徳島 銀行 大正 銀行。 ‎「徳島大正銀行アプリ」をApp Storeで

徳島大正銀行

徳島 銀行 大正 銀行

(令和2年)にと合併し、となった。 イメージキャラクターは「トクベ~」、キャッチフレーズは「 つきあえば、とくぎん、徳島銀行」。 概要 [ ] 旧徳島相互銀行を前身とする県内唯一ので、徳島県における第二の銀行としての性格を有する。 本店所在地である徳島県を基盤に四国各県の他、特に地方には多く展開しており、店舗数は徳島県63店舗、6店舗、4店舗(うち2店舗)、に3店舗、・に各2店舗、1店舗の計81店舗である。 徳島銀行をとしている徳島県内の企業は1,652社で、県内シェアは19. 4月、旧本店の隣接地に総工費約40億円を投じ建設が進められてきた10階建ての新本店が竣工した。 本部部署は順次移転され、本店営業部は同7月21日から新社屋で業務が開始された。 経営統合 [ ] との経営統合を目的として(平成22年)、香川銀亀井町ビル内に・を設立して、ここに両行が傘下入りした。 これを受けて同年に徳島銀行としての上場を廃止し、トモニHDとして設立と同時に上場している。 (平成28年)4月1日にはの第二地銀であるもトモニHDの傘下に入ったが、その発表の際に、これまでの単なる「経営統合」に加えて香川・徳島両行と大正銀行の合併を含めたグループの再編についても合わせて検討が行われていることが明らかになった。 ()、と秋までに合併することが発表された。 これについて、合併はコスト改善効果が大きく、また当行の強みである事業性融資や中小企業取引及び大正銀行の強みである住宅・不動産分野について、ノウハウ共有を一段と進めることが目的であるとトモニホールディングス社長のは明かしている。 また、当行頭取のやトモニホールディングス会長のは「とは昔からヒト・モノ・カネの往来が多い結びつきがある」ことからビジネスマッチングやなどの仲介等で顧客にメリットがあるとした。 2018年、大正銀行との合併をシステム統合の安全性を考慮し、付とすることを取締役会において決議したことを公表。 合併計画の変更と合わせて合併後の新銀行名を「」とし、また、本店所在地は現在の徳島銀行本店とすること及び合併後のシステムは徳島銀行が用いているものに統合することも公表した。 店舗 [ ] 詳細は「」を参照 店舗統合の際、口座店のみを残すの手法をとったケースがある。 括弧内は統合先の店舗。 南小松島支店(小松島支店)• 鳴門東支店(鳴門支店、2018年12月3日から。 ATMコーナーは残存)• 穴吹支店(脇町支店、2018年12月3日から。 ATMコーナーは残存) 沿革 [ ]• (大正7年)3月3日 - 合資会社設立(現在の)。 (昭和11年)5月24日 - 富岡無尽株式会社設立(資本金10万円)。 (昭和23年)2月 - 徳島無尽株式会社に商号変更。 (昭和26年)10月20日 - に転換、株式会社徳島相互銀行に商号変更。 (昭和44年)6月 - 大阪支店設置。 (昭和63年)2月 - 東京事務所開設。 (平成元年)• - に転換、徳島銀行に商号変更。 10月 - 東京支店設置。 (平成2年)12月 - 上場。 (平成8年)12月 - 市場第一部上場。 (平成9年)4月 - 開設。 (平成13年)6月 - 「(フォーユーネット)」サービス取扱い開始。 (平成22年)4月 - とのに伴い、の完全子会社となる。 (平成27年)7月 - 本店営業部が新本店ビルで業務を開始。 (令和2年)1月 - 大正銀行と合併し、となる。 歴代社長 [ ] (昭和11年)5月24日 株式会社 以降。 3代 三間知賀• 4代 船越逸平• 5代 岸一郎• 7代 情報処理システム [ ] 「」参照 営業政策 [ ] 自動機サービス等 [ ] ATMは四国の第二地方銀行4行(徳島銀行・・・)で「(フォーユーネット)」の名称で提携し、4行間では他行利用手数料が無料となる。 ATMでの徳島銀行のキャッシュカードでの出金も、提携金融機関ATM利用手数料が無料となるが、その逆(徳島銀行ATMでの三菱UFJ銀行のキャッシュカードでの出金)は無料とならない。 地域貢献 [ ] 四国に本店をおく地方銀行・第二地方銀行として初めてを取得。 へのへの参加、づくりへの参加等を行っている。 関連会社 [ ]• 株式会社徳銀ビジネスサービス• 株式会社徳銀キャピタル 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (とくぎんトモニプラザ) 脚註 [ ] 註釈 [ ]• 今回の合併はと当行の2行のみの合併では加わらないが、これについて「一度に傘下3行が合併するのは労力がかなりかかる」ことを懸念していると社長のはコメントしており今後の状況を見極めて検討するとした一方、トモニホールディングス会長のは「基本的に2バンク制は維持したい。 香川銀行との合併計画は全くない。 」とコメントしている。 特にコスト改善については大正銀行は既に、当行と同一のシステムを有していることから、事務効率化等も期待できるとは指摘している。 この他、当行とは地元の資金需要が鈍いものの規模は比較的大きく、一方で大正銀行頭取のによれば「大正銀行は不動産中心で資金需要はあるものの小規模で限りがある」点が課題であり、「大正銀行と当行が合併すれば潤沢な資金をよりいかせる」というメリットも期待されている ほか、会頭の中村太一も「人口減に伴って県外への進出を考える企業が増えている。 両行の営業エリアが合わさることはの経済界にとってプラス。 」と評価している。 またによれば関西エリアでは、、及びの経営統合が予定されており、これに対抗する狙いもあるのという。 出典 [ ]• トモニホールディングス 2015年7月31日. 2015年10月18日閲覧。 帝国データバンク徳島支店 2010年8月13日. 2015年10月19日閲覧。 徳島銀行. 2015年4月8日. 2015年5月13日閲覧。 四国新聞. 2010年3月27日. 2015年4月14日閲覧。 四国新聞. 2015年4月11日. 2015年4月14日閲覧。 毎日新聞ニュース. 2018年3月13日. 2018年3月24日閲覧。 岩手日報. 2018年3月13日. 2018年3月24日閲覧。 『徳島銀・大正銀、20年1月合併、「システム安全性考慮」、トモニHD社長』( 2018年8月11日四国版朝刊12頁)• ( 2018年8月10日19:00配信)• 徳島銀行. 2014年2月28日. の2014年7月25日時点におけるアーカイブ。 2014年10月15日閲覧。 「Baila Bien 徳島銀行 蒲田支店開設で県外取引拡大を目指す」『週刊金融財政事情』 2014年10月13日号•

