日経 平均 先物 sgx。 日経 平均 先物 sgx

日経平均先物とは|株初心者のための株式投資と相場分析方法

日経 平均 先物 sgx

ラージとミニの2種類がある 日経225先物は、 英語では「 NIKKEI 225 Future s」と表記されます。 日経平均株価を原資産とした(株価指数)の一種で、未来のある決まった期日に日経平均株価がいくらになっているかを予測して取引します。 この日経225先物には、 日経225先物(ラージ)と、ラージの10 分の1の資金で取引できる 日経225mini(ミニ)の2種類があります。 ラージは10円刻みで取引されますが、ミニは5円刻みで売買されます。 そのため、初心者はミニのほうから始めることをおすすめします。 なお、ラージとミニはほぼ同じ価格で売買されます。 差金決済である 日経225先物取引は、日経平均株価という実体のない「指数」を売買するため、個別株のように、現物(代金もしくは株券)の受け渡しはありません。 そのため、日経225先物取引では、決済時に 損益の受け渡しのみが行われ、これを、 差金決済といいます。 また、決済期日まで保有すると、取得時の価格とSQ値という清算価格との差額の受け渡しだけが行われます(詳細は4章)。 ちなみに、差金決済をするために証券会社に預けておくための資金を、 証拠金(委託証拠金)といいます。 次の図でご確認下さい。 差金決済の仕組み 出所:マネックス証券「」 3. レバレッジ取引である 日経225先物は、 レバレッジ取引です。 レバレッジとは、少ない資金で大きな金額の取引をする仕組みのことをいい、「てこの原理」によく例えられます。 そして、手持ち資金の何倍の取引ができるかを レバレッジ倍率といいます。 ちなみに、日経225先物をはじめとしたレバレッジ倍率は、次の通りです。 日経225先物:約20倍• 個別株の:約3. 国内のFX会社:最大25倍 それでは、日経225先物は、実際にいくら口座にあれば1枚(先物の取引単位のこと)取引できるのでしょうか?現在の価格が20,000円だとしても、20,000円では売買できません。 答えは、 ラージを1枚売買するのにかかる証拠金は120万円 が目安と覚えておけば大丈夫です。 ただし、その時期の相場のボラティリティ(価格変動の度合い)によってSPAN証拠金というものが変わってくるので、若干の違い生じます。 レバレッジが効いていなかったら、この20倍の金額が必要だったということです。 しかし、口座に入れておく資金が証拠金がギリギリだと、株価が急変した時に証拠金が足りなくなって、 追証(おいしょう)が発生し、追加で入金を求められる場合があります。 そうならないように、余裕を持って口座に資金を入れておくことが大切です。 満期日にSQ値で清算される 日経225先物は、決済期日(満期日)が決まっています。 いくらで決済するかを最終的に決める満期日のことを「 SQ(=Special Quotation、特別清算指数算出日)」といい、年4回、 3月・6月・9月・12月の第2金曜日がSQ日に設定されています。 なお、SQがある3月・6月・9月・12月のことを 限月(げんげつ)と呼び、例えば、2020年9月に満期を迎える日経225先物のことを、「2020年9月限(ぎり)」といいます。 