クラリス。 クラリス(ClariS)の素顔がこちら!仮面を取った姿の情報や年齢についても

クラリス錠200の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

クラリス

クラリス錠200に関連する病気 関連する可能性がある病気です。 食中毒 肺炎 細菌性肺炎(総論) 骨盤内炎症性疾患(PID) 子宮付属器炎 ヘリコバクター・ピロリ感染症 マイコプラズマ肺炎 百日咳 クラミドフィラ肺炎 クラミジア性感染症 レジオネラ肺炎 カンピロバクター腸炎 クラミジア・トラコマティス肺炎 非結核性抗酸菌症(NTM感染症) ジフテリア 慢性副鼻腔炎(蓄膿症) クラリス錠200の主な効果と作用• 病気( 感染症)の原因となる菌を殺すお薬です。 マクロライド系の 抗生物質です。 細菌のタンパク質の合成を阻害して細菌の増殖をおさえる働きがあります。 マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症を含むを治療するお薬です。 の原因となる細菌の増殖をおさえる働きがあります。 やの原因となるヘリコバクター・ ピロリ菌の感染を治療するお薬です。 抗生物質です。 やの原因となるヘリコバクター・ピロリ菌を除菌します。 クラリス錠200の用途• 外傷の二次感染• 歯冠周囲炎• 歯周組織炎• 手術創の二次感染• の二次感染• 慢性 膿皮症• リンパ管炎• リンパ節炎• 感染性腸炎• 深在性皮膚 感染症• 表在性皮膚感染症• 慢性呼吸器 病変の二次感染• MAC症• 胃MALTリンパ腫の• 早期に対する 内視鏡的治療後胃の• ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 〈一般感染症〉通常、成人にはクラリスロマイシンとして1日400mg(力価)を2回に分けて経口投与する• なお、年齢、症状により適宜増減する• 〈非結核性抗酸菌症〉通常、成人にはクラリスロマイシンとして1日800mg(力価)を2回に分けて経口投与する• なお、年齢、症状により適宜増減する• 〈ヘリコバクター・ピロリ感染症〉ヘリコバクター・ピロリ感染症の場合、通常、成人にはクラリスロマイシンとして1回200mg(力価)、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)及びプロトンポンプインヒビターの3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する• なお、クラリスロマイシンは、必要に応じて適宜増量することができる• ただし、1回400mg(力価)1日2回を上限とする• (用法及び用量に関連する注意)7. 1. 〈一般感染症〉免疫不全など合併症を有さない軽症ないし中等症のレジオネラ肺炎に対し、1日400mg分2投与することにより、通常2~5日で症状は改善に向うが、症状が軽快しても投与は2~3週間継続することが望ましい• また、レジオネラ肺炎は再発の頻度が高い感染症であるため、特に免疫低下の状態にある患者などでは、治療終了後、更に2~3週間投与を継続し症状を観察する必要がある(なお、投与期間中に症状が悪化した場合には、速やかにレジオネラに有効な注射剤(キノロン系薬剤など)への変更が必要である)〔8. 1参照〕• 2. 〈一般感染症〉レジオネラ肺炎の治療において単独で使用することが望ましいが、患者の症状に応じて併用が必要な場合には次の報告を参考に併用する薬剤の特徴を考慮し選択すること• 2.1. 〈一般感染症〉レジオネラ肺炎の治療において、中等症以上の患者にリファンピシンと併用し有効との報告がある• 2.2. 〈一般感染症〉レジオネラ肺炎の治療において、in vitro抗菌力の検討において、本剤とレボフロキサシン又はシプロフロキサシンとの併用効果(相乗ないし相加作用)が認められたとの報告がある• 3. 〈一般感染症〉クラミジア感染症に対する本剤の投与期間は原則として14日間とし、必要に応じて更に投与期間を延長する〔8. 1参照〕• 4. 〈非結核性抗酸菌症〉肺MAC症及び後天性免疫不全症候群(エイズ)に伴う播種性MAC症の治療に用いる場合、国内外の最新のガイドライン等を参考に併用療法を行うこと• 5. 〈非結核性抗酸菌症〉本剤の投与期間は、次を参照すること〔8. 1参照〕• 1). 〈非結核性抗酸菌症〉肺MAC症:排菌陰性を確認した後、1年以上の投与継続と定期的な検査を行うことが望ましい(また、再発する可能性があるので治療終了後においても定期的な検査が必要である)• 2). 〈非結核性抗酸菌症〉後天性免疫不全症候群(エイズ)に伴う播種性MAC症:臨床的又は細菌学的な改善が認められた後も継続投与すべきである• 6. 