モーモー チャージャー。 兵神装備 コンパクト化し,安定感が増した超高粘度液ディスチャージャ“ヘイシンモーノポンプディスチャージャーNTL”を新発売 容器に合わせ製作,多様な作業に対応する

モーモーチャーチャーとは?|ローソン研究所

モーモー チャージャー

プロアスリートにはカーマニアが多いのは有名な話だが、競輪選手の若きエース、深谷知広選手もその一人。 若干23才にしてポルシェパナメーラ、モパー11、トヨタ86、エスティマハイブリッドと、4台もの愛車を所有しているほどのクルマ好きである。 しかし、いくら高額賞金を稼ぎ出す若手ナンバーワン競輪選手とはいえ、独身の身で4台もの愛車を同時進行で所有するというのは、クルマ好きという言葉の領域を超えているようにも思う。 「ボクの趣味はクルマくらいなんですよ。 子供の頃からとにかくクルマが大好きでいろんな雑誌を読んでいました。 今でもