ステーキ宮 メルペイ。 メルペイのコード払いが使えるお店は?(コンビニ・ドラッグストア・スーパー)

スマホ決済サービス「メルペイ」 かっぱ寿司や甘太郎、ステーキ宮などへコード決済を提供

ステーキ宮 メルペイ

そもそもpaypayとはなんなのか。 paypayはソフトバンクグループが始めたキャッシュレス決済アプリです。 キャッシュレス決済アプリとはQRコード決済アプリとも言われます。 元は中国が始めたサービスですね。 中国でQRコード決済が流行ったのには2つ理由があります。 お金の信用が著しく低かったこと。 これは中国のお金『元』の価値ではなく、偽札が出回りすぎていて一介の店員では見分けることが困難でした。 これは中国という国としての課題でもありました。 2, 中国ではedyやiDのような電子マネーは流通しませんでした。 読み取り端末の導入など、決済される店側の負担が大きいためです。 上記2つの理由により、QRコードを読み取れば支払いができるアプリが流通し、2012年、タクシー配車アプリの利用拡大に乗っかる形でQRコード決済も爆発的に流行しました。 以降は、百貨店でも道端の屋台でもQRコードQRコードです。 このようなQRコード決済、キャッシュレス決済は主に店側の導入ハードルが低いこともあり、日本でも展開されるようになりました。 日本国内でキャッシュレスアプリというとPayPayを思い浮かべる人が多いことでしょう。 その理由はサービス開始当時の大きなポイントキャンペーンにありました。 100億円分のポイント還元キャンペーンというとおぼえている人もいるのではないでしょうか。 CMでもバンバン流れていました。 PayPayでの決済代金の20%をポイント還元するというとてつもない還元キャンペーンを行い、世間の話題を独り占めにしていました。 その利用シーンも家電量販店もOK、ポイント還元上限も5万円と家電量販店で家電を買うには最高の条件でした。 このPayPayのポイント還元キャンペーンで、家電量販店にてApple製品を買い求めるための行列ができていたのを覚えています。 ヨドバシに押され押されていたビックカメラの久しぶりの良手でしたねw キャンペーンを前後してビックカメラの株価も上がったのも記憶しています。 それほどまでに、短い期間ではありましたが社会現象になっていました。 未だにこのころ還元されたポイントを使って、実質無料で買い物を続けている友人もいますw まあ5万円分あれば、少額決済であれば数ヶ月持ちますよね。 paypayに戻った理由、実は一番の理由は『起動の早さ』です。 LINE pay、楽天payと併用していたのですが、やはりこの起動の部分でpaypayがメインになりました。 ポイント還元率の高さも非常に魅力的ですが、ポイント還元はあくまでスポット的な価値であり本質ではありません。 キャッシュレス決済の本質は ・現金を持たないこと ・スムーズに決済できること の2点です。 この点でpaypayが…というよりpaypay以外がこの本質的な価値を満たしておらず、自動的にpaypayの一人勝ちとなっている状況です。 よくキャッシュレス決済において比較されるのが、SUICAやiDやedyといった電子マネーです。 そしてこれら電子マネーとの比較の際に必ず指摘されるのが、「キャッシュレス決済の決済スピードの遅さ」です。 この点でほとんどのキャッシュレス決済が負けており、世間的には「電子マネーの方が優秀なのでは?」という考えになっているように思います。 実際私もそう思うシーンが非常に多いです。 実際に起きたことを記載していきます。 コンビニでの決済においては、2つのアプリを立ち上げる必要があります。 ・ポイントアプリ ・キャッシュレス決済アプリ の2つを提示する必要があります。 