ファンタスティックス年齢。 American Venture Industrial Company

いつか出演してみたいと思っていた作品でした - ファンタスティックス -

ファンタスティックス年齢

スポンサーリンク 木村慧人さんの年齢・誕生日・身長 木村慧人(きむら・けいと) 1999年8月9日生まれ 身長:170cm~173cmくらいだと思います。 東京都出身 木村慧人さんは、小学校の時からダンスを始めて、小学校4年生でEXILEのスクール、EXPGの東京校に入学されています。 今、まだ17歳ですがら、スクールに通って7年目ですね。 コメントもまだけなくて、弟キャラがたまらない木村さんです。 EXPGに通っている生徒さんは本当に多いので、木村さんはこれまでなかなか出演させてもらう機会がなかったり、悔しい思いもしたそうですが、 多くのメンバーの中からオーディションを勝ち抜いて、 この度11月の VOCAL BATTLE AUDITIONに最年少メンバーとして見事合格!! 2017年2月から武者修行と題して、全国50箇所でライブを行いました。 EXPG東京校の近くの学校に通っているとすれば、下記の学校が候補ですね。 ・目黒学院高等学校 ・日出高等学校 ・多摩大学目黒高等学校 ・宇都宮短期大学付属高等学校 日出高等学校は芸能人も比較的多く通っている学校ですね~。 木村さんは現在18歳なので、大学に行くかどうかという年齢ですが、 これからFANTASTICSのメンバーとして活躍していくスケジュールを考えると、大学には進学せず、芸能活動1本の進路で進んでいく可能性が高いですね。 そして、皆さんが気になる彼女のうわさについてですが、今のところ全く浮いた話は見当たりませんでした! みんなの弟、木村慧人くんをこれからも応援していきたいと思います。 【プライバシー・ポリシー】 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 — ポリシーと規約 — Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

次の

LDHについての質問です。

ファンタスティックス年齢

スポンサーリンク 木村慧人さんの年齢・誕生日・身長 木村慧人(きむら・けいと) 1999年8月9日生まれ 身長:170cm~173cmくらいだと思います。 東京都出身 木村慧人さんは、小学校の時からダンスを始めて、小学校4年生でEXILEのスクール、EXPGの東京校に入学されています。 今、まだ17歳ですがら、スクールに通って7年目ですね。 コメントもまだけなくて、弟キャラがたまらない木村さんです。 EXPGに通っている生徒さんは本当に多いので、木村さんはこれまでなかなか出演させてもらう機会がなかったり、悔しい思いもしたそうですが、 多くのメンバーの中からオーディションを勝ち抜いて、 この度11月の VOCAL BATTLE AUDITIONに最年少メンバーとして見事合格!! 2017年2月から武者修行と題して、全国50箇所でライブを行いました。 EXPG東京校の近くの学校に通っているとすれば、下記の学校が候補ですね。 ・目黒学院高等学校 ・日出高等学校 ・多摩大学目黒高等学校 ・宇都宮短期大学付属高等学校 日出高等学校は芸能人も比較的多く通っている学校ですね~。 木村さんは現在18歳なので、大学に行くかどうかという年齢ですが、 これからFANTASTICSのメンバーとして活躍していくスケジュールを考えると、大学には進学せず、芸能活動1本の進路で進んでいく可能性が高いですね。 そして、皆さんが気になる彼女のうわさについてですが、今のところ全く浮いた話は見当たりませんでした! みんなの弟、木村慧人くんをこれからも応援していきたいと思います。 【プライバシー・ポリシー】 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 — ポリシーと規約 — Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

次の

木村慧人(ファンタスティックス)の年齢・誕生日・身長・彼女のうわさは?

ファンタスティックス年齢

ささき いさお 出生名 佐々木 功(ささき いさお) 別名 佐々木 功 生誕 1942-05-16 (78歳) 出身地 学歴 ジャンル 、 職業 、、、 担当楽器 活動期間 - (アニソン歌手としては - ) レーベル 事務所 共同作業者 コロムビア・オールスターズ 公式サイト ささき いさお( - )は、の男性、、、。 、卒業。 身長175cm 、体重70kg。 はA型。 妻は声優の。 所属事務所は。 現在は、長良グループ(株)ワン・ペアー。 本名および旧芸名(別名義)は 佐々木 功 (読み同じ)。 活動内容によって「佐々木功」「ささきいさお」と名義を使い分けていた時期もあったが、現在は活動の区別なく平仮名表記の「ささきいさお」を用いている(詳細は)。 代表曲「」「」などアニメソングで多くのヒット曲を持つことから「 アニメソング界の大王」と呼ばれ 、・・とともに「 アニメソング四天王」の一人に数えられている。 来歴 高校時代より歌手として活動。 1960年、より「本命はお前だ」(の日本語カバー曲)で歌手としてデビュー。 ささきの雰囲気がプレスリーに似ていたことから「 和製プレスリー」のキャッチフレーズで売り出していた。 歌手業と並行して俳優活動もはじめ、1960年には映画『』 大島渚監督作品 の主役に抜擢され、専属俳優として映画デビューを果たす。 1962年に『この先カーブあり』でテレビドラマ初出演。 1964年、クラウンレコードに移籍。 俳優としても路線で映画に数多く出演していたが、ヌーヴェルヴァーグ路線が終わり、ロカビリーブームも去ると、俳優活動・歌手活動ともに不遇の時代を迎える。 この不遇の時期に島田敬穂(の父)から指導を受け歌唱・発声を基礎から学び直す。 また俳優としても1967年から約10年間、主宰の演劇人クラブ「マールイ」に参加し演劇の基礎を学ぶ。 1968年、エルヴィス・プレスリーの主演映画『』において、プレスリーの日本語吹き替えを担当。 これ以降、声優としての活動も行うようになる。 1969年、テレビドラマ『』で主演。 1972年、声優としてテレビアニメ『』にコンドルのジョー役を担当、アニメーション作品初出演。 1973年、テレビアニメ『』の主題歌歌手に抜擢。 ささきいさおの芸名でアニメソング歌手として歌手活動を再開。 以降、数々のアニメ・作品の主題歌を担当することとなる。 『』『』の主題歌が一世を風靡し、ミリオンセラーを記録。 や、、らと共に、アニメソングの黎明期を支えた。 1981年、現在の妻・と結婚。 互いに子連れでの再婚となり、そのときの苦労は1986年に出版された『子連れ再婚の片道切符』に描かれている。 1983年に劇場用アニメ作品『』が公開され、関連楽曲を発表して以降は数年にわたり楽曲のリリースを一時休止 し、俳優業やナレーター、洋画の吹き替えを中心に活動をシフトしていく。 1998年に約10年ぶりにアニメソングを歌唱し、同年ベストアルバム「」をリリース。 以降、アニメソング歌手としての活動を本格的に再開する。 2004年より定期的に行われているライブイベント「」では、公演座長を務めている。 以降も現在に至るまで俳優(声優)業、歌手業を並行して行い、2011年に「第5回」において功労賞 を受賞、2015年には「」において歌手としてアニメ功労賞 を受賞している。 人物・エピソード 趣味は、オーディオ・ビジュアル 、釣り 、ゴルフなど。 とりわけオーディオやホームシアターへの造詣は深く、専門誌でコラム連載の経験もある。 運転免許 、免許所持。 祖父は出身、父親は出身で、高校時代は親から東京大学への進学を望まれていたという [ ]。 なお、『宇宙戦艦ヤマト』のプロデューサー・、SF設定等を担当したとささきの3人は武蔵高等学校の同窓であり、「宇宙戦艦ムサシ」にしておけばよかったのでは、とのジョークすら生まれたとのこと(年次は西崎、豊田、ささきの順)。 歌手として 「キーを下げて歌うようならもう現役じゃない」という信条のもと、過去の楽曲も当時のキーのまま(いわゆる原曲キー)で歌うことを貫いており、それに必要な体力や声を保つために、腹筋の鍛錬、を持ちながらの発声練習などを行っているという。 「 和製プレスリー」と称されたデビュー当時のささきについて、は「単なる真似ではなく、もって生まれたもの自体が(プレスリーに)似ている」と評していた。 一方で、デビュー当時マネージメントを担当したは著書で「デビュー時の歌唱力はとても人前で披露できるようなものではなかった」と述べており、ささき本人も当時の自らの歌について「気持ち悪い」「プレスリーはこんなに歌がヒドくない」などと自虐的に振り返っている。 アニメソング主題歌を担当することになったのは『ガッチャマン』のパーティーの席上でスタッフから「歌手だったし、まだ歌えますよね? 」と声をかけられたことがきっかけ であり、ささき自身は「当時、幼稚園に通っていた息子には『パパはアニメの主題歌も歌うんだぞ』というところを見せられるという思いもあった」と語っている。 アニソン歌手としてデビューする際に名義が表記となったのは、「漢字表記のままでは(当時ささきが声優を担当していた)コンドルのジョーが歌っているようでまずい」 、という理由によるもの。 当初は『新造人間キャシャーン』の主人公である「東鉄也」名義にする案も挙がっていたが、ささきが拒んだため平仮名表記に落ち着いた。 アニソン歌手としてデビューして以後、俳優として活動する時やアニメ・特撮に関連しない曲を歌う時は「佐々木功」、アニメ声優やアニメソング歌手として活動する時は「ささきいさお」と二つの芸名を使用していたが、1987年の『』の主題歌以降は、アニメソング歌唱の際も「佐々木功」の名前を用いるようになった。 しかし1990年代後半には再び「ささきいさお」の表記も使われるようになり、2003年頃からは俳優業等における芸名も「ささきいさお」に一本化している。 『宇宙戦艦ヤマト』がヒットした時期には、から『』の刑事役のオファーを受けたが、当時マネージメントをしていたが完全拘束されてしまうことを恐れたため断ったという [ ]。 声優として 洋画の吹き替えでは、、、などを演じている。 スタローンの吹き替えは当初テレビ放送版が中心であったが、映像ソフト版で彼の吹き替えを担当していたがの公式フィックスとなったのを境に、媒体を問わずに大半の作品をほぼ専属で担当するようになった。 ささきはスタローンの吹き替えについて「声は作らないと(スタローンの声は)できない」「特徴を出すのが難しい」と語っており、映画『』シリーズで吹き替えを務めた当初は、酒を飲んで3日くらい騒いで独特の声を作っていたという逸話がある。 海外ドラマ『』では主人公マイケル・ナイト()の吹き替えを担当しており、以後続編である『ナイトライダーNEXT』でゲスト出演した際の吹き替えも担当している。 2014年11月27日にリリースされた『ナイトライダー コンプリートブルーレイBOX』では未収録エピソード及び本編でカットされていたシーンに新たに追加吹き替えを行っており、ささきは「私個人にとっても代表作といえる作品なので、完全版ができるというのはとても嬉しいことです」と述べている。 との共演作である『』の日本語吹き替え版では、両者の吹き替えを一人二役で担当している。 受賞歴• 第5回・功労賞(2011年)• ・アニメ功労賞〈歌手〉(2015年) 出演 俳優 映画• (1960年、)• 太陽が目にしみる(1960年、松竹)• 真昼の罠(1960年、松竹)• 斑女(1961年、松竹)• 花扉(1961年、松竹)• 母と娘(1961年、松竹)• 学生重役(1961年、松竹)• ご機嫌はりきり娘(1961年、松竹)• 喜劇 団地親分(1962年、松竹)• その結婚異議あり(1963年、)• (1964年、松竹)• 牝(1964年、)• 涙にさようならを(1965年、松竹)• 侠勇の花道 ドス(1966年、松竹)• 夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース(1968年、東映)• 残酷おんな私刑(1969年、)• 大幹部 殴り込み(1969年、日活)• 無常(1970年、)• 夜の歌謡シリーズ なみだ恋(1973年、東映)• (1991年、ニュー・センチュリー・プロデューサーズ)• (1993年、東映) - 望月博士• (2010年、東宝) - ナレーション• (2011年、東映) - ショッカー科学者(2011年のナオキ) テレビドラマ• (1962年、NTV) - テレビドラマ初出演• (1962年、) - 百々山一彦• 光る海(1965年、TBS)• 風と樹と空と(1965年10月 - 1966年1月、NTV)• 第48話「結婚の秘密」(1966年) - 小谷和夫• 第66話「沖縄へ直行せよ」(1966年)• 第258話「歌手は整形美容で殺される」(1970年)• 第299話「怪談・幽霊たちのクリスマス」(1970年)• 第260話「秋風の詩」(1966年)• 