カリフォルニア ディズニー アトラクション。 カリフォルニアディズニーの可愛いグッズや楽しいアトラクションを完全紹介!

カリフォルニアディズニーの特徴&攻略法はこれ!アメリカで大人気の秘密は?

カリフォルニア ディズニー アトラクション

概要 [ ] 計画 [ ] 新たなディズニーパークをカリフォルニアに作ることはによって1950年代から計画されていた。 しかし長年実現せず、話が動き始めたのはが成功した後である1990年代の事であった。 そしてディズニー社は1991年にのカリフォルニア版である『』を当時のディズニーランドの駐車場に建設する予定だったが、ののオープンによりテーマ性がかぶるとして、WestCOT計画は中止された。 そして1995年、当時のディズニー社のCEOであるらがカリフォルニアの第2パークのテーマについて話し合いを始めた。 そして結果としてカリフォルニア州をモデルとし、カリフォルニアのランドマークや自然などを体感できるテーマパークを造ることに決定された。 オープン [ ] に着工されたディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーは、に、の正門前の駐車場スペースにオープンした。 なお、同時にショッピングエリアであるや、公式ディズニーホテルである、もオープンした。 開園後 [ ] 「目玉のアトラクションの少なさ」や「テーマ性の無さ」が指摘され、オープン当初から来園者が伸び悩んでしまった。 そのため、新たにディズニー社のCEOとなったは、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーの大規模改装を計画し、2007年から2012年まで、新エリアの建設やアトラクションのリニューアルなどパーク全体で工事を行って来た。 この改装には11億ドルが使われており、当初のパークの建設費が6億ドルだった事を考えると、いかに大規模なものかが分かる。 さらに大手の社とともに行った集客キャンペーンを行った結果、集客数が順調に増加し、2014年の来園者数はおよそ870万人になっており、これは世界のテーマパークの中で10番目の多さである。 2012年のカーズランド開業により大規模改装は終了したが、その後も再開発が続けられている。 2017年8月のD23 Expoにて作品をテーマにしたエリアを作ることを発表した。 これは2018年にパラダイス・ピアをリテーマリングする形で「ピクサー・ピア」として開業した。 さらに同時にをテーマにしたエリアを作ることも発表された。 これはバグス・ランドをクローズし、その跡地に建設される形で「 Avengers Campus 」として2020年開業予定である。 施設 [ ] ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーの施設は、以下の7つのテーマランドで構成されている。 ブエナビスタ・ストリート [ ] 詳細は「」を参照 グリズリー・ピークは、カリフォルニアの大自然をテーマにしたエリア。 ラフティング型のアトラクション「」や、シアタータイプのアトラクション「」などがある。 2012年まではパシフィック・ワーフを含め「 ゴールデン・ステート」という名前だった。 また、2015年に旧「 コンドル・フラット」が「 グリズリー・ピーク・エアフィールド」というグリズリー・ピークのサブエリアとなった。 正面エントランスとは別に、直営ホテルのディズニー・グランド・カリフォルニアンからの入園口がある。 パシフィック・ワーフ [ ] パシフィック・ワーフは、モントレーのをモデルにし、サンフランシスコの漁村の雰囲気を漂わせているエリア。 他のエリアに比べ、かなり小さなエリアである。 ピクサー・ピア [ ] 詳細は「」を参照 「ピクサー・ピア」にあるアトラクション。 スタート直後にによって時速90キロまで加速したり、太陽のシンボルを一回転したりする人気の。 対応 「グリズリー・ピーク」にあるアトラクション。 8人乗りの円形ボートに乗って、滝つぼに落ちたりなどの激流を下っていくアトラクション。 ディズニー・ファストパス対応 「グリズリー・ピーク」にあるアトラクション。 タイプのライドに乗って、空中飛行を楽しめるアトラクション。 ディズニー・ファストパス対応 「ハリウッドランド」にあるアトラクション。 原作の映画「」がテーマで、2017年5月27日開業。 ディズニー・ファストパス対応 「ピクサー・ピア」にあるアトラクション。 映画「」のウッディやバズ達と共に、ライドに乗ってスクリーンの的を狙っていく4Dタイプのアトラクション。 「カーズランド」にあるアトラクション。 エンターテイメント [ ] ピクサー・プレイ・パレード の映画のキャラクターが登場するパレード。 スタート。 「ピクサー・ピア」のラグーンで行われるスペクタクル・ウォーターショー。 スタート。 様々な噴水、レーザー光線、巨大なウォータースクリーンを使って、様々なディズニー映画の1シーンを映しだす迫力のショー。 60周年の際には、「ワールド・オブ・カラー セレブレート!ワンダフル・ワールド・オブ・ウォルト・ディズニー」としてに関係する特別バージョンになった他、季節のイベントに合わせて映像の内容が変わることがある。 今までの拡張計画 [ ] ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーはオープン当初来園者が伸び悩んでいたため、2007年から2012年まで、新エリアの建設やアトラクションのリニューアルなどパーク全体で改装工事を行って来た。 工事費は約11億ドル。 エントランスとゲートの改修 2012年に「ブエナ・ビスタ・ストリート Buena Vista Street 」がオープンした。 今までの「サンシャインプラザ」に替わり、初めてウォルト・ディズニーが1920年代にカリフォルニアを訪れた際のロサンゼルスの雰囲気を再現したエリアになる。 また、当時ロサンゼルスを走っていた赤い路面電車「」もエリア内を走っている。 シンボルの建設 今までディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーには、ディズニーランドの眠れる森の美女の城のようなシンボルがなかったが、ブエナ・ヴィスタ・ストリートに「キャセイ・サークル・シアター Carthay Circle Theater 」が設置された。 ちなみにキャセイ・サークル・シアターは、アメリカの西海岸で「」が初めて上映された劇場である。 パラダイス・ピア パラダイス・ピアでは、アトラクションの新規導入やリニューアルが行われた。 また、デッキウォークなどの建設も行った。 トイ・ストーリー・マニア! Toy Story Midway Mania! 2008年6月にオープンしたアトラクション。 映画「」のウッディやバズ達と共に、ライドに乗ってスクリーンの的を狙っていく4Dタイプのアトラクション。 ゲーム・オブ・ザ・ボードウォーク Games of the Boardwalk 2009年4月にオープンした。 ディズニー映画をテーマにしたゲームセンターのようなアトラクション。 ミッキーのファン・ウィール Mickey's Fun Wheel 2009年5月にオープンした。 オープン当初からあった「サン・ウィール」をリニューアルした観覧車タイプのアトラクション。 観覧車の中心にあった太陽が、ミッキーの顔になった。 一部を除き、ゴンドラが固定されてないという特徴がある。 シリー・シンフォニー・スウィング Silly Symphony Swings 2010年5月にオープンした。 既存の「オレンジ・スティンガー」を、「」をテーマにリニューアルしたもの。 グーフィーのスカイスクール Goofy's Sky School 2011年7月にオープンした。 既存の小型「マルホーランド・マッドネス」をリニューアルしたもの。 リトル・マーメイド〜アリエルのアンダー・ザ・シー・アドベンチャー The Little Mermaid〜Ariel's Undersea Adventure 2011年2月にオープンした。 映画「リトル・マーメイド」をテーマにしたアトラクション。 映画の中での出来事を体験する事が出来る。 新エンターテイメント「ワールド・オブ・カラー World of Color 」 パラダイス・ピアのラグーンで行われている夜のショー。 2010年6月11日にスタートした。 ウォータースクリーンなどを使い、様々なディズニーキャラクターや、ディズニー映画の1シーンを映し出す。 また、このショーのための鑑賞エリアも建設された。 新エリア「カーズランド Cars Land 」 カーズランドは、この改修工事の目玉で、ピクサー映画「」をテーマにしている。 2012年6月にオープンし、広さは約12エイカー。 映画で登場する「ラジエーター・スプリングス」の街並みを再現していて、「ラジエーター・スプリングス・レーサー Radiator Springs Racers 」「メーターのジャンクヤード・ジャンボリー Mater's Junkyard Jamborees 」の2つのアトラクションが設置されている。 これらのアトラクションのイメージ図や建設風景などは、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー内にある「ブルースカイ・セラー Walt Disney Imagineering Blue Sky Cellar 」で見ることができる。 日本人向けのサービス [ ] ディズニーランドと同様に、向けのサービスが充実している。 公式ウェブサイトにはバージョンが用意されている。 日本語のマップが用意されている。 日本語を含む英語以外の言葉を話せるキャストはネームタグ(名札)に話せる国の国旗シールが貼られている。 パーク内にあるコインロッカーは操作画面で日本語を選択できる。 脚注 [ ] [].

次の

ディズニーランド

カリフォルニア ディズニー アトラクション

概要 [ ] 計画 [ ] 新たなディズニーパークをカリフォルニアに作ることはによって1950年代から計画されていた。 しかし長年実現せず、話が動き始めたのはが成功した後である1990年代の事であった。 そしてディズニー社は1991年にのカリフォルニア版である『』を当時のディズニーランドの駐車場に建設する予定だったが、ののオープンによりテーマ性がかぶるとして、WestCOT計画は中止された。 そして1995年、当時のディズニー社のCEOであるらがカリフォルニアの第2パークのテーマについて話し合いを始めた。 そして結果としてカリフォルニア州をモデルとし、カリフォルニアのランドマークや自然などを体感できるテーマパークを造ることに決定された。 オープン [ ] に着工されたディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーは、に、の正門前の駐車場スペースにオープンした。 なお、同時にショッピングエリアであるや、公式ディズニーホテルである、もオープンした。 開園後 [ ] 「目玉のアトラクションの少なさ」や「テーマ性の無さ」が指摘され、オープン当初から来園者が伸び悩んでしまった。 そのため、新たにディズニー社のCEOとなったは、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーの大規模改装を計画し、2007年から2012年まで、新エリアの建設やアトラクションのリニューアルなどパーク全体で工事を行って来た。 この改装には11億ドルが使われており、当初のパークの建設費が6億ドルだった事を考えると、いかに大規模なものかが分かる。 さらに大手の社とともに行った集客キャンペーンを行った結果、集客数が順調に増加し、2014年の来園者数はおよそ870万人になっており、これは世界のテーマパークの中で10番目の多さである。 2012年のカーズランド開業により大規模改装は終了したが、その後も再開発が続けられている。 2017年8月のD23 Expoにて作品をテーマにしたエリアを作ることを発表した。 これは2018年にパラダイス・ピアをリテーマリングする形で「ピクサー・ピア」として開業した。 さらに同時にをテーマにしたエリアを作ることも発表された。 これはバグス・ランドをクローズし、その跡地に建設される形で「 Avengers Campus 」として2020年開業予定である。 施設 [ ] ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーの施設は、以下の7つのテーマランドで構成されている。 ブエナビスタ・ストリート [ ] 詳細は「」を参照 グリズリー・ピークは、カリフォルニアの大自然をテーマにしたエリア。 ラフティング型のアトラクション「」や、シアタータイプのアトラクション「」などがある。 2012年まではパシフィック・ワーフを含め「 ゴールデン・ステート」という名前だった。 また、2015年に旧「 コンドル・フラット」が「 グリズリー・ピーク・エアフィールド」というグリズリー・ピークのサブエリアとなった。 正面エントランスとは別に、直営ホテルのディズニー・グランド・カリフォルニアンからの入園口がある。 パシフィック・ワーフ [ ] パシフィック・ワーフは、モントレーのをモデルにし、サンフランシスコの漁村の雰囲気を漂わせているエリア。 他のエリアに比べ、かなり小さなエリアである。 ピクサー・ピア [ ] 詳細は「」を参照 「ピクサー・ピア」にあるアトラクション。 スタート直後にによって時速90キロまで加速したり、太陽のシンボルを一回転したりする人気の。 対応 「グリズリー・ピーク」にあるアトラクション。 8人乗りの円形ボートに乗って、滝つぼに落ちたりなどの激流を下っていくアトラクション。 ディズニー・ファストパス対応 「グリズリー・ピーク」にあるアトラクション。 タイプのライドに乗って、空中飛行を楽しめるアトラクション。 ディズニー・ファストパス対応 「ハリウッドランド」にあるアトラクション。 原作の映画「」がテーマで、2017年5月27日開業。 ディズニー・ファストパス対応 「ピクサー・ピア」にあるアトラクション。 映画「」のウッディやバズ達と共に、ライドに乗ってスクリーンの的を狙っていく4Dタイプのアトラクション。 「カーズランド」にあるアトラクション。 エンターテイメント [ ] ピクサー・プレイ・パレード の映画のキャラクターが登場するパレード。 スタート。 「ピクサー・ピア」のラグーンで行われるスペクタクル・ウォーターショー。 スタート。 様々な噴水、レーザー光線、巨大なウォータースクリーンを使って、様々なディズニー映画の1シーンを映しだす迫力のショー。 60周年の際には、「ワールド・オブ・カラー セレブレート!ワンダフル・ワールド・オブ・ウォルト・ディズニー」としてに関係する特別バージョンになった他、季節のイベントに合わせて映像の内容が変わることがある。 今までの拡張計画 [ ] ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーはオープン当初来園者が伸び悩んでいたため、2007年から2012年まで、新エリアの建設やアトラクションのリニューアルなどパーク全体で改装工事を行って来た。 工事費は約11億ドル。 エントランスとゲートの改修 2012年に「ブエナ・ビスタ・ストリート Buena Vista Street 」がオープンした。 今までの「サンシャインプラザ」に替わり、初めてウォルト・ディズニーが1920年代にカリフォルニアを訪れた際のロサンゼルスの雰囲気を再現したエリアになる。 また、当時ロサンゼルスを走っていた赤い路面電車「」もエリア内を走っている。 シンボルの建設 今までディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーには、ディズニーランドの眠れる森の美女の城のようなシンボルがなかったが、ブエナ・ヴィスタ・ストリートに「キャセイ・サークル・シアター Carthay Circle Theater 」が設置された。 ちなみにキャセイ・サークル・シアターは、アメリカの西海岸で「」が初めて上映された劇場である。 パラダイス・ピア パラダイス・ピアでは、アトラクションの新規導入やリニューアルが行われた。 また、デッキウォークなどの建設も行った。 トイ・ストーリー・マニア! Toy Story Midway Mania! 2008年6月にオープンしたアトラクション。 映画「」のウッディやバズ達と共に、ライドに乗ってスクリーンの的を狙っていく4Dタイプのアトラクション。 ゲーム・オブ・ザ・ボードウォーク Games of the Boardwalk 2009年4月にオープンした。 ディズニー映画をテーマにしたゲームセンターのようなアトラクション。 ミッキーのファン・ウィール Mickey's Fun Wheel 2009年5月にオープンした。 オープン当初からあった「サン・ウィール」をリニューアルした観覧車タイプのアトラクション。 観覧車の中心にあった太陽が、ミッキーの顔になった。 一部を除き、ゴンドラが固定されてないという特徴がある。 シリー・シンフォニー・スウィング Silly Symphony Swings 2010年5月にオープンした。 既存の「オレンジ・スティンガー」を、「」をテーマにリニューアルしたもの。 グーフィーのスカイスクール Goofy's Sky School 2011年7月にオープンした。 既存の小型「マルホーランド・マッドネス」をリニューアルしたもの。 リトル・マーメイド〜アリエルのアンダー・ザ・シー・アドベンチャー The Little Mermaid〜Ariel's Undersea Adventure 2011年2月にオープンした。 映画「リトル・マーメイド」をテーマにしたアトラクション。 映画の中での出来事を体験する事が出来る。 新エンターテイメント「ワールド・オブ・カラー World of Color 」 パラダイス・ピアのラグーンで行われている夜のショー。 2010年6月11日にスタートした。 ウォータースクリーンなどを使い、様々なディズニーキャラクターや、ディズニー映画の1シーンを映し出す。 また、このショーのための鑑賞エリアも建設された。 新エリア「カーズランド Cars Land 」 カーズランドは、この改修工事の目玉で、ピクサー映画「」をテーマにしている。 2012年6月にオープンし、広さは約12エイカー。 映画で登場する「ラジエーター・スプリングス」の街並みを再現していて、「ラジエーター・スプリングス・レーサー Radiator Springs Racers 」「メーターのジャンクヤード・ジャンボリー Mater's Junkyard Jamborees 」の2つのアトラクションが設置されている。 これらのアトラクションのイメージ図や建設風景などは、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー内にある「ブルースカイ・セラー Walt Disney Imagineering Blue Sky Cellar 」で見ることができる。 日本人向けのサービス [ ] ディズニーランドと同様に、向けのサービスが充実している。 公式ウェブサイトにはバージョンが用意されている。 日本語のマップが用意されている。 日本語を含む英語以外の言葉を話せるキャストはネームタグ(名札)に話せる国の国旗シールが貼られている。 パーク内にあるコインロッカーは操作画面で日本語を選択できる。 脚注 [ ] [].

次の

スプラッシュ・マウンテンが『プリンセスと魔法のキス』のアトラクションに!カリフォルニアとフロリダでストーリーの変更が決定

カリフォルニア ディズニー アトラクション

ディズニーランド:夜のプロジェクションマッピング アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス近郊の、アナハイム市にあるディズニーリゾート。 ディズニーランドは、ウォルト・ディズニーの子供だけでなく大人も楽しめる遊園地を作りたい!という思いから誕生したんですよ! ディズニーランドの計画を発表した当初は、「絶対失敗する。 大金を捨てるつもりか。 」と、ほとんどの人から馬鹿にされたというエピソードも。 カリフォルニア・ディズニーリゾートは、開園以来たくさんの人に愛され、世界の王族・首脳やVIPも数多く訪れています。 そんなカリフォルニア・ディズニーリゾートですが、現在は2つのパークがあります。 ディズニーランドに入ってすぐ、メインストリートUSAエリアにある消防署の2階には、当時ウォルトが寝泊まりしていた部屋がそのまま残されています。 部屋を見ることはできませんが、ウォルト・ディズニーがここにいたのだなと感じられ、なんだか感動しちゃいます。 最新情報としては、2019年5月に、スター・ウォーズの新エリア、スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジがオープン。 ウォルトの、「ディズニーランドは永遠に完成しない。 」という言葉の通り、ディズニーランドは進化を続けています。 絶叫ライドが多く、東京ディズニーリゾートの絶叫マシンを物足りなく感じている人にもおすすめ。 そして、なんといってもカリフォルニア・アドベンチャーパークにしかない「カーズエリア」! ラジエーター・スプリングスの町並みも、とってもリアルに再現されています。 その他にも、タワー・オブ・テラーをガーディアンズ・オブ・ギャラクシー仕様にリニューアルしたアトラクションや、アリンのカリフォルニアバージョンなど、カリフォルニア・アドベンチャーパークにしかないアトラクションがいっぱい! カリフォルニアディズニー:ディズニーランドのおすすめアトラクション ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ランの内部 2019年5月にオープンした、スター・ウォーズの新アトラクション! ミレニアム・ファルコン号の乗組員になって、あるものを密輸する極秘ミッションに挑戦します。 役割は3つで、各2名の6人チームです。 1 パイロット:1人が上下、もう1人が左右の舵を取ります。 難易度高め。 2 ガンナー:ブラスターで敵の船を攻撃します。 的中率が低いと、評価も低くなります。 3 エンジニア:ボタンを押して船の修復を行います。 難易度は低め。 映像とライドに一体感があり、ミレニアム・ファルコンの内部も本当に細かく再現されています。 映画でしか見たことのないミレニアム・ファルコンが、本当に実在しているかのようです! パイロットの腕しだいでかなり揺れるので、酔いやすい方は要注意! 2020年1月にできる、新アトラクションにも期待が高まりますね。 ディズニーパークで初めて作られたローラーコースターで、オープンは1959年。 世界でカリフォルニアのディズニーランドにしかありません! 1959年に制作された、「山の上の第三の男」をモチーフにしています。 オープン当時、最新技術を使っていて革新的なアトラクションだったようです。 60年の歴史がある分コースターの乗り心地は荒いですが、そこも味があっておすすめの理由です! 腰や首を痛めやすい方は要注意。 映像とパフォーマンス・生歌が融合していて、本当に大迫力でおすすめです! ラプンツェル・ポカホンタス・ジャングルブック・ムーラン・プリンセスと魔法のキス・リロ&スティッチなどなど、ディズニー映画のシーンと名曲を楽しむことができます。 良い席は早い者勝ちなので、30分以上前には並んでおくのがおすすめですよ。 カリフォルニアディズニー:ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーのおすすめアトラクション カリフォルニア・アドベンチャーにしかないアトラクションをもたくさん! おすすめアトラクションをチェックしていきましょう。 