キリキザン 弱点。 【ポケモン剣盾】ゲンガーの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】ゲンガーの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

キリキザン 弱点

わざ候補 育成論と使い方 ふいうちを軸に戦う キリキザンの長所は タイプ一致で高火力のふいうちを使え、つるぎのまいで火力を上昇させることも出来る点。 アタッカー相手ならかなりのダメージが入るので、ふいうちを軸に戦っていこう。 あく技とはがね技で多くのポケモンを相手にできる。 いかくを受けるとむしろ攻撃力が1段階上がる。 追加効果で能力を下げるダイマックス技にも強い。 メタルバーストで奇襲も可能 キリキザンが使える技メタルバーストは、 同じターンに敵から受けたダメージを1. 5倍にして返す技。 同じ反撃技のカウンターやミラーコートと違い、後攻技ではないのでSの調整が必要な点には注意。 あくが等倍のポケモンだと一撃で落とされることも少なくないので、あくタイプと相性のいいポケモンで戦うのがおすすめ。 補助技も覚えたポケモンを出す 全て攻撃技のポケモンを出すとふいうちを必ず喰らってしまう。 最低1個は補助技を持っているポケモンを出して、ふいうちとの読み合いに持ち込もう。 アーマーガアを出した場合、 ダイアークやダイアタックの追加効果を跳ね返してまけんきを発動されることも。 受けポケはギロチンに注意 採用はまれだが、キリキザンは一撃必殺のハサミギロチンを覚える。 受けポケモンはどうしようもないので、対面させないのが無難。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 攻略データベース.

次の

キリキザン|ポケモン図鑑ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

キリキザン 弱点

レベル40・個体値15を前提として、すべてのポケモンとすべての技の組み合わせで バトルをシミュレーションした結果から表示しています。 相手の技については、すべての組み合わせを検討した上で相手が優位なものを採用しています。 「おすすめ度」は、 短い時間で倒せることと、 撃破した時の残存HP率の高いことを基準に使いやすさの目安として表示しています。 詳細は、「時間」「残HP」の項目を参照してください。 同じポケモンは上位2通りの技構成だけ表示しています。 なお、相手の技は3回に1度の割合で避けるシミュレーションとなっていますので、例えばすべての技を避けられるのであれば、「時間」が早い 値が小さい ものを選ぶと良いでしょう。 ジム・レイド戦でオススメの対策ポケモン ポケモン 技構成 おすすめ度 [偏差値] 時間 [残HP] 100. 0 [136. 6] 6. 9 [132. 6] 6. 4 [132. 1] 6. 3 [130. 0] 6. 1 [125. 1] 7. 1 [125. 1] 7. 1 [124. 0] 7. 4 [123. 3] 7. 2 [123. 1] 7. 8 [118. 9] 7. 3 [118. 4] 7. 2 [114. 5] 8. 0 [110. 4] 8. 9 [108. 3] 8. 7 [106. 1] 9. 1 [104. 6] 9. 1 [99. 8] 9. 2 [98. 9] 10. 0 [97. 7] 10. 3 [97. 0] 10. 5 [96. 3] 10. 1 [94. 0] 11. 相手のHPを削るスピードは速いものの、相手から受けるダメージも大きいです。

次の

【ポケモンGO】ニャイキングのおすすめ技と最大CP&弱点

キリキザン 弱点

図鑑説明 の むれを ひきいている。 の ざを うばいあい たたかう。 やぶれると むれを おいだされる。 おおぜいの を したがえて えものを むれで おいつめる。 とどめは キリキザンが さす。 すうひきの を たたかわせ きずつき うごけなくなった えものを まっぷたつにする こわい。 からのがL2とかなり遅い部類だ。 に出てきそうな、な外見をしている。 あるいは「」• こうげき、ぼうぎょが高いが他のは低め。 半減以下の数11と一部のに有利な耐性を持っているものの、弱点は炎・格闘 4倍 ・地面と全てで面にはあまり期待できない。 を下げられると攻撃が二段階上がる「 まけんき」は体のキリキザンには心強い。 ただ、対戦でよく出てくる威嚇持ちはが高くキリキザンの弱点も突いてくる強であることも多い。 、、霊、等 でを撃ってくる相手も多いため、怯まない「 せいしん」も。 ただまけんきの方が役立つ機会は多いだろう。 は「 」。 一応みが恨みなんてこともできるが、も素さもそこそこ程度のための域は出ない。 不意打ちや、などで相手の行動をながら戦っていく。 ウェは豊富とは言えず、な、素さと弱点がな事から不利な相手も多い。 教え技でけたぐりなどが追加されウェは少し増えたが、それでもまだまだ乏しい。 ある程度不利でも突破の可性が出る、不意打ちを決めやすくする挑発などもあれば役立つ事もある。 次第で大活躍できるを持つが、やられる時はほとんど何もできず殺されかねない。 使う人はぜひ以上の強さを発揮させてやって欲しい。 図鑑説明によると戦い方は随分残である。 たちで動きを止めて手でメをさすのだろうか……• やはり。 関連動画 お絵カキコ 関連項目•

次の