王 は 愛する。 「王は愛する」登場人物と感想

「王は愛する」登場人物と感想

王 は 愛する

第25代高麗王の息子ウォンは、美しい容姿と知性にあふれ、大胆な行動力で人々を引き付ける卓越した能力の持ち主だが、母親が元(げん)のフビライ王の娘であったため、父親から忌み嫌われ警戒されていた。 政に興味を持たず、権力争いも嫌い、いつも親友リンと過ごしていた。 ウォンにとってリンは、家族よりも心を許せる存在であり、一生を共にすると誓った特別な存在であった。 リンは、友でありながらも護衛としてウォンを誰よりも近くで支えていた。 ある日、二人は身分を隠し王宮の外に出かけ、高麗一の大商人ウン・ヨンベクの妻が何者かに殺されるところを目撃する。 2人の絆は、親子以上の固い関係でした。 しかし、ある女性との出会いで2人の絆は壊れてしまうことに! 彼らの楽しみといえば身分を隠して王宮外へ出る事だったのですが、ある日、高麗でも一番の金持ちと言われる商人 ウン・ヨンベクの妻が何者かに命を奪われる現場を目撃してしまうことに! 実際に狙われていたのは娘の サンでした。 サンの母からの遺言を預かっていたウォンとリンは、その遺言を届けに向かおうとします。 屋敷にいたサンを娘とは知らずに、なんとその遺言を伝えてもらえるよう頼んで屋敷を後にするのでした。 それから7年の時が流れます。 ウォンとリンは美しく成長したサンと再会することとなり・・・。 サンに向ける気持ちがウォンとリンの固い友情を壊していくようになっていくのですが、2人がどんな決断を下すのか最終回までご覧ください。 ドラマの感想は? 「『 王は愛する』の評判はどうなの?」と思うあなたに、『 王は愛する』の 感想や 評判を紹介します。 王は愛する完走💨 愛情と友情どっちをとるか最後までひやひや だったけど最後の終わり方なんか切なすぎた. また解毒剤を持っていたリンはサンの命を救います。 最終的にソンインは、ワン・リンの矢によって死を迎えることに! 今まで出会って以来一度も別れたことがなく、別れを考えたこともないウォン、サンそしてリンでしたが、元に反言勢力の首長を渡さなければならないということになり、3人は少しずつ別れを練習していました。 リンはサンに「 どこにでも一緒に行くという約束は守れなさそうだ」と最後の挨拶をします。 またリンは、幼い頃からサンへの恋心を抱きいていたことを告白。 そしてリンはサンに「 もう離すから、振り向かないでください」と言うのです。 そしてリンは、ウォンに「 反元勢力であるリンを捕まえろ。 リンが証拠を持っているはずだ」と命令してほしいと言うのです。 反元勢力の首長であることを自称したリンは、ウォンの矢によって死を迎え、ウォンの功労になるようにしたのでした。 リンは命を救い、ウンサンと共に南海のある村で隠れてひっそりと生活していたんです。 ウォンは王座に上がってから7ヶ月ぶりに、王座を先王に渡して突然元に向かいます。 結局、ウォンはサンとリンの愛を応援したところで幕を閉じました。 まとめ いかがでしたでしょうか? イム・シワンさんが兵役前最後にドラマ出演した作品『 王は愛する』。