第283話「嫉妬」(1967年)• 第515話「私は許せない」(1971年) - 秋山• 第536話「可愛い脱走」(1972年) - 石黒• 第564話「男がつぶやく子守唄」 1972年 - 寺内• 第631話「大爆発」 1973年 - 山田• 第66話「闇に笑う男」(1967年) - 喜十• 第235話「河内念仏」(1970年) - 丹治郎• 第334話「女房の証言」(1972年) - 猪助• 続風と樹と空と(1967年7月 - 1967年10月、NTV)• 第11話「裏切りの谷」(1967年)• 第36話「悲願兄弟鏡」(1968年)• (CX)• 第5シリーズ 第16話「大当り百番富」(1968年) - 勘次• 第6シリーズ 第14話「俺は抜かない」(1969年) - 伊三吉• (1971年) -• (1995年) -• (1998年) -• (2000年) -• (2004年) -• (2009年) -• 第27話「狼が狙った女」(1971年) - 銀次• 第51話「白州で抱かれた女」(1971年) - 和吉• 第68話「泥棒志願の男」(1971年) - 秀太郎 役• 第152話「おー新婚! ハレンチ追跡旅行」(1971年)• 第163話「南の海を渡る殺人部隊」(1971年) ー 楊• 第166話「ヨーイ・ドン! 赤頭巾で殺人ごっこ」(1971年)• 第226話「夏の陽の追跡! 逃亡のハネムーン」(1972年)• 第229話「SOSよろめき宝石泥棒」(1972年)• 第256話「喜劇 ギャングの教科書」(1973年)• 第61話「帰って来た狼」(1972年)• 第88話「小指に賭けためおと傘」(1972年)• 第81話「仮面ライダーは二度死ぬ! 第6話「塀に書かれた恨み文字」(1973年) - 斎藤市蔵• 第4話「息子には花婿をどうぞ」」(1976年) - 安斉利正• 第26話「黄金の誘惑 -白石-」(1973年7月16日) - 早坂平馬• 第20話「暴れ姫君 -会津-」(1976年10月4日) - 近藤右馬之介• 第1シリーズ 第32話「兇悪の指」(1973年) - 佐々幸治• 第2シリーズ 第40話「兇悪の棺桶」(1975年) - 来宮伸一• (1974年、TBS)• 第49話「真夜中のアリバイ! 第3話「ギャング対Gメン 盗聴作戦」(1974年)• 第25話「結婚サギ師の華麗な冒険」(1974年)• 第51話「午前零時13分の完全犯罪」(1975年) - 宮尾• 第6話「撃て! 第41話「シクラメンは見ていた! 異常の太陽(1986年)- 担任の先生役• (NHK)• (1997年) - 津島• (2002年) - 村松試験官• (2007年) - 吉沢正人• (1997年、NHK) -• 鶴亀ワルツ 第2回「カラオケの女王」(1999年、)• 第4回「おいしいビヤジョッキ」・第5回「夏みかん器対決」(1999年、NHK) - 鬼頭三郎• 第3シーズン 第37・38話「最も危険なゲーム(前編・後編)」(1999年、CX) - 武藤田• 6(2000年11月、日本テレビ) - 小関医師• (2005年、TBS)• ファイナル(2006年、) - 本山• 4(2008年2月、TBS) - 越川征太郎• 第7話(2012年12月、) - 片桐龍之介 主な音楽番組• (1985年、1988年、1989年、フジテレビ)• (NHK総合)• (NHK BSプレミアム)• (NHK BSプレミアム)• NHK(NHK総合)• NHK(NHK総合) 舞台・ミュージカル• そして誰もいなくなった(1963年、読売ホール)• 雪婦人絵図(1964年、梅田コマ劇場)• 女優の愛と死(1967年) - 中山晋平• サウンド・オブ・ミュージック(1968年、梅田コマ劇場)• 金瓶梅(1970年、御園座)• ロミオとジュリエット(1971年、梅田コマ劇場)• イルマ・ラ・ドゥース(1973年、紀伊国屋ホール)• パノラマ島奇譚(1974年、帝国劇場)• 旅情(1974年、三越劇場)• 山彦ものがたり(1975年、紀伊国屋ホール)• 真夏の夜の夢(1975年、帝国劇場) - ディミートリアス• イルマ・ラ・ドゥース(1980年、銀座博品館劇場)• あしながおじさん(1983年、三越ロイヤルシアター) - ジャービス・ペンドルトン(あしながおじさん)• 白姫伝説(1987年、日本青年館ほか全国巡演)• ザ・ファンタスティックス(1987年、紀伊国屋ホールほか) - エルガヨ• ぼくのシンデレラ(1990年、青山劇場)• 