ゆうちょ ダイレクト 申込。 ゆうちょダイレクトWeb申し込みの手順と気をつけること【エラーにならないための注意点】│ふりとら

ゆうちょダイレクト+(プラス)について-ゆうちょ銀行

ゆうちょ ダイレクト 申込

ゆうちょ銀行のインターネットバンキングサービス「ゆうちょダイレクト」を利用するには申し込みが必要なのですが、Web から簡単に申し込めると聞いて登録しようとしたところ、次のようなエラーが出て登録することができませんでした。 ご指定の口座は総合口座ではないため、新規利用申し込みのお取り扱いができません。 お手数ですが、郵便局の貯金窓口またはゆうちょ銀行で総合口座への変更の手続きを行ったうえで、ご利用ください。 通帳を見ると間違いなく「総合口座通帳」と記載しています。 親が僕の名義で開設した口座であるため、かれこれ30年以上経過している口座なのですが、特殊な口座であるとは聞いていないため、おそらく普通預金だと思うのですが、一体何が駄目なのでしょうか。 郵便局でゆうちょダイレクトについて問合せ 先日ので、そのついでに「ゆうちょダイレクト」について確認してみました。 しかし、Web 申し込みでエラーになった話が伝わらなかったのか、申し込み用の冊子をもらって、それを書いて郵送すれば大丈夫と言われました。 「申し込めるなら申し込んでみなさいよ」 表紙の女性がそう言っているように見えました。 (笑) 特に急いでいる訳ではなかったので、ひとまず書くものを書いて送ってみることにしました。 一週間ほど経って、ゆうちょ銀行から簡易書留郵便が届きました。 ちゃんと登録されたか封書を開けてみると、まるで不合格通知のような残念なお知らせでした。 「ゆうちょダイレクト利用申込書」ご返却のお知らせ 登録 NG となって返却されるパターンは大きく3つあるようです。 申し込み用紙に押印された印鑑が届け印と異なっている。 送金機能が付加されていない。 つまり振替ができない口座である。 氏名、住所、生年月日の確認が済んでいない。 (マネーロンダリング防止等による法令で必要とされた取引時確認) 僕の場合は、2つ目の送金機能が無い口座に該当していたようです。 用紙の説明によると、通帳には印刷の都合上「総合口座」と印刷されていることがあると記載されていました。 なんて都合の良い話…。 仕方なく返却された用紙を手に、改めて郵便局へ行ってきました。 ゆうちょダイレクトの利用には振替口座の開設が必要 持ち物は返却された申込用紙と通帳、本人確認書類(運転免許証)と届出印です。 窓口でこれまでの経緯を伝えると、振替口座開設を行わなくてはいけないと言われ、申込用紙の記入を求められました。 そこには通常貯金の利用上限額を書く欄があり、最大 1,000万円まで設定が可能でした。 定期預金を予定しているのであれば、500万円くらいで設定するケースが多いとのことでした。 一体何のことか良く分からなかったのですが、ゆうちょで定期預金を組む予定は無かったので、上限いっぱいにすることにしました。 開設する振替口座って何? あとで調べてみると、預入額が上限額を超えた場合は普通口座から振替口座へ振替えられるようです。 そしてこの振替口座は無利子であるため、1,000万円以上を超えた分については、どんなに長期間預けても利子が発生しないのです。 ただ、 ゆうちょ銀行に預けるメリットとして、振替口座は当座預金の扱いとなって預金保険保護対象になるようです。 (メインで利用していないゆうちょ銀行の貯蓄残高が 1,000万円を超える日は一生無い気がしなくもないですが。 ) 定期預金を利用する場合は、この通常預金額を下げる必要があります。 例えば通常預金の上限額が 500万円の場合、残りの500万円の枠の範囲で定期預金が組めると言うことです。 振替口座の開設状況は通帳に記載がある 開設した振替口座の情報については、通帳の内側に記載があります。 画像では見づらいですが、下記の枠で囲った部分が該当します。 以上の手続きを経て、無事「ゆうちょダイレクト」を申し込むことができました。 申し込み後は、一週間位で書留郵便で「ゆうちょダイレクト利用者カード」が郵送されます。 初回ログイン時にはパスワード変更や、秘密の質問をいくつか設定する必要があります。 10分から15分ほどの作業で、ゆうちょダイレクトが利用できるようになります。

次の

ゆうちょダイレクトを利用するまでの手順

ゆうちょ ダイレクト 申込

ゆうちょダイレクト申し込み手順 ゆうちょダイレクト申し込みに必要なもの• ゆうちょ口座番号• 届け印• 縦型定形封筒 切手不要• プリンター 自分で印刷する場合• A4用紙 自分で印刷する場合• 通帳 窓口手続きの場合• 本人確認書類 窓口手続きの場合• メールアドレス 任意だけどあった方が良い 申込書の印刷・請求手順 まずはゆうちょHPから申込書を手に入れましょう。 申込書の作成はゆうちょダイレクトの申し込み用紙はHPで作成し印刷をするか、資料請求をして郵送で自宅に届けてもらうか、または郵便局窓口でできます。 窓口の場合は通帳、届け印、本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)が必要となります。 もちろん自分で印刷できる環境があれば資料請求よりも口座開設がスピーディーです。 自分で印刷する方法をご紹介します。 下記ページから「申込書作成」をクリックします。 次の画面では必要事項を入力します。 特に難しいことはないですが口座番号を入力する際 通帳記号99999 通帳番号98765432 だとすると下記のように入力します。 再発行番号は空欄でOkです。 全て入力が終わったら次ページです。 ゆうちょダイレクトを申し込みたい場合は「インターネットサービス パソコン・スマートフォン 」の内容を「新規」に変えます。 下へいって「インターネットサービス・モバイルサービスの申込・変更」部分を入力します。 ゆうちょダイレクトのみ申し込みの場合は「インターネット用暗証番号」と「一日の送金限度額」を入力します。 インターネット用暗証番号はあとで必要になるので必ず覚えておいてください。 ただしこの暗証番号は申し込みの際にしか使用しません。 それ以外にも色々項目がありますが、全て空白で構いません。 あとは次ページで内容を確認して、申込書が勝手に作成されますのでそれをお手持ちのプリンターで印刷します。 送付用の書類にはゆうちょの口座開設の際に押印したものと同じ印鑑で押印します。 印鑑を押した書類を封筒にいれ、送付先の紙を切って封筒に貼り投函します。 切手は不要です。 ポスト投函後1週間程度で、簡易書留でゆうちょダイレクトの利用者カードと案内が届きます。 ゆうちょダイレクト初回ログイン時の手続き 届いた利用者カードと書類に下記が記載されていますので確認しておきましょう。 あとは先に設定した「インターネット用暗証番号」が必要です。 ゆうちょのTOPページへアクセスします。 自分のゆうちょダイレクトの口座番号を入力します。 届いた書類のここを見ます。 次はログインパスワードを要求されます。 そこに入力するのは「初回のログインパスワード」です。 入力すると無事ログインできました。 と同時に次回からのログインパスワードの変更を要求されます。 暗証番号の設定が終わると、今度はセキュリティ情報の設定に移ります。 ログインした時にあなたのページに表示される画像を選択します。 この画像があなたのログイン画面に表示されたということは「正規の」サイトにログインしたという証明になります。 ニセモノのサイトに間違えてログインした時はそこまでのコピーは出来ていないはずです。 どれでもいいので印象の強い画像を選びましょう。 こんどは秘密の合言葉です。 これは常時使うパソコン以外のパソコンからログインする際はこの合言葉が求められます。 パソコンごとに設定ができます。 今お使いのパソコンが普段使いのものならチェックは外しておきましょう。 最後にメールアドレスを設定します。 任意ですがやっといた方がもちろん良いです。 すると登録したアドレスにワンタイムパスワード 一度しか使えないパスワード が届きます。 コピーして次画面に貼り付けましょう。 正直ゆうちょのインターフェイスってなんだか好きになれません。

