チョン・イル。 【チョン・イル】のプロフィール&関連情報 |韓国ドラマ俳優・女優名鑑プロフィール一覧

【チョン・イル】のプロフィール&関連情報 |韓国ドラマ俳優・女優名鑑プロフィール一覧

チョン・イル

チョン・イルは、MBCシットコムドラマ『思い切りハイキック』に出演し、多くの人々に愛されていた中、「パク・ミニョンと交際関係である」という噂が、報道されたという。 イルとミニョンは、2006年のドラマ『思い切りハイキック』で共演したことがあるという。 その後、二人が映画を楽しんでいる姿が目撃され、熱愛報道が出されたという。 以前からも、二人で食事を楽しんでいる姿や、楽しそうに並んで歩いたりしている姿が、何度も目撃されていたという。 しかし、この報道について、イル側もミニョン側も、否定しているという。 イルは、自身のデビュー後初のファンミーティングで、スキャンダルについて「ミニョンさんだけでなく、キム・ボムさんとも一緒に、映画や食事を楽しんだ」と言及し、熱愛説について否定した。 好きなタイプ チョン・イルは、ある番組に出演した際、自身の好きな女性のタイプについて聞かれ、次のように答えた。 「僕の職業を理解してくれ、僕が落ち込んでいる時には、力になってくれるような女性が、タイプである。 また、賢明で、周りの人に配慮が出来る、優しい女性と付き合ってみたい」と述べた。 また、結婚相手については、「結婚相手の女性は、お互いに思っていることを正直に話し合えるような女性が良い。 自分の周囲の友達が結婚しているので、羨ましく感じる。 自分も早く、素敵な女性に出会って、結婚したい」と答えた。 性格 チョン・イルは、明るく優しい性格であるという。 イルは自身の性格について、「僕の普段の性格は、明るい性格で、『思いっきりハイキック』の「ユノ」のような性格である。 しかし、感情の起伏が激しく、たまに『美賊イルジメ伝』の「イルジメ」のような性格になるときもある。 最近は、気分が上下しないように、コントロールするよう気を付けている」と答えた。 他の番組では、自身の性格を「お茶漬けのように、素朴な性格」であると例え、番組の司会者を笑わせたという。 番組内でイルは、「僕は素朴で、親しみやすさのある俳優である」と答え、親しみやすさをアピールした。 またイルは、ドラマでは女好きの役を演じることが多い。 しかし実際は、好きな女性が出来ても、甘い言葉を投げかけることが出来ず、恋愛に発展することがないという。 「好きな女性に、アピールをすることも恥ずかしく、相手のことを良く知ってからでないと、告白できないため、告白するまでに時間がかかる」と答えた。 趣味 チョン・イルの趣味は、包丁さばきである。 中国のテレビ番組、中国江蘇衛星TV『星厨賀倒』に、初めて招待されたイルが、番組で料理の実力を披露した。 番組に出演するにあたり、料理の練習を頑張ったという。 普段から料理をすることが、好きなイルは「緊張するが、趣味が包丁を使うことなどで、問題ない」と答えたという。 一生懸命に練習する姿をSNSに投稿するなどで、自身の実力をアピールした。 また、「美味しい食べ物を食べるのも、趣味である」と言い、「美味しく食べれば0カロリー」という言葉も、残している。 特技 チョン・イルの特技は、玉ねぎの皮むきである。 中国の料理番組に、韓国俳優として初めて招待されたイルが、番組内で「趣味は包丁さばき、特技は、玉ねぎの皮をむくことである」と答えた。 番組に出演したイルは、約10人のスター達と料理対決を行った。 対決では、一時間で、32個の玉ねぎの皮むきに成功し、見事1位を獲得し、SNSにその様子を投稿した。 料理対決に向け、料理教室にも通ったという。 デビュー前の経歴 チョン・イルは、1987年9月9日生まれの俳優である。 漢陽大学の演劇映画科で、演技の勉強をしているという。 2006年に、映画『静かな世の中』で、初の映画デビューを果たし、俳優としてもデビューした。 その後、MBCシチュエーションコメディー『思いっきりハイキック』で、反抗期の高校生役を演じ、一躍有名となる。 そのドラマがきっかけで、年上のファンが急増したという。 人気俳優として、活動し始めたイルは、数々のドラマや映画に出演し、最も人気のある俳優に選ばれた。 身長も高く、すらっとした体形で、さわやかな印象が、人気の秘訣であった。 映画『美賊イルジメ伝』で、イ・スンギの代わりにキャスティングされ、時代劇に、初挑戦することになった。 イルは、時代劇に出演した感想を次のように述べた。 「視聴率はあまり良くなかったが、時代劇に出演したことにより、色々なことを学ぶことができ、成長することが出来た。 次の作品に、活かしたい」と答えた。 イルは、出演する作品のキャラクターの特徴を捉え、役に近づこうと、努力が出来る俳優である。 出身・家族・学歴 兄弟 妹 出生国 出生地域 高校 永登浦高等学校 大学 漢陽大学演劇映画科 解散・引退について 周囲からの評判 チョン・イルは、身長が183cm、体重63kgという、すらっとした体型である。 また、さわやかで、落ち着いた印象があるため、実際の年齢よりも、上に見られることが多いという。 しかし、実際の性格は、明るいという。 イルの友人で、俳優でもあるは、イルの性格について、「女性らしい一面がある。 周りの人に対する、細やかな配慮が、女性の様である」と答えた。 しかしイルは、そのことについて、否定している。 また、兵役前から寄付活動をしている、心の綺麗な俳優である。 整形 チョン・イルは、目の整形が疑われている。 好きな食べ物 公式サイト・SNS.

