チョコレート ファイター。 『チョコレート・ファイター』ネタバレ映画感想/アクション解説

チョコレート・ファイターとは

チョコレート ファイター

チョコレート・ファイターのネタバレあらすじ:承 ジンは安全な環境で、一人で子供を産み育てようと決意します。 やがてジンは無事に女の子の赤ん坊を出産、「ゼン」と名付けますが、赤ん坊は生まれつき脳の発達障害を患っていました。 我が子の行く末を案じるジンでしたが、ゼンには知らず知らずのうちに、自分の目で見た様々な格闘術を一瞬で習得できる能力と驚異の身体能力を身につけていました。 ゼンは近所のジムでムエタイの練習光景を眺め、テレビでカンフー映画を観ながら成長していきました。 チョコレート・ファイターのネタバレあらすじ:転 そして現在。 ゼン(ジージャー・ヤーニン)は美しい女性に成長していました。 しかしある日、母ジンが病に倒れ、白血病と診断されてしまいます。 ゼンは母の高額な治療費を稼ぐため、幼馴染みのムン(タポン・ポップワンディー)と共に路上パフォーマンスを行い小銭を稼ごうとします。 しかし、それでも金が足りないゼンは、かつて母がマフィア時代に金を貸していた相手から借金の取り立てを強行していきます。 しかし、彼女の行動は、街を仕切るナンバー8の知るところとなってしまったのです。 チョコレート・ファイターの結末 ナンバー8からの脅迫されたジンは、日本にいるマサシに手紙を書いて助けを求めようとしますが、それすらもナンバー8の知るところとなってしまいます。 ナンバー8の一味はムンを拉致し、ジンとゼンをおびき出そうと画策します。 ゼンはムンを助け出すためナンバー8のアジトに乗り込み、その類まれなる格闘能力で次々と一味の手下たちを倒していきます。 そしてマサシも日本から駆け付け、ジンとゼンのために刀を抜いて立ち向かいます。 しかし、激しい死闘の末にマサシを庇ったジンは殺されてしまい、マサシも重傷を負ってしまいます。 怒りを爆発させたゼンはナンバー8との激闘に挑み、屋上まで追いつめた末に打ち破ります。 数日後、ゼンとマサシは、ジンを失った哀しみを抱えながら、共に海沿いを歩いていました。

次の

チョコレート・ファイターとは

チョコレート ファイター

チョコレート・ファイターのネタバレあらすじ:承 ジンは安全な環境で、一人で子供を産み育てようと決意します。 やがてジンは無事に女の子の赤ん坊を出産、「ゼン」と名付けますが、赤ん坊は生まれつき脳の発達障害を患っていました。 我が子の行く末を案じるジンでしたが、ゼンには知らず知らずのうちに、自分の目で見た様々な格闘術を一瞬で習得できる能力と驚異の身体能力を身につけていました。 ゼンは近所のジムでムエタイの練習光景を眺め、テレビでカンフー映画を観ながら成長していきました。 チョコレート・ファイターのネタバレあらすじ:転 そして現在。 ゼン(ジージャー・ヤーニン)は美しい女性に成長していました。 しかしある日、母ジンが病に倒れ、白血病と診断されてしまいます。 ゼンは母の高額な治療費を稼ぐため、幼馴染みのムン(タポン・ポップワンディー)と共に路上パフォーマンスを行い小銭を稼ごうとします。 しかし、それでも金が足りないゼンは、かつて母がマフィア時代に金を貸していた相手から借金の取り立てを強行していきます。 しかし、彼女の行動は、街を仕切るナンバー8の知るところとなってしまったのです。 チョコレート・ファイターの結末 ナンバー8からの脅迫されたジンは、日本にいるマサシに手紙を書いて助けを求めようとしますが、それすらもナンバー8の知るところとなってしまいます。 ナンバー8の一味はムンを拉致し、ジンとゼンをおびき出そうと画策します。 ゼンはムンを助け出すためナンバー8のアジトに乗り込み、その類まれなる格闘能力で次々と一味の手下たちを倒していきます。 そしてマサシも日本から駆け付け、ジンとゼンのために刀を抜いて立ち向かいます。 しかし、激しい死闘の末にマサシを庇ったジンは殺されてしまい、マサシも重傷を負ってしまいます。 怒りを爆発させたゼンはナンバー8との激闘に挑み、屋上まで追いつめた末に打ち破ります。 数日後、ゼンとマサシは、ジンを失った哀しみを抱えながら、共に海沿いを歩いていました。

次の

『チョコレート・ファイター』ネタバレ映画感想/アクション解説

チョコレート ファイター

チョコレート・ファイターのネタバレあらすじ:承 ジンは安全な環境で、一人で子供を産み育てようと決意します。 やがてジンは無事に女の子の赤ん坊を出産、「ゼン」と名付けますが、赤ん坊は生まれつき脳の発達障害を患っていました。 我が子の行く末を案じるジンでしたが、ゼンには知らず知らずのうちに、自分の目で見た様々な格闘術を一瞬で習得できる能力と驚異の身体能力を身につけていました。 ゼンは近所のジムでムエタイの練習光景を眺め、テレビでカンフー映画を観ながら成長していきました。 チョコレート・ファイターのネタバレあらすじ:転 そして現在。 ゼン(ジージャー・ヤーニン)は美しい女性に成長していました。 しかしある日、母ジンが病に倒れ、白血病と診断されてしまいます。 ゼンは母の高額な治療費を稼ぐため、幼馴染みのムン(タポン・ポップワンディー)と共に路上パフォーマンスを行い小銭を稼ごうとします。 しかし、それでも金が足りないゼンは、かつて母がマフィア時代に金を貸していた相手から借金の取り立てを強行していきます。 しかし、彼女の行動は、街を仕切るナンバー8の知るところとなってしまったのです。 チョコレート・ファイターの結末 ナンバー8からの脅迫されたジンは、日本にいるマサシに手紙を書いて助けを求めようとしますが、それすらもナンバー8の知るところとなってしまいます。 ナンバー8の一味はムンを拉致し、ジンとゼンをおびき出そうと画策します。 ゼンはムンを助け出すためナンバー8のアジトに乗り込み、その類まれなる格闘能力で次々と一味の手下たちを倒していきます。 そしてマサシも日本から駆け付け、ジンとゼンのために刀を抜いて立ち向かいます。 しかし、激しい死闘の末にマサシを庇ったジンは殺されてしまい、マサシも重傷を負ってしまいます。 怒りを爆発させたゼンはナンバー8との激闘に挑み、屋上まで追いつめた末に打ち破ります。 数日後、ゼンとマサシは、ジンを失った哀しみを抱えながら、共に海沿いを歩いていました。

次の