ポイントアプリとはそのお店独自のポイントカードをアプリ化したものです。 PONTA、Tポイントなどなど。 ポイントアプリにも個人を判別するバーコードを表示できる機能があり、ポイントアプリがあればいちいちそのお店のポイントカードを持ち歩く必要がないという便利なアプリです。 そしてこの便利なポイントアプリたちは、大概立ち上がりが遅いです。 カードを財布から出すより時間かかるのでは?w この2つのアプリをレジで提示することの如何に遅いことか。 コンビニヘビーユーザーの方であれば理解できると思います。 私はレジに行く前必ずこの2つを立ち上げてからレジに向かいます。 お客さんが並んでいなくとも。 どうしてこんな便利なアプリがあるのに、アナログに調整しなくてはいけないのかといつも悲しみにくれます… 業態 サービス名 ディスカウントストア アスタラビスタ ディスカウントストア スーパーアルプス ディスカウントストア イトーチェーン ディスカウントストア イトーヨーカドー ディスカウントストア ヨークマート ディスカウントストア 魚長 ディスカウントストア OK ディスカウントストア カブセンター ディスカウントストア ベニーマート ディスカウントストア KINSHO ディスカウントストア Harves ディスカウントストア KINSHO Pochette ディスカウントストア グッデイ ディスカウントストア 京北スーパー ディスカウントストア コープあいち ディスカウントストア コープさっぽろ ディスカウントストア コノミヤ ディスカウントストア ハローフーヅ ディスカウントストア ワンダー ディスカウントストア サミットストア ディスカウントストア サンベルクス ディスカウントストア サンプラザ ディスカウントストア スーパーマーケットサンプラザ ディスカウントストア サンフレッシュブルーム ディスカウントストア そうてつローゼン ディスカウントストア 島忠 ディスカウントストア スーパーエバグリーン ディスカウントストア 西友 ディスカウントストア サニー ディスカウントストア セキチュー ディスカウントストア 大黒屋 ディスカウントストア エネルギースーパーたじま ディスカウントストア ギガマート ディスカウントストア ギガパール ディスカウントストア ハローマート ディスカウントストア ヤオヨシ ディスカウントストア ボンヴィサージュ ディスカウントストア ナカムラヤ ディスカウントストア タウンプラザかねひで ディスカウントストア 多慶屋 ディスカウントストア デリシャス広岡 ディスカウントストア 東急ストア ディスカウントストア 東武ストア ディスカウントストア とりせん ディスカウントストア 原信 ディスカウントストア ナルス ディスカウントストア ヒダカヤ ディスカウントストア フードマーケットマム ディスカウントストア フレスタ ディスカウントストア ベイシア ディスカウントストア ベルク ディスカウントストア マルハチ ディスカウントストア 万惣 ディスカウントストア アルゾ ディスカウントストア マルシェー ディスカウントストア MrMax ディスカウントストア ライフ ディスカウントストア リカーマウンテン ディスカウントストア ロピア ディスカウントストア ワイズマート ディスカウントストア 綿半 業態 サービス名 ドラッグストア アインズ&トルペ ドラッグストア アインズ ドラッグストア lips and hips ドラッグストア アカカベ ドラッグストア ウエルシア ドラッグストア ウエルシアダックス ドラッグストア ハックドラッグ ドラッグストア ハッピー・ドラッグ ドラッグストア b. 直近の決算公告でも特大の赤字を出しています。 