次の

徳島大正銀行、関西で攻勢 広域の強みを発揮 :日本経済新聞

徳島 銀行 大正 銀行

8:00 8:45 18:00 平 日 お預入れ 紙幣のみ 無料 お引き出し 110円 無料 110円 残高照会 無料 土・日 ・祝日 お預入れ 紙幣のみ 無料 お引き出し 110円 残高照会 無料 (注)• 「お引出し」は、平日8:45~18:00はお引出し手数料 無料です。 ただし、平日8:00~8:45、18:00以降、および土・日・祝日は 時間外手数料(110円)が必要です。 キャッシュカードでの「お預入れ」ができます。 通帳での「お預入れ」はできません。 お預入れは千円以上、千円単位です。 硬貨をともなうお預入れはできません。 キャッシュカード利用による「お振込」は、お引出し手数料以外に振込手数料が必要です。 通帳、及び法人カード(事業者カードローンを含みます。 )によるお取引はご利用できません。 他行が幹事の共同キャッシュコーナーは対象外です。 キャッシュコーナー入り口の「トモニホールディングス」のステッカー表示を確認のうえ、ご利用ください。 手数料以外は4YOU NET(フォーユーネット)相互利用提携と同じお取扱いです。 くわしくはをご覧ください。 ご不明な点等については窓口までお問い合わせください。 8:00 8:45 18:00 平 日 お預入れ 紙幣のみ 110円 無料 110円 お引き出し 110円 無料 110円 残高照会 無料 土・日 ・祝日 お預入れ 紙幣のみ 110円 お引き出し 110円 残高照会 無料 (注)• 平日8:00~8:45、18:00以降、土・日・祝日は時間外手数料(110円)が必要です。 キャッシュカード利用によるお振込はお引出し手数料以外に振込手数料が必要です。 お預入れは千円以上、千円単位です。 硬貨をともなうお預入れはできません。 法人カード(事業者カードローンを含みます。 )はご利用できません。 他行が幹事の共同設置キャッシュコーナーは、4 YOU NET(フォーユーネット)の対象外です。 「4 YOU NET(フォーユーネット)」のステッカー表示を確認のうえ、ご利用ください。 くわしいご説明はをご覧ください。 8:00 8:45 18:00 平 日 お預入れ 110円 無料 110円 お引き出し 110円 無料 110円 お振込み 220円 110円 220円 残高照会 無料 土・日 ・祝日 お預入れ 紙幣のみ 110円 お引き出し 110円 お振込み 220円 残高照会 無料 (注)• 平日8:45~18:00以外の時間帯は「時間外手数料」が必要です。 お振込みは別途三菱UFJ銀行所定の振込手数料が必要です。 お預入れは平日8:45~18:00の時間帯は1円以上、1円単位、それ以外の時間帯は千円以上、千円単位です。 当行ATMで三菱UFJ銀行キャッシュカードによるお預入れはご利用いただけません。 また、お振込みはお引出し手数料以外に振込手数料が必要です。 ご利用いただける日、時間帯は店舗によって異なります。 くわしくは三菱UFJ銀行ホームページでご確認ください。 「入金ネット」マークの表示があるキャッシュコーナーでご利用いただけます。 ご利用は 「個人のお客さまの普通預金・貯蓄預金」に限ります。 法人カード、通帳によるご入金はできません。 (注) 徳島大正銀行のお客さまは、テレボート専用口座への入金はできません。 ご入金は紙幣のみです。 (千円以上、千円単位)• 1回(1操作)あたりのご入金は最高999千円(紙幣100枚まで)です。 各金融機関所定の手数料が必要です。 当行取扱手数料(加盟金融機関カードを利用して当行ATMで入金した時の手数料) (1件につき) 平日 8:00~8:45 220円 8:45~18:00 110円 18:00以降 220円 土・日・祝日 8:00~21:00 220円 (注) 手数料は入金処理と同時に当該入金口座から自動引落しされます。 口座振替等の資金を入金される際は残高にご注意ください。 ご利用時間(最長) 8:00~21:00.

