喜寿祝い 花。 花のギフト 喜寿お祝いプレゼント 人気ランキング2020

喜寿祝い(77歳)に贈りたい!花の定番・オススメ8選!

喜寿祝い 花

米寿祝いの花を贈る時期 米寿は誕生日のお祝いですので、贈る相手が在宅の場合は、誕生日当日もしくは前日がベストです。 米寿祝いの食事会などがあり、その場所で渡したい場合には、お店に直接宅配を頼むのがいいでしょう。 その際には、食事会が始まる前にはもう届いているように準備しておけば安心です。 もし早い時間帯に食事会が開催されることになっている場合には、前日にお店に届ける手配をしてもよいでしょう。 その場合には必ずお店に事前に連絡をいれておくようにして下さい。 米寿祝いの花の相場 大体の相場は、7000円から10000円程度が多いです。 一番多い価格帯は10000円前後と、誕生日祝いの中ではかなり高級志向が強まっていると言えるでしょう。 米寿のお祝いは長寿祝いとして最近かなりポピュラーなものになってきましたので、身内などでお金を出し合って、お花の価格もそれなりに高いものが多くなってきています。 平均寿命よりも長生きという米寿の役割は、今後高齢化社会が進むにつれさらに高まっていくと思われます。 米寿祝いにはどのような花を贈るべきか 一番多いのはフラワーアレンジメントです。 かごに入っていますので、置くだけで飾れますし、特別手入れもいらないので簡単です。 胡蝶蘭や花束は、ほどくのが少し大変なので、一人暮らしをしているかたに贈るのは控えたほうがいいかもしれません。 逆にご家族に元気なかたがいて同居されている場合などは、胡蝶蘭や花束がおすすめです。 食事会などのイベントを開催する場合には、花束が華やかでいいでしょう。 4,000円 (税込4,400円) おめでたい赤色系の米寿祝いフラワーアレンジメントです。 フラワーズ・ドゥおまかせアレンジメント。 米寿のお祝いに。 5,000円 (税込5,500円) 色鮮やかなレッドのバラにピンクやオレンジの花々をミックスさせたお洒落な花ギフト!• 5,000円 (税込5,500円) 季節を問わず人気の花束です。 米寿や記念日、どんな用途にも合う花ギフトです。 5,000円 (税込5,500円) バスケットにやさしい色合いのピンクやオレンジの花々をミックスさせてアレンジしました。 5,000円 (税込5,500円) 人気の赤バラを中心に、レッドとグリーンでシンプルにまとめた上品な花ギフト。 5,000円 (税込5,500円) 米寿祝いにピッタリのフラワーアレンジメント。 赤バラとかすみ草にユリが入ってこの価格!• 5,000円 (税込5,500円) 上質なピンクのユリのみをシンプルに束ねた、上品で豪華な花束です。 米寿祝いに。 7,000円 (税込7,700円) 赤バラを中心に、バラやカーネーション、ヒペリカムなど様々な花を使用した花ギフトです。 7,000円 (税込7,700円) ピンクのバラの中でも人気の高い20本!ボリュームたっぷりのおすすめ花ギフト!• 10,000円 (税込11,000円) 最高級の花材を惜しみなく使用したスペシャルな花束。 ため息の出るような美しさ!• 10,000円 (税込11,000円) 白色の上品なユリを中心に、華やかなピンク系の花々で取り囲んだゴージャスなアレンジメント。 10,000円 (税込11,000円) ユリやバラをメインにさわやかな色合いのお花をミックスさせた上品なアレンジメントです。 20,000円 (税込22,000円) 3本立ち白色LLサイズの胡蝶蘭(こちょうらん)胡蝶蘭の中で一番人気商品です!• 20,000円 (税込22,000円) 縁起の良い紅白の花が可憐でとても美しい胡蝶蘭(こちょうらん)のLLサイズです。

次の

喜寿祝いにプレゼントすべき花はどれ?気になる花言葉と価格を中心に紹介!

