ご連絡お待ちしております 失礼。 ご連絡お待ちしておりますの例文5選!ビジネスメールの敬語も

「ご連絡お待ちしております」の使い方・例文・言い換え|相手別

ご連絡お待ちしております 失礼

相手に対して返事の催促などをする場合には最もスタンダードな表現と言われる「ご連絡お待ちしております」という使い方が無難であると言われています。 日常的にやりとりをする相手や、同じくらいの年齢の相手などには「またのご連絡お待ちしております」などの表現を使っておけば失礼のない話し方と考えて良いと言われています。 しかし相手がかなり目上の人であったり、こちら側に何らかのミスなどがあった際は別の話です。 相手がかなり目上の人であったり、こちら側に何らかのミスなどがあった場合には、相手に対して通常よりも大きな敬意を表す必要があります。 そのため「ご連絡お待ちしております」という表現では丁寧さに欠けると受け取られてしまったり、反省の色が見えないと受け取られてしまったりする恐れがあると言われています。 相手がかなり目上の人であったり、こちら側に何らかのミスなどがあった場合には、最上級の敬意を表さなければ相手に失礼な印象を与えてしまうおそれがあります。 ビジネスは相手との人間関係が非常に重要ですので、相手に「失礼な人」と思われてしまうと、なかなか協力をしてくれなかったり気軽に連絡や相談ができなかったりと、円滑に仕事が進まなくなる恐れがあると言われています。 そのため相手がかなり目上の人であったり、こちら側に何らかのミスなどがあった場合には、最も丁寧な表現と言われる「ご連絡お待ち申し上げております」という表現を使ったメールが良いと言われています。 さらに「またのご連絡をお待ち申し上げております」などというと柔らかい印象を与えられると言われています。 「ご連絡いただければ幸いです」という表現には、ご連絡いただけるとありがたいです・嬉しいですといった意味合いが込められると言われています。 「ご連絡いただければ幸いです」という表現は、「いただく」という謙譲語表現が用いられており、さらに「ありがたいです」といった意味合いになる「幸いです」という丁重な言い回しが使われています。 このように「ご連絡いただければ幸いです」という表現は相手に対する丁重な姿勢を表す言い回しであることがわかります。 そのため聞き手に柔らかい印象を与えることから相手の好感度を上げたり親密な関係になるための距離を縮めるといった効果が得やすいと言われています。 ちなみに「ご連絡いただければ幸いです」という表現については以下の記事で詳しくお伝えしているのでぜひ合わせてご覧ください。 「お返事お待ちしております」という表現は「お返事を待っています」という意味合いになります。 「お待ちしております」という表現は待つという言葉の丁寧語表現に当たります。 「お返事お待ちしております」という表現は相手から「次回の会議について、詳細が決まりましたら改めてご連絡を差し上げます」などと言われた際の返事として重宝されると言われています。 「また連絡を差し上げます」と言われた時に「はい、お願いします」と返事するだけでは物足りないという場合があります。 こういった場合に「お返事お待ちしております」と返事ができると、よりしっかりとした受け答えのできる人物であると思われやすいと言われています。 こういった印象の積み重ねが信頼につながると言われていることから言葉遣いに気を付ける人は少なくないと言われています。 「お電話お待ちしております」という表現は「お電話を待っています」という意味合いになります。 お電話と表現していることから、いつものやりとりが電話である人に使われることが多い表現であると言われています。 いつも電話でのやりとりをするということが暗にわかっているという状況は、相手との人間関係が全く白紙の状態ではなく、ある程度の関係が構築できているケースが多いと言われています。 そういった相手に対して丁寧すぎる敬語表現を使ってしまうと相手から距離を置かれているのではないかと思われるおそれがあります。 ビジネスにおいて良好な人間関係を築くことは非常に大切ですので、その人との距離感を把握することは重要です。 ある程度親密であるというニュアンスを出したい場合は「お電話お待ちしております」という表現が使えると言われています。 