アンド パット ログイン。 職人さんがすぐ使える施工管理アプリANDPAD(アンドパッド)使い方セミナー(2019年10月更新)

職人さんがすぐ使える施工管理アプリANDPAD(アンドパッド)使い方セミナー(2019年10月更新)

アンド パット ログイン

「&ANDPAD(アンドパッド)」は、施工現場のプロジェクト管理や職人とのコミュニケーションを通した業務効率化から経営改善までを一元で管理できる、シェアNo. 1のクラウド型プロジェクト管理サービスです。 写真で日報を簡単に報告できるなど、事務所と現場の円滑なコミュニケーションが可能にします。 スマホやPC、タブレットがあればいつでもどこでも利用可能! 作業に集中できる現場の実現と、職人に好かれる施工現場を目指す企業様の一躍を担う当サービス。 すでに1,600社以上で導入されています。 クリップする• 機能は工程管理、稼働・営業管理、カレンダー、写真、資料、OB管理、チャット、日報が基本機能としてご利用いただけます。 国交省が運営するNETIS 新技術情報提供システム にも登録。 施工現場のスピードアップとトラブル防止を実現する機能が満載です。 その他、オプション 見積もり作成やメンテナンス(定期点検)管理、図面、受発注機能などもオプションで提供しております。 検査・図面書込み・電子黒板・施主報告をオプションとして利用可能。 電子黒板機能は信憑性確認機能(改ざん探知機能)「JACIC」より適合証を発行済みです。 OB管理や営業管理だけでなく検査機能まで。 お問い合わせもお気軽にどうぞ! 価格 さまざまな業務形態に合わせたプランをご用意しております。 お問い合わせもお気軽にどうぞ。

次の

ANDPAD(アンドパッド)の特徴・評判・口コミ・料金を徹底解説!

アンド パット ログイン

ここ数年で欠陥マンション問題が社会問題としてメディアに取り上げられる頻度が増え、一部企業の施工ミス・施工管理不足が、消費者の住まい購入やリフォーム依頼に大きな不安を与える状況となっております。 また、2020年の東京オリンピックの影響を受け、建設需要が増加し、施工現場では職人不足の傾向が強まっております。 それにより、建設現場では、施工品質の管理と現場の同時稼働管理が求められています。 また、一方で職人、現場監督や営業担当が煩雑な報告・連絡業務に追われず、気持ちよく働ける環境作りも重要となっています。 施工現場の働き方を一新する「AND PAD(アンドパッド)」は、ITリテラシーが低い現場の担当者でも明日から使える簡単なスマホ施工管理アプリです。 現場からオフィスに戻った後の煩雑な報告業務が施工現場で済むようになり、電話・FAXでの煩雑なコミュニケーションもチャットでリアルタイムに行えます。 既存サービスである「ReformPad(リフォームパッド)」は半年間で200社以上にご利用いただき、「今まで常態化していた工期遅れがほとんど無くなり、現在は予定通りに完工している(東京都R社)」、「チャット機能で職人さんとのコミュニケーションが容易になり、現場の同時稼働件数が増えても施工の品質が落ちず、施主さんとのトラブルも減っている(神奈川県R社)」といった声をいただいております。 これらのご意見・ご希望を元に、全ての施工現場に対応した、圧倒的に業界親和性の高いプロダクト「AND PAD(アンドパッド)」を作成しました。 今後もご意見・ご希望に対応し、建設現場のリーディングサービスとして拡大してまいります。 施工案件の作成を、新築用、商業用にもご用意しました。 また、施主向けに提出できる工程表の出力機能も拡張しました。 小規模案件が多数あるハウスサービスの会社向けに、検索機能も拡張しています。 日報の報告や、チャット機能での仕様の確認などを、リアルタイムに行うことができます。 リテラシーが高くなくとも使えるシンプルなデザインとなっています。 2016年4月よりリリース予定です。 【AND PADとは】 AND PAD(アンドパッド)は、ITへのリテラシーが低い方でも明日から使えるカンタンな施工管理アプリです。 工事情報、図面などの資料、工程表、写真情報をクラウド上で一括管理でき、いつでもどこでも閲覧・共有ができます。 また、スマートフォンアプリからチャットや日報報告ができ、職人と現場監督間でのリアルタイムなやり取りを実現しています。 前進サービスであるReformPad(リフォームパッド)はリリース半年で200社を超える企業様にご利用いただき、業界シェアNo1のスマホ施工管理アプリとなっています。 以上 【本件に関するお問い合わせ】 TEL:03-6759-2071 E-mail:info 88oct. jp AND PAD(アンドパッド).

次の

ANDPAD(アンドパッド)の特徴・評判・口コミ・料金を徹底解説!

アンド パット ログイン

施工管理アプリ「ANDPAD(アンドパッド)」を開発する(東京都千代田区)は6月4日、アプリを活用すると一現場あたり平均して約4時間を削減できると発表した。 調査はホームプロ(東京都中央区)が行い、9現場をサンプルとした。 同アプリは、職人と現場管理者のやりとりをスマホで行うもの。 現場の写真や工程表などをクラウド上で管理し、お互いにスマホで確認し合えるというもの。 会話もチャットで可能。 調査対象となった9件の平均単価は404万円で工期が20日。 アプリを導入しない場合は、施工管理業務に合計で1240分時間がかかった。 アプリを導入した場合は1003分となり、237分の削減につながった。 中でも削減時間が大きかったのは移動。 合計80分の削減につながった。 管理者がスマホで現場の様子を確認できるので、必要以上に現場に行くことがなくなった。 また、チャットを活用したり、必要な資料がいつでもクラウド上で見られるため、電話、メール、FAXの回数と時間も減少した。 オクトは共同調査したホームプロと業務提携しており、サイト「ホームプロ」に加盟するリフォーム会社などに導入を推進する。 ホームプロの会員は1181社。 そのうちアンドパッドの利用者は数十社にとどまる。 稲田武夫社長は「数年内に1万社導入を目指しており、今回の業務提携もその一環」と話す。 現在の利用者は900社超。

次の