ゴゴスマ 苦情。 ご意見・お問い合わせ|TBSテレビ

羽生国民栄誉賞ゴゴスマ小林信也「辞退すると言って欲しい」

ゴゴスマ 苦情

ゴゴスマ武田苦情騒動の真相 ゴゴスマという番組がありましてね、全国放送はTBSがやっております。 撮影は名古屋のCBCという非常に伝統のある、日本の民間放送では、一番最初に放送した、歴史的なきちっとした放送局なのですが。 そこで午後の14時から16時まで、厳密には13時55分から15時55分かもしれませんが、やや14時から16時までですね。 ゴゴスマというバラエティー番組というか情報番組をやっておりまして、そこでずーっと最初から出ておりましてですね。 この前、おとといですか、日韓関係がありまして。 韓国の方の事情は朴先生という大阪の方の大学の先生ですが。 出展: それからまぁ、私が一つバトルをしてくれというので。 私は元々ですね、日本と朝鮮の関係をどうとらえているかと言うと、かつて日本が占領していたと。 たった35年ですから。 占領が終わってからもう70年以上の経っているんで、韓国の長い歴史から言えばですね、ほんの一部で、一時期で、それほど大きな… まぁ、日本もだいぶ貢献はしましたからね。 だけどまぁ、韓国の人は色々言い分があると。 日韓関係の基本 しかし、僕は第一にその番組で言ったのは、僕はだいたい日韓友和系ですからね。 日本と朝鮮は仲良くやらなければいけないというのが基本ですから。 従って、まずは隣国というのは、隣の国というのは、色々利害関係がぶつかるんだと。 だから、日常的には決して相手を非難する事を言ってはいけないと、私はまず言いました。 私その時は言いませんでしたが、私、北朝鮮の原爆実験ですらやや擁護したんですからね。 みんなにバッシングを受けましたけど。 まぁ、北朝鮮がそう思ってやるんだったらって言ったわけですが。 ですから、終始そうなんですね。 ただ、韓国もですね、日本も悪いとこう言いました。 従って日本もやっぱり、南北朝鮮が統一するという事に対しては、協力しないといけないのではないかとか。 慰安婦問題をでっち上げた朝日新聞 慰安婦問題というのは、朝日新聞がでっち上げて、宮澤総理と河野官房長官が、韓国に対して謝ったという事実があるから、日本にも責任があるんだというような事も言ってですね。 出展: 韓国が悪い、韓国が悪い、という風に言ったわけじゃないんですよ。 それで朴さんがですね、韓国の正義ばっか主張するもんですから、番組の途中で、「あなたそれがいけないんだ」と。 「韓国にも問題点があるでしょう」と。 「それはそれで認めなきゃいけませんよ」 なんて事を言ったわけですね。 それから日本から見た韓国の欠点としては、やっぱり大統領が代わる毎に、もの凄く政策が変わるし、前の大統領が投獄されたり、逮捕されたりすると。 そうすると、前の大統領と合意したと言ったって、その大統領は監獄に入っていたりしますからね。 犯罪人。 そうすると、日本は犯罪人と協定を結んだという事になるんで、やっぱり少しまずいでしょうとかですね。 それから、非常に世論を気にするんで、大統領選挙は重要だけど、いちいち、その時の世論を気にするというのは、民主主義としてどうかとか、という事は言いました。 韓国人男性による日本人女性への暴行 その中で冒頭からですね、日本人の観光客の女性が韓国で昼間の路上みたいですけども、男に襲われて、髪の毛を引っ張られ、それから路上に倒されて。 可哀そうに、若い女性なのにスカートまくれちゃってですね、両方の足がバーッと出て。 出展: その両方の足の間に、その男が入って暴行をしている動画が何回か出たんですよ。 それだったらどういう事で行われたか分からないけれども、「お前、日本人か」という韓国語が入っているわけですね。 もちろん字幕ですが。 それからその後に韓国の人が3人、例えば日本から来た観光客に暴力を振るうという事は男として恥ずかしいと、韓国人として恥ずかしいという論評とかですね。 女の人ですと、せっかく韓国に観光に来てくれたのに、よくない、という事が入りました。 それに対して僕はですね、一言必要だろうと思って、大阪に来る観光客が2割くらいになっちゃったと。 8割減だという事が流れましたもんですから、やっぱりね、それはその方がいいと。 その方がいいとは言いませんでしたけどね。 やっぱりああいう事件があると、日本人の男性も色んな人がいるから、朝鮮から来る女性に暴行をはたらく人もいると。 