ちなみにいつもメールでやりとりする場合はメールお待ちしておりますも使える表現です。 」です。 「look forward to ~」という表現には「楽しみに~を待っています」という意味があります。 そのため「look forward to hearing from you. 」という言い方は「お返事をお待ちしております」という表現の定型文になっていると言われています。 お返事お待ちしておりますという表現では相手のメールをゆっくりと待つ時間的余裕があるケースが多いですが、相手からの連絡を早めにいただかなければならない場合には積極的に相手に返答を求める必要があります。 そういった際に「ご返答」といった表現が使えるので以下の記事を参考になさってください。 」です。 またのという表現を「again」で表しています。 またのは「次回の」といった意味があることから「again」でまたのを表現しています。 「contact」は、接触する・連絡をとるといった意味合いをもつ英語表現です。 「相手とコンタクトをとっておいてね」など、コンタクトという言葉は日本語としても使われるのでイメージしやすい表現であると言われています。 このように日本語の中に一部の英語が混じる表現はルー語と呼ばれています。 バイリンガルやマルチリンガルの方に多いのですが、片方の言語で適切な表現が思い浮かばない時にルー語になると言われています。 以下のサイトではルー語の原因などについて詳しく書かれていたので参考になさってください。 ご連絡お待ちしておりますというところを「連絡お待ちしております」や「ご連絡待ってます」などと表現してしまうと正しい敬語表現になっておらず相手に不快感を与えてしまうおそれがあると言われているので注意が必要です。 相手と頻繁にやりとりをすることがあったりある程度の人間関係ができている相手だったりすると、多少の敬語の使い間違いは許容されます。 しかしあまり親しくない関係性の人や、目上の人に対して敬語の使い間違いをしてしまうと失礼な人といった印象や正しい言葉遣いができないいい加減な人と思われてしまうかもしれません。 ビジネスにおいて人間関係は非常に重要です。 人間関係の良し悪しが仕事の成否に影響したり、円滑な仕事につながることは少なくありません。 ちなみに相手とやりとりするという時の「やりとり」という意味や使い方についても把握しておくと仕事に役立ちます。 以下のサイトで詳しく紹介されていたので参考になさってください。 敬語表現を間違えることにも注意しなければなりませんが、敬語以外の言葉の構成で間違えている人も少なくありません。 例えば、お待ちいたしておりますという表現をしている方は間違った言葉の構成になっていることに注意しましょう。 「いたしております」という表現は「する」の謙譲語である「いたす」に「いる」という丁重語の「おる」がくっつけた表現となり、言葉の構成が間違っていると言われています。 こういった言葉をしっかり把握している人ほど、周囲の信頼を得やすく出世しやすいと言われていることから地道に身につけていきましょう。 ちなみに出世する時などに相手の話を受け入れる意味を表す謹んでお受けいたしますという言葉について、以下の記事で詳しくお伝えしているのでぜひ合わせてご覧ください。 ご連絡お待ちしておりますの例文を把握してビジネスに活かしましょう ご連絡お待ちしておりますという表現はビジネスシーンにおいて非常に多く使われるフレーズです。 適切な言葉の使い方をすることで相手に安心感を与えることができ、より良い人間関係を構築することができると言われているので、ご連絡お待ちしておりますの例文を把握してビジネスに活かしましょう。 ちなみに現在のビジネス業界では1つの会社で定年まで働く人が減ってきていると言われており、転職する人は珍しくありません。 このように転職を希望する人やこれから社会人になる人が魅力を感じやすい業界がIT業界と言われています。 IT業界は未経験者や転職者を受け入れやすく人材が不足気味という声もあがっています。 以下の記事ではそんなIT業界の魅力や志望動機の書き方などを詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 IT業界の仕事内容などの種類もわかる内容になっていますのでお役立てください。 また一流企業の定義や人気ランキングについての記事もお役立ててください。