次の

‎「徳島大正銀行アプリ」をApp Storeで

徳島 銀行 大正 銀行

(令和2年)にと合併し、となった。 イメージキャラクターは「トクベ~」、キャッチフレーズは「 つきあえば、とくぎん、徳島銀行」。 概要 [ ] 旧徳島相互銀行を前身とする県内唯一ので、徳島県における第二の銀行としての性格を有する。 本店所在地である徳島県を基盤に四国各県の他、特に地方には多く展開しており、店舗数は徳島県63店舗、6店舗、4店舗(うち2店舗)、に3店舗、・に各2店舗、1店舗の計81店舗である。 徳島銀行をとしている徳島県内の企業は1,652社で、県内シェアは19. 4月、旧本店の隣接地に総工費約40億円を投じ建設が進められてきた10階建ての新本店が竣工した。 本部部署は順次移転され、本店営業部は同7月21日から新社屋で業務が開始された。 経営統合 [ ] との経営統合を目的として(平成22年)、香川銀亀井町ビル内に・を設立して、ここに両行が傘下入りした。 これを受けて同年に徳島銀行としての上場を廃止し、トモニHDとして設立と同時に上場している。 (平成28年)4月1日にはの第二地銀であるもトモニHDの傘下に入ったが、その発表の際に、これまでの単なる「経営統合」に加えて香川・徳島両行と大正銀行の合併を含めたグループの再編についても合わせて検討が行われていることが明らかになった。 ()、と秋までに合併することが発表された。 これについて、合併はコスト改善効果が大きく、また当行の強みである事業性融資や中小企業取引及び大正銀行の強みである住宅・不動産分野について、ノウハウ共有を一段と進めることが目的であるとトモニホールディングス社長のは明かしている。 また、当行頭取のやトモニホールディングス会長のは「とは昔からヒト・モノ・カネの往来が多い結びつきがある」ことからビジネスマッチングやなどの仲介等で顧客にメリットがあるとした。 2018年、大正銀行との合併をシステム統合の安全性を考慮し、付とすることを取締役会において決議したことを公表。 合併計画の変更と合わせて合併後の新銀行名を「」とし、また、本店所在地は現在の徳島銀行本店とすること及び合併後のシステムは徳島銀行が用いているものに統合することも公表した。 店舗 [ ] 詳細は「」を参照 店舗統合の際、口座店のみを残すの手法をとったケースがある。 括弧内は統合先の店舗。 南小松島支店(小松島支店)• 鳴門東支店(鳴門支店、2018年12月3日から。 ATMコーナーは残存)• 穴吹支店(脇町支店、2018年12月3日から。 ATMコーナーは残存) 沿革 [ ]• (大正7年)3月3日 - 合資会社設立(現在の)。 (昭和11年)5月24日 - 富岡無尽株式会社設立(資本金10万円)。 (昭和23年)2月 - 徳島無尽株式会社に商号変更。 (昭和26年)10月20日 - に転換、株式会社徳島相互銀行に商号変更。 (昭和44年)6月 - 大阪支店設置。 (昭和63年)2月 - 東京事務所開設。 (平成元年)• - に転換、徳島銀行に商号変更。 10月 - 東京支店設置。 (平成2年)12月 - 上場。 (平成8年)12月 - 市場第一部上場。 (平成9年)4月 - 開設。 (平成13年)6月 - 「(フォーユーネット)」サービス取扱い開始。 (平成22年)4月 - とのに伴い、の完全子会社となる。 (平成27年)7月 - 本店営業部が新本店ビルで業務を開始。 (令和2年)1月 - 大正銀行と合併し、となる。 歴代社長 [ ] (昭和11年)5月24日 株式会社 以降。 3代 三間知賀• 4代 船越逸平• 5代 岸一郎• 7代 情報処理システム [ ] 「」参照 営業政策 [ ] 自動機サービス等 [ ] ATMは四国の第二地方銀行4行(徳島銀行・・・)で「(フォーユーネット)」の名称で提携し、4行間では他行利用手数料が無料となる。 ATMでの徳島銀行のキャッシュカードでの出金も、提携金融機関ATM利用手数料が無料となるが、その逆(徳島銀行ATMでの三菱UFJ銀行のキャッシュカードでの出金)は無料とならない。 地域貢献 [ ] 四国に本店をおく地方銀行・第二地方銀行として初めてを取得。 へのへの参加、づくりへの参加等を行っている。 関連会社 [ ]• 株式会社徳銀ビジネスサービス• 株式会社徳銀キャピタル 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (とくぎんトモニプラザ) 脚註 [ ] 註釈 [ ]• 今回の合併はと当行の2行のみの合併では加わらないが、これについて「一度に傘下3行が合併するのは労力がかなりかかる」ことを懸念していると社長のはコメントしており今後の状況を見極めて検討するとした一方、トモニホールディングス会長のは「基本的に2バンク制は維持したい。 香川銀行との合併計画は全くない。 」とコメントしている。 特にコスト改善については大正銀行は既に、当行と同一のシステムを有していることから、事務効率化等も期待できるとは指摘している。 この他、当行とは地元の資金需要が鈍いものの規模は比較的大きく、一方で大正銀行頭取のによれば「大正銀行は不動産中心で資金需要はあるものの小規模で限りがある」点が課題であり、「大正銀行と当行が合併すれば潤沢な資金をよりいかせる」というメリットも期待されている ほか、会頭の中村太一も「人口減に伴って県外への進出を考える企業が増えている。 両行の営業エリアが合わさることはの経済界にとってプラス。 」と評価している。 またによれば関西エリアでは、、及びの経営統合が予定されており、これに対抗する狙いもあるのという。 出典 [ ]• トモニホールディングス 2015年7月31日. 2015年10月18日閲覧。 帝国データバンク徳島支店 2010年8月13日. 2015年10月19日閲覧。 徳島銀行. 2015年4月8日. 2015年5月13日閲覧。 四国新聞. 2010年3月27日. 2015年4月14日閲覧。 四国新聞. 2015年4月11日. 2015年4月14日閲覧。 毎日新聞ニュース. 2018年3月13日. 2018年3月24日閲覧。 岩手日報. 2018年3月13日. 2018年3月24日閲覧。 『徳島銀・大正銀、20年1月合併、「システム安全性考慮」、トモニHD社長』( 2018年8月11日四国版朝刊12頁)• ( 2018年8月10日19:00配信)• 徳島銀行. 2014年2月28日. の2014年7月25日時点におけるアーカイブ。 2014年10月15日閲覧。 「Baila Bien 徳島銀行 蒲田支店開設で県外取引拡大を目指す」『週刊金融財政事情』 2014年10月13日号•

次の