次の

ゆうちょダイレクトWeb申し込みの手順と気をつけること【エラーにならないための注意点】│ふりとら

ゆうちょ ダイレクト 申込

ゆうちょダイレクト• 窓口 ネットバンキングサービス「 ゆうちょダイレクト」を利用中の人は、ネット完結でNISAに申し込めます(ジュニアNISAを除く)。 マイナンバーや本人確認書類の提出は、画像アップロードで対応できます。 書類郵送なども不要です。 公式サイトの申込書作成フォームに名前や住所などを入力すると、申込書が簡単に作れます。 手書きの手間は最小限なので、書き損じの心配がありません。 パソコン上で完成した申込書PDFデータを、自宅で印刷し、郵送で申し込みます()。 ただし、本人確認書類とマイナンバーカードのコピーも必要です。 自宅のプリンターにコピー機能がなければ、コンビニなどで印刷する手間がかかります。 書類不備が心配な人は、 窓口へ行くのが確実です。 必要なものさえ持参すれば、一度の来店で手続きが完結します。 窓口でNISAに申し込む際、必要なものは以下3点です。 本人確認書類(運転免許証など)• マイナンバーカード• 投資信託を扱うのは大型支店のみ ゆうちょ銀行の窓口でNISAに申込む際は、事前に 投資信託を扱う支店を調べることをおすすめします。 NISAなどの資産運用に対応する支店は、ごく一部です。 中央郵便局と併設しているような、大型支店が主に対応しています。 小さな支店では、投資信託の担当者がいない可能性があります。 NISA口座開設まで約1ヶ月 ゆうちょ銀行に限らず、NISA申し込みから口座開設までは、約1ヶ月ほどかかります。 書類不備などがなく、スムーズに手続きが進めば、3週間ほどで開設できるケースもあります。 基本的には、1ヶ月かかると思っておくほうが安心です。 NISA口座の申込(窓口・郵送・ゆうちょダイレクトのいずれか)• ゆうちょ銀行が税務署に手続き• 税務署が申込者の確認書を発行• NISA口座開設完了 窓口でつみたてNISAの相談をしてみた 私も実際に、ゆうちょ銀行の窓口でつみたてNISAの相談に行ってみました。 銀行員の専門性や、どんな営業を受けるのかを、見てみたかったからです。 これからゆうちょ銀行に相談してみようか、迷っている人の参考になれば幸いです。 入店すると、入口すぐの場所に、NISAなどの資産運用チラシがありました。 チラシを手にとって見ていると、行員の方から「資産運用をお考えですか?」と声をかけられました。 そのまま、すぐに相談ブースに通してもらいました。 私が行った支店では、お茶もいただけました。 行員の商品知識はやや乏しい 正直にいうと、ゆうちょ銀行の行員は、商品知識がやや乏しく感じました。 説明は丁寧ですが、パンフレット以上の情報はあまり得られない印象です。 むしろ、不安を感じる説明もありました。 つみたてNISAの投資信託の選び方を尋ねた際、「 手数料はあまり気にしなくて大丈夫です」といわれた点です。 投資信託の選び方の基本は、手数料の比較です。 運用による利益が多く出ても、手数料が高いと受け取るお金が減るからです。 「手数料は見えないところで差し引かれるので、気にされないお客様が多いです」という説明は、不信感を抱きました。 もちろん、支店や担当者によって、相談の質は異なると思います。 けれども、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行では、予約なしでも専門性の高いスタッフが説明してくれました。 参考記事: ゆうちょ銀行でNISAをやると決めているなら、わざわざ窓口に行かず、ネット申込みで済ませてもよいかもしれません。 ゆうちょ銀行以外も検討中で、「まずはNISAがどんなものか教えてほしい」という人は、大手銀行に行くほうがおすすめです。 低リスクな投資信託が多い ゆうちょ銀行のつみたてNISAで扱う投資信託の特徴は、 低リスクで、安定運用に強い商品が多い点です。 つみたてNISAで選べる9商品のうち半分は、1本で多くの資産に分散投資できる「バランス型ファンド」です。 株式と債券を両方組み入れ、値動きを抑える投資信託です。 つみたてNISAのパンフレットには、選べる投資信託のリスクとリターンの図解がありました。 投資信託選びの参考になります。 上記にくわえ、ターゲットイヤー型のバランスファンドも1本あります。 つみたてNISAで選べる投資信託9本のうち、5本がバランスファンドです。 他の大手銀行と比べ、バランスファンドの割合は高めです。 三菱UFJ銀行のつみたてNISAは、選べる投資信託12本のうち、バランスファンドは3本です。 信託報酬とは、投資信託の運用中にかかるランニングコストです。 本来、投資信託には、購入時手数料や解約手数料もかかります。 しかし、つみたてNISAの投資先は、これらの手数料が0円の投資信託に限定しています。 一般的に、バランスファンドは信託報酬が高めです。 投資先が多く、運用に手間がかかるからです。 ゆうちょ銀行のつみたてNISAで選べるバランスファンドは、信託報酬が低めではあります。 しかし、 ネット証券では、より低コストなバランスファンドも増えつつあります。 コスト重視でつみたてNISAを始めたいなら、楽天証券などのネット証券がおすすめです。 ネットでの手続方法は、ゆうちょ銀行とほぼ同じです。 楽天証券は、楽天銀行と一緒に使うと、預金金利が大幅アップするメリットもあります。 記事執筆時点(2019年11月22日時点)では、 ゆうちょ銀行の100倍の預金金利が実現可能です。 窓口での手続きを勧められる ゆうちょ銀行の窓口で、つみたてNISAの申込方法を尋ねると、 窓口での申込みを勧められました。 しかし、その場で契約を迫るような雰囲気ではありません。 「1日で手続きが終わるので楽ですよ」くらいのニュアンスでした。 窓口契約を推奨するのは、行員にノルマがあるからか、郵送での書類不備を防ぎたいからかもしれません。 ゆうちょ銀行の窓口で資産運用の相談をすると、行員の名刺をもらえます。 以降は、窓口へ行く前に行員に電話すれば、待ち時間なしで案内してもらえます。 同じ行員に対応してもらえる安心感もあります。 事前相談すれば、窓口時間外に対応してもらえるケースもあります。 しかし、平日は仕事で忙しい方は、ゆうちょダイレクトでの手続きがやはり便利だと思います。 スマホやパソコンの操作に抵抗がなければ、5~10分ほどで完了すると思います。 つみたてNISAの売却はネットが便利 つみたてNISAを解約し、投資信託を売却する手続きは、 窓口もしくはゆうちょダイレクトで行います。 スマホやパソコンで完結する、ゆうちょダイレクトが便利です。 窓口だと、平日9:00~16:00しか手続きできません。 15時以降の解約手続きになると、翌営業日扱いになります。 ゆうちょダイレクトなら、早朝や夜間でも簡単に申請できます。 窓口での解約に必要な、通帳・銀行印の用意、解約申込書の記入も不要です。 銀行印(届出印)• 本人確認書類 平日に窓口に行く時間がなければ、投資信託口座をそのまま放置しても問題はありません。 ゆうちょ銀行の投資信託口座は、口座維持手数料がかかりません。 持ち続けても、手数料はかかりません。 NISA口座を他社に乗り換える方法 NISA口座を持てるのは、1人1つまでです。 ゆうちょ銀行でNISA口座を開設したら、ゆうちょ銀行のみでNISAを活用します。 ゆうちょ銀行から他の金融機関に乗り換えたいときは、窓口か郵送で「 非課税口座廃止通知書」を取り寄せる必要があります。 後日届いた「非課税口座廃止通知書」を記入し、変更後の金融機関に郵送します。 申込書とあわせて郵送してOKです。 例:ゆうちょ銀行からSBI証券に乗り換える場合、ゆうちょ銀行で取り寄せた「非課税口座廃止通知書」をSBI証券に送る ただしNISA口座は、 1年に1度でも利用すると、その年は変更できません。 次の年のNISA受付が始まる10月1日以降まで、待つ必要があります。

次の