喜寿祝い 花

長寿祝いの名称と由来 年齢 名称 由来 満60歳 数え61歳 還暦(かんれき) 数えで61年。 満60歳で、生まれた年の干支にもどることから。 70歳 古稀、古希(こき) 唐の詩人・杜甫の「人生七十古来稀なり」に由来。 77歳 喜寿(きじゅ) 「喜」のくずし字の、七を3つ重ねた形から。 80歳 傘寿(さんじゅ) 「傘」のくずし字の、八と十を重ねた形から。 88歳 米寿(べいじゅ) 「米」の字をくずすと、八、十、八に分かれるので。 90歳 卒寿(そつじゅ) 「卒」のくずし字「卆」が九十と読めることから。 99歳 白寿(はくじゅ) 「百」から横線の「一」を取ると「白」になるので。 100歳 百寿(ひゃくじゅ)、紀寿(きじゅ)。 百賀(ひゃくが) 百寿は、ひゃくじゅと読むのが一般的ですが、ももじゅと読むこともあるようです。 紀寿は、100年で一世紀なので「世紀」の「紀」。

次の

花のギフト 喜寿お祝いプレゼント 人気ランキング2020

喜寿祝い 花

1、喜寿祝いにプレゼントするなら花がおすすめ! 喜寿祝いは、還暦、古希に続く長寿祝いです。 77歳を迎えた際の長寿祝いで、テーマカラーは紫になっています。 還暦や古希のルーツは中国ですが、喜寿祝いは日本がルーツで室町時代の終わり頃から浸透した長寿祝いです。 喜寿の「喜」という字は、草書体で「㐂」と書きます。 この文字は読み方によっては七十七と読めるため、「喜」という字が使われるようになりました。 そんな、喜寿祝いにプレゼントするなら花がおすすめです。 長寿祝いらしい花言葉のついた花を贈れば喜ばれること間違いなし。 また、テーマカラーが紫なので品のある花をプレゼントできます。 喜寿祝いを迎える方が身近にいるけど、まだプレゼントが決まっていない方は花束のプレゼントをおすすめします。 ・喜寿祝いにはどんな花をプレゼントすればいいの? 年齢や性別関係なく喜ばれやすい花束のプレゼント。 ただ、喜寿祝いにどんな花をプレゼントすればよいのか悩みますよね。 喜寿祝いのプレゼントに花を贈るなら喜寿に関連した花がいいでしょう。 喜寿のテーマカラーが紫なので、同じ色の花や、健康や長生きといった意味が込められた花がおすすめです。 「気品」や「尊敬」など喜寿の方のイメージに合った花言葉を持つ花を選ぶのも良いでしょう。 基本的には、ほかの祝いごとに贈る花を意識してください。 花言葉をあまり知らない、お祝いに適した花がわからないという場合には、花屋さんと相談しながら決めると安心です。 また、生花の花束よりも長く楽しめる プリザーブドフラワーを贈る方は増えています。 プリザーブドフラワーは長い期間美しい状態を保つ花であり、喜寿以降の長寿を願うプレゼントとして最適です。 花束に比べると少し値は張りますが、長い間花を楽しめるのでこちらもおすすめです。 どちらも紫がメインの花束にして喜寿を迎えた方に贈りましょう。 ・喜寿祝いの花の相場はいくら? 喜寿祝いに贈る花の相場について見ていきましょう。 喜寿祝いの花束はプレゼントする花の種類によって大きく変わります。 バラなど単価の高い花をたくさんプレゼントすれば、それだけ花束の価格は上がります。 ただ、花を頼む際に予算を伝えれば花屋さんでは予算内で花束を作ってくれます。 ボリュームのある花束を作りたいなら5,000円以上、理想の花を加えたいなら1万円程度は必要になります。 特に、バラ中心の花束を作りたいなら、これ以上の価格を想定しておきましょう。 ブリザードフラワーに関しても花束と同じ程度の価格で手に入ります。 最低でも5,000円程度用意しておけば、ブリザードフラワーを購入するときに困りません。 まずは、花束を購入する際の予算を決めて、予算内で作ってもらえるか花屋さんと相談しましょう。 サイズ感や持ち運びやすさも確認すると喜寿の方に渡す時に配慮できます。 インターネットで購入する場合は、花束ごとに予算が出ているので自分の予算と見合うか確認してから購入してください。 ・喜寿祝いに渡す花束の注意点は? 喜寿祝いに花束を渡す場合、当日に花束を渡すことになります。 ただ、状況によっては当日に花束を取りに行けないこともありますよね。 その場合は、 花束の保管場所に注意しましょう。 生花は傷みやすいため、保管方法を誤るとすぐに枯れてしまいます。 花束を自宅で保管する際は、 必ず花を立てて気温の変化が少ない場所におきましょう。 風が当たる場所で花が傷んでしまいます。 また、 保管する場合も数日中には渡すようにしてください。 一週間以上先になる場合は、花を受け取るタイミングを変えましょう。 お店によっては家まで配達してくれるお花屋さんもありますので、取りに行けない場合を考えて注文時に確認するのをおすすめします。 または、 枯れないブリザードフラワーなどがおすすめです。 プリザーブドフラワーは水や肥料やりの手間がかからないのも魅力的なポイントです。 事情により直接花束を喜寿の方に渡せず、配達で渡す場合にもプリザーブドフラワーであれば枯れる心配がなく、美しい状態のままプレゼントすることができます。 花を渡すタイミングに合わせて最適な花を選んだり、管理に気を付けたりしましょう。 2、喜寿祝いにプレゼントするならおすすめしたい花を紹介! 最後に、喜寿祝いにプレゼントしたい花を紹介します。 花の種類や花言葉、相場、おすすめ度を紹介するので、喜寿祝いの花をプレゼントする際の参考にしてみてください。 還暦祝いで赤いバラをプレゼントした方も多いはず。 今回は、おすすめしたいのは喜寿祝いということで紫のバラ。 エレガントなイメージのある紫のバラは、古希祝いや喜寿祝いで人気が高いです。 花言葉は、見た目通り「誇り」や「気品」「尊敬」など喜寿祝いにぴったりですよね。 紫のバラは、花束のワンポイントに使う、または、余裕があるなら77本のバラを花束にしてプレゼントするのもいいかもしれません。 紫のバラは他の花とも相性がよく、さまざまな花と組み合わせて花束を作りやすいのも魅力的です。 1本あたりの相場は200円〜1,500円ほど。 販売店によって花の価格が違うので、花屋さんなら予算内でどれくらいのバラを使えるか確認してから注文しましょう。 何輪かがセットになった1本立てを基本として、3、5、7本立てが一般的です。 本数が多くなればなるほど、大きく豪勢な印象を与えられます。 花束としてプレゼントするなら、本立てでなくても構いません。 1輪あたりの相場は700〜1,500円ほど。 花束にする場合は、胡蝶蘭を入れたい旨を伝えて予算を伝えればバランスよく胡蝶蘭を入れてくれます。 本立てにはならないのでそこまで高くはなりません。 胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」や「純粋な愛」です。 まさに、祝いごとを中心に贈られる花という感じの花言葉です。 ちなみに、胡蝶蘭は色別に花言葉がついていません。 どの色の胡蝶蘭も同じ花言葉なので、色によって考える必要はないです。 フリルのようになった花びらが優雅な雰囲気を醸し出しています。 トルコキキョウは白やピンク、そして紫などがあり、どれも花束にすると美しいです。 紫のトルコキキョウの花言葉は「希望」。 ほかの色には、「優美」や「思いやり」など全体的に明るくポジティブな花言葉がついています。 見た目も中身も祝いごとに適している花なので、必ず喜寿祝いの花束にも入れたいですよね そんな、トルコキキョウは1輪あたり200円〜500円程度とリーズナブル。 フリル状になった花びらが花束にボリュームを出してくれるので、少ない本数でも十分活躍してくれます。 ほかの、花と組み合わせてエレガントな花束を作りたいならトルコキキョウを選びましょう。 アネモネ咲きやボール咲きなどさまざまな咲き方があり見た目が変わります。 赤や白、ピンク、オレンジなど色合いも豊富で積極的に品種改良されています。 紫に近い赤のダリアの花言葉は、「華麗」や「優雅」など。 色合いによって花言葉がついており、白のダリアは「感謝」、黄色のダリアは「優美」といった意味があります。 ただ、ダリアには「裏切り」といったネガティブな花言葉もあり、祝いごとには向いていないのでは?と言われていますが、あくまで歴史的背景によってつけられた花言葉なので問題ありません。 1輪あたりの相場は少し高めの500円〜1,500円ほど。 ダリアはボリュームのある花なので、ほかの花と組み合わせながらボリューム感のある花束を作りましょう。 白やピンクといった色合いを基本として、さまざまな品種改良が行われています。 スイートピーの品種改良は世界で100種類以上あるとされていて、日本でも数種類の品種改良が生み出されました。 スイートピーの花言葉は「ほのかな喜び」や「優しい思い出」など。 喜寿祝いを迎えた方に喜びや思い出を伝えるのに適した花です。 本来なら、別れのイベントに利用される花ですが、花言葉的には祝いごとに贈っても問題ありません。 1輪あたりの相場は150円〜300円。 品種改良が進んでいるため、年中手に入る上に1輪あたりの値段も安いです。 