そして、その限月の 日経225先物の最終取引日は、 SQ日の前営業日になります。 SQの前日までに決済しなかった建玉が、SQ日にSQ値で自動的に強制決済されるという仕組みです。 ちなみに、強制決済されたくない場合は、という方法もあるので、参考程度に知っておくといいでしょう。 売りエントリーができてヘッジも可能 日経225先物は、のように、高い価格で売って安い価格で買い戻すことによっても、利益をあげられます。 そのため、下げ相場でも収益チャンスになり、トレードの幅が広がります。 また、現物株を保有していて、相場全体が短期的に値下がりすると予想したとします。 この場合、日経225先物を売っておくことで、現物株が一時的に損失になって損益がマイナスになることを防ぐといった使い方もできます。 これを、 損失を回避するという意味合いで、 「ヘッジ」といいます。 ほぼ24時間取引できる 日経225先物は、大阪証券取引所以外にも、アメリカのCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)とシンガポールのSGX(シンガポール取引所)にも上場しています。 それぞれの取引時間をまとめると、次のようになります(全て日本時間)。 市場 取引時間 大阪証券 取引所 8時45分~15時15分(日中セッション) 16時30分~翌朝5時30分(ナイトセッション) SGX (シンガポール) 8時30分~15時30分 15時55分~翌朝6時15分 CME (シカゴ) 8時~翌朝7時(夏時間は7時~翌朝6時) このように、日経225先物はどこかの市場でほぼ24時間取引され、価格もある程度連動しています。 そのため、CMEの日経225先物の終値が、大証の日経225先物がいくらで始まるかの目安になり、今日の日本のマーケットは強そうか弱そうかの判断材料にすることもできます。 ただし、全ての国内の証券会社がSGXやCMEに上場している日経225先物を売買できるわけではなく、私が知っている限りは、だけです。 ほとんどの個人投資家は、大証の日経225先物を取引しているはずです。 サーキットブレーカー制度がある サーキットブレーカーとは、何かの材料がきっかけで相場が急変して過度な値動きになった時に、投資家の過熱感を鎮めるために、一時的に取引を中断する措置のことです。 サーキットブレーカーが発動すると、10分間は取引できなくなります。 まとめ この記事では、日経225先物取引の特徴をお伝えしました。 リスクの大きさや難しさばかりが強調されがちな日経225先物ですが、仕組みは簡単なことがおわかりいただけたと思います。 しかし、シンプルだからといって、稼ぎやすいとは限りません。 日経225先物は、世界中の機関投資家が注目してトレードしているので、思いもよらない値動きをすることが多々あり、初心者が安易な気持ちで手を出すと損してしまいます。 数回は勝てるかもしれませんが、調子に乗っているとそれ以上の損失を被り、後悔することになりかねません。 そのため、最初は日経225miniから最低枚数でチャレンジしたり、現物株のヘッジだけに使うなど、色々と使い勝手を工夫してみることをおすすめします。

