黒豆酢。 その効果がスゴイ!「酢大豆」の作り方とダイエットに効果的な食べ方

酢黒豆ダイエットで痩せる!半年に10kgの減量に成功

黒豆酢

「酢大豆」とは? 近年の健康ブームで酢を使った健康法がたくさん出て来ました。 酢玉ねぎもブームになりましたよね。 ですが酢玉ねぎも酢大豆も実は昔むかしに一度ブームになったものなんだそうです。 そんな酢大豆は ダイエット(美容)と健康の両方に効果があるとして女性の間で取り入れている人が今急増しているそうですよ。 その評判も上々で、 無理なく綺麗に痩せられると言われています。 酢大豆の効能や効果について 酢大豆についてもう少し詳しく見てみましょう。 一体どんな効果があるのでしょうか? 《脂肪の燃焼》 ダイエット効果の高い酢大豆ですが、酢に含まれるクエン酸が脂肪や糖質、タンパク質を燃焼してエネルギーへと変換します。 燃焼がスムーズに行われることで代謝が活性化してダイエットに繋がります。 《コレステロールの排出》 酢には血中コレステロールを排出する働きがあります。 肝臓に溜まってしまった脂肪を排出する働きもあるんですよ。 これはダイエット効果だけでなく、生活習慣病の予防にもなります。 《整腸作用》 大豆には食物繊維がたっぷり。 腸を刺激して活発にぜん動運動が行われるので便秘が解消され、予防にもなります。 《美容》 大豆には女性に嬉しいイソフラボンが豊富に含まれます。 イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするので美肌にとても効果的です。 ハリやつや、弾力といった効果があるんですよ。 他にもイソフラボンは活性酸素を抑える働きもあるのでシミやしわの予防にもなります。 《その他》 酢にはアミノ酸が含まれており、このアミノ酸は疲労回復に効果を発揮します。 イソフラボンは女性ホルモンのバランスを整える効果があるので更年期障害の予防にもいいそうです。 また鉄分もたっぷりですので貧血予防にもなりますよ。 【材料】• 保存容器 【作り方】• 大豆は綺麗に洗ってザルにあげて水気を切ります。 フライパンで20分ほど乾煎りしましょう。 (弱火)• 乾煎りの目安は皮が破れて茶色く焼き色がつけばOK!• 粗熱を取ってから保存容器に入れて酢を注ぎます。 酢の分量は大豆から数センチ上まで。 蓋をして1~2日経つと大豆がふっくらしてきます。 酢の上に大豆が顔を出すので再び酢を数センチ上まで注いでください。 3日ほど漬けて完成です。 とはいっても 1ヶ月程度で食べきるようにしてくださいね。 1日に5~10粒食べるといいそうです。 アレンジすれば毎日食べられそうな量なのも嬉しいですね。 鯖缶(水煮) 1缶• 酢大豆 【作り方】 鯖缶と酢大豆を同量で混ぜ合わせるだけ!好みで酢を足してもOKですよ。 なす(小) 2個• 酢大豆 適量 《A》• みりん 大さじ1• ナンプラー 大さじ1• 塩 少々• しょう油 少々 【作り方】• なすはヘタを取って皮をしましまに剥きます。 その後食べやすい大きさ切りましょう。 切ったなすを耐熱皿に並べて 電子レンジで2分加熱します。 (700w)• 《A》をよく混ぜてタレを作ります。 (2)に酢大豆とタレとを混ぜ合わせて完成です。 html 【材料】• こんにゃく 1枚• ひじき 大さじ1• 油揚げ 1枚• 酢大豆 大さじ1• 輪切り唐辛子 小さじ半分 《A》• みりん 大さじ1• 酒 大さじ1• しょう油 大さじ1• 顆粒だし 小さじ1 【作り方】• ひじきは水で戻しておきましょう。 《A》をボウルに入れて混ぜ合わせます。 こんにゃく、油揚げは薄めに切ります。 フライパンにごま油を引いてこんにゃくと油揚げを炒めます。 ひじきをくわえてだいたい火が通れば唐辛子を入れましょう。 《A》を加えて混ぜたら酢大豆も加えます。 サッと炒めて完成です。 酢大豆は たくさん食べる必要がないというのも嬉しいですね。

次の

【みんなが作ってる】 黒豆 酢のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

黒豆酢

もくじ• 黒豆酢大豆の簡単な作り方 乾燥大豆または乾燥黒豆…100g お酢 好みのもの …1カップ ハチミツ…大さじ1杯 ツンとするお酢の刺激を抑えるために、 少しだけ甘味を付けます。 ちなみに私は、 全部黒で揃えて黒豆に黒酢と黒砂糖を使って作ってみました。 ざるにあげて水を切ってから、 鍋に入れ、同じくたっぷりの水を入れて火にかけ、30分ほど煮ます。 再びざるにあげ、水切りします。 鍋の底を回す感じで、焦がさないように注意しながら、 香ばしくなるまで煎ります。 保存容器にお酢とハチミツを入れ、よく混ぜます。 粗熱が取れたら、冷蔵庫に入れ、3日目くらいから食べられます。 冷蔵庫での保存の目安は約2週間です。 黒豆酢大豆の黒豆には、血糖値を下げる効果も 豆のタンパク質がお酢の力で柔らかくなる豆類は、 とくに中高年の女性の美しさと、骨の健康をしっかり守ります。 大豆も黒豆も、品種の違いだけで、同じマメ科の植物から採れる豆で、 どちらも主な栄養素は、タンパク質です。 大豆も黒豆も、お酢に漬けておくと、驚くほど柔らかくなり、 どんな料理に使っても違和感なくほかの素材と調和します。 お酢の力で柔らかくなるからといって、 乾燥大豆・黒豆を加熱せずに使ってはいけません。 豆は、その植物にとって生命の源ですから、 ほかの動物たちから身を守るために、 アルカロイドと呼ばれる毒素が詰まっています。 そのアルカロイドの作用で、 腹痛や下痢などを起こすことがあります。 大豆・黒豆は、必ず加熱して、 アルカロイドを壊してから使うようにしましょう。 黒豆の脂肪分には、 脂肪肝を改善するリノール酸やオレイン酸といった、 不飽和脂肪酸がたっぷりです。 さらに、糖質の代謝を促して、血糖値の上昇を抑えるビタミンB1 や、 余分な脂肪を燃やしてくれるレシチン、 脂肪を分解するコリンなども豊富ですから、 黒豆は血糖値を下げる名薬といっても過言ではありません。 黒豆酢大豆のイソフラボンが女性ホルモンを補う健康効果は 女性ホルモンのように働くイソフラボンに注目 酢大豆・黒豆を日常的に摂っていると、 大豆イソフラボンの健康効果が期待できます。 イソフラボンは、マメ科の植物に特有の物質で、 女性ホルモンのエストロゲンと構造がよく似ています。 そのため、 体内でもエストロゲンと同様の作用をすることが知られています。 イソフラボンの恩恵をとくに利用したいのは、 中高年の女性です。 エストロゲンを分泌する器官は卵巣ですが、 加齢とともに機能が衰え、エストロゲンの分泌量が減ってしまうのです。 女性ホルモンと呼ばれるとおり、 女性らしいふくよかな体型や、 美しい肌をつくっているエストロゲンが減ると、 どうしても体形が崩れ、若かった時の美肌が失われてしまいます。 そこで、イソフラボンを摂取して、 エストロゲンの不足を補いましょう。 もちろん、豆腐や納豆などの大豆製品にも含まれていますが、 酢大豆・黒豆を常備しておくことで、 摂り方のバリエーションがバリエーションが増え、 確実に摂取することができます。 お酢とイソフラボンで、骨粗しょう症を予防できます。 中高年の女性が気をつけたいのが、 エストロゲンの不足による骨の衰えです。 エストロゲンは骨の代謝に関係しているため、 閉経を迎え、分泌量が急激に減ると、 骨にカルシュウムを蓄えづらくなり、脆くなるのです。 骨密度が下がり、 骨粗しょう症になる人が増えていきます。 50歳以上の女性の3人に1人が、 この病気に悩んでいるのはそのためです。 イソフラボンは、エストロゲンのように働いて、 骨にカルシュウムを蓄え強くしてくれます。 実際、イソフラボンの摂取量が多い人ほど、 骨密度が高いという研究結果も報告されています。 酢大豆・黒豆で、 イソフラボンを日常的に摂るようにしましょう。 ヒト型セラミドとは何か?何だか難しい単語ですね。 ヒト型セラミドとは、動物の脳の白質や表皮の角質層を形成する、細胞膜に多量に存在するもので、 脂質の一種。 皮膚の保湿、柔軟性維持する働きがあるとされ、化粧品などに使用されるもの、という事です。 保湿といえば、セラミドというイメージなのですが、セラミドを使った、化粧品、美容液、原液をよく見かけます。 肌の乾燥といえば、セラミドという様に、美容には欠かせない物の様ですね。 よく、原液という言葉を目にします。 原液と聞くと、高濃度で、効果も高いと思っていました。 美容液100%と思いがちですが、実はそうではないみたいです。 2k件のビュー• 3k件のビュー• 1k件のビュー• 3k件のビュー• 14k件のビュー• 7k件のビュー• 2k件のビュー• 8k件のビュー• 8k件のビュー• 9k件のビュー• 9k件のビュー• 8k件のビュー• 5k件のビュー• 4k件のビュー• 1k件のビュー カテゴリー• 最近の投稿• メタ情報• お問い合わせ•

次の

黒豆酢の作り方を写真で解説|保存もできて簡単に作れます。

黒豆酢

もくじ• 黒豆酢大豆の簡単な作り方 乾燥大豆または乾燥黒豆…100g お酢 好みのもの …1カップ ハチミツ…大さじ1杯 ツンとするお酢の刺激を抑えるために、 少しだけ甘味を付けます。 ちなみに私は、 全部黒で揃えて黒豆に黒酢と黒砂糖を使って作ってみました。 ざるにあげて水を切ってから、 鍋に入れ、同じくたっぷりの水を入れて火にかけ、30分ほど煮ます。 再びざるにあげ、水切りします。 鍋の底を回す感じで、焦がさないように注意しながら、 香ばしくなるまで煎ります。 保存容器にお酢とハチミツを入れ、よく混ぜます。 粗熱が取れたら、冷蔵庫に入れ、3日目くらいから食べられます。 冷蔵庫での保存の目安は約2週間です。 黒豆酢大豆の黒豆には、血糖値を下げる効果も 豆のタンパク質がお酢の力で柔らかくなる豆類は、 とくに中高年の女性の美しさと、骨の健康をしっかり守ります。 大豆も黒豆も、品種の違いだけで、同じマメ科の植物から採れる豆で、 どちらも主な栄養素は、タンパク質です。 大豆も黒豆も、お酢に漬けておくと、驚くほど柔らかくなり、 どんな料理に使っても違和感なくほかの素材と調和します。 お酢の力で柔らかくなるからといって、 乾燥大豆・黒豆を加熱せずに使ってはいけません。 豆は、その植物にとって生命の源ですから、 ほかの動物たちから身を守るために、 アルカロイドと呼ばれる毒素が詰まっています。 そのアルカロイドの作用で、 腹痛や下痢などを起こすことがあります。 大豆・黒豆は、必ず加熱して、 アルカロイドを壊してから使うようにしましょう。 黒豆の脂肪分には、 脂肪肝を改善するリノール酸やオレイン酸といった、 不飽和脂肪酸がたっぷりです。 さらに、糖質の代謝を促して、血糖値の上昇を抑えるビタミンB1 や、 余分な脂肪を燃やしてくれるレシチン、 脂肪を分解するコリンなども豊富ですから、 黒豆は血糖値を下げる名薬といっても過言ではありません。 黒豆酢大豆のイソフラボンが女性ホルモンを補う健康効果は 女性ホルモンのように働くイソフラボンに注目 酢大豆・黒豆を日常的に摂っていると、 大豆イソフラボンの健康効果が期待できます。 イソフラボンは、マメ科の植物に特有の物質で、 女性ホルモンのエストロゲンと構造がよく似ています。 そのため、 体内でもエストロゲンと同様の作用をすることが知られています。 イソフラボンの恩恵をとくに利用したいのは、 中高年の女性です。 エストロゲンを分泌する器官は卵巣ですが、 加齢とともに機能が衰え、エストロゲンの分泌量が減ってしまうのです。 女性ホルモンと呼ばれるとおり、 女性らしいふくよかな体型や、 美しい肌をつくっているエストロゲンが減ると、 どうしても体形が崩れ、若かった時の美肌が失われてしまいます。 そこで、イソフラボンを摂取して、 エストロゲンの不足を補いましょう。 もちろん、豆腐や納豆などの大豆製品にも含まれていますが、 酢大豆・黒豆を常備しておくことで、 摂り方のバリエーションがバリエーションが増え、 確実に摂取することができます。 お酢とイソフラボンで、骨粗しょう症を予防できます。 中高年の女性が気をつけたいのが、 エストロゲンの不足による骨の衰えです。 エストロゲンは骨の代謝に関係しているため、 閉経を迎え、分泌量が急激に減ると、 骨にカルシュウムを蓄えづらくなり、脆くなるのです。 骨密度が下がり、 骨粗しょう症になる人が増えていきます。 50歳以上の女性の3人に1人が、 この病気に悩んでいるのはそのためです。 イソフラボンは、エストロゲンのように働いて、 骨にカルシュウムを蓄え強くしてくれます。 実際、イソフラボンの摂取量が多い人ほど、 骨密度が高いという研究結果も報告されています。 酢大豆・黒豆で、 イソフラボンを日常的に摂るようにしましょう。 ヒト型セラミドとは何か?何だか難しい単語ですね。 ヒト型セラミドとは、動物の脳の白質や表皮の角質層を形成する、細胞膜に多量に存在するもので、 脂質の一種。 皮膚の保湿、柔軟性維持する働きがあるとされ、化粧品などに使用されるもの、という事です。 保湿といえば、セラミドというイメージなのですが、セラミドを使った、化粧品、美容液、原液をよく見かけます。 肌の乾燥といえば、セラミドという様に、美容には欠かせない物の様ですね。 よく、原液という言葉を目にします。 原液と聞くと、高濃度で、効果も高いと思っていました。 美容液100%と思いがちですが、実はそうではないみたいです。 2k件のビュー• 3k件のビュー• 1k件のビュー• 3k件のビュー• 14k件のビュー• 7k件のビュー• 2k件のビュー• 8k件のビュー• 8k件のビュー• 9k件のビュー• 9k件のビュー• 8k件のビュー• 5k件のビュー• 4k件のビュー• 1k件のビュー カテゴリー• 最近の投稿• メタ情報• お問い合わせ•

次の