舞台は、コレクター「タリニーア・イヴァン」の要塞。 ロケットと一緒に、捕らわれてしまったガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの仲間たちを、助けに行きます。 コミカルな音楽とストーリーに合わせて、何度も振り落とされるギャップが本当に最高!! 筆者は絶叫マシンが苦手なのですが、これは何度も乗りたいと思うほど。 タワー・オブ・テラーよりも落ちる回数は多いですが、タワー・オブ・テラーがぎりぎりアウトという方も、ぜひぜひ乗ってみてください。 これ実は絶叫ライドって知っていましたか? この観覧車ただの観覧車ではありません。 (スイングしないゴンドラも選べます。 ) 外から見ていると全然怖そうには見えませんが、乗ってみると外に放り出されるような恐怖感があります。 乗っている時間も10分ほどと長いので、筆者はタワー・オブ・テラーよりも断然怖いと感じました。 外の景色をみる余裕はありません! 絶叫マシンが好きな人には、とってもおすすめです。 49ドル ・Enchanted Cauli-Flower Sandwich(ベジタブルサンドイッチ)11. チーズバーガーを食べましたが、ポテト付きでボリューム満点! 味はアメリカンな感じでおいしいです。 酸味のあるサワーパンと、濃厚なクラムチャウダーの相性が抜群! パンは隣にある工房で焼いているんですよ。 1番有名なのはクラムチャウダーですが、パンにサラダがたっぷり入ったサラダボウルもおすすめ。 アメリカ旅行はついつい野菜不足になりますが、野菜をたくさん食べられます。 湖が見られる、テラス席のみ。 49ドル Turkey Pesto Club ベーコン、チーズ、ターキーのサンドイッチ 9. 99ドル Chinese Chicken Salad サワーパンに入ったチキンのサラダ、生姜ドレッシング 11. 49ドル など どのメニューも1. 5人前くらいあるので、シェアすると調度良かったです! サワーパンは好き嫌いが分かれますが、やみつきになる美味しさです。 ディズニー以外も欲張りたくて、ロサンゼルスのダウンタウン周辺のホテルに宿泊する人や、逆にディズニー周辺のホテルからハリウッドやダウンタウンに遊びに行く人も多いはず。 ロサンゼルスのダウンタウンとディズニー間の移動で、おすすめなのは断然Uber。 ダウンタウンとディズニー間の値段:30ドル~80ドル(時間によって変動) Uberのメリット・デメリット 【メリット】 ・タクシーよりも安い ・相乗りではないので、プライバシーを確保できる ・行先を言う必要がない ・事前に値段確定するので、ぼったくられる心配なし ・相乗りのバスなどより早い ・時間の融通が利く 【デメリット】 ・ネット環境が必要 ・運転手さんのキャラクターが様々 1台片道40ドルかからず行けることが多く、タクシーのようにぼったくりや英語力の心配もなし。 ツアーなどは時間に縛りがあったり、ほかのホテルを経由して時間がかかったりしますが、Uberは時間も自由でおすすめです。 空港からの移動も60ドル以下で行けることが多いようなので、2~3人で利用するならおすすめですよ! ディズニーからの帰りは、Uberの待ち合わせ場所がわかりにくいため要注意。 エントランスからダウンタウン・ディズニーを抜け、駐車場の近くにありました! 日本でアプリをインストール・登録しておくのがおすすめです。 カリフォルニアディズニー:効率を重視するなら!【Max Passを活用しよう】 カリフォルニア・ディズニーのチケット カリフォルニア・ディズニーリゾートには、1人15ドルで使える「Max Pass」という便利なサービスがあります! おすすめポイントは大きく分けて2つ。 ファストパスをとるために、アトラクション付近のファストパス発券機まで行かなくてはいけません。 しかし、『Max Pass』を使用すると公式アプリからファストパスを取ることができちゃうんです。 特に1日で2パーク行く場合には、効果抜群! ディズニーランドにいながら、アドベンチャーパークのファストパスを取る事ができます。 もちろんその反対も可能。 大幅な時間節約になるため、時間がない場合にはこれだけで15ドルの価値があります。 「Max Pass」を購入すると、「Photo Pass」がなんと無料でついてきます。 グループ全員で写真を撮ってもらえるので、人数が多い場合などいい思い出になりますよ! まとめ.

次の