デス スト ランディング ヒッグス。 【デスストランディング】キャラクター(登場人物)一覧|俳優と声優【デススト】|ゲームエイト

【デススト】ヒッグスのピザ配達攻略+報酬武器まとめ

デス スト ランディング ヒッグス

キャラクター名 ハートマン(Heartman) アクター• 外見:ニコラス・ウィンディング・レフン (Nicolas winding Refn)• 英語声優:ダレン・ジェイコブス (Darren Jacobs) 日本語声優 大塚 芳忠 ハートマンについて ハートマンはのメンバー。 ハートマンの心臓は21分間経過すると心臓が停止して、3分後には胸に装着してる AEDが起動して生き返る。 1日に60回死んでは生き返ってます。 ハートマンが死んでいるときは、にいる家族を探しており、 ビーチへは21万8550回(約10年相当)訪れている。 身体はこの世にあっても、魂はビーチにあるので死んでいる状態。 今では21分サイクルには慣れてしまい、排泄・シャワー・食事など、 生きていくのに必要な行為は、ほとんど21分もあれば済むのだという。 ハートマンの部屋には、短編映画や小説・TVドラマ・音楽など、 21分で完結できるDS以前の作品を集めており、彼にとって21分間とは待ち時間でしかない。 ハートマンの外見は、映画監督のニコラス・ウィンディング・レフン氏。 のように、小島秀夫氏との友人関係による出演で、 モーションや声優は別の人が演じている。 キャラクター名 ヒッグス(Higgs) アクター トロイ・ベイカー(Troy Baker) 日本語声優 三上 哲 ヒッグスについて ヒッグスは黄金仮面の男。 分離過激派の武装集団。 とは敵対するキャラクター。 への加盟を拒否し、都市『 エッジ・ノットシティ』の独立自治を要求している。 を捕まえ、交換条件として人質にしている。 彼らはを利用してを起こし、 都市をクレータに変えてしまう狂気のテロリスト集団。 あらゆる手段を講じて対消滅テロを画策している厄介な連中で、 アメリカ再建を阻害する理由にもなっている。 また、大陸の至るところに分離破壊主義者(ディメンス)が潜んでおり、 彼らは思想の一種で、何者かに統率された一組織ではない。

次の

【デス・ストランディング】「エピソード9:ヒッグス」攻略の流れ【DEATH STRANDING】

デス スト ランディング ヒッグス

デス・ストランディング2が待ち遠しい!続編は開発されるのか 小島秀夫監督いわく、デス・ストランディング(以下デススト)は続編の構想はもとより無く、完全に完結したとのことです。 しかしこれまでも小島監督はメタルギアソリッドシリーズを初代の段階から「これで完結」といった意気込みで作ってきましたが、ご存知の通りメタルギアソリッドシリーズは5まで続いています。 最後のメタルギアソリッド5に至っては、会社の事情等もあって最後のミッションが未完成のまま発売しまったので続編があってもおかしくないような終わり方でした。 小島監督は終わる終わると言ってもなかなか終わらせられない運命にあるようなので、デスストの続編が出る可能性も否定はできないんですよね。 コジマプロダクションの次の作品はすでに進行中とのことですが、デススト関係ではなさそうなのでデススト2はあったとしてもだいぶ先となりそうです。 デススト2が出るとしたら今までのゲーム性は踏襲しつつ、ユーザーから要望のあった要素を追加しバランス調整などを徹底してくれるでしょうね。 でもゲームバランス的なことは第一作ですでに完成されているようなものと感じてますけどね。 新たな要素をプラスしてさらに面白いデスストをプレイしてみたいものです。 デス・ストランディングの続編はいる?いらない?Twitterで調査してみた デスストの続編はいるかいらないかをTwitterで調べてみました。 デススト2プレイしたいです。 そりゃ好きな作品の続編は期待しちゃいますよね。 デス・ストランディング2のストーリー案を考察 小島監督作品となればストーリーはかなり重要ですよね。 ゲーム性もさることながら、その奥深いストーリーがあってこそ小島監督作品は評価されてきたものですから。 ストーリー的に続きを考えるとなると続編の世界観も大事です。 デスストの世界ではラスト・ストランディングは避けられたものの、人類の絶滅自体は避けられないためにただの延命処置として絶滅体であるアメリが世界との接続を絶ちました。 つまりもうサムたちの世界では人類が絶滅する運命しか残されていないんですよね。 物悲しい事実ですが、それでも人々の生活は続き人類は絶滅するまでは存在し続けます。 人類が絶滅し、別のものが地球の覇者として取って代わるのではなく、人類自体が新たなものに進化することで世代交代するというラストならまだ希望はあるんですけどね。 以下からはデススト2のストーリーについて4つの案を考察してみるので、妄想を膨らませていきましょう。 なおデスストの新作を作るとしたら「ゼロから始める」と言っているようですが、発言を覆してきたことは何度もあったので以下の考察は一作目の続きからという前提で書いていきます(ていうか書いてる途中で気づいた……)。 繋がりを絶ったサムが新しい繋がりを手に入れる物語 デス・ストランディング不動の主人公とはサムのことですが、デススト2でも主人公を張っているという可能性を考えてみました。 サムの物語は綺麗に終わったの主人公に据えてしまうと蛇足感が出てしまうので、あまり良いとは思えませんけどね。 デスストの終わり方は『サムが自分がクリフの息子(初代BB)であることを知ったあと、BB28と共に生きていくことを決意する』といったもの。 サムは無理やり繋がされた繋がりを一旦断ち切り、最後にBB28とだけ繋がり新たな人生を紡いでいくというラストになっていたんですよね。 サムを主人公に据えるとしたら、新たに人と繋がっていく過程を描くのかもしれません。 ヒッグスが主人公で繋がりを取り戻す物語 分離過激派組織のリーダーだったヒッグスは、サムとの最終決戦の後にフラジャイルに殺されたかと思いきや生きていました。 フラジャイルは結局殺せなかったとのことですが、ということは今もどこかで生きているというわけです。 最終決戦の場所がビーチだったのでヒッグスは殺されずともビーチに取り残されてしまったのではとも思いましたが、最終決戦のあともピーター・アングレール(ヒッグス)が配達依頼を出したりメールをよこしたりするのでこの世には戻っているはずです。 ヒッグスを主人公に据えるならどんなストーリーになるかちょっとばかし考察してみましょうか。 ヒッグスは死人がヴォイドアウトを起こす世界で躊躇わす人を殺すテロリスト。 完全な悪役だったわけです。 しかしそんな非道なヒッグスにも、悪役にならざるを得なかった悲しいバックグラウンドがあるということがメモリーを参照すると分かります。 ヒッグスはアメリに利用された形で悪役になったわけですが、アメリがいない今は活動の柱を失っている状態です。 ヒッグスには何も残っていないんですよね。 誰との繋がりも持っていないんです。 サムは最後の最後でBB28(=ルイーズ)と繋がることができましたが、ヒッグスは一人のまま。 もしデススト2が開発されるとしたら、そんなヒッグスが繋がりを取り戻すような物語があるのかもしれません。 主人公にならなくても、デスストがシリーズ化されたのなら無くてはならない存在として、シリーズを通してヒッグスが繋がりを獲得する物語が描かれる可能性もあります。 BB28(ルイーズ)が大人になったあとの物語 サムの相棒はBB28でしたが、最後の最後でポッドから出すことができ、サムのように普通の(?)人間として生きていくことができるようになりました。 BB28はサムがルイーズ(ルー)と名付け、サムの元で育っていくはずです。 続編ではそんなルイーズが主人公に据えられても面白いと思います。 その際は最強すぎるサムは何かしらの形で退場してもらった方がいいかもしれませんが(死なないからどっかのビーチに隔離されてしまうとか?)。 サムはメタルギアソリッドで言うビッグボス的なキャラ位置として登場すると胸熱ですね。 そして終盤でルイーズとサムが再会し共闘するとか。 面白そうです。 全く新しい主人公(ポーター)の物語 サムでもなく、ヒッグスでもなく、ルイーズでもない、全く新しいキャラクターを主人公に据えるというのもありですね。 絶滅が決まっている世界で人類延命のため配達人を続けるポーターの男は、ある事件をきっかけにBTの姿が視えるようになり……みたいな感じでしょうか(笑) 全く新しい主人公に設定するのなら一作目以前の物語でも大丈夫そうですね。 前述したとおり小島監督は続編があるのなら「ゼロから始める」とのことなので、デススト2が出るとしたらこれが一番可能性が高そうです。 まとめ デス・ストランディング2の可能性やストーリーについて考察してみました。 今現在まだデスストが発売して三ヶ月も経っていませんが、すでにクリアしてしまった身としては続編が待ち遠しく感じてしまうものです。 次の作品はデススト関係ではないっぽいので、デススト2があるとしてだいぶ先になりそうです。 首を長くして待ちましょう。

次の

【デスストランディング】ヒッグス部屋の入り方・場所・獲得トロフィー【DEATH STRANDING】│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

デス スト ランディング ヒッグス

未プレイ初心者にもわかるデス・ストランディングって一体どんなゲーム?配達するのが面白いの? 公開日時 : 2020-01-30 18:38 更新日時 : 2020-04-03 13:53 画像元: デス・ストランディング Death Stranding は多くの人から注目されているPS4のソフトで、 メタルギアソリッド MGS を手掛けたことで知られる小島秀夫らがプロデュースしています。 日本だけでなく海外の反応も素晴らしく、ゲーム内には豪華な俳優陣が出演していることでも話題です。 デス・ストランディングは発売前から話題になっており、どういったゲームなのかを調べた人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、デス・ストランディングについて興味はあり購入を検討している人向けに、そもそもデス・ストランディングはどんな内容のゲームなのか、そして面白さを感じる要素などについて紹介していきます。 話題の人気ゲーム「デス・ストランディング」とは• 未来のアメリカが舞台になっている デス・ストランディングの発売日は2019年の11月8日で、公式でも「デススト」と略しているプレイステーション4用のソフトとして登場したものです。 デス・ストランディングの舞台となっているのは未来のアメリカで、ゲームタイトルでもあるデス・ストランディングという現象により人々や都市は引き裂かれてしまいました。 主人公は伝説の配達人として名高い「サム・ポーター・ブリッジズ」で、リアルに描かれたさまざまな土地を駆け抜けます。 相手との格闘などもありハラハラする展開が魅力です。 デス・ストランディングにおいてプレイヤーの目的とは? では、そもそもデス・ストランディングにおけるプレイヤーの目的とは何かを紹介していきます。 デス・ストランディングは 依頼された荷物を受取人まで届けることが最大のミッションです。 さまざまなアイテムを駆使して旅を続け、最終的にはアメリカ大陸を繋げることが目的です。 冒険にはあらゆる装備をしますが、重量があるとプレイヤーの動きが鈍くなったり、スタミナの消費が早かったりとリアルさを追求しています。 上記で紹介した主人公サムを操作し、都市などへ支援物資を運ぶことで人々を繋ぎながら西海岸を目指します。 クリフとの関係性から興味深い存在であり、ストーリーが進むにつれて存在が明るみになることを楽しみにゲームをプレイしてみてください。 世界中のプレイヤーと繋がることが可能 デス・ストランディングの中毒になる理由のひとつといえるのが、世界中のプレイヤーと繋がり遊べる点です。 デス・ストランディングにはマルチプレイはなくひとりでプレイするゲームですが、荷物の配達中に通過する各地でカイラル通信を接続することで、他のデス・ストランディングをプレイしている人が使った道具をはじめ、建設した建物などが痕跡として自分のフィールドに映し出され利用できます。 つまり自分が残した痕跡等も他のプレイヤーが使用でき、利用した際に「いいね」が送られてきます。 この「いいね」はプレイするうちに重要な機能とわかるため、ストーリーを進めるうちに気づけるはずです。 自分ひとりではないと感じながらゲームをプレイできる点は、今の時代に欠かせない要素といっても過言ではありません。 豪華な俳優陣が出演 そしてデス・ストランディングが人気を獲得している理由として、登場するキャラクターに豪華俳優陣が揃っている点も挙げられます。 デス・ストランディングの主人公であるサムは、海外ドラマで日本でも爆発的な人気を誇る ウォーキング・デッドに出演しているノーマン・リーダスです。 さらにマッツ・ミケルセンなど現役で俳優として活躍している人物が登場しています。 また、声優も ディズニーキャラクターであるジーニーの声を担当している大塚明夫や、 歌手としても活動している水樹奈々なども出演しています。 リアルな映像により本物と見間違えるかのようで、かつ声優陣も豪華となれば迫力も抜群です。 ストーリーだけでなく、そういった面での楽しみが味わえるのも人気に繋がった理由といえるのではないでしょうか。 コレクターズエディションとデジタルデラックスエディションについて デス・ストランディングの発売日は2019年の11月8日で、コレクターズエディションとデジタルデラックスエディションが同時に発売されています。 コレクターズエディションは数量限定の商品で、税抜20,900円です。 内容としてはゲーム本編・スチールブックディスクケース・BBポッド・ねんどろいどもあルーデンスミニフィギュア・BRIDGESケースなどが入っています。 