ポケモン 剣 盾 エルフーン。 【ポケモン剣盾】トゲキッスの次はエルフーンが流行り始めた件。害悪から害悪へ【種族値と育成論】

【ポケモン剣盾】エルフーンの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン 剣 盾 エルフーン

構築経緯 机上論で動ける対面構築 序盤に数的有利を取れればその後の詰めの展開は機械的に技を選択できるようになるため、初手からダイマックスをして数的有利を取る、いわゆる対面構築を目指しました。 まず、軸となる初手に置くダイマックスポケモンとして ホルード を採用しました。 ホルードは対面の相手を倒した後も行動できるようになる超強力なダイマックス技である「ダイジェット」が使え、かつ相手の後続として出てくるミミッキュ の「かげうち」を受けない優秀なタイプを持ち合わせています。 また、「じしん」や「ギガインパクト」といった高威力のタイプ一致技を使えるため、 序盤の荒らしとしては最適であると考えました。 対面構築ではお馴染みのポケモン達• ホルードから展開する対面構築としたので、 後続にその数的有利を活かして戦えるポケモンを用意する必要があります。 そこで、まず ダイマックスせずとも相手のダイマックスポケモンとダイマックスターンを消費させつつ殴り合えるミミッキュ を採用しました。 加えて、ホルードとミミッキュの2体を選出すると、相手のナットレイ やアーマーガア などに詰まされやすくなるため、 それを解消でき、「カウンター」や「ふいうち」でタイマン勝負も強く出られるエースバーン を採用しました。 苦手なポケモンを対処する補完ポケモン 上記の3体 を基本選出としましたが、ガオガエン 入りのサイクル構築には「いかく」と「おにび」で簡単に受け流されてしまうという問題を抱えることになりました。 そこで、 そういったサイクルパに強く、殴り一辺倒のこの構築では相手が難しい壁構築にも強く出られる強運型のトゲキッス を採用しました。 ここまでの4体を見ると、相手のカビゴン やこちらと同様のタイマン勝負を意識したパーティ への回答が曖昧であると感じました。 そこで、 それらを「コットンガード」で詰ませることができ、対面構築で苦戦しがちな受け構築へTODを仕掛けられるエルフーン を組み込むことにしました。 最後に、氷技の一貫を切ることで ガラルヒヒダルマ やパルシェン の相手ができ、第2のエースとしたトゲキッスと相性が良いギルガルド を採用し、完成しました。 個別解説 ホルード 特性 ちからもち 性格 いじっぱり 持ち物 ラムのみ 努力値 HP:4 攻撃:252 防御:0 特攻:0 特防:0 素早さ:252 実数値 161-118-97-x-97-130 技 ギガインパクト じしん とびはねる ほのおのパンチ 調整意図 HP:端数 A:特化 S:準速 解説 数的有利を狙う初手ダイマックス要因 近頃のホルードは「きあいのタスキ」や「こだわりスカーフ」を持った型の採用が多く、 初手のダイマックスは相手の想定外からの攻撃となることが多々あります。 これらの型を想定した相手は、水ロトム に交代してきたりトゲキッス で居座ってきたりするので「ダイアタック」を撃つことで数的有利を取ることが可能です。 状態異常耐性を付与する「ラムのみ」 殴り合いに重きを置いているパーティである 対面構築では、「みがわり」や「ちょうはつ」といった状態異常への回答を採用することが難しいです。 そこで、 火力を補強する持ち物がなくとも特性「ちからもち」で十分な火力を出すことのできるホルードに「ラムのみ」を持たせ、ドラパルト の「おにび」やカビゴン の「あくび」といった展開を阻害してくる技への耐性を付けました。 ミミッキュ 特性 ばけのかわ 性格 ようき 持ち物 いのちのたま 努力値 HP:4 攻撃:252 防御:0 特攻:0 特防:0 素早さ:252 実数値 131-142-100-x-125-162 技 じゃれつく ゴーストダイブ かげうち つるぎのまい 調整意図 HP:端数 A:振り切り S:最速 解説 優秀な2、3番手 「ダイドラグーン」を撃つことでホルードに殴り勝てるドラパルト を先制技である「かげうち」で縛ったり、相手のダイマックスターンを「ゴーストダイブ」+「ばけのかわ」で消費させたりと、 2または3番手として非常に優秀なポケモンです。 また、ほぼ全ての攻撃に対して行動できる特性「ばけのかわ」とフェアリー・ゴーストの広い技範囲により、 どんな相手でもある程度削る、または倒しきることができる点も対面構築と噛み合っています。 