浅草バーボンストリート(1990年、浅草常盤座)• バスストップ(1990年、銀座博品館劇場) - 教授• 口から耳へ、耳から口へ(1990年、銀座セゾン劇場) - グレン・クーパー• ポタージュ・ナイト(1991年、スペース・ゼロほか)• アンの青春(1992年、東京芸術劇場ほか) - ステファン・アーヴィング• シンデレラ(1995年 - 1997年、新宿コマ劇場) - 王様• 女たちの宴(2001年2月、日本橋三越劇場) - 部長・吉川公夫 オリジナルビデオ• (1988年、) 声優 テレビアニメ• (1972年) - コンドルのジョー• (1977年) - 、OPナレーション• (1977年) - ジョージ・マーシャル• (1982年) - メンドーサ• (1983年) - 加藤剛• (1986年) -• (1989年) - パンジャ• (2003年) - ファーレン・フォート・ドレイク大統領• (2004年) - ニューマン• (2010年) - OVA• (1998年) - エーリッヒ・フォン・ハルテンベルク伯爵• (2004年) - オズマ艦長• (2018年) - 安田俊太郎 劇場アニメ• (1978年) - コンドルのジョー• (2000年、プレイステーション)- コンドルのジョー、アナウンス• (2008年) - コンドルのジョー• (2003年) - エッグマン• (2005年) - エッグマン、ささきいさお• (2000年) - 「ゲッターロボ! 」「銀河鉄道999」歌唱• (2001年) - 「宇宙戦艦ヤマト」歌唱 吹き替え 担当俳優• - ジョニー・ティロンエ• - リック・リチャーズ• - チャド・ゲーツ• - ラスティー・ウェルス• (NETテレビ 、フジテレビ)- ペイサー・バートン• スーパーマン シリーズ -• (テレビ朝日旧録=WOWOWでノーカット追加収録)• (テレビ朝日旧録=WOWOWでノーカット追加収録、TBS)• (テレビ朝日=WOWOWでノーカット追加収録)• (テレビ東京=WOWOWでノーカット追加収録)• 大脱走2 脱出編・復讐編(テレビ朝日) - ドッジ少佐• (ビデオ)- 王子• (テレビ朝日) - アラン・チェフィー医師• (TBS) - ライトフット• シャレード'79 - ジェリー・グリーン• - ターナー• (テレビ朝日) - ロバート・ラス• エクスペンダブルズ シリーズ - バーニー・ロス• (DVD BD)• (劇場公開版=DVD BD)• (DVD BD)• () - ゲイブ・ウォーカー• (テレビ朝日=日本語吹替音声追加収録版ブルーレイに収録) - マリオン・コブレッティ• (DVD) - ディーン• (フジテレビ) - ロベルト・ハッチ• (テレビ朝日) - レイ・クイック• 大脱出 シリーズ• - レイ・ブレスリン (DVD BD)• (DVD BD)• (DVD BD)• (フジテレビ) - 乗客• (テレビ東京) - ジャック・カーター• (テレビ東京) - ジェイク・マロイ• (テレビ朝日) - キット・ラトゥーラ• (テレビ朝日=日本語吹替音声追加収録版ブルーレイに収録) - ジョン・スパルタン• (テレビ東京) - ジョー・タント• (テレビ朝日) - ディーク• (DVD BD) - ジミー・ボノモ• ランボー シリーズ -• (テレビ朝日=DVDに収録)• (テレビ朝日=DVDに収録)• (テレビ朝日=DVDに収録)• (劇場公開版)• ロッキー シリーズ - ロッキー・バルボア• (テレビ朝日)• (ビデオ)• (ソフト) - カラクタカス・ポッツ• (フジテレビ) - バート• - 本人役• ナイトライダー シリーズ - マイケル・ナイト• (テレビ朝日=BDにカット部分と未放送話を追加収録)• (フジテレビ) その他• (フジテレビ) - スティーブ・トレバーJr. (ライル・ワゴナー)• (フジテレビ) - ピエール(ローランド・ジロー)• (フジテレビ) - ジョン・ミルナー()• (テレビ朝日)• (ビデオ)• - アポロ大尉(リチャード・ハッチ)• 宇宙空母ギャラクチカ(日本テレビ、パイロット映画版)• 宇宙空母ギャラクチカ(日本テレビ、TVシリーズ版)• 宇宙空母ギャラクチカ サイロン・アタック(日本テレビ)• - トーマス・ベレズフォード(ジェイムズ・ワーウィック)• キラー・コップ 悪魔の熱線殺人(テレビ朝日) - ロン()• 11アメリカ同時多発テロ 