甘い もの が 食べ たい 時。 甘いものが欲しくなる理由と身体への影響

甘いものが無性に食べたいときは、●●が不足している!? 食欲と身体の関係とは|ビフィックスマガジン|BifiX(ビフィックス)ヨーグルト|グリコ

甘い もの が 食べ たい 時

甘いものを食べるとやる気がでたり、ストレスを忘れさせてくれるのはなぜでしょう? ついつい甘いものに依存してしまっている現代人が増えていますが、実はそれには、幸せホルモンとよばれている「セロトニン」が深く関係しているのです。 実は脳を興奮させる物質ではあるのですが、落ち込んだ心を励ますと同時に、感情の爆発を抑えながら心を穏やかにもしてくれる感情物質です。 別名「幸せホルモン」ともよばれているセロトニンですが、実際、摂食障害や暴力行動、うつ病の原因には、セロトニン不足が関係しているといわれています。 また、セロトニンは睡眠に関与しているメラトニンという物質の原料にもなるため、気分だけでなく、夜に眠り朝に目覚めるという、1日のサイクルにも影響をおよぼします。 セロトニンは、赤身の肉に含まれるトリプトファンというアミノ酸を原料にして合成されますが、摂取したトリプトファンを脳に運ぶにはブドウ糖が必要になります。 そのため、肉や魚を食べた後に甘いデザートを食べることによって、セロトニンの分泌が促進され、幸福感や満足度を高める働きがあるのです。 また、もうひとつの理由として、血糖値が関係しています。 甘いものやご飯などの糖質を摂ると、血糖値が上がります。 そして、上がった血糖値を下げるために、インスリンというホルモンが分泌されます。 インスリンには血糖値を下げる働きがあるのですが、同時に、体内でタンパク質をつくる働きもあるのです。 タンパク質はアミノ酸からできるので、体内で多くのアミノ酸が使われ減少することによって、トリプトファンの比率が高くなります。 その結果、セロトニンが一時的に増加するのです。 そのため、甘いものを食べることによって、一時的な快楽を感じることになるのです。 ただし、あくまで、インスリンによってトリプトファンの比率が高まっているだけで、量が増えている訳ではないため、一時的な快楽に過ぎません。 ストレス過多の方やうつ病の方が甘いものに依存してしまうケースも多いですが、本来の解決策は、甘いものではなく、トリプトファンが多く含まれた食べ物を食べるなどして、セロトニン分泌を増やすことにあります。 次ページにあげることを意識してみるとよいでしょう。 セロトニンの分泌を増やすために、下記のことを意識してみましょう。 1.朝日を浴びる 2.リズミカルな運動をする(ウォーキング、自転車、階段の昇り降り、咀嚼) 3.トリプトファンを含む食材をとる(肉類、赤身魚、バナナ、豆乳、ひまわりの種) 4.ビタミンB6、Cをとる(トリプトファンをセロトニンに変換するのに必要な栄養素) 5.意識的に呼吸をする(深呼吸、ヨガ、座禅) 6.規則正しい生活をする(早寝早起き) 抗うつ剤を服用している方、深刻な肝機能障害がある方や妊婦さんに限っては、トリプトファン摂取に制限があるので、注意してください。 また、トリプトファンに限らず、多量に摂りすぎると弊害がでてくることもありますので、何事も過剰にならないよう気を付けましょう。 ストレスが溜まっている時に甘いものに頼っても、一時しのぎに過ぎないばかりか、健康を阻害してしまいかねません。 セロトニンを上手に活性化させ、心の安定をはかりたいですね。 セロトニンの活性には、少なくとも3ヵ月必要だといわれていますので、できることから無理なく継続してみましょう。 またこういった生活を心掛けることが、心身ともに安定した健康的な状態をつくり上げることに繋がります。 中嶌歩見.

次の

甘いものが食べたくなるのは、たんぱく質が足りていないから?