いう事を言いましたらですね、「暴力容認」って言われたんですよ。 全然容認しているわけじゃなくて。 その後、一生懸命言ったんですけどね。 だからいけないんだと。 日本を反日で非難し続ける韓国 お互いに非難なんかしていると、感情が高ぶって、不測の事態になるから。 だから、やっぱり国、政府、それからマスコミ、我々専門家と言いますか、コメンテーターみたいな人達はですね、できるだけ日本と朝鮮の対立が深まらないように、終始、 僕はその番組の日韓放送の間に、終始ですね、とにかく日韓はお互いに非難せずに。 日本はあまり非難していませんけどね。 私はその番組の中で、「なんで韓国って反日ばっかり言うんですか?」って言うと、「反日とは言っていない」と先生が仰るから、いやそれは言葉尻の事でね。 韓国で反日の教育、反日教科書、反日のマスコミがもの凄く多いという事は、それはね、いくら強弁しても駄目ですからね。 ですからそういう事を言ったと。 それでまぁ、すぐそこにいちゃもんが入ったんですよ。 私はね、私に取材が来ないんですよ。 だってあれは生放送ですからね。 いくらCBCが責任あるって言ったって、生放送っていうのは止められないですよ。 その人の発言を。 ですから、あの時は石井さんっていうアナウンサーとか、隣にいた岡田さんなんかが、「それは違うよ」って言ったけど、僕は違うと思っていませんよ。 だけど、意見の差はあってもいいんですよ。 それはね。 それは、意見の差はあったって構わないわけで。 だからこそ民主主義なんですから。 朝日新聞による言論弾圧とゴゴスマ武田降ろし だけども、発言の責任はあくまでも私ですよ。 それは当たり前ですけれども。 発言の責任は私なんですよ。 私が言っている事ですから。 それで、日本国憲法は、韓国の憲法は知りませんがね。 日本国憲法は、私なんか特に学者だから学問の自由を持っている、表現の自由を持っているわけですから、その人に責任を問わなければいけない。 ところがどうもね、噂によるとって言うか、僕の所に来ないので分からないんですけど、文句を言っているのは朝日新聞らしいんですよ。 私の発言が、ヘイトだとか差別だとか言っているのは朝日新聞の記事らしいんですよ。 朝日新聞から、どうもCBCにも問い合わせが行っているらしいんですけれども、発言した私にはね。 昔は私、朝日新聞なんかはいくらでもインタビューとか来ているしね。 連絡先はいくらでも知ってるはずなんだけど、全然来ないんですよ。 つまりね、これは私の言論なんですよ。 これがもしね、放送したCBCやTBSの方に編集権があって、私の発言のうち不適切だと思うやつをカット出来るのなら別ですよ。 共同責任になるかもしれませんが、私の責任をなんでCBCとかTBSに文句言わないのかと。 これはね、たぶん見当はずれなところにわざと文句を言いに行ってんだろうと僕は思うんですよ。 そうしたら、CBCは反論できないですよ。 だって、自分の発言じゃないものを反論できませんよね。 「それは武田先生に聞いてください」ですよ。 じゃあ、「CBCは武田先生の発言を容認しているんですか?」と来たらしいんですよ。 で、TBSは容認というか、言論の自由がありますからね。 容認しなくてもいいんですよ、別に。 容認してもしなくても、放送が出来ればいいわけですからね。 だから、何言ってんでしょうかね。 あの、朝日新聞っていうのは。 何を文句言いたいのか知りませんが。 言論の自由を辞めさせたいんでしょうね。 朝日新聞の気に入る言論の自由だけはいいけど、それ以外の自由は絶対に認めないっていう、そういう見解なんでしょうね。 ですから、なんかそう言っていると。 だけど、僕はいくらなんでも、強弁過ぎますよ。 私は番組でこう言ったんです。 30年くらい前、私、韓国に行って、買い物したりキムチ食べたりしたと。 全然、反韓感情なんてなかったんですよと。 だけど、私が今少しは、韓国嫌いになりかけているわけです。 それはやっぱり、韓国があんまり非難するからね。 それは、まぁそうだろうと思うんですよ、私。 だから、そこを韓国の人も反省してくださいねって一生懸命言ったんだけど、どうも駄目でしたね。 残念です。

次の

【ゴゴスマ武田苦情】朝日新聞による姑息な言論弾圧と武田邦彦降ろし!言論の自由に反対の朝日新聞!韓国人は日本人に暴行も許される?