一方でデジタルデラックスエディションは、コレクターズエディションにも入っているゲーム内アイテムのゴールド「Ludens Mask」サングラス・ゴールドパワースケルトン・ゴールドパイルスケルトンなどが同封されており、価格は税抜8,900円です。 さらに数量限定のリミテッドエディションやスペシャルエディションなど、さまざまなパターンで発売されているため購入前にチェックしておきましょう。 デス・ストランディングが話題となった理由 デス・ストランディングが話題になったのは、メタルギアソリッド MGS を手掛けた小島秀夫がプロデュースしていることは大きな理由のひとつです。 さらに世界的に流行しているゲームジャンルであるFPSと認識されがちですが、これまでにないアクションゲームの概念を取り入れている点も注目されており、海外の反応も悪くありません。 上述したように有名な豪華俳優を起用していることももちろんですが、 ストーリーの面白さも評価に繋がっており、多くの人から人気を集めています。 登場人物について デス・ストランディングに登場する人物について知っておくことで、購入してからプレイがしやすくなります。 どういった立ち位置の人物なのかを一度チェックしておきましょう。 サム 画像元: 上述した通り、サムはデス・ストランディングの主人公であり伝説の運び屋として知られる人物です。 どの組織にも所属をせず配達業を営んでいたが、ある日死体処理班から自殺死体の処理を協力するよう要請されます。 それをきっかけに北米全土を巻き込む冒険に発展していくのです。 主人公のサムは特殊な体質で、ゲーム内にて登場するBTという敵と接触した際に発生するヴォイドアウトから生還できる帰還者であることです。 そして、RTの気配を感じ取れるDOOMSという能力者でもあります。 この特殊な体質から興味を示されており、サムはブリッジズから研究対象にされています。 そしてサムは前アメリカ大統領であるブリジットの養子でもあり、後で紹介するアメリとは幼少期から交流があります。 アメリ 画像元: アメリはアメリカ発の女性大統領ブリジットの娘で、新しく大統領に就任した人物です。 上述したようにサメリはサムと幼少期からお互いを知っており交流があります。 アメリの肉体はビーチにあるため、どれだけ年数が経過しようと体が老いていくことはありません。 これによりテロリストから狙われることになります。 アメリは今回の作品において非常に重要な人物で、デス・ストランディングを引き起こした張本人です。 アメリは強力な力を保持しており人類が絶滅する未来が見えていることから、人為的な絶滅の発生を計画したのです。 クリフ 画像元: クリフはサムがフラッシュバックを起こした際に見る男性キャラクターで、BB研究に関わっている人物として登場します。 しかし、ゲームが進行するとともにクリフの立ち位置は変わっていき、サムとの戦闘シーンもあるため兵士ともいえるでしょう。 フラジャイル 画像元: フラジャイルはフラジャイル・エクスプレス社の社長で、世界の配達網を整備して多くの人に貢献しようとしている人物です。 フラジャイルもDOOMS、つまり作中における能力者であり、BTの姿を確認できます。 さらに、ビーチを経由することで即座に移動ができるフラジャイル・ジャンプという能力も兼ね備えており、それらを駆使してサムをサポートしてくれる重要な登場人物です。 フラジャイルは過去にヒッグスと協力をして配達網を拡大させる動きをみせていたが、結果的にヒッグスはアメリにそそのかされて裏切り、テロに使用される兵器を流通させています。 このことからフラジャイルはヒッグスを恨んでいるため、サムに対して強く肩入れし協力しています。 協力する代わりにヒッグスへの復習をする助太刀も求めており、強い憎しみが滲み出ているといえるでしょう。 ヒッグス 画像元: ヒッグスは上記で紹介したフラジャイルを裏切ったテロリストで、アメリカ統治を阻害する分離破壊主義者です。 ヒッグスもDOOMSですが、サムやフラジャイルとは比にならないほどの力を持っており、 BTを召喚することでサムの行動を阻止してきます。 ヒッグスの過去を紹介すると、シェルター内で生まれ育った貧しい人物で、若くして親を亡くしています。 その後は伯父に引き取られて生活をしていましたが、次第に暴力を振るわれることになり、結果として伯父を殺害してシェルターから抜けた人物です。 このことからわかるように、ヒッグスは根っからの悪ではなく過去に経験が人格を変えてしまい、力を得るための方法としてテロに奔走してしまったわけです。 そのヒッグスにある心の弱い部分とアメリの考えが一致したことで、強大なテロリストとしてアメリに利用されてしまいます。 エンディング間際にヒッグスの話題が出てくるなど、今作において重要な人物といえるでしょう。 