〈ヘリコバクター・ピロリ感染症〉プロトンポンプインヒビターはランソプラゾールとして1回30mg、オメプラゾールとして1回20mg、ラベプラゾールナトリウムとして1回10mg、エソメプラゾールとして1回20mg又はボノプラザンとして1回20mgのいずれか1剤を選択する クラリス錠200の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏症• 肝臓障害• ピモジド投与中• 腎臓障害• ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩投与中• タダラフィル<アドシルカ>投与中• アスナプレビル投与中• スボレキサント投与中• エルゴタミン酒石酸塩・無水カフェイン・イソプロピルアンチピリン投与中• イブルチニブ投与中• チカグレロル投与中• ダクラタスビル塩酸塩・アスナプレビル・ベクラブビル塩酸塩投与中• ロミタピドメシル酸塩投与中• イバブラジン塩酸塩投与中• ベネトクラクス<用量漸増期>投与中• QT延長• 肝機能障害• 腎機能障害• 心疾患• 低カリウム血症• 免疫低下• 進行期胃MALTリンパ腫• 早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃以外 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 授乳婦• 新生児 低出生体重児を含む• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 低出生体重児 0日〜27日• 新生児 0日〜27日 クラリス錠200の注意が必要な飲み合わせ 薬剤名 影響 コルヒチン 中毒症状、血中濃度上昇、中毒症状<汎血球減少・肝機能障害・筋肉痛・腹痛・嘔吐・下痢・発熱等> ピモジド QT延長、心室性不整脈<Torsades de pointesを含む>、心血管系副作用 酒石酸エルゴタミン・無水カフェイン・イソプロピルアンチピリン 血管攣縮等の重篤な副作用 ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩 血管攣縮等の重篤な副作用 スボレキサント 血漿中濃度が顕著に上昇しその作用が著しく増強 ロミタピドメシル酸塩 血中濃度が著しく上昇 タダラフィル<肺高血圧症を適応とする場合> クリアランスが高度に減少しその作用が増強 チカグレロル 血漿中濃度が著しく上昇 イブルチニブ 作用が増強 アスナプレビル 肝臓に関連した副作用が発現・重症化 ダクラタスビル塩酸塩・アスナプレビル・ベクラブビル塩酸塩 肝臓に関連した副作用が発現・重症化 イバブラジン塩酸塩 過度の徐脈 ベネトクラクス 腫瘍崩壊症候群の発現が増強、副作用が増強 ジゴキシン 嘔気、嘔吐、不整脈 スルホニルウレア系薬剤 低血糖、意識障害 グリベンクラミド 低血糖、意識障害 カルバマゼピン 血中濃度上昇に伴う作用の増強 テオフィリン 血中濃度上昇に伴う作用の増強 アミノフィリン製剤 血中濃度上昇に伴う作用の増強 シクロスポリン 血中濃度上昇に伴う作用の増強 タクロリムス水和物 血中濃度上昇に伴う作用の増強 エベロリムス 血中濃度上昇に伴う作用の増強 ベンゾジアゼピン系薬剤<CYP3Aで代謝される薬剤> 血中濃度上昇に伴う作用の増強 トリアゾラム 血中濃度上昇に伴う作用の増強 ミダゾラム 血中濃度上昇に伴う作用の増強 非定型抗精神病薬<CYP3Aで代謝される薬剤> 血中濃度上昇に伴う作用の増強 フマル酸クエチアピン 血中濃度上昇に伴う作用の増強 ジソピラミド 血中濃度上昇に伴う作用の増強 トルバプタン 血中濃度上昇に伴う作用の増強 エプレレノン 血中濃度上昇に伴う作用の増強 臭化水素酸エレトリプタン 血中濃度上昇に伴う作用の増強 カルシウム拮抗剤<CYP3Aで代謝される薬剤> 血中濃度上昇に伴う作用の増強 ニフェジピン 血中濃度上昇に伴う作用の増強 ベラパミル 血中濃度上昇に伴う作用の増強 リオシグアト 血中濃度上昇に伴う作用の増強 ジエノゲスト 血中濃度上昇に伴う作用の増強 PDE5阻害薬 血中濃度上昇に伴う作用の増強 シルデナフィル 血中濃度上昇に伴う作用の増強 タダラフィル<シアリス・ザルティア> 血中濃度上昇に伴う作用の増強 クマリン系抗凝血剤 血中濃度上昇に伴う作用の増強 ワルファリンカリウム 血中濃度上昇に伴う作用の増強 ドセタキセル水和物 血中濃度上昇に伴う作用の増強 オキシコドン塩酸塩水和物 血中濃度上昇に伴う作用の増強 フェンタニール 血中濃度上昇に伴う作用の増強 フェンタニルクエン酸塩 血中濃度上昇に伴う作用の増強 抗凝固剤<CYP3Aで代謝されP-gpで排出される薬剤> 血中濃度上昇に伴う作用の増強 アピキサバン 血中濃度上昇に伴う作用の増強 リバーロキサバン 血中濃度上昇に伴う作用の増強 P糖蛋白を基質とする抗凝固剤 血中濃度上昇に伴う作用の増強 ダビガトランエテキシラート 血中濃度上昇に伴う作用の増強 エドキサバントシル酸塩水和物 血中濃度上昇に伴う作用の増強 イトラコナゾール 血中濃度上昇に伴う作用の増強、本剤の未変化体の血中濃度上昇による作用の増強 リファブチン 血中濃度上昇に伴う作用の増強、本剤の未変化体の血中濃度が低下し活性代謝物の血中濃度が上昇、本剤の作用が減弱 エトラビリン 血中濃度上昇に伴う作用の増強、本剤の未変化体の血中濃度が低下し活性代謝物の血中濃度が上昇、本剤の作用が減弱 アトルバスタチンカルシウム水和物 血中濃度上昇に伴う横紋筋融解症 シンバスタチン 血中濃度上昇に伴う横紋筋融解症 ロバスタチン 血中濃度上昇に伴う横紋筋融解症 HIVプロテアーゼ阻害剤 本剤の未変化体の血中濃度上昇による作用の増強 リトナビル 本剤の未変化体の血中濃度上昇による作用の増強 リファンピシン類 本剤の未変化体の血中濃度が低下し活性代謝物の血中濃度が上昇、本剤の作用が減弱 エファビレンツ 本剤の未変化体の血中濃度が低下し活性代謝物の血中濃度が上昇、本剤の作用が減弱 ネビラピン 本剤の未変化体の血中濃度が低下し活性代謝物の血中濃度が上昇、本剤の作用が減弱 天然ケイ酸アルミニウム<服用> 本剤の吸収が低下.