次の

チョン・イルの熱愛彼女と噂された女性まとめ

チョン・イル

チョン・イルは、MBCシットコムドラマ『思い切りハイキック』に出演し、多くの人々に愛されていた中、「パク・ミニョンと交際関係である」という噂が、報道されたという。 イルとミニョンは、2006年のドラマ『思い切りハイキック』で共演したことがあるという。 その後、二人が映画を楽しんでいる姿が目撃され、熱愛報道が出されたという。 以前からも、二人で食事を楽しんでいる姿や、楽しそうに並んで歩いたりしている姿が、何度も目撃されていたという。 しかし、この報道について、イル側もミニョン側も、否定しているという。 イルは、自身のデビュー後初のファンミーティングで、スキャンダルについて「ミニョンさんだけでなく、キム・ボムさんとも一緒に、映画や食事を楽しんだ」と言及し、熱愛説について否定した。 好きなタイプ チョン・イルは、ある番組に出演した際、自身の好きな女性のタイプについて聞かれ、次のように答えた。 「僕の職業を理解してくれ、僕が落ち込んでいる時には、力になってくれるような女性が、タイプである。 また、賢明で、周りの人に配慮が出来る、優しい女性と付き合ってみたい」と述べた。 また、結婚相手については、「結婚相手の女性は、お互いに思っていることを正直に話し合えるような女性が良い。 自分の周囲の友達が結婚しているので、羨ましく感じる。 自分も早く、素敵な女性に出会って、結婚したい」と答えた。 性格 チョン・イルは、明るく優しい性格であるという。 イルは自身の性格について、「僕の普段の性格は、明るい性格で、『思いっきりハイキック』の「ユノ」のような性格である。 しかし、感情の起伏が激しく、たまに『美賊イルジメ伝』の「イルジメ」のような性格になるときもある。 最近は、気分が上下しないように、コントロールするよう気を付けている」と答えた。 他の番組では、自身の性格を「お茶漬けのように、素朴な性格」であると例え、番組の司会者を笑わせたという。 番組内でイルは、「僕は素朴で、親しみやすさのある俳優である」と答え、親しみやすさをアピールした。 またイルは、ドラマでは女好きの役を演じることが多い。 しかし実際は、好きな女性が出来ても、甘い言葉を投げかけることが出来ず、恋愛に発展することがないという。 「好きな女性に、アピールをすることも恥ずかしく、相手のことを良く知ってからでないと、告白できないため、告白するまでに時間がかかる」と答えた。 趣味 チョン・イルの趣味は、包丁さばきである。 中国のテレビ番組、中国江蘇衛星TV『星厨賀倒』に、初めて招待されたイルが、番組で料理の実力を披露した。 番組に出演するにあたり、料理の練習を頑張ったという。 普段から料理をすることが、好きなイルは「緊張するが、趣味が包丁を使うことなどで、問題ない」と答えたという。 一生懸命に練習する姿をSNSに投稿するなどで、自身の実力をアピールした。 また、「美味しい食べ物を食べるのも、趣味である」と言い、「美味しく食べれば0カロリー」という言葉も、残している。 特技 チョン・イルの特技は、玉ねぎの皮むきである。 中国の料理番組に、韓国俳優として初めて招待されたイルが、番組内で「趣味は包丁さばき、特技は、玉ねぎの皮をむくことである」と答えた。 番組に出演したイルは、約10人のスター達と料理対決を行った。 対決では、一時間で、32個の玉ねぎの皮むきに成功し、見事1位を獲得し、SNSにその様子を投稿した。 料理対決に向け、料理教室にも通ったという。 デビュー前の経歴 チョン・イルは、1987年9月9日生まれの俳優である。 漢陽大学の演劇映画科で、演技の勉強をしているという。 2006年に、映画『静かな世の中』で、初の映画デビューを果たし、俳優としてもデビューした。 その後、MBCシチュエーションコメディー『思いっきりハイキック』で、反抗期の高校生役を演じ、一躍有名となる。 そのドラマがきっかけで、年上のファンが急増したという。 人気俳優として、活動し始めたイルは、数々のドラマや映画に出演し、最も人気のある俳優に選ばれた。 身長も高く、すらっとした体形で、さわやかな印象が、人気の秘訣であった。 映画『美賊イルジメ伝』で、イ・スンギの代わりにキャスティングされ、時代劇に、初挑戦することになった。 イルは、時代劇に出演した感想を次のように述べた。 「視聴率はあまり良くなかったが、時代劇に出演したことにより、色々なことを学ぶことができ、成長することが出来た。 次の作品に、活かしたい」と答えた。 イルは、出演する作品のキャラクターの特徴を捉え、役に近づこうと、努力が出来る俳優である。 出身・家族・学歴 兄弟 妹 出生国 出生地域 高校 永登浦高等学校 大学 漢陽大学演劇映画科 解散・引退について 周囲からの評判 チョン・イルは、身長が183cm、体重63kgという、すらっとした体型である。 また、さわやかで、落ち着いた印象があるため、実際の年齢よりも、上に見られることが多いという。 しかし、実際の性格は、明るいという。 イルの友人で、俳優でもあるは、イルの性格について、「女性らしい一面がある。 周りの人に対する、細やかな配慮が、女性の様である」と答えた。 しかしイルは、そのことについて、否定している。 また、兵役前から寄付活動をしている、心の綺麗な俳優である。 整形 チョン・イルは、目の整形が疑われている。 好きな食べ物 公式サイト・SNS.