次の

ご連絡おまちしておりますは正しい敬語? 待っていることを伝える敬語のフレーズ6選

ご連絡お待ちしております 失礼

が、 ご連絡よろしくお願いいたします。 、弊社事業に関するお問い合わせをいただいておりましたが、その後はいかがでしょうか?〇〇様からの ご連絡。 お問い合わせの件に、後日改めて ご連絡差し上げます。 どうぞよろしく。 お忙しい中弊社〇〇までに ご連絡を下さり、ありがとうございました。 「ご連絡」で返信する場合は上記のような感じで書くといいでしょう。 「連絡ありがとうございます」や「こちらから連絡します」だと、相手方も不快に思ってしまうので注意してください。 さて、メールや文書を打つ時に「連絡」と「ご連絡」どちらを使えばいいか分からなくなったこと、ありますよね。 「連絡」と「ご連絡」一体何が違うのでしょうか。 2-2.「連絡」と「ご連絡」の違い 「連絡」と「ご連絡」の違いは、「相手に敬意を現しているかどうか」です。 ですので上司や取引先、お客様から問い合わせをされた場合は、「ご連絡」を使うようにしましょう。 「連絡ありがとうございます」は文章的には間違っていませんが、上司やお客様に使ってしまうと不快に思われてしまう場合もありますので、なるべく使用は避けましょう。• では順に解説していきます。 3-1.ご連絡ください 「ご連絡ください」は、「ください」と断定しているため、相手に対してやや強引な印象を与えてしまう可能性があります。 上司や取引先など目上の人に使う場合は「ご連絡お待ちしております」というのが正しいです。 上司や取引先、お客様とやり取りをしているとき、ついつい「では、何かありましたらご連絡ください」と言ってしまったことはありませんか? 一見敬語のように聞こえますが、実は間違いです。 メールや電話などで言う場合は間違えないようにしましょうね。 3-2.ご連絡させていただきます 「ご連絡」も間違った使い方として有名です。 「ご連絡」と「いただきます」、 どちらも謙譲語のためこの場合だと二重敬語になってしまいます。 二重敬語は相手によって不快に感じてしまう場合もあるので、間違って使わないようにしましょう。 4.ビジネスメールでの「ご連絡」の使い方 ここでは、ビジネスメールでの「ご連絡」の使い方をご紹介します。 例文で確認してみましょう。 ご連絡が遅くなりまして申し訳ありません。 メールで詳細を ご連絡させていただいても?• (相手から連絡が欲しい場合)が、 ご連絡をいただいてもよろしいでしょうか?• ご連絡いただければ。 メールは電話や対面と違い、 言葉のニュアンスの違いで相手方への印象が変わってきます。 正しい使い方をすれば、相手も「きちんとした人なんだな」と誠意に対応してくれますので、しっかり覚えておきましょう。 5.「ご連絡」の英語表現 海外の企業と取引をする際、「ご連絡」を英語で表現するには一体どうすればいいのでしょうか? 「ご連絡」は直訳にすると 「 contacting」という英語になります。 これは「~と連絡を取る」という意味なので、「ご連絡ありがとうございます」なの英語表記として使えます。 似たようなもので「Get in touch with~」という英語もありますが、こちらはどちらかというとカジュアルな表現になってしまうので、ビジネスシーンで使う際は「contacting」を使用するといいでしょう。 で「ご連絡」を英語表記にしましたので、参考にしてみてください。 5-1.ご連絡ありがとうございます• ご照会…照らし合わせて確認すること• ご質問…疑わしい点について問いただすこと• お問合せ…尋ねて確かめること 主に 顧客とのやり取りで使われるときでの類語です。 どれも「ご連絡」とほぼ似た意味として使うことができます。 まとめ 「ご連絡」は 相手に対し、連絡を確認した旨を丁寧に伝える言葉です。 謙譲語なので、他の言葉と組み合わせて使う際は二重敬語にならないよう注意してください。 また、「ご連絡ください」などは場合によって無礼な人だと思われてしまうので、「ご連絡お待ちしております」などやんわりとした表現を使っていくといいでしょう。 ついつい間違えてしまいがちですが、意味を理解していれば大丈夫です。 言葉を正しく使えば上司や取引先からも信頼される可能性が高くなりますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

