尾道 天気 雨雲 レーダー。 北陸朝日放送本社前 ライブカメラ(HAB)と雨雲レーダー/石川県金沢市松島

気象庁

尾道 天気 雨雲 レーダー

気象レーダーって何だろう? 気象レーダーは、電波で雨の粒を感知して、雨雲までの距離や雨の強さを観測するものだよ。 アンテナから発射された電波が、雨粒にぶつかって反射する電波を解析することによって、雨雲の様子がわかるよ。 雨雲の様子がわかると、どこで雨が降っているのかよくわかるよね。 日本にはこの気象レーダーが、約20カ所あるんだけど、そんな気象レーダーも、電波が発射される高さよりも、低い位置で降る雨や、雨の粒が小さすぎて、反射する電波が弱すぎるものなど、検知できない雨もあるよ。 さて、この便利な雨雲レーダー(気象レーダー)。 「今、確かにこの場所で雨が降っているのに、レーダーには映っていない。。。 」なんて経験ありませんか? 一体、何が起こっているのでしょうか? 現在使用されている気象レーダーには次の特徴があります。 (1) 高度2km上空付近の雨雲を観測しているので、それよりも低い雨雲は映らない (2) 雨の粒が小さい場合は、映らない 気象レーダーに映らないのは、「霧雨」が多いようです。 「霧雨」は雨の粒が小さい為、レーダーの反射強度が弱かったり、雨雲がレーダーの観測高度よりも低い位置にある事が多く、映らない場合があります。 また逆に、レーダーに映っているのに実際は雨が降っていない。 ということもあります。 レーダーが発射する電波の高さには、確かに雨粒が存在していても、地上に降ってくる間に蒸発してしまうケースがそれです。 地上付近の空気が乾燥していると、このような現象が起こります。

次の

三重県 名張駅の雨雲レーダーと各地の天気予報

尾道 天気 雨雲 レーダー

名張駅(なばりえき)は、三重県名張市平尾にある、近畿日本鉄道(近鉄)大阪線の駅である。 駅長配置駅である。 1930年(昭和5年)10月10日 - 参宮急行電鉄の榛原 - 伊賀神戸間開通時に開業。 1941年(昭和16年)3月15日 - 大阪電気軌道との会社合併により、関西急行鉄道の駅となる。 1944年(昭和19年)6月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。 なお、JR東海の名松線は名張と松阪を結ぶ計画からこの名称がついたが、参宮急行電鉄が先に開通したため名張まで延伸される事はなかった。 こちらは参宮急行電鉄名張駅の開設時に西名張駅と改称し、1964年に西名張 - 伊賀神戸間を廃止したため、廃駅となった。 当初は参宮急行電鉄もこの伊賀線の名張駅を経由する予定であったが、新線建設を聞き付けた利権屋による周辺の土地の買い占めなどの問題が発生したため、市街地の南を迂回する路線となり、このルート上に現在の名張駅が建設されたと言われている。 三重県 名張駅に関するYouTube動画 三重県 名張駅に関するYouTube動画を表示します。 雨雲レーダーの見方・使い方 地図をドラッグして見たい位置に調整して、地図左上の「ー」「+」で縮尺を調整します。 雨雲のない場所には何も表示されないので、一度倍率を下げて全体像を確認することをおすすめします。 雨雲レーダーは5分間毎に自動更新されます。 拡大しすぎると雨雲が表示されなくなります。 降水量の見方 雨雲は色によって降水量を表示しています。 0~1• 1~2• 2~4• 4~8• 8~12• 12~16• 16~24• 24~32• 32~40• 40~48• 48~56• 56~64• 64~80• 80~• 地図(雨雲レーダー) 検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(雨雲レーダー)の住所検索・郵便番号検索が行えます。 Yahoo! 地図では雨雲レーダーも見ることができます。 住所でYahoo地図検索(地図と雨雲レーダー).

次の

広島県尾道市の雨雲レーダーと各地の天気予報

尾道 天気 雨雲 レーダー

気象レーダーって何だろう? 気象レーダーは、電波で雨の粒を感知して、雨雲までの距離や雨の強さを観測するものだよ。 アンテナから発射された電波が、雨粒にぶつかって反射する電波を解析することによって、雨雲の様子がわかるよ。 雨雲の様子がわかると、どこで雨が降っているのかよくわかるよね。 日本にはこの気象レーダーが、約20カ所あるんだけど、そんな気象レーダーも、電波が発射される高さよりも、低い位置で降る雨や、雨の粒が小さすぎて、反射する電波が弱すぎるものなど、検知できない雨もあるよ。 さて、この便利な雨雲レーダー(気象レーダー)。 「今、確かにこの場所で雨が降っているのに、レーダーには映っていない。。。 」なんて経験ありませんか? 一体、何が起こっているのでしょうか? 現在使用されている気象レーダーには次の特徴があります。 (1) 高度2km上空付近の雨雲を観測しているので、それよりも低い雨雲は映らない (2) 雨の粒が小さい場合は、映らない 気象レーダーに映らないのは、「霧雨」が多いようです。 「霧雨」は雨の粒が小さい為、レーダーの反射強度が弱かったり、雨雲がレーダーの観測高度よりも低い位置にある事が多く、映らない場合があります。 また逆に、レーダーに映っているのに実際は雨が降っていない。 ということもあります。 レーダーが発射する電波の高さには、確かに雨粒が存在していても、地上に降ってくる間に蒸発してしまうケースがそれです。 地上付近の空気が乾燥していると、このような現象が起こります。

次の