ゴゴスマ 苦情

明治天皇の玄孫(やしゃご)で作家の氏が6日、自身のツイッターを更新。 月曜レギュラーを務めるTBS系の情報番組「〜GO GO!Smile!〜」(月〜金曜後1・55)への出演がNGになったことに言及した。 「皆さん、CBC『ゴゴスマ』は何も悪くないですから、責めないでください!ゴゴスマのスタッフさんたちはとても素敵な方ばかりで、いつも良くしてもらってます。 わたしの自己責任ですから。 むしろ、出演のアナを開けることになってしまい、申し訳なく思っています」 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(75)が始めた愛知県の大村秀章知事の解職請求(リコール)運動に竹田氏が賛同したことが理由とみられ、竹田氏は5日、自身のYouTubeチャンネル「竹田恒泰チャンネル2」で番組を制作する名古屋・CBCテレビから「出演は、もうご遠慮ください」と通達があったと明かした。 同局は「個別の番組の制作過程については、お答えしておりません」としている。 高須院長の「竹田恒泰先生に多大なご迷惑をおかけしました。 お詫び申し上げます。 この償いは必ずいたします」(5日のツイート)という謝罪には「高須先生、ご丁寧に恐れ入ります。 私の判断ですので、自己責任ですから、どうぞお気になさらずに」とつづった。 高須院長は今月2日、名古屋市内で記者会見。 芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」で展示された昭和天皇の肖像を使った創作物を燃やす映像作品に触れ「われわれの税金を出すのが許せない。 国、県民にとって恥ずかしいことをする知事は支持できない」と訴えた。 竹田氏も会見に同席した。 竹田氏は5日、「『これは戦いです!』大村知事リコール運動についてお話しましょう!どうしてリコールを求めるに至ったのか?そして『ゴゴスマ』出演NGになった件も…」と題した動画をアップ。 「(高須院長から)『リコールの旗揚げをするから、来てくれないか?』と言われたから、それはもう、私もこれまで大村知事のことを散々批判していましたから『それは加勢しないといけないな』と思って、前日言われたから、翌日(名古屋に)行って(会見場に)座り、記者の質問に答え、東京に帰ってきたら、事務所に電話がありまして。 『ゴゴスマ』の出演は、もうご遠慮くださいと。 だから、リコールをするということは、私が選挙に立候補するのと、ほぼ同じぐらいのインパクトになっちゃっているわけですよ。 選挙に出ますよとか言うと、そういう番組に出られなくなりますよね。 私は別に選挙に出るわけじゃないんだけれども」と苦笑い。 「リコールをかける主催者側に立つと、そういう情報番組とかは出られなくなる。 もう出ないでくださいと。 今のところ、『そこまで言って委員会NP』(大阪・読売テレビ、日曜後1・30)は(出演をご遠慮くださいとは)言ってきていないので。 情報番組じゃなく、討論番組なので、立て付けが違うんだと思うんですけど。 でも『そこまで言って委員会』も『選挙に出ます』と言うと(番組に)出られないですからね。 選挙が終わるまで(番組に)出られないんですけども。 少なくとも『ゴゴスマ』に関しては出演しないでくれ、もう結構ですということになりましたので」と報告した。 外部サイト.