エースバーン 特性 もうか 性格 ようき 持ち物 きあいのタスキ 努力値 HP:0 攻撃:252 防御:4 特攻:0 特防:0 素早さ:252 実数値 155-168-96-x-95-188 技 かえんボール とびひざげり ふいうち カウンター 調整意図 A:振り切り B:端数 S:最速 解説 優秀な技による高いタイマン性能 前述した通り、ナットレイ やアーマーガア で詰まないための炎アタッカーではありますが、 「とびひざげり」や「ふいうち」といった優秀な技のおかげで撃ち合える範囲が非常に広いので、どんな相手にでも出していけます。 また、初手でダイマックス権を使うパーティコンセプトの都合上、相手のダイマックスポケモンと対面してしまう場面が多く発生してしまいます。 しかし、 環境のほとんどを占める物理ポケモン へは「カウンター」によって大ダメージを与えることができるので、「ふいうち」やミミッキュの「かげうち」を合わせて倒しきることができます。 トゲキッス 特性 きょううん 性格 ひかえめ 持ち物 ピントレンズ 努力値 HP:244 攻撃:0 防御:0 特攻:156 特防:0 素早さ:108 実数値 191-49-115-176-135-114 技 エアスラッシュ マジカルシャイン かえんほうしゃ くさむすび 調整意図 HP:16n-1最大値 C:余り S:準速バンギラス抜き 解説 ダイマックス前提の「きょううん」 一般的なトゲキッスは「てんのめぐみ」+「エアスラッシュ」のコンボによる怯みの押し付けを行います。 しかし、 本パーティでは初手でダイマックスをして数的有利を取ることを目的としているため、非ダイマックス技である「エアスラッシュ」を撃つ場面がほとんど存在しません。 そこで、持ち物「ピントレンズ」と合わせて ダイマックス技含む全ての技の威力期待値を1. 25倍に上昇させられる特性「きょううん」で採用し、ダイマックス中の火力の底上げを図りました。 副産物として、「めいそう」による要塞化を狙ってくるピクシー や「タラプのみ」を持ったアーマーガア にも強く出られるようになりました。 エルフーン 特性 いたずらごころ 性格 ずぶとい 持ち物 たべのこし 努力値 HP:252 攻撃:0 防御:252 特攻:0 特防:4 素早さ:0 実数値 167-64-150-97-96-136 技 ムーンフォース コットンガード みがわり やどりぎのタネ 調整意図 HP:振り切り B:特化 D:端数 解説 防御的な詰ませ 対面構築の2体目以降は、先制技や高い素早さのポケモンで疲弊した相手を削りきって詰ませるといったイメージが強いですが、 エルフーンは序盤に相手の特殊型のポケモンを排除することで物理相手に防御的な詰ませを行うことができます。 また、「やどりぎのタネ」を用いた戦術は3体ポケモンが残っている相手には、外し待ちのチャンスを多く与えてしまうためあまり有効ではありませんが、 このパーティは初手で数的有利を取るよう組まれているので相性が良いです。 本来対面構築では勝つことが難しい受けループなどの高耐久サイクル に対しても、初手のホルードで数的有利を取った後TODを仕掛けることができます。 ギルガルド 特性 バトルスイッチ 性格 のんき 持ち物 じゃくてんほけん 努力値 HP:252 攻撃:4 防御:252 特攻:0 特防:0 素早さ:0 実数値 167-71-211-70-160-72 技 シャドーボール アイアンヘッド かげうち キングシールド 調整意図 HP:振り切り A:端数 B:特化 解説 氷耐性と高耐久 上記5体 で氷耐性があるのは耐久の低いエースバーンだけで、「からをやぶる」を使ったパルシェン や「こだわりスカーフ」を持ったガラルヒヒダルマ への回答がほぼ存在しません。 これらへの後出しが安定し、高い耐久値のおかげで確実な削りが行える性能は唯一無二です。 その後、削れた相手2体をミミッキュ とエースバーン で倒しきることを狙います。 ミミッキュとエースバーンにはそれぞれ「ゴーストダイブ」と「カウンター」といった、ダイマックスポケモンに対処できる技があるので、相手のダイマックスするポケモンに合わせて適切な方を2体目に繰り出せるよう意識するようにします。 おわりに 以上がPWT 11にて優勝、ランクマッチS5で使い続けたパーティの詳細です。 対戦回数を増やしても「絶対に勝てない」という構築に出会うことも少なかったので、幅広く対応の利く構築が組めたと思います。 何よりも選出もある程度決められているので誰でも扱いやすいです。 ただし、4月中盤までとそれ以降ではダイマックスホルードの通りが段違いに変わってしまったことが問題点として挙げられると思います。 ダイアタックをゴーストタイプで透かされたりされ、立ち回りが窮屈になってしまいました。 しかし、初手ダイマックス構築が強いという事実も間違いないと考えているので、今後も安定して勝てる構築を求めて考察を進めていきたいと思います。 最後まで読んでいただいてありがとうございました! (ede).