次の

除菌水「クラリスプロ」(次亜塩素酸水溶液)

クラリス

M&A実務経験豊富な専門家がお客様の事業承継をお手伝いいたします。 M&A手数料は業界最安値、完全成功報酬制で承っております。 着手金なし、成功報酬のみで200万円からと非常にです。 取引価格1億円未満の小規模な案件にも対応しております。 M&Aを成功に導くために、誠心誠意、真心を込めたアドバイスをいたします。 クラリスの個別相談会 気になる案件やM&Aに関する疑問などがございましたら、どのようなことでも結構ですので、どうぞお気軽にください。 すでにM&Aのご経験がおありになられる方はもちろん、 「M&Aに興味はあるけど、M&Aのことが全くわからない」 という方も大歓迎です。 個別相談会(無料)を随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。 なお、クラリスキャピタルはお問い合わせをいただいたからといって、依頼しなければならないような雰囲気にすることは一切ございませんので、どうぞご安心してお問い合わせください。 、またはお電話( 03-4405-8607)までご連絡ください。 M&Aを通して皆様の人生・会社経営がより豊かなものとなりますよう、お手伝いさせていただければ幸いです。 クラリスは皆様とお目にかかれますことを心より楽しみにしております。 そして、末永いお付き合いをさせていただければと存じます。 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。 クラリスは安心料金 クラリスでは、お客様に安心してご利用いただけるよう、着手金、中間手数料、毎月の固定報酬をいただいておりません。 業界最安値クラスので、お客様の事業承継、M&Aをお手伝いいたします。 それぞれの段階でお相手との交渉があります。 ご相談いただいてからクロージングまで最短で約3か月、通常は半年〜1年ほどのお時間がかかります。 詳細は「」や「」をご参照ください。

次の

【公式サイト】伊豆の高台に佇む花に囲まれた「ボンマリアージュ 花の森 クラリス」

クラリス

生産者によってはアールスメロンのように果梗をアンテナ状に残す作り方をされているのもあるようです。 ナント種苗のカタログでは、果形は球形で果重1. 5~2. 0Kg、果肉は黄緑色で肉厚、可食率が高く、糖度は16度内外で安定。 肉質は収穫直後から硬すぎずメルティング質だが、「食べ頃」が長く店持ちに優れると書かれています。 また、果梗部の周りはネットができにくいようです。 一般にメロンは買ってきてから食べごろを見極めなければなりませんが、『収穫直後から硬すぎずメルティング質』ということは、店で買ってきたその日でも食べられるということです。 もちろん、お尻が少し弾力が出てきて香りが強くなってからの方がより一層美味しく食べられるということは同じだと思います。 食感は適度な歯触りはあるものの舌触りはなめらかで果汁も多く感じられ、メロンの香りと共に甘味が口いっぱいに広がり、価格の割に美味しいと感じました。 メーカーであるナント種苗のいう「メルティング質」とは英語を直訳すると「ほろりと崩れるような溶解質」という意味ですが、確かにゴリゴリした嫌な食感はなく口触りはとてもいい感じでした。 主な産地は茨城県。 大型トンネル栽培の場合は6月中旬頃から8月上旬頃まで、ハウス抑制栽培だと10月から11月下旬頃までとなっています。 食べごろの旬はやはり6月中旬頃から8月上旬頃までとなります。 品種 5月 6月 7月 8月 クラリス.

次の