次の

竹田恒泰氏が番組降板に言及「ゴゴスマ」を「責めないでください!」

ゴゴスマ 苦情

ゴゴスマ武田苦情騒動の真相 ゴゴスマという番組がありましてね、全国放送はTBSがやっております。 撮影は名古屋のCBCという非常に伝統のある、日本の民間放送では、一番最初に放送した、歴史的なきちっとした放送局なのですが。 そこで午後の14時から16時まで、厳密には13時55分から15時55分かもしれませんが、やや14時から16時までですね。 ゴゴスマというバラエティー番組というか情報番組をやっておりまして、そこでずーっと最初から出ておりましてですね。 この前、おとといですか、日韓関係がありまして。 韓国の方の事情は朴先生という大阪の方の大学の先生ですが。 出展: それからまぁ、私が一つバトルをしてくれというので。 私は元々ですね、日本と朝鮮の関係をどうとらえているかと言うと、かつて日本が占領していたと。 たった35年ですから。 占領が終わってからもう70年以上の経っているんで、韓国の長い歴史から言えばですね、ほんの一部で、一時期で、それほど大きな… まぁ、日本もだいぶ貢献はしましたからね。 だけどまぁ、韓国の人は色々言い分があると。 日韓関係の基本 しかし、僕は第一にその番組で言ったのは、僕はだいたい日韓友和系ですからね。 日本と朝鮮は仲良くやらなければいけないというのが基本ですから。 従って、まずは隣国というのは、隣の国というのは、色々利害関係がぶつかるんだと。 だから、日常的には決して相手を非難する事を言ってはいけないと、私はまず言いました。 私その時は言いませんでしたが、私、北朝鮮の原爆実験ですらやや擁護したんですからね。 みんなにバッシングを受けましたけど。 まぁ、北朝鮮がそう思ってやるんだったらって言ったわけですが。 ですから、終始そうなんですね。 ただ、韓国もですね、日本も悪いとこう言いました。 従って日本もやっぱり、南北朝鮮が統一するという事に対しては、協力しないといけないのではないかとか。 慰安婦問題をでっち上げた朝日新聞 慰安婦問題というのは、朝日新聞がでっち上げて、宮澤総理と河野官房長官が、韓国に対して謝ったという事実があるから、日本にも責任があるんだというような事も言ってですね。 出展: 韓国が悪い、韓国が悪い、という風に言ったわけじゃないんですよ。 それで朴さんがですね、韓国の正義ばっか主張するもんですから、番組の途中で、「あなたそれがいけないんだ」と。 「韓国にも問題点があるでしょう」と。 「それはそれで認めなきゃいけませんよ」 なんて事を言ったわけですね。 それから日本から見た韓国の欠点としては、やっぱり大統領が代わる毎に、もの凄く政策が変わるし、前の大統領が投獄されたり、逮捕されたりすると。 そうすると、前の大統領と合意したと言ったって、その大統領は監獄に入っていたりしますからね。 犯罪人。 そうすると、日本は犯罪人と協定を結んだという事になるんで、やっぱり少しまずいでしょうとかですね。 それから、非常に世論を気にするんで、大統領選挙は重要だけど、いちいち、その時の世論を気にするというのは、民主主義としてどうかとか、という事は言いました。 韓国人男性による日本人女性への暴行 その中で冒頭からですね、日本人の観光客の女性が韓国で昼間の路上みたいですけども、男に襲われて、髪の毛を引っ張られ、それから路上に倒されて。 可哀そうに、若い女性なのにスカートまくれちゃってですね、両方の足がバーッと出て。 出展: その両方の足の間に、その男が入って暴行をしている動画が何回か出たんですよ。 それだったらどういう事で行われたか分からないけれども、「お前、日本人か」という韓国語が入っているわけですね。 もちろん字幕ですが。 それからその後に韓国の人が3人、例えば日本から来た観光客に暴力を振るうという事は男として恥ずかしいと、韓国人として恥ずかしいという論評とかですね。 女の人ですと、せっかく韓国に観光に来てくれたのに、よくない、という事が入りました。 それに対して僕はですね、一言必要だろうと思って、大阪に来る観光客が2割くらいになっちゃったと。 8割減だという事が流れましたもんですから、やっぱりね、それはその方がいいと。 その方がいいとは言いませんでしたけどね。 