次の

エルフーン

ポケモン 剣 盾 エルフーン

ただし『あく』タイプの相手 味方は含まない には変化技がすべて失敗する 第6世代は条件なし。 相手の『オーロラベール』『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。 天気が『ひざしがつよい』の時は、2段階ずつ上がる。 自分は交代しても効果が引き継ぐ。 『くさ』タイプのポケモンには無効。 相手の『すばやさ』ランクを2段階下げる。 『くさ』タイプや特性『ぼうじん』、道具『ぼうじんゴーグル』を持っているポケモンには無効。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプ、『くさ』タイプ、特性『ぼうじん』、道具『ぼうじんゴーグル』を持っているポケモンには無効。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 『でんき』タイプや『くさ』タイプ、特性『ぼうじん』、『ぼうじんゴーグル』を持っているのポケモンには無効。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 投げつけた道具はなくなる。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 3倍になり 第7世代までは1. 5倍 、技『じしん』『じならし』『マグニチュード』の受けるダメージが半減する。 道具『グラスシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 すでに状態異常の場合は回復しない。 道具『ミストシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし、PPが0になると解除される。 ダイマックスしているポケモンには無効。 なお、ダイマックス技や第7世代のZワザは影響を受けずに使うことができる。 変化技を使えなくする レコ. 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 通常攻撃。 ただし、『なまけ』『バトルスイッチ』など一部の固有な特性の場合は失敗する。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手を2〜4ターン 実質1〜3ターン の間『ねむり』状態にする。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』『キョダイコウジン』、さらに第8世代からは『エレキフィールド』『グラスフィールド』『サイコフィールド』『ミストフィールド』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。