次の

面接結果の連絡が来ないときは問い合わせしてもいい?催促メールの書き方

ご連絡お待ちしております 失礼

「ご連絡お待ちしております」は敬語として正しい 「ご連絡お待ちしております」は、敬語として正しい表現です。 パーツごとに区切って順番に考えていくと、わかりやすく考えられます。 まず、「連絡」は目上の方の行為であるため、「ご」をつけて「ご連絡」とするのが適切でしょう。 次に、「待っている」は、自分の行為であるため、 目上の人に対して自分のことをへりくだっていう表現である「謙譲語」にする必要があります。 最後に、「待っている」は、さらに「待つ」と「いる」に細かく分解できます。 「待つ」の謙譲語は、一般に「お待ちする」「お待ちいたす」で、「いる」の謙譲語は「おる」です。 これらを合わせて、丁寧語の「ます」を付けると、「お待ちしております」「お待ちいたしております」となり、正しい表現だということがわかります。 注意が必要な表現 間違いではありませんが、丁寧さが足りない表現があります。 ここでは、一番シンプルな表現を例にあげて考えてみましょう。 また、丁寧に表現しようとするあまり、二重敬語にならないようにする事にも注意が必要です。 「ご連絡ください」 「ご連絡ください」という表現は、敬語やマナーとしては、決して間違いではありません。 敬語が一般常識とされるビジネスシーンでも、「ご連絡ください」といういい方は、一般的とされています。 とても無駄のない端的な表現のため、実際に使っている方も多いです。 ただ、相手に少々強引な印象を与えてしまう可能性があるため、注意が必要な場合があります。 「ください」という言葉が、強要と受け取られてしまうことがあります。 何度も連絡を求めているのに、なかなか応じてもらえない相手などに対しては、よい効果を発揮するかもしれません。 語尾を強めて「ご連絡ください」と伝えてみると、優先順位を上げて連絡をもらえるかもしれません。 相手に失礼な表現 「ご連絡お待ちしております」と似ているいい回しでも、敬語として誤っているものや、失礼になってしまうものがあります。 連絡お待ちしております 接頭辞「ご」が「連絡」についていないため、間違った敬語です。 ご連絡待っています 上記の通り、接頭辞「ご」を付けて「ご連絡」と敬語表現にはなっていますが、 「待っている」という言葉が敬語になっていないため間違いです。 改善点として、「待っている」という自分の行為を、謙譲語にする必要があります。 「待つ」の謙譲語は「お待ちする」や「お待ちいたす」です。 ビジネス上で、失礼な事をしてしまい、謝罪しなければならなくなった際に、気を付けておくべきことや状況ごとで変わる謝罪の例を解説しています、大事な場面で間違いのないように気を付けておきましょう。 メールの際の謝罪文ビジネスでの謝罪・お詫びメールの件名・本文・結びの書き方と例文集 口頭で伝える謝罪の言葉 謝罪の際のマナー 目上の人や取引先に使う時のフレーズ6選 「ご連絡をお待ちしております」 どのような相手に対しても不快な印象を与えにくく、手堅く万能な表現は、やはり「ご連絡をお待ちしております」だといわれています。 「ご連絡ください」と比較して、相手に強要することなく伝えられる点も、適している理由のひとつです。 「ご連絡をお待ちいたしております」 「ご連絡お待ちしております」を、より丁寧にした表現ですので、普段より少し形式な文章や、比較的役職の高い人に使う場合であれば、こちらを選択しておく方が無難で良いかもしれません。 「ご連絡をお願いいたします」 「待つ」という表現ではなく、「お願いする」という形で表現することもできます。 同じ意味で使用する場合でも、「待っています」と表現するよりも、「お願いします」と表現する方が、相手に過度な焦りやプレッシャーを与えずに済むかもしれません。 ただし、 メールなどの最後を「よろしくお願いします」などの文言で締めくくる場合は、「お願いする」という言葉が重複してしまい、くどい印象を与える可能性もあるので、注意しましょう。 「ご連絡をお待ち申し上げております」 「お待ちいたしております」では少々そっけないと感じる方や、もう少し丁重さを出したい場合には、この表現がよいでしょう。 「お(ご)~申し上げる」という表現は、変な日本語だと指摘する向きもあるようですが、 「お~する」「お~いたす」と同様、謙譲語の型のひとつという説に乗っ取ると、適切だということになります。 「ご連絡いただけると幸いです」「ご連絡いただけると助かります」 「ご連絡いただけると幸いです」「ご連絡いただけると助かります」は、 丁寧ないい方であるだけでなく、強要が弱く、柔らかい印象を相手に与えます。 メールの文面などが毎回同じようになってしまう場合は、このように少しいい回しを変えてみると、相手にとてもよい印象を与えることができるでしょう。

次の