やっぱりああいう事件があると、日本人の男性も色んな人がいるから、朝鮮から来る女性に暴行をはたらく人もいると。 いう事を言いましたらですね、「暴力容認」って言われたんですよ。 全然容認しているわけじゃなくて。 その後、一生懸命言ったんですけどね。 だからいけないんだと。 日本を反日で非難し続ける韓国 お互いに非難なんかしていると、感情が高ぶって、不測の事態になるから。 だから、やっぱり国、政府、それからマスコミ、我々専門家と言いますか、コメンテーターみたいな人達はですね、できるだけ日本と朝鮮の対立が深まらないように、終始、 僕はその番組の日韓放送の間に、終始ですね、とにかく日韓はお互いに非難せずに。 日本はあまり非難していませんけどね。 私はその番組の中で、「なんで韓国って反日ばっかり言うんですか?」って言うと、「反日とは言っていない」と先生が仰るから、いやそれは言葉尻の事でね。 韓国で反日の教育、反日教科書、反日のマスコミがもの凄く多いという事は、それはね、いくら強弁しても駄目ですからね。 ですからそういう事を言ったと。 それでまぁ、すぐそこにいちゃもんが入ったんですよ。 私はね、私に取材が来ないんですよ。 だってあれは生放送ですからね。 いくらCBCが責任あるって言ったって、生放送っていうのは止められないですよ。 その人の発言を。 ですから、あの時は石井さんっていうアナウンサーとか、隣にいた岡田さんなんかが、「それは違うよ」って言ったけど、僕は違うと思っていませんよ。 だけど、意見の差はあってもいいんですよ。 それはね。 それは、意見の差はあったって構わないわけで。 だからこそ民主主義なんですから。 朝日新聞による言論弾圧とゴゴスマ武田降ろし だけども、発言の責任はあくまでも私ですよ。 それは当たり前ですけれども。 発言の責任は私なんですよ。 私が言っている事ですから。 それで、日本国憲法は、韓国の憲法は知りませんがね。 日本国憲法は、私なんか特に学者だから学問の自由を持っている、表現の自由を持っているわけですから、その人に責任を問わなければいけない。 ところがどうもね、噂によるとって言うか、僕の所に来ないので分からないんですけど、文句を言っているのは朝日新聞らしいんですよ。 私の発言が、ヘイトだとか差別だとか言っているのは朝日新聞の記事らしいんですよ。 朝日新聞から、どうもCBCにも問い合わせが行っているらしいんですけれども、発言した私にはね。 昔は私、朝日新聞なんかはいくらでもインタビューとか来ているしね。 連絡先はいくらでも知ってるはずなんだけど、全然来ないんですよ。 つまりね、これは私の言論なんですよ。 これがもしね、放送したCBCやTBSの方に編集権があって、私の発言のうち不適切だと思うやつをカット出来るのなら別ですよ。 共同責任になるかもしれませんが、私の責任をなんでCBCとかTBSに文句言わないのかと。 これはね、たぶん見当はずれなところにわざと文句を言いに行ってんだろうと僕は思うんですよ。 そうしたら、CBCは反論できないですよ。 だって、自分の発言じゃないものを反論できませんよね。 「それは武田先生に聞いてください」ですよ。 じゃあ、「CBCは武田先生の発言を容認しているんですか?」と来たらしいんですよ。 で、TBSは容認というか、言論の自由がありますからね。 容認しなくてもいいんですよ、別に。 容認してもしなくても、放送が出来ればいいわけですからね。 だから、何言ってんでしょうかね。 あの、朝日新聞っていうのは。 何を文句言いたいのか知りませんが。 言論の自由を辞めさせたいんでしょうね。 朝日新聞の気に入る言論の自由だけはいいけど、それ以外の自由は絶対に認めないっていう、そういう見解なんでしょうね。 ですから、なんかそう言っていると。 だけど、僕はいくらなんでも、強弁過ぎますよ。 私は番組でこう言ったんです。 30年くらい前、私、韓国に行って、買い物したりキムチ食べたりしたと。 全然、反韓感情なんてなかったんですよと。 だけど、私が今少しは、韓国嫌いになりかけているわけです。 それはやっぱり、韓国があんまり非難するからね。 それは、まぁそうだろうと思うんですよ、私。 だから、そこを韓国の人も反省してくださいねって一生懸命言ったんだけど、どうも駄目でしたね。 残念です。

次の