甘い もの が 食べ たい 時

おすすめの甘いものを食べたい気持ちを抑える方法を紹介する前に、そもそもなぜ体は甘いものを欲するのか、その原因を知っておく必要があります。 これから紹介する原因を頭に入れ、効果的にダイエットを行ってみてください。 神経を落ち着かせる「セロトニン」を分泌させるため みなさんの中にも、イライラしたときや興奮したときに甘いものが無性に食べたくなったという経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか? 人がイライラしたり興奮するのは、「セロトニン」という神経伝達物質が足りていない証拠なのです。 糖分には、体内で「セロトニン」の分泌を促進してくれる働きがあるため、イライラしたときや興奮したときに甘いものが食べたくなるのです。 ダイエット中はイライラしがちで、そのためダイエット中に甘いものを食べたいと思うことが多いとされています。 血糖値を上げようとしている 食事をしてしばらくすると、体内の血糖値が下がり、血糖値が下がると体の働きが鈍くなったり、体がフラフラする原因となると言われています。 甘いものに含まれる糖分には、血糖値を上げる働きがあるとされており、甘いものを食べることで、それをエネルギーとしているのです。 特に女性は男性よりも、食事をしてから血糖値が下がる時間が短いと言われており、女性の方が甘いもの好きなのはこういった理由からです。 ダイエット中の「甘いものが食べたい」を抑える方法 コンビニやスーパーでは手に入りませんが、ダイエット効果の面からおすすめしたいのがオルビスの「プチシェイク」です。 プチシェイクは、累計1. そんなプチシェイクは、ぷるぷるな食感がクセになると口コミで評判となっており、味が美味しい上にカロリーも低く、さらには腹持ちも良いので、置き換えダイエットはもちろん間食にもおすすめです。 「ダイエット中に甘いものが食べたい!」という時には、まさに最適なのです。 ダイエット中の甘いものが食べたいという気持ちを抑える方法について紹介しました。 スイーツやデザート、ジュースなどに含まれる糖分やカロリーは、太る原因とされており、ダイエット中の大敵と言われています。 ダイエット中こそ甘いものが食べたくなるのは、ダイエット中に生じるイライラ感が原因と言われており、イライラを解消するために体が甘いものを欲するのです。 ダイエット中に甘いものを食べたくなったら、今回紹介した方法を実践してみてください。 効果的に甘いものを食べたいという気持ちを抑えることができ、ダイエットに役立つはずです。 ただし、甘いものは太る原因となりますが、少量の甘いものは体に必要なので、全く食べないというのはやめるようにしましょう。 適度に甘いものを食べ、食べ過ぎてしまうなと思ったら今回紹介した方法を試して、効果的にダイエットを行ってみてください!.