そのため、花束の予算内でスイートピーを豊富に入れることができます。 日本には大正時代に渡来し、それから観賞用として一般化されました。 1900年ごろ南アフリカで発見されてから、現在までに2,000種類以上の品種が登場しています。 ガーベラの全般の花言葉は「希望」や「前進」など。 ピンクや白、赤など色によって花言葉が異なりますが、全体的にポジティブなイメージの花言葉が多いです。 喜寿祝いに適した前向きな花言葉は、プレゼントにぴったりです。 ガーベラ自体の相場は150円〜300円。 観賞用ということもあり、手に入りやすい価格帯が魅力的です。 品種も多いので花屋さんでガーベラがないということはないでしょう。 喜寿祝いなら紫に近い赤系のガーベラがおすすめです。 ほかにも、花束のアクセントとしたピンクや白を入れてもいいでしょう。 母の日の定番プレゼントとして愛されているカーネーション。 定番の赤以外にも白やピンク、喜寿祝いに適した紫があります。 色合いが多いので花束のバランスを考えて、豊富な色を加えられます。 例えば、「感謝」や「気品」といった花言葉を持つピンクのカーネーションの、「純粋な愛」などの花言葉を持つオレンジのカーネーションなど、華やかな色合いで気持ちが伝わる花言葉を持つカーネーションと組み合わせると良いでしょう。 紫のカーネーションの花言葉は「誇り」や「気品」など。 色によってさまざまな花言葉がありますが、なかには喜寿祝いに適していない場合もあるので注意しましょう。 1輪あたりの相場は150円〜300円程度で手に入りやすいです。 3,000円程度の花束を作るなら、見た目が映えやすいので紫のカーネーションを頼んでみましょう。 最盛期は6月で赤やピンク、紫、黄色など多くの色があります。 喜寿祝いが初夏の時期ならアマリリスを加えて品のある美しい花束に仕上げましょう。 アマリリスの花言葉は、「誇り」や「輝くばかりの美しさ」など。 喜寿祝いに適した前向きな花言葉が魅力的です。 ほかにも、アマリリスの花が横向きについてほかの花と喋っているように見える様子から「おしゃべり」という花言葉もあります。 1輪あたりの相場は700円〜1,500円と少し高めです。 ほかの花をメインにワンポイントで紫のアマリリスを使うなどして花束を作りましょう。 初夏に誕生日を迎える喜寿の方におすすめです。 ユリの女王と呼ばれているカサブランカ。 真っ白で気品溢れる佇まいは、喜寿祝いに適した花といえるでしょう。 白のカサブランカのほかにも、喜寿祝いにぴったりな赤紫のパープルカサブランカがあります。 カサブランカの花言葉は「祝福」「高貴」「雄大な愛」など。 花の印象通りの花言葉がつけられています。 神話では白ユリを聖母マリアに捧げたというエピソードもあり、まさに純潔のシンボルとして愛されています。 1輪あたりの相場は500円〜3,000円ほど。 ほかの花に比べると1輪あたりの値段が少し高めです。 もし花束を作るときは、カサブランカ中心ではなく、ほかの花も組み合わせた花束を作りましょう。 カサブランカの白い花の色は他の花の色ともマッチするため、他の花との組み合わせも楽しんでもらいましょう。 シンビジウムは、胡蝶蘭に次ぐ洋ランです。 シンビジウム、胡蝶蘭、カトレア、パフィオペディルムは四大洋ランと言われており、なかでもシンビジウムは日本で人気です。 黄色やピンク、赤など花色も豊富に揃っています。 シンビジウムの花言葉は「飾らない心」「素朴」など。 ほかのラン科に比べると落ち着いた色合いが多いことから、こうした花言葉が付けられました。 喜寿祝いで相手に気持ちを伝えるにはぴったりの花言葉です。 シンビジウムは10月~5月までさまざまな品種が開花し、1か月以上鑑賞できる寿命の長い花なので喜寿の方に長く楽しんでもらえます。 本立てあたりの相場は3,000円〜1万円程度です。 3本立てや5本立てからの販売されており、本立て数によって価格が変わります。 予算内で収まるか確認してから購入するようにしましょう。 まとめ 喜寿祝いにプレゼントすべき花を紹介しました。 それぞれの花言葉を知って、感謝とともに想いを伝えてみてください。 メッセージカードを添えてお祝いの言葉と一緒に花言葉も書いておくとより丁寧で気持ちが伝わります。 また、花の相場や季節によって異なります。 花屋で注文する場合は、目当ての花がない可能性もありますが、店員さんと相談して代わりの花を利用しましょう。 喜寿祝いのプレゼントに花は最適です。

次の