デッドマン 画像元: デッドマンはブリッジズのメンバーであり、サムが装備をして戦っているBB-28のメンテナンスなどの管理を行う人物です。 作中でサムの冒険をサポートしてくれる重要な人物で、体の7割が臓器でできている人造人間でもあります。 死人の臓器を使い肉体が誕生していることから人の子宮から生まれていないため、デッドマンはビーチを持っていないことから憧れを抱いています。 サムは作中においてサムが使用末う装備のメンテナンスを行うなど旅をサポートしていますが、それだけでなくブリッジズ内の秘密をサムに教えるなど、リスクを冒してまでサムに対して力を貸しているいわば相棒といえる存在です。 ダイハードマン 画像元: ダイハードマンはブリジットとアメリに忠実な側近となる人物でブリッジズの長官です。 大統領の願いを叶えるためにサムをブリッジズに招待し、遠隔でサムの旅をサポートしてくれます。 物語の終盤につれてダイハードマンの素顔がわかってくるため、そこを楽しみにプレイしてみてください。 そして、実はダイハードマンは上記で紹介したサムの父親であるクリフの部下として働いていた経歴があり、過去に何度もクリフから命を助けられています。 またクリフとBBをブリジットから逃亡させ助けようとしています。 デス・ストランディングをプレイするうえでのコツ• 荷物のバランスが重要 デス・ストランディングをプレイするうえでのコツとして挙げられるのは、まず荷物のバランスを保つことです。 デス・ストランディングでは依頼された荷物を受取人に届けなければいけません。 配達をする際はロープなど道具が使えますが、アイテムだけでバランスを支えるのではなく重量が肝心となります。 荷物が多すぎると移動するスピードが遅くなったり、体力の消耗が激しかったりしますので注意しなければいけません。 さらに、運んでいる荷物の重心がずれることで主人公であるサムもバランスを崩すため転倒する可能性があります。 荷物の整理をして移動しやすい状態にすることも、デス・ストランディングをクリアするためには重要です。 地形の情報を確認しよう デス・ストランディングはさまざまな地形を旅するため、足場が悪い場所は避けて通った方がスムーズに進めます。 足場の良し悪しは色で表現されており、黄色と赤はあまり良いとはいえない地形です。 一方で青色の場合は安定していることを意味しているので、積極的に探すようにしてください。 また、川を渡らなければいけないときは赤いエリアに入ると高確率で溺れてしまうので注意が必要です。 溺れると運ばなければいけない荷物が流されてしまいます。 そして 川を渡るときは黄色のエリアでも忍耐ゲージが減少し、ゼロになると溺れてしまうので注意が必要です。 敵との戦闘におけるコツとは 各大陸に拠点があるミュールとの戦闘において、荷物を奪うことが目的なため無差別に配達員を攻撃してきます。 また、ミュールは荷物に反応するレーダーを使い場所を検知してくるため、移動をするとどこにいるかバレてしまうのです。 ミュールをうまくかわすには、いかに素早く移動できるかにかかっています。 ミュールに見つかってしまった場合は 複数人を相手にせず一対一での戦闘を心がけましょう。 複数人が相手となれば厳しい状況となるため、できるだけ避けた方が良いです。 そして、武器がない場合は地面に落ちている荷物を活用することでミュールと戦えます。 荷物は殴るだけでなく投げることも可能なため、臨機応変に対応しましょう。 難易度:Very Easyも用意されています デス・ストランディングは、アクションが苦手なひとのために「Very Easy ベリー イージー 」の難易度を用意しています。 獲得できる評価が限られる反面、謎解きにヒントが表示されたり、アクション部分の制限がゆるめになっています。 あくまで 物語に集中したい、出演する役者をじっくり観たいひとにオススメです。 未プレイ初心者にもわかるデス・ストランディングまとめ デス・ストランディングはFPSとは異なるジャンルに位置付けられており、新たな扉を開いたといっても過言ではないゲームです。 メタルギアソリッドをプロデュースした小島秀夫が携わっている作品なだけにファンも多くいます。 また、海外の人気ドラマに出演している俳優を起用している点も人気に繋がっており、今後もさらに売上は伸びそうです。 デス・ストランディングはPS4だけでなくPC版も登場しているため、そちらもぜひチェックしてみてください。 ただし、PS4版を購入することで貰える特典が多いためお得感がありますし、ゲーム内で活用できるアイテムも手に入るため楽しみ方が広がります。 また、ネット上ではネタバレや考察、そして攻略法などさまざまな情報が溢れているので、チェックをすることで新たな楽しみ方を見出せるかもしれません。 ノジマでもお取り扱いしております!ぜひ、お越しください!.

次の