立ち上がったばかりのキャッシュレスサービスなので、投資フェーズであるので悲観はしていません。 キャッシュレスで得られるのは決済手数料のみではありません。 ユーザーのリアルな決済ビッグデータが得られます。 ECなどネットで決済出ている企業は数多いですが、業態横断的にリアルの決済データを得られるのは、QR決済や電子マネーしかありません。 そもそも赤字は悪ではありません。 変に現金を溜め込む企業の方が悪です。 お金は自社の投資と株主に還元を行い、未来へ投資を続けていくべきです。 そのためPayPayの決算状況も悲観していないわけです。 若干売上の低さが気になるところです。 まだまだリテラシーある人しか使えていない印象です。 逆に言うと市場は、電子マネーと同じ程度あると考えられるため、伸び代は大きいです。 メルペイとは、フリマアプリのメルカリが展開しているキャッシュレス決済サービスの名前です。 もし、そもそもメルカリ自体の登録がまだでしたらこれを機に登録しておきましょう。 メルカリの会員登録の際に招待コード欄に WQUFPV と入力してもらうと300円分のポイントが初っ端からもらえるようです。 キャッシュレス決済は、今話題で各社が展開し始めているサービスになります。 キャッシュレス決済とは、有名どころだとソフトバンクの『paypay』とLINEの『LINE pay』などがあります。 CMでも見たことあると思います。 そういうわけで、日本でのキャッシュレス決済には店舗側のQRコードまたはバーコード読み取りの専用機器が必要でした。 それを覆しに行ったのがメルペイです。 メルペイは、電子マネーのiDと連携することにより、利用店舗を一気に拡大することができるわけです。 iDは既に約50万店舗とも言われる店舗にて利用可能です。 これはつまり、それだけの店舗にiD読み取りの専用機器が備えられているというわけです。 キャッシュレス決済のメインであるQRコード決済を普及するために、多くの店舗で利用できる電子マネー決済と連携したわけです。 QRコード決済ではなく、まずメルペイを使ってもらうことを優先したわけです。 iDと他社を抜きん出る還元率キャンペーンの掛け算で、まずユーザーを囲い込むことを優先しているわけですね。 何も知らない自分は、ドヤ顔でセブンイレブンで、メルペイのコード払いを見せるのですが… セブン店員「これは使えませんね」 と言われ爽やかな笑顔で店を去ることしかできませんでした。 書けッ…もっとでかくコード払いは使えないとキャンペーンのPOPに書けッッ さらに店を去ってからgoogle検索で、メルペイコード払い利用ができる店舗を調べたのですが、なぜかコード払いの対応店舗の情報がこれでもかというほど見つからない。 「iD使える店舗でメルペイは使えます!」と爽やかに喧伝されている情報ばかりが見つかります。 いや、こちとらiPhone SEだからiD非対応なんじゃ…でかいスマホなんざ持ちたくないんじゃ!! その後いけるかなと思いユニクロ店舗にでメルペイコード払いを試みましたが、外国人店員さんの流暢な日本語で断られます。 まあ読み取るための機器がないから無理なのは知ってるんですがね…奇跡を信じたくなりまして… 一応期間が決まっていて『2019年10月〜2020年6月』が対象期間です。 還元されるのは利用したキャッシュレス決済のポイントです。 キャッシュレス決済サービスはキャッシュレス利用について国から補助が出るため、これを原資にユーザーにポイント還元を行います。 また、対象の支払い方法はQRコード決済だけでなく、現金以外の支払い方法を行うことで還元されます。 クレカや電子マネーも対象ということです。 つまり、この期間内しいてはこの期間すぎてからもですが、決済は現金以外でした方がお得です。