次の

無性に甘いものが食べたくなる6つの原因とダイエット中の対処法

甘い もの が 食べ たい 時

普段はバランスのいい食事やオーガニックにこだわっている人でも、 まれに「無性に甘いものが食べたい!」「唐揚げとかの揚げ物が食べたい!」 ・・・そう思う時がありますよね? 女性なら生理前などに、そんな衝動に駆られることもあるでしょう。 そしてそれを「そんなものを食べたらダメなのに!」と自制すると、 更にその欲求が強くなったり、 欲求を抑えきれず食べてしまってから 「なんであんなものを食べてしまったんだろう。 」と後悔したり…。 実はこうした欲求は心理状態、ストレスと深い関係があるのです。 今回は食べたい物と心理状態についてご紹介したいと思います。 食べたい物で分かるストレスレベル 今食べたい物は次のうちどれですか? (1) 練り切りやようかんなどの和菓子 (2) とんかつや唐揚げなどの揚げ物 (3) ケーキなどの洋菓子や菓子パン (4) サラダなどの生野菜や果物 (5) 汗をかくような辛いもの (6) 特別、無性に食べたいと思う物はない。 気になる今のあなたの心理状態は? (1)練り切りやようかんなどの和菓子が食べたいと思ったあなた。 少し精神的に緊張状態が続いたり、肉体的な疲労がたまったりしていませんか? 和菓子には多くの砂糖が含まれているのは言うまでもありませんね。 砂糖の主成分であるショ糖はブドウ糖に分解されやすく、血糖値が上昇します。 すると脳の視床下部外側部や扁桃体などで構成されている「報酬系」と呼ばれる部分が 刺激され幸福感や安堵感を得ることが出来るのです。 すなわち「甘いものが食べたい!」という欲求は心が、 「ひとときの幸せ」を感じたい! ホッとしたい!と求めているのです。 (2)唐揚げなどの揚げ物が食べたいと思ったあなた。 揚げ物などの油っぽいものを欲するというのは、 甘いものを欲するよりも精神的に疲れている可能性があります。 実は油物は甘いものよりも早く脳の報酬系を刺激するのです。 牛脂やラード、サラダ油や大豆油などに多く含まれている長鎖脂肪酸が、 下の付け根部分に触れると味覚を司る「舌咽神経」が刺激され、 その刺激がダイレクトに脳に伝わり報酬系が活性化。 (1)の甘いものが胃や腸などの消化器系を介して吸収されてから報酬系を刺激するのに対して、 長鎖脂肪酸は下の根元に触れた時点で脳に刺激が達するので、 甘いものよりも早く「快」の感情を得ることが出来るのです。 (3)ケーキや菓子パンなどを食べたいと思ったあなた。 ケーキや菓子パンは血糖値をあげ、しかも長鎖脂肪酸も含まれているためより早く報酬系を刺激します。 そして長鎖脂肪酸による報酬系の刺激と血糖値の上昇による報酬系とのタイムラグがあるので、 糖もしくは長鎖脂肪酸を単体で摂るよりも長く「快」を得ることができます。 その状態を欲するということはかなり大きなストレスを抱えていたり、 精神的な疲労をため込んだりしていると見ることができます。 これはケーキや菓子パンに限らずカツ丼や天丼といった「丼物」を欲した場合でも同じことが言えます。 そしてもう一つ。 多くの菓子パンに使用されている「果糖ブドウ糖液糖」または「ブドウ糖果糖液糖」。 いわゆる「コーンシロップ」と呼ばれるもので、「異性化糖」とも呼ばれていますよね。 コーンシロップは砂糖よりも早く血糖値を上昇させるため、 より早く報酬系が刺激されます。 そして簡単に「快」を得られる物質には中毒性があるため、 「最近、精神的に疲れているせいかな?」で、 数日続けて食べるだけで毎日食べることが習慣化する恐れさえあるのです。 筆者のクライアントでも過食症の人が最も好んで食べるのが菓子パンです。 朝から菓子パン10個を食べていた人さえいます。 それも毎日。 ご存じの通り果糖ブドウ糖液糖の原料は遺伝子組み換えのトウモロコシ。 果糖ブドウ糖液糖とブドウ糖果糖液糖の違いは、 果糖の割合がブドウ糖より多い場合が「果糖ブドウ糖液糖」。 ブドウ糖が果糖より多い場合が、「ブドウ糖果糖液糖」と表示されています。 いずれもインスリン抵抗性を高めてしまうため、 糖尿病のリスクが高まるのは言うまでもありません。 (6)特に無性に食べたいものはないと思ったあなた。 もううつ状態で食欲さえ失せている場合を除けば、とても安定している状態と言っていいでしょう。 いつものようにバランスのいい食事を心がけて下さいね。 身体に良くないものが食べたくなった時の対処法 甘いものにしろ、油っぽいものにしろ、 「こんなものを食べたら身体に悪いのに。 」と思いながら食べたり、 食べた後に後悔したり自分を責めたりするのは絶対にオススメできません。 こうした後悔や自責の感情は身体にとっては更なるストレスとなり、 副腎から抗ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールが大量に分泌されます。 コルチゾールはストレスから身体を守るために分泌されるホルモンではあるのですが、 甘いものを食べたときと同じように血糖値を上昇させてしまうのです。 また無理矢理我慢するのも大きなストレス。 いずれその欲望が爆発してある日、突然ドカ食いしてしまうリスクも考えられます。 甘いものが欲しくなったら 果物をよく噛んで食しましょう。 果物に多く含まれる果糖も一部は体内で一部がブドウ糖に変換されます。 しかし果物は和菓子やケーキと違い、 ビタミンCやフィトケミカルなどの抗酸化物質も一緒に摂れるというメリットがあります。 そして罪悪感に苛まれることもありませんよね。 油っぽいものを欲しくなったら あなた自身は「唐揚げが食べたい!」と思っているかも知れませんが、 実は身体は一時的な報酬系の刺激が欲しくなっているだけです。 それなら同じ長鎖脂肪酸を含むやなどを食事の中で多めに摂ればいいだけなのです。 筆者はそんな時ダイレクトにサラダに多めのやをかけて食べています。 余談ですが、これまで味覚と言えば「塩味」「酸味」「苦味」「甘味」「旨味」の、 「五味」と言われていましたが、 米パデュー大学の研究で、「人は油脂の味を味覚として捉えることが分かった」と、 学術誌Chemical Sensesで発表しています。 第六の味覚を「脂味」として意識することで、 より健康管理に役立てていくことができるだろうと同チームはコメントしています。 しかし、日常的に添加物・農薬だらけの食品を口にしているとどんどん味覚が鈍くなり、 より甘いもの、より濃い味を求めるようになってしまうのは言うまでもありません。 また味覚は亜鉛などのミネラルの摂取が少なくリンの摂取が多と鈍くなることも分かっているので、 オーガニックなもの、そして充分なミネラルの摂取も心がけて下さいね。 オーガニック食品やコスメをお得に買えるオーガニックストアIN YOU Market 栄養バランスが崩れてしまった時に摂りたい、IN YOU おすすめのアイテム.

次の