最後の真実(テレビ朝日)- ()• 第30話「ビデオテープの証言」(NHK) - アーサー(ロバート・ブラウン)• - ジョーイ・ボーカ()• (テレビ東京) - シェーン()• ジャンクマン(日本テレビ) - ハーラン・B・ホリス(H・B・ハリッキー)• (日本テレビ) - 李世民(ワン・クァン・チュアン)• (フジテレビ) - アンディ・ノリス(ペリー・キング)• (テレビ朝日) - シンドバッド()• (NHK) - オービル・ニュートン()• (日本テレビ新録) - ヴァーノン・デマレスト()• 大統領を作る男たち - スティーブ・トーマス(J・ケネス・キャンベル)• (NHK) - ハム・ギント()• (NET〈テレビ朝日〉) - ブレッド・シンクレア()• ナイトライダー シーズン1 第1話(テレビ朝日) - マイケル・アーサー・ロング(ラリー・アンダーソン)• (テレビ朝日) - ピーター・ホリー()• (NHK-BS2) - ビンセント()• (テレビ朝日) - ボブ・バーンズ2等軍曹()• (日本テレビ旧録) - メッサーラ()• 辺境の谷 (NHK) - クレア(ティム・マトソン) 特撮• - エメラルド星人カインの声• - ガツンの声• - マイケル・マイクソンの声 ラジオドラマ• 連続ラジオ小説 (1978年、) - 茜丸• (1978年、) - 男• (1979年、文化放送) - ナレーション• (1987年、) - ナレーション 情報・バラエティ番組• (1979年、TBS) - 司会• (1983年、TBS) - ドラマコーナー後期ナレーション• Part4(1984年、フジテレビ) - すしマージャンのコーナー• - ナレーション• (テレビ東京) - メインナレーション• (2010年11月28日、NHKラジオ第一放送) - 「〈特集ロマンチック・コンサート〉初冬に贈るラブソング 歌手・俳優 ささきいさお」 他多数 CM• (マイビデオシリーズV3、1978 - 1979年) ラジオ番組• (1977年10月 - 1977年12月)• (1978年4月 - 1980年3月) - 水曜日パーソナリティ• (・2003年) - の声 作品 一般曲• 本作以後1973年の「たたかえ! やも「天国ロック」という曲を発表しているが、それらとは異なる)• 今のむこうの今を(2016年、歌手生活55周年記念曲) アニメソング• 一緒に歩こうこの道を(『』挿入歌。 1977年発売のLP『』用の新曲)• さらば友よ(『科学忍者隊ガッチャマン』挿入歌。 同上)• MAZINGER Z(『』英語版)• OUR MAZINGER Z(『マジンガーZ』英語版)• Z THEME(『マジンガーZ』英語版)• たたかえ! キャシャーン(『』OP)• おれは新造人間(『新造人間キャシャーン』ED)• ポリマー(『』OP/with )• 転身ポリマー(『破裏拳ポリマー』ED/with コロムビアゆりかご会)• ゲッターロボ! (『/』OP)• ゲッターロボ(『ゲッターロボ』ED/with コロムビアゆりかご会)• 宇宙戦艦ヤマト(『』シリーズOP)• 真赤なスカーフ(『宇宙戦艦ヤマト』ED)• われらのゲッターロボ(『ゲッターロボG』挿入歌)• 不滅のマシンゲッターロボ(『ゲッターロボG』ED/with コロムビアゆりかご会)• 宇宙の王者(東映配給映画『』OP/with )• もえる愛の星(東映配給映画『宇宙円盤大戦争』ED/with コーポレーション3)• グレンダイザー(『』OP/with コロムビアゆりかご会)• 宇宙の王者グレンダイザー(『UFOロボ グレンダイザー』ED/with こおろぎ'73)• 大空魔竜ガイキング(『』OP/with コロムビアゆりかご会)• 星空のガイキング(『大空魔竜ガイキング』ED)• いざ行け!ロボット軍団(東映配給映画『』OP/with コロムビアゆりかご会)• 戦いの詩(東映配給映画『グレンダイザー ゲッターロボG グレートマジンガー 決戦! 