次の

【保存版】メルペイ「コード決済」のやり方や使える店舗を徹底解説! | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

ステーキ宮 メルペイ

「メルペイ」ならメルカリの売上金が店舗での支払いに使える 「メルペイ」のメリットは?アプリ一つで嬉しさたくさん! メルカリの売上金を日常の支払いに利用できる! 「メルペイ」は、メルカリの売上金をメルカリ内で使用するだけではなく、コンビニやレストラン、ドラッグストア、ファーストフード店などの 実店舗で利用が可能です。 また、「メルペイ」に支払い用銀行口座を登録することで、 メルカリでの売上金をそのまま支払いに使えます。 都度ポイントを購入する必要がなくなるので、よりスムーズにスマホ決済が利用できます。 iD(電子マネー)として使える! 「メルペイ」は、電子マネーの「iD」に対応していることから、 スマホをかざすだけで簡単にお支払いができます。 また、「iD」加盟店は全国に 90万か所もあるので、多くのお店でメルカリの売上金を利用できます。 支払手数料やチャージ手数料が0円! 通常メルカリの取引をする際に、クレジットカードやデビットカード以外の支払い方法を利用すると、1取引ごとに手数料がかかっていましたが、「メルペイ」で支払いすることによって、その手数料がかからなくなります。 また、銀行口座にあるお金を「メルペイ」に入金する場合も チャージ手数料が0円なので、圧倒的に「メルペイ」を利用するメリットが高くなるでしょう。 メルカリ売上金がなくても銀行からチャージできる! 売上金がない場合でも、 銀行口座から簡単にチャージ(入金)ができます。 また、売上金の180日間の振込申請期限(有効期限)がなくなり、銀行口座に出金する際の振込も1営業日で完了(ゆうちょ銀行を除く)するので、 期限を気にすることなく利用できます。 「メルペイ」がQR・バーコード決済にも対応!利用シーンがますます広がる 2019年3月14日(木)よりiOS先行にて コード決済機能「コード払い」の提供を開始しました。 メルカリアプリ上からバーコード・QRコードを表示し、店舗側のレジで読み取ってもらうことでお支払いができます。 コード払いに対応したことで、順次全国45万か所のお店で利用が可能となり、電子マネー決済iDと合わせると 全国135万か所で「メルペイ」が使えることになります。 今後は、「iD」に対応していない店舗や、決済端末機を保有せずにキャッシュレスを導入していない店舗でも「メルペイ」が利用できるので、ますます活躍の幅が広がります。 店舗側の導入ハードルが低く、 簡単にキャッシュレス決済を取り入れられる点も、大きな強みとなりそうです。 「メルペイ」のコード決済が使えるお店は?(今後対応予定も含む) 「メルペイ」でコード決済も対応したことで、これまでよりも使えるお店の幅がぐっと広がりました。 そのジャンルは幅広く、以下に使えるお店(今後対応予定も含む)の一部を紹介します。 コンビニ セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマート、ポプラ、くらしハウスなど 飲食店 スシロー、フレッシュネスバーガー、すき家、はま寿司、ガスト、バーミヤン、ジョナサン、牛角、しゃぶしゃぶ温野菜、かっぱ寿司、プロント、上島珈琲、コメダ珈琲、手作り居酒屋甘太郎、土間土間、ステーキ宮など ドラッグストア ツルハドラッグ、サンドラッグ、スギ薬局、セイジョー、マツモトキヨシ、Vdrug、ココカラファインなど 家電量販店、ホームセンター ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、グッデイ、DCMグループなど 音楽・書籍 TSUTAYA(ツタヤ)、ブックオフ、タワーレコード、紀伊國屋書店など タクシー Japan Taxiなど 「メルペイ」のコード決済は画面を読み取ってもらうだけで完了! コード払いの支払い方法 「メルペイ」マークのある店を見つけたら、支払い時に店員さんに「メルペイで」と伝えます。 メルカリアプリ内の「メルペイ」タブより、 「コード払い」をタップします。 バーコード・QRコードが表示されるので、店舗側のレジで読み取ってもらいます。 「メルペイ」でメルカリの売上金を有効活用しよう! 「メルペイ」は、iDか「メルペイ」のマークがあるお店であればどこでも使えます。 今回「コード払い」に対応したことにより、「メルペイ」の活躍の幅が広がり、セブンイレブンやファミリーマート、ローソンなどの主要なコンビニはもちろん、マクドナルド、すき家、ガストなどの飲食店、イオンなど全国たくさんの場所で利用が可能です。 「メルペイ」は、メルカリの売上金をそのまま支払いに使えるメリットに加えて、 ApplePayを通してSuicaへチャージできるなど便利な使い方がたくさんあります。 加盟店の拡大や、さまざまな会社との連携による今後のサービス展開に期待が高まります。 関連する記事•

次の

【2020年最新版】メルペイのQRコード決済が使える店はどこ?

ステーキ宮 メルペイ

超お得にはじめられますよ…! 500円分のポイントをもらうには「YCAVNW」を忘れずに入力してくださいね。 これまで人気だったすすメルペイは4月5日に終了しました。 「メルペイ」の「本人確認」を完了していない方• 招待コードをキャンペーンページ内で登録、キャンペーン期間中に初めて「本人確認」をすると、1,000ポイントが付与 ポイント還元:• 1,000円分のポイント還元 まだの方は、 「YCAVNW」を入力すると1,000ポイントゲット! 超お得に始めるならマストですね…! メルペイの仕組み 最大の利点は、メルカリの売上金がお店で使える点です。 売上金でメルカリポイントを購入後、そのポイントでメルカリ内の買い物やiD加盟店で使えますよ。 若い世代ではメルカリの売買が頻繁に行われていますよね。 今までは売上金を使うには一度銀行に出金しなくてはならなく、手間がかかりました。 メルペイを使うことで瞬時に使えるので利便性はかなり向上しています…! メルペイはIDとして使える メルペイは、電子決済のiDとコード払いで使えます。 iDを使う場合は、メルカリアプリ内で電子マネー登録が完了後、利用可能になります。

次の