右 脇腹 痛い。 お酒の飲み過ぎで右脇腹が痛い原因

脇腹が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

右 脇腹 痛い

右脇腹の痛みの原因は? 右脇腹に起こる痛みは、• ストレスによる神経系の痛み• 無理な運動や姿勢の悪さからくる筋肉痛• 内臓疾患 など、様々な原因が考えられます。 筋肉痛や神経痛であれば、時間の経過とともに痛みは和らいできますが、右脇腹にいつまでも違和感があったり、鈍痛や痛みが続く場合、内臓系の病気の疑いが強くなります。 右脇腹の痛みが続く時に疑われる病気を紹介したいと思います。 右脇腹の痛みが続く時、疑われる病気は? 右脇腹の辺りには大腸・盲腸・腎臓・胆のう・肝臓と多くの臓器が存在しており、右脇腹の痛みはこれら臓器に何らかの病気がある可能性が考えられます。 男性と女性で考えられる病気が若干変わるので、右脇腹の痛みに直結する可能性が高い病気のみ男女別に紹介していきます。 男性・女性に共通して考えられる病気 胆石 胆石はコレステロールなどが固まったもので、成人の8%が持っていると言われています。 症状としては、右脇腹から背中にかけ激痛が走るのが特徴です。 食後に発症することが多く、肥満や食物繊維不足によりリスクが高まるため、日頃の生活習慣を見直せば予防可能な病気とも言えます。 大腸がん・肝臓がん・胃がん 右脇腹の痛みが長期に渡って続く場合、これらのがんの疑いもあります。 がんの場合、耐えられないほどの激痛というより、ズキズキと重い鈍痛が続きます。 虫垂炎 右脇腹の小腸から大腸に繋がった下、盲腸の先に突き出ている虫垂に炎症が起き発症します。 男女差はなく、どの年齢層でも見られる病気で急に激しい腹痛が起こり吐き気を伴うこともあります。 放っておくと腹膜炎を起こし、命の危険性もあるため早急な治療が必要です。 腹膜炎 臓器を覆っている腹膜が細菌感染を起こして炎症が起きます。 はじめは右脇腹の一部が痛み出し、次第に痛みの範囲が広がっていきます。 痛みと併せて吐き気や頻脈、発熱などの症状が見られることもあります。 胆のう炎 胆石が胆管に詰まる事により胆のうの壁が炎症を起こす病気で、症状として右脇腹の激しい痛みや発熱・黄疸が見られます。 胆石同様、食後に現れることが多い病気です。 肝炎 肝臓に炎症が起こる病気で「急性肝炎」と「慢性肝炎」があります。 症状としては、全身の倦怠感・発熱や黄疸・吐き気、そして右脇腹やみぞおちに鈍い痛みがみられます。 スポンサーリンク 女性に多い病気 慢性胆のう炎 近年、食事の欧米化が進みコレステロールの多い食生活の影響で、胆汁の成分が固まってできる胆石を持つ女性が増え続けています。 胆石が一因となって起こる病気が慢性胆のう炎で、特に40代~50代の女性に多い病気です。 症状の特徴として、激しい痛みはなく右脇腹に鈍痛や重い感じを伴います。 膀胱炎 女性は性器の形状が外側に開口しているため、男性より細菌感染しやすく膀胱炎を発症しやすくなっています。 膀胱炎は大抵直ぐ治りますが、大腸菌などが腎臓まで上がると腎盲腎炎を引き起こすことがあります。 膀胱炎が右側の腎臓で起きた場合、右脇腹の痛みを伴い、併せて高熱・吐き気の症状もみられます。 子宮筋腫 右脇腹の痛みが鈍痛の場合、子宮筋腫やそれに伴う便秘の可能性があります。 子宮筋腫は妊娠に影響を与える場合があるので、今後結婚や妊娠を控えている女性はきちんと検査することをおすすめします。 卵巣卵管組織の炎症 女性は女性特有の臓器を保有しているため、右脇腹が痛む時それらの臓器に何らかの疾患が起きている可能性も考えなければなりません。 卵巣は左右対称にありますが、右側の卵巣にトラブルが起きた場合、右脇腹に痛みを感じます。 卵巣にできる腫瘍の種類は非常に多く、良性とされる卵巣嚢胞~悪性とされる境界悪性腫瘍まで様々です。 少しでも違和感や痛み不安を感じた場合、早期に専門医を受診する事が大切です。 男性に多い病気 尿路結石 尿の通り道に結石が出来てしまう病気で、30~40代の男性に多い疾患です。 男性は女性より尿管が細く長いため石が詰まりやすくなっています。 尿路結石は腰の背部から脇腹にかけて耐えがたい激痛が起こります。 夜間や早朝に痛むことが多く、腎臓の中心に炎症が起こる腎盲腎炎を併発することもあります。 肋間神経痛 肋骨部分の神経痛のことで、女性にも起こりますが男性に起こる割合の方が多いです。 肋間神経痛は呼吸の度に右脇腹が痛んだり、寝返りや咳、笑った時にも痛むことが多いです。 原因は日常のストレスや内臓疾患の場合など様々ですが、右脇腹以外に背中や脇の下、みぞおちが痛むこともあります。 痛み自体は長く続かないですが、癖になってしまい繰り返すことがあります。 まとめ 右脇腹に痛みが続く時、筋肉痛や適切な治療ですぐ治る軽い疾患の場合もありますが、時には命にかかわる重大な病気の可能性もあります。 自己判断や「もう少し我慢してみよう…」と軽い気持ちで考えず、早めに病院へ行き正しい診断・治療を受けることが何より大切です。 内臓疾患の場合は数センチずれるだけで病気である臓器が違ってくるので、痛む場所をきちんと把握して医師に伝えるようにしましょうね! スポンサーリンク.

次の

右下の腹痛:医師が考える原因と受診の目安|症状辞典

右 脇腹 痛い

帯状疱疹 帯状疱疹は水ぼうそうと同じウイルスが原因となります。 ほとんどの方が子供の頃にかかる水ぼうそうでウイルスは撃退したかに見えますが、神経節に潜伏しています。 抵抗力が低下した時に活動を再開して帯状疱疹が現れます。 帯状疱疹は、帯状の発疹が現れるのが特徴的ですが、 神経痛のような痛みが出るのも大きな特徴です。 発疹や痛みは腹部・胸部・背中・顔などの片側にのみ現れることがほとんどです。 その痛みは奥の方でチクチクとした痛みを感じます。 脇腹は普段自身では目に入らない部分ですので発疹に気づかず痛みだけを感じる方もいます。 チクチクする痛みを感じたら皮膚に発疹がないか確認してみましょう。 帯状疱疹は早期治療が肝心です。 治療が遅れると 帯状疱疹後神経痛という後遺症が残り、痛みに苦しむことになります。 早めに医療機関を受診しましょう。 参考: 胆石症 胆道に結石ができる病気を胆石症といいます。 胆道は肝臓で作られた胆汁が胆のうに送られる道で、その途中に結石ができると右脇腹に痛みを生じることがあります。 原因は様々ですが、脂肪分の多い食事を摂る方や糖尿病の方などはコレステロール値が上がり結石ができる場合があります。 ストレスや生活リズムの乱れも原因となる場合があります。 痛みが生じると1時間以上も苦しむこともあります。 激しい痛みで病院に行けないこともありますが、痛みが落ち着いたらすぐに病院に行きましょう。 腹部超音波検査ですぐに判明しますので、設備のある病院を選びましょう。 胆のうに結石ができている場合、結石を取り除いてもまたできる可能性がありますので、症状がない方を除き、胆のう摘出手術を行うのが一般的です。 体への負担が少ない 腹腔鏡下術で行うことが増えています。 参考: 尿路結石 結石は尿路にできることもあります。 この場合は尿路結石といい、血尿や激しい膀胱の痛みが特徴です。 尿路は、腎杯・腎盂・尿管・膀胱・尿道に分けられますが、腎杯や腎盂に結石ができた場合は比較的症状は少ないです。 この痛みが右脇腹に現れることもあります。 結石が小さい場合は、水分を多く摂るなどすると自然治癒することもあります。 しかし、結石が大きいと痛みも激しいため、治療が必要となります。 体の外から衝撃波を発生させ、体内の結石を小さく砕く方法が一般的です。 尿路結石は再発頻度が高い病気です。 食生活を見直し、バランスの良い食事を心がけましょう。 腹膜炎 腹膜は、肝臓や胃・腸などの内蔵の表面を覆っている膜で、腹膜が細菌感染などの刺激があると炎症を起こし、腹膜炎となります。 仕事を優先して、急性虫垂炎にも関わらず、すぐに手術をしなかったため腹膜炎になりかけたという話を聞いたことはありませんか。 腹膜炎を起こす原因は様々ですが、虫垂炎が原因となっている場合が最も多いです。 参考: 虫垂炎が原因である場合、虫垂のある右下腹部から右脇腹に痛みが生じます。 他にも発熱・嘔吐頻脈などの症状が現れることもあり、ショック状態に陥る場合もあります。 急な痛みは我慢せず、早めに医療機関を受診しましょう。 がん 大腸がん・肝臓がん・腎臓がんの場合、右脇腹に痛みを感じることがあります。 他にも気になる症状はありませんか。 がんは、早期発見・早期治療が重要です。 放置しないようにしましょう。 便秘 便秘というと下腹部の痛みというイメージがありますが、 便秘により大腸にガスがたまると、右脇腹に痛みを感じることもあります。 ガスが溜まるのは、排便できずにいる便が腐っていく過程で発生しているので、かなり慢性的な便秘の方に見られます。 慢性的な便秘で悩んでいる方は多いですが、たかが便秘と放置すると、脱力して動けなくなってしまうこともあります。 水分を多くとり、バランスの良い食事と適度な運動を心がけましょう。 右脇腹に痛みが出るほどの場合、自身で解決するのが難しくなっているかもしれません。 慢性的な便秘の場合、医療機関で相談して自身に合った薬を探すのも大切です。 まとめ 右脇腹の痛みには筋肉痛などの自然治癒するものからがんまで様々な原因が考えられます。 痛みがおさまったからといって放置せず、痛み方やタイミングなど、自身で特徴を把握し、早めに医療機関で相談するようにしましょう。

次の

座ったとき右横腹に違和感…病気? 整形外科的症状の可能性

右 脇腹 痛い

, Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の