次の

【ポケモン剣盾】「エルフーン」のシングル・ダブル単体考察まとめ【ソードシールド】

ポケモン 剣 盾 エルフーン

Contents• はじめに 概ね初めまして、さくらです。 対戦をガチり始めたのはほぼUSUMからの初心者です。 シーズン1から改善を重ね使っていた構築でシーズン2最高9位(スクショ忘れた)、INC初日12連勝を達成出来たので寄稿しました。 エルフーンのトリルをケアしないといけない呪いをかけてやる! パーティ作成経緯 7世代と比較するとバランスが良い環境でメタゲームが混沌としているため、メタを刺す構築ではなく強ポケで押し切る構築が良いと判断。 エラがみはインテレオンとアーマーガアに強いぞ! ついでに突然サンパワーキョダイリザードンが降りそそいだのでバンドリの補完として入れていたシンボラーを大体同じ事が出来る リザードンに。 最終的に、強いは強いもののエルフーンの隣に置いても嬉しくない耐久ドラパルトが パッチラゴンに変更され完成。 結果的にバンドリエルリザ化石化石という脳筋パーティになってしまった。 「私、能力は平均値でって言ったよね!」略称のうきんBD第3巻は大好評発売中です。 ミラーとトリル以外の全てに勝てて、放置されやすいためトリルを仕込む事でミラーとトリルにも勝てるので理論上全ての構築にS操作を通せる。 まあS操作のプロなだけで耐久も火力もないのでウオもパチもいない構築で採用すべきかというと微妙な範囲な良ポケ。 何かの間違いでちょうはつをかまされたり集中されてトリルを返す前に落ちたりしたらどうしますか? A. 泣いてください。 おいかぜトリルの最終ターンにエルフーンを仕留めにくる動きにも対応出来るので良かった。 相手視点晴れがないなんてわからないしね。 キョダイゴクエンもダイジェットも撃つ事そのものに意味があるため臆病最速。 というか最速じゃないとウインディのバクアがヤバい。 炎飛行の範囲がバンドリの補完として優秀なため使いたいがダイバーンで砂を止めたくない…というワガママに答えてくれる。 いやまあ水半減が欲しい時もあるけど。 ダイマックスが切れると草技が消えるので気をつけましょう。 ゴクエンを撃った瞬間に1体分以上のスリップダメージが確定する理不尽性能により、リザードンが2回以上動いた対戦は大体勝ててしまう。 なんだこいつ。 火力が低いエルフーンが良い感じの打点になったり、自身の等倍ダイジェットの確定圏が伸びるなどのメリットもある。 日本晴れがあった頃は守ってもHPがごりごり減るため竜波入りフルアタだったが日本晴れの消失に伴いまもる持ちに。 相手のコータスやダイバーンにタダ乗りするので特性はサンパワーのまま。 エルフーンを除くと唯一の特殊アタッカーなので威嚇多めの構築には先発になる事が多い。 リザードンを狙ったダイロック、ダイストリーム、ダイサンダーがそれぞれドリュウズ、ウオノラゴン、パッチラゴンを強化してくれるのも地味に効く。 晴らさない以上飛行技は暴風でもよかったかも知れないけどエアスラを手放したくないのでまあ。 天候起動役のはずなのに異様なほど単体性能が高い。 ピンドリは怪しすぎるので保険持ちを誤認させる役目もある。 今作の仕様上いわなだれが怯みを誘いにくく、一致技として威力の低さが悪目立ちするためストーンエッジを採用。 鉢巻ストーンエッジにより威嚇2回入ろうが無振りのギャラドスやウインディなら粉砕できる。 1回ならH振りも。 水ロトムがやる仕事をなぜかバンギラスが出来てしまうためなんかもうめちゃくちゃ強かった。 H振りヨロギリザも大体飛ぶぞ! 構築全体がフェアリーに薄いためヘビーボンバーを採用。 軽い相手なら実質一致アイへの威力。 ヒヒダルマには40しか出ないので注意だ! 格闘技は主要な壁貼り役であるオーロンゲ・エルフーン・ドラパルトに対して自然に選出しやすいバンギラスが壁を割れた方が良いと判断してかわらわり。 特性込みで環境最速級のSを持っているため耐久にガッツリ振っても高速バフ撒きが出来、ダイマックス技の追加効果が両方ダメージカットに繋がりかつまけんきやかちきを踏まないため極めて保険ダイマックス適性が高く、それなのに隣がバンギラスだし世界には珠と襷しかいないので読まれにくい。 不思議ですね。 素早く動いて耐久を上げて保険詐欺して世界をめちゃくちゃにするのが仕事。 相手のバンドリに対する回答だったり唯一の対フェアリー枠だったりなのでバンギ無しで追い風を受ける選出も多い。 守って貫通ダメで弱保を踏む動きが強いので守る。 特殊技を耐えなかった場面より物理技を耐えた場面の方が多かったのでこれで正解だと思う。 炎や地面のついでに水等倍のやつらをフワッと見る。 雨エラがみで世界を破壊するので水タイプに強い。 エラがみとげきりん以外ほぼ撃たないためドラパルトに逆襲できるかみくだくとバタフリーを粉砕できるロックブラストを採用。 主要な壁貼り役に弱いためサイコファングは見送り。 ウオノラゴンとパッチラゴンが共存する構築では、ウオノラゴンの方が役割対象に速めの相手が多いのでスカーフを持たせるならこっちでいいと思います。 パッチラゴンより速いトゲキッス全然見なかったしパッチラゴンは撃ち分けたいし。 選出 基本的に 先発:エルフーン、何か 後発:何か、何か の形。 守るトリルエルフーンはほぼ確実にS操作を通せるので化石のお供に入ってくるのでまあ大体選出することになる。 出さないのはS操作もムンフォも要らなそうな時くらいかな…… ダイマックスを後発にすると交代受けされにくいので強いです。 苦手な相手 全体的に高火力水にダイマックスされると辛い。 ウオノラゴンやパッチラゴンで何とかする。 指はやめろ。 初手エルフーンミラーで相手が追い風以外の事をしてくる。 基本的にミラーはトリルを押しているので世界が終わってしまう。 素直に最強行動してくれ。 総括 ダイマックス環境と対面寄りのプレイスタイルが上手く合致したのが良かった。 世界に守るが少な過ぎて「何って……両守るしただけだが?」みたいな対戦が多かったです。 ちなみにこの構築ラプラスにもガオガエンにもぐちゃぐちゃにされます。 ダブルバトルは構築が強ければプレイスキルがお粗末でも良いところまで行けるのでオススメです。 寄稿ガイドライン APPDATEでは皆様の記事寄稿をお待ちしております。 寄稿におけるアレコレなどをご説明しておりますのでご覧ください。

次の