大海獣』挿入歌)• さすらいのロボット(『』挿入歌)• すきだッダンガードA(『』OP/with )• その名もタクマ宇宙パイロット(『惑星ロボ ダンガードA』ED)• 超常スマッシュ! ギンガイザー(『』OP/with )• さがしに行かないか(『超合体魔術ロボ ギンガイザー』ED/with 東京荒川少年少女合唱隊)• 行け行け飛雄馬(『』OP/with こおろぎ'73)• よみがえれ飛雄馬(『新巨人の星』ED)• 闘将ダイモス(『』OP/with コロムビアゆりかご会)• スタージンガーの歌(『』初期OP/with こおろぎ'73)• 宇宙の戦士スタージンガー(『SF西遊記スタージンガー』後期OP/with 神代ユースコーラス)• 銀河鉄道999(『』OP/with )• 青い地球(『銀河鉄道999』ED/with 杉並児童合唱団)• われらガッチャマン(『』OP/with コロムビアゆりかご会)• 明日夢みて(『科学忍者隊ガッチャマンII』ED/with )• テレサよ永遠に(『』ED)• ぼくらのスタージンガー(『』OP/with コロムビアゆりかご会)• ガッチャマンファイター(『』OP/with コロムビアゆりかご会)• がんばれ! 宇宙の戦士(『』OP/with こおろぎ'73、コロムビアゆりかご会)• ヤマトよ永遠に(『』ED)• (『』主題歌。 作曲の版をカバー)• 正義のロボット ゲキガンガー3(『』主題歌、なおゲキガンガー3は『』の劇中作)• 銀河鉄道は遥かなり(『』OP)• 銀河の煌(ひかり)(『銀河鉄道物語』ED)• 風の会話(『』OP) 特撮ソング• ゴレンジャー(『』OP/with 堀江美都子、コロムビアゆりかご会)• 秘密戦隊ゴレンジャー(『秘密戦隊ゴレンジャー』初期ED/with こおろぎ'73)• ゴレンジャー(『秘密戦隊ゴレンジャー』後期ED/with こおろぎ'73、ウィルビーズ)• 宇宙鉄人キョーダイン(『』OP/with こおろぎ'73)• キョーダインとは俺たちだ(『宇宙鉄人キョーダイン』ED/with こおろぎ'73)• 超神ビビューン(『』OP/with こおろぎ'73)• われらの超神ビビューン(『超神ビビューン』ED/with こおろぎ'73)• ジャッカー電撃隊(『』OP/with こおろぎ'73)• いつか、花は咲くだろう(『ジャッカー電撃隊』ED)• 勇者よ銀河を渡れ(『』OP)• レッドタイガー(『』OP/with コロムビアゆりかご会)• レッドタイガーの詩(『UFO大戦争 戦え! レッドタイガー』ED/with コロムビアゆりかご会)• ウルトラマンの歌(『』主題歌/with コロムビアゆりかご会)• ぼくらのウルトラマン(『』主題歌/with コロムビアゆりかご会)• 8人ライダー(『』主題歌/with )• 君の青春は輝いているか(『』OP)• ウルトラセブンの歌99(『』・『』OP)• ウルトラセブンのバラード(『ウルトラセブン1999最終章6部作』ED)• デカマスターNEVER STOP(『』挿入歌)• (『特捜戦隊デカレンジャー』ED/with 森の木児童合唱団) ほか多数 CMソング• アスパラC()• さっそう()• 焙煎にんにく()• どキレイダーのテーマ(カラリオ、。 にシングルCDとして発売)• クロネコヤマト()• つよインク200()• レッドアラーム() その他• 新潟市歌(1969年11月1日 新潟市制定 )• レクィエム(『』エンディングテーマ)• いつか息子に -グリーングラスに捧ぐ詩-(1980年、「」の応援歌)• (テーマソング)• 銀座『』(マイケル・ナイト)• 『』『』() 大当りラウンドで流れる『』はこの台が発売されるに伴いされた。 ドン・キホーテ(『』)• 象だゾウ(『みんなのうた』)• 『』(主題歌・挿入歌)• 『半熟英雄4 7人の半熟英雄』(OP・ED)• 校歌(、とのデュエット)• 英語盤 ささきいさお アニメヒットをうたう(1978年12月25日、日本コロムビア、CZ-7018)• (1982年5月21日、、AF-7118) - 「佐々木功」名義 ベスト・アルバム• ささきいさお テレビ主題歌をうたう(1976年9月、、CW-7079)• (1977年9月、日本コロムビア、CS-7040)• おとこの詩 〜ナレーションと歌で綴る若者へのメッセージ〜(1978年9月1日、日本コロムビア、CS-7072)• ベスト24(1978年10月25日、日本コロムビア、CW-7188 - 9)• ニューヒットベスト16(1979年12月、日本コロムビア、CS-7150)• ベストヒット(1981年10月、日本コロムビア、CQ-7069)• 男の詩(1995年11月21日、日本コロムビア、COCC-13042)• 男の詩 Vol. 2(1997年6月21日、日本コロムビア、COCC-14282)• ブルース(1997年12月10日、)• 佐々木功ソングブック -トライアルベスト-(2000年11月22日、)• ささきいさおベスト -銀河航海誌-(2005年9月28日、コロムビアミュージックエンタテインメント)• ベスト・オブ・ベスト ささきいさお(2015年4月1日、日本コロムビア株式会社) DVD• 〜デビュー50周年記念〜 ささきいさおTV主題歌大全集(2010年12月22日、コロムビアミュージックエンタテインメント) 著書• 『子連れ再婚の片道切符』(上田みゆき共著、講談社) 脚注 注釈• 「四天王」のメンバーには諸説あり、 や をメンバーとする場合もある。 ベストアルバム「佐々木功ソングブック -グレイテストベスト-」(2000年)のライナーノーツでは、ささき本人が収録曲を聴きながらコメントするという企画が実施されたが、デビュー曲「本命はお前だ」については自ら「こんなヒドい歌をよくレコードにしたよな」と評し、聴くことを放棄してしまっている。 と連名。 体調の優れなかった仲村に代わり、大半のシーンを担当。 ゲームでは「斎藤」• 1968年放送のNET版が声優デビュー作。 自身初のスタローン吹き替え。 マイケル・ナイトの整形前の姿。 内で放送。 『は誰でしょう』の替え歌。 、、、、、、、、、、、、、、、、、水木一郎、、、、とともに参加。 "PROFILE", p. 30 [CDライナー]. 『声優名鑑』、1999年、462頁。 ISAOWEB ささきいさおオフィシャルサイト. 2019年5月16日閲覧。 長良グループ. 2015年4月21日閲覧。 CDジャーナル 2010年5月31日. 2015年4月25日閲覧。 The PAGE 2014年6月2日. 2015年4月25日閲覧。 アニメ! アニメ! 2013年1月26日. 2014年5月3日閲覧。 ガジェット通信 2014年11月28日. 2014年5月3日閲覧。 『』(NHK-BS)より。 "PROFILE", pp. 31-32 [CDライナー]. 声優アワード. 2011年3月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年3月5日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年3月23日. 2015年3月23日閲覧。 Phile-web. 2015年4月21日閲覧。 、『ホームシアターファイル』(音元出版)の連載「ささきいさおの素敵な映画館ごっこ」より。 『』()2010年7月7日放送分• 『「宇宙戦艦ヤマト」の真実 いかに誕生し、進化したか』〈〉、2017年、55, 162頁。 シネマトゥデイ 2012年3月1日. 2014年4月25日閲覧。 高島幹雄 2000年. "ライナーノーツ型インタビュー「<男の詩>に秘めた<心>を通おう」", p. 5 [CDライナー]. ISAOWEB ささきいさおオフィシャルサイト. 2015年4月21日閲覧。 ベストアルバム『佐々木功シングルコレクション1973〜1987』のライナーノーツ(37頁)を参照。 2016年1月23日放送の『』より• MANTANWEB(まんたんウェブ) 2012年8月28日. 2014年4月25日閲覧。 - メディア芸術データベース• ぴえろ公式サイト. 2016年5月14日閲覧。 - メディア芸術データベース• - メディア芸術データベース• コミックナタリー 2018年4月20日. 2018年4月21日閲覧。 バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。 バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。 「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」『DVD&ブルーレイでーた』2015年3月号、、2015年2月20日、 40-41頁。 映画ナタリー. 2017年3月22日. 2017年3月22日閲覧。 ささきいさおオフィシャルウェブサイト. 2014年5月11日. 2020年7月15日閲覧。 ささきいさおオフィシャルウェブサイト. 2014年2月3日. 2020年7月15日閲覧。 ささきいさおオフィシャルウェブサイト. 2014年4月4日. 2020年7月15日閲覧。 映画ナタリー. 2020年5月28日. 2020年5月28日閲覧。 2015年7月27日閲覧。 外部リンク• (日本語)• (日本語)• (英語)• (英語)• - (英語)•

次の