次の

韓国ドラマ【王は愛する】の相関図とキャスト情報

王 は 愛する

第25代高麗王の息子ウォンは、美しい容姿と知性にあふれ、大胆な行動力で人々を引き付ける卓越した能力の持ち主だが、母親が元(げん)のフビライ王の娘であったため、父親から忌み嫌われ警戒されていた。 政に興味を持たず、権力争いも嫌い、いつも親友リンと過ごしていた。 ウォンにとってリンは、家族よりも心を許せる存在であり、一生を共にすると誓った特別な存在であった。 リンは、友でありながらも護衛としてウォンを誰よりも近くで支えていた。 ある日、二人は身分を隠し王宮の外に出かけ、高麗一の大商人ウン・ヨンベクの妻が何者かに殺されるところを目撃する。 殺された女性の娘であるサンは幸い難を逃れるが、狙われていたのが娘だと気付いたヨンベクは、身分を偽り侍女として生きるようサンに告げる。 一方、ウォンとリンは、サンの母親が亡くなる直前に残した娘への遺言を伝えようとヨンベクの屋敷へ忍び込み、サンとは知らずに母親の最期の言葉を伝える。 これが三人の出会いだった。 7年後、学者イ・スンヒュを訪ねたウォンとリンはそこで美しく気高い女性に成長したサンと再会する。 サンはソファと名乗り、スンヒュの弟子になっていた。 三人の間には友情が芽生えるが、これが三人の運命を大きく変えていく。 ウォンは次第にサンに恋心を抱くようになり、リンもまたサンに密かに想いを寄せていく。 永遠に続くと信じていた二人の友情がはからずもサンによって崩れ始め…。 「ミセン-未生-」で俳優として頭角を現したイム・シワンの軍入隊前最後の出演作!シワンが演じるのは、高麗王と元(げん)のフビライ王の娘との間に生まれたことで、孤独に育った世子(セジャ)ワン・ウォン。 日本でも高い知名度と人気を誇るアイドルグループ、少女時代のユナがヒロインのウン・サン役に扮する。 ヒロインに恋をするも大切な友人を思うあまり、愛と友情のあいだで葛藤するワン・リン役には「麗~花萌ゆる8人の皇子たち~」での好演が記憶に新しいホン・ジョンヒョン。 ウォンとリンの熱い男同士の友情と二人の間で揺れるサン、三人の切ない愛と友情、そして王座を狙う者たちの欲望が絡まり、三人の運命が動き出す。 【話数】全20話/字幕スーパー 【演出】キム・サンヒョプ 【脚本】ソン・ジナ 【制作】MBC(韓国) 【出演】 イム・シワン ユナ(少女時代) ホン・ジョンヒョン キャスト.

次の

【「王は愛する」の魅力全開!】王は愛するのあらすじ徹底レビュー

王 は 愛する

山で野宿をすれば自分の羽織をウォンにかけ、かいがいしく世話を焼くリン。 一方で、リンに危険が及べば、持ち前の知恵を使って助けるウォン。 二人の固い友情は一人の女性を巡って崩れかけるも、断ち切ることのできない絆が物語を一層盛り上げる。 本作でウォンの親友 ワン・リンを演じたのが 「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」で狂気と悲しみを抱えた役柄で好評を得たホン・ジョンヒョン。 本作で魅せた心優しく誠実な姿で、 前作からのイメージをガラリと変え、新境地を開拓した。 第25代高麗王の息子ウォンは、美しい容姿と知性にあふれ、大胆な行動力で人々を引き付ける卓越した能力の持ち主だが、母親が元(げん)のフビライ王の娘であったため、父親から忌み嫌われ警戒されていた。 政に興味を持たず、権力争いも嫌い、いつも親友リンと過ごしていた。 ウォンにとってリンは、家族よりも心を許せる存在であり、一生を共にすると誓った特別な存在であった。 リンは、友でありながらも護衛としてウォンを誰よりも近くで支えていた。 ある日、二人は身分を隠し王宮の外に出かけ、高麗一の大商人ウン・ヨンベクの妻が何者かに殺されるところを目撃する。 殺された女性の娘であるサンは幸い難を逃れるが、狙われていたのが娘だと気付いたヨンベクは、身分を偽り侍女として生きるようサンに告げる。 一方、ウォンとリンは、サンの母親が亡くなる直前に残した娘への遺言を伝えようとヨンベクの屋敷へ忍び込み、サンとは知らずに母親の最期の言葉を伝える。 これが三人の出会いだった。 7年後、学者イ・スンヒュを訪ねたウォンとリンはそこで美しく気高い女性に成長したサンと再会する。 サンはソファと名乗り、スンヒュの弟子になっていた。 三人の間には友情が芽生えるが、これが三人の運命を大きく変えていく。 ウォンは次第にサンに恋心を抱くようになり、リンもまたサンに密かに想いを寄せていく。 永遠に続くと信じていた二人の友情がはからずもサンによって崩れ始め…。

次の