次の

韓国ドラマ「ヘチ 王座への道」主演、チョン・イルからオフィシャルインタビューが到着!

チョン・イル

略歴 [ ] 2006年、映画『』で俳優デビュー。 同年、MBCシチュエーションコメディ『思いきりハイキック』で、反抗期の高校生を演じる。 2009年MBCドラマ『』で時代劇に初挑戦した。 2011年SBSドラマ『私の期限は49日』では現代版の死神役、同年tvN『イケメン・ラーメン店』 邦題『美男ラーメン店』 では女好きの財閥男を演じる。 2012年MBCドラマ『』では、豪放で自由な庶子役として出演。 韓国で最高視聴率46. 人物 [ ]• 2006年、映画『静かな世界』で俳優デビュー。 趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、洋服収集、インターネット• 特技:水泳• 放送芸能科 出演作品 [ ] テレビドラマ [ ]• (2006年、) - イ・ユノ役• (2008年、MBC) - イ・ユノ役• (2009年、MBC) - イルジメ役• (2009年、) - イ・テユン役• (2011年、KBS) - 特別出演• (2011年-2012年、KBS) - 特別出演• (2011年、) - チャ・チス役• (2012年、MBC) - 陽明君役• (2013年、KBS) - 写真のみの特別出演• (2013年、MBC) - ソ・ドヨン役• (2013年、MBC) - イ・リン役• (2015年、Webドラマ) - チェ・セフン役• シンデレラと4人の騎士〈ナイト〉(2016年、tvN) - カン・ジウン役• (2019年、SBS) - 役• 夜食男女(2020年、) - パク・ジンソン役 映画 [ ]• (2006年)• (2007年)• 女漢子(2015年)• 誰も知らない高品格片思い(2016年) テレビ [ ]• 2012年 05月11日《》• 2012年 10月26日 《》• 2012年 11月14日 《》 音楽 [ ]• Dynamic Duo《》ナレーション参加• シングル《》- ドラマ 《》OST• シングル《》- ドラマ 《》OST• シングル《》- ドラマ 《》OST ラジオ [ ]• KBS 《》出演• MBC 《》出演• MBC《》出演• KBS《》スペシャルDJ出演• KBS《》スペシャルDJ出演• SBS《》出演 PV [ ]• [ ] 「これが私です」(2007年)• 「だから」(2007年)• ク・ジョンヒョン 「嘸かし 오죽했으면 」(2007年) 舞台 [ ]• ビューティフル・サンデー(2010年) 番組 [ ]• (2007年) 広告 [ ]• エンプラニ ホリカホリカ• ドミノピザ• LG電子 Optimus LTE• ロッテ製菓 ドリトス• GOOGIMS• ビングレ バナナミルク• NIKE• ヘッバン• ビター500• CLRIDE. NIX• 花を持つ男• NET 受賞 [ ] 年度 受賞目録 2007年• コメディーシットコム部門 新男優賞• Mnet KM ミュージックフェスティバル ミュージックビデオ演技賞• 第2回 コリアジュニアスターアワーズ TVドラマ部門 大賞 2012年• 第7回 アジアモデル賞授賞式 モデル特別賞 ファッショニスタ賞• 第18回 上海TVフェスティバル 銀賞 「太陽を抱く月」• IQIYI男子俳優賞 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (朝鮮語).

次の