友達が少ない人の特徴も紹介!

友達 が 少ない

東日本大震災後、改めて「絆」の重要性を痛感した日本人。 様々な場所で「誰かとつながること」の大切さが叫ばれています。 友人の数に関する統計には様々なものがある。 社会人の平均は10人前後だけれど、どんな調査を見ても「友達はいない」という層は5〜6%は存在する。 社会人になって、それなりに充実した人生を送って、信頼できる同僚や愛すべき家族もいるけれど、「友達」と呼べる相手は極めて少ないか、ゼロ——。 そんな人もいるはずです。 「絆全盛」の今、友達が少ない人はまずいことなの?(聞き手/日経ビジネス編集部デスク・鈴木信行) 諸富祥彦(もろとみ・よしひこ)氏 臨床心理士/上級教育カウンセラー 1963 年福岡県生まれ。 筑波大学人間学類卒業、同大学院博士課程修了。 英イーストアングリア大学、米トランスパーソナル心理学研究所客員研究員、千葉大学教育学部講師、助教授を経て、明治大学文学部教授。 教育学博士。 日本トランスパーソナル学会会長、日本カウンセリング学会理事、日本産業カウンセリング学会理事、日本生徒指導学会理事。 諸富:「友達がいない」といっても様々なケースがあります。 自分の人生を充実させるため人間関係に過剰に時間を奪われるのが嫌で、人脈を整理していたら、いつの間にか一人で過ごす時間が多くなった、という場合もあるでしょうし、友達が欲しくてしょうがない、飲み会に誘ってもらいたくてしょうがない、なのに周囲から嫌われて泣く泣く孤立しているという場合もある。 今日のテーマはどちらでしょう。 ——前者です。 今、話題のSNEP(孤立無業者)などではなく、会社に入って10〜20年、紆余曲折を経ながらそれなりに充実した日々を過ごしてきた。 信頼できる同僚も、愛する家族もいる。 けれど、若い頃ならまだしも、仕事に子育てにと時間に追われる生活をしているうちに、同窓会などからは足が遠のき、会社の人間と休日まで交流する気にはなれず、ふと気がつけば「友達」と呼べる相手は極めて少ないか、ゼロ。 例えば、そんなケースです。 諸富:ああ、でしたら問題ありません。 ——ですが世間的には、「友達が少ないのは良くないこと」「友達がいないのは変な人」という雰囲気が蔓延している気がしますが。 諸富:いやいや、僕に言わせれば、「誰かと絶えずくっつくことで安心感を獲得し、そうでない人間を排除しようとする人たち」こそ、よほど問題だと思いますよ。 「一人の時間を過ごせる力」、言い換えれば「孤独力」は、現代をタフに、しなやかに、クリエーティブに生きるための必須能力で、今からの時代、ますます大切になっていきます。 その意味では、ビジネスパーソンに限らず、孤独を愛する人は、人生を充実させる上で強烈なアドバンテージを持っていると言っていい。 ——でも現実に世間では、「交友関係が狭いのは悪しきこと」という空気が漂っていませんか。 職場でも、会社によっては、「友達がいない人間は価値が低い」「同僚と昼食を取らない人はどこか問題がある」「単独行動が多いのはわがまま」と認定する価値観が色濃く残っています。 諸富:確かに。 その結果として「ランチメイト症候群」みたいな現象も出てくる。 ——昼食を一緒に食べる相手のいない会社員、特に女性社員が、鬱やノイローゼにまでなってしまう現象のことですね。 あれなどは、本人や周囲が「友達がいないのは人間として問題である」と思い込んでいるから起きるものでしょう。 逆に、「友達は多ければ多いほどいい」とばかりに、部員全員で毎日ランチに行くことを事実上強制され、時間やお金の浪費に頭を悩ませている会社員も存在します。 諸富:いけませんね。 昼休みぐらい「一人の時間」を作らないと、いいアイデアなんて浮かびません。 本当に優れた発想というのは、一人で自分の内面と深く会話している時にこそ生まれるものなんですから。

次の