次の

日経 平均 先物 sgx

日経 平均 先物 sgx

この時点では3か月後の株価は上がっているのか、下がっているのかわからんぞ。 3か月後に日経平均株価が「2万5,000円」になりました。 ここで購入しようとすると当然2万5,000円が必要になります。 しかし既に先物取引により2万1,000円で買っています。 2万5,000円のものを2万1,000円で買うことができ、差引「4,000円」が儲かるというわけです。 また、先物取引は「 売り」から売買することも可能です。 相場が値下がりする場合も先物を売ることで利益を出すことができます。 日経平均先物の取引方法:いつが満期日の先物を買うのか選ぶ~限月~ 実際に日経平均先物を取引する場合は、まず「 満期月」がいつの先物を売買するのかを選びます。 「 満期」とは、先物取引における「 将来のあらかじめ決められた日」に「 あらかじめ決められた価格」で売買すること。 6、12限月は8年先まで• 3、9限月は1年半先まで 満期日の指数(価格)のことを SQ(特別清算指数)といい満期日まで保有すれば強制的にSQ値で決済されます。 もちろん、先物価格は日々変動しますので満期日を待たずに決済することも可能です。 取引最終日は満期日の前日、つまり各限月の第2金曜日の前日となります。 例えば、6限月の日経平均先物は6月の第2木曜日まで取引が可能で、 それまでに決済しないと第2金曜日に決まるSQ値で強制的に決済されるということです。 日経平均先物の売買単位は1,000です。 証拠金維持率とは、保有している先物に比べてどの程度証拠金を維持できているかを表す数値じゃな。 保有している先物に損失が出ている場合、証拠金から損失分の金額はマイナスされて証拠金維持率が計算されます。 各社が定める最低証拠金維持率を下回った場合は、追証(おいしょう)という追加入金が必要となります。 追加入金できない場合は強制的に保有銘柄が決済されます。 また、売買によるお金の動きは決済時に売買価格の差額のみを決済する差金決済取引です。 このように差金決済取引では、お金の動きは決済時に差額の金額だけとなるのが特徴です。 () 3種類の日経平均先物とは?『大証』『CME』『SGX』 日経平均先物と一言でいっても「大証」「CME」「SGX」といった国内外の3つの取引所で取引されています。 各取引所によって取引時間がことなりますので、わかりやすく紹介していきたいと思います。 大証日経平均先物 まずは日経平均先物を取り扱う日本の取引所です。 日本の取引所でデリバティブを扱っておるのはじゃ!大証とよばれておるぞ! 市場デリバティブ取引に必要な取引所金融商品市場の開設を目的とし、取引の管理に関する業務、取引参加者の管理に関する業務、その他新商品・新制度の導入・調査研究等を行う。 参照: 日本で先物を扱うのは大阪取引所で取扱開始は1988年からとなっています。 大阪取引所は以下の時間に開場しています。 日中:08:45 — 15:15 夜間:16:30 — 05:30 CME日経平均先物 CMEは米国ののことです。 米国のシカゴにあり商品やあらゆる金融商品の先物やオプションといったデリバティブを扱っています。 CMEで取引される日経平均先物をCME日経平均先物と呼びます。 CMEは以下の時間に開場しています。 日本時間で以下の時間に開場しております。 参照: 通常 :08:00 — 07:00 現地時間18:00 — 17:00 夏時間:07:00 — 06:00 現地時間17:00 — 16:00 SGX日経平均先物 SGXはシンガポール取引所に上場されている日経平均先物です。 Sin gapore Exchangeの略字からSGXを取ってきています。 1986年と大証よりも早く日経平均先物を取り扱っています。 SGXは日中と夜間に開場しています。 日本時間で以下の時間に開場しております。 参照: 日中:08:30 — 15:25 現地時間07:30 — 14:25 夜間:15:50 — 06:15 現地時間14:55 — 05:15 いつでも最新の日本株の状況を把握することが可能に• 構成銘柄225銘柄に買い注文を出す必要があり手間が大きい• 225銘柄の中には大量注文をした場合株価の変動が大きくなってしまう流動性の低い銘柄も存在する その点、「 日経平均先物」であれば注文は1銘柄で良く流動性も高いため注文価格での売買が可能です。 こういった大口注文に対応できるため日経平均先物は大変重要な先物となっています。 日経平均先物は特に海外の投資家によって多く取引されています。 先物市場の外国人比率は7割〜8割となっており、外国人が日本株の取引をする際に主に用いられます。 特に突発的なニュースなどで日経平均が大きく変動する時などは、まず取引しやすい先物が売買されることが多い傾向にあります。

次の

日経225先物 リアルタイムチャート

日経 平均 先物 sgx

ラージとミニの2種類がある 日経225先物は、 英語では「 NIKKEI 225 Future s」と表記されます。 日経平均株価を原資産とした(株価指数)の一種で、未来のある決まった期日に日経平均株価がいくらになっているかを予測して取引します。 この日経225先物には、 日経225先物(ラージ)と、ラージの10 分の1の資金で取引できる 日経225mini(ミニ)の2種類があります。 ラージは10円刻みで取引されますが、ミニは5円刻みで売買されます。 そのため、初心者はミニのほうから始めることをおすすめします。 なお、ラージとミニはほぼ同じ価格で売買されます。 差金決済である 日経225先物取引は、日経平均株価という実体のない「指数」を売買するため、個別株のように、現物(代金もしくは株券)の受け渡しはありません。 そのため、日経225先物取引では、決済時に 損益の受け渡しのみが行われ、これを、 差金決済といいます。 また、決済期日まで保有すると、取得時の価格とSQ値という清算価格との差額の受け渡しだけが行われます(詳細は4章)。 ちなみに、差金決済をするために証券会社に預けておくための資金を、 証拠金(委託証拠金)といいます。 次の図でご確認下さい。 差金決済の仕組み 出所:マネックス証券「」 3. レバレッジ取引である 日経225先物は、 レバレッジ取引です。 レバレッジとは、少ない資金で大きな金額の取引をする仕組みのことをいい、「てこの原理」によく例えられます。 そして、手持ち資金の何倍の取引ができるかを レバレッジ倍率といいます。 ちなみに、日経225先物をはじめとしたレバレッジ倍率は、次の通りです。 日経225先物:約20倍• 個別株の:約3. 国内のFX会社:最大25倍 それでは、日経225先物は、実際にいくら口座にあれば1枚(先物の取引単位のこと)取引できるのでしょうか?現在の価格が20,000円だとしても、20,000円では売買できません。 答えは、 ラージを1枚売買するのにかかる証拠金は120万円 が目安と覚えておけば大丈夫です。 ただし、その時期の相場のボラティリティ(価格変動の度合い)によってSPAN証拠金というものが変わってくるので、若干の違い生じます。 レバレッジが効いていなかったら、この20倍の金額が必要だったということです。 しかし、口座に入れておく資金が証拠金がギリギリだと、株価が急変した時に証拠金が足りなくなって、 追証(おいしょう)が発生し、追加で入金を求められる場合があります。 そうならないように、余裕を持って口座に資金を入れておくことが大切です。 満期日にSQ値で清算される 日経225先物は、決済期日(満期日)が決まっています。 いくらで決済するかを最終的に決める満期日のことを「 SQ(=Special Quotation、特別清算指数算出日)」といい、年4回、 3月・6月・9月・12月の第2金曜日がSQ日に設定されています。 なお、SQがある3月・6月・9月・12月のことを 限月(げんげつ)と呼び、例えば、2020年9月に満期を迎える日経225先物のことを、「2020年9月限(ぎり)」といいます。 そして、その限月の 日経225先物の最終取引日は、 SQ日の前営業日になります。 SQの前日までに決済しなかった建玉が、SQ日にSQ値で自動的に強制決済されるという仕組みです。 ちなみに、強制決済されたくない場合は、という方法もあるので、参考程度に知っておくといいでしょう。 売りエントリーができてヘッジも可能 日経225先物は、のように、高い価格で売って安い価格で買い戻すことによっても、利益をあげられます。 そのため、下げ相場でも収益チャンスになり、トレードの幅が広がります。 また、現物株を保有していて、相場全体が短期的に値下がりすると予想したとします。 この場合、日経225先物を売っておくことで、現物株が一時的に損失になって損益がマイナスになることを防ぐといった使い方もできます。 これを、 損失を回避するという意味合いで、 「ヘッジ」といいます。 ほぼ24時間取引できる 日経225先物は、大阪証券取引所以外にも、アメリカのCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)とシンガポールのSGX(シンガポール取引所)にも上場しています。 それぞれの取引時間をまとめると、次のようになります(全て日本時間)。 市場 取引時間 大阪証券 取引所 8時45分~15時15分(日中セッション) 16時30分~翌朝5時30分(ナイトセッション) SGX (シンガポール) 8時30分~15時30分 15時55分~翌朝6時15分 CME (シカゴ) 8時~翌朝7時(夏時間は7時~翌朝6時) このように、日経225先物はどこかの市場でほぼ24時間取引され、価格もある程度連動しています。 そのため、CMEの日経225先物の終値が、大証の日経225先物がいくらで始まるかの目安になり、今日の日本のマーケットは強そうか弱そうかの判断材料にすることもできます。 ただし、全ての国内の証券会社がSGXやCMEに上場している日経225先物を売買できるわけではなく、私が知っている限りは、だけです。 ほとんどの個人投資家は、大証の日経225先物を取引しているはずです。 サーキットブレーカー制度がある サーキットブレーカーとは、何かの材料がきっかけで相場が急変して過度な値動きになった時に、投資家の過熱感を鎮めるために、一時的に取引を中断する措置のことです。 サーキットブレーカーが発動すると、10分間は取引できなくなります。 まとめ この記事では、日経225先物取引の特徴をお伝えしました。 リスクの大きさや難しさばかりが強調されがちな日経225先物ですが、仕組みは簡単なことがおわかりいただけたと思います。 しかし、シンプルだからといって、稼ぎやすいとは限りません。 日経225先物は、世界中の機関投資家が注目してトレードしているので、思いもよらない値動きをすることが多々あり、初心者が安易な気持ちで手を出すと損してしまいます。 数回は勝てるかもしれませんが、調子に乗っているとそれ以上の損失を被り、後悔することになりかねません。 そのため、最初は日経225miniから最低枚数でチャレンジしたり、現物株のヘッジだけに使うなど、色々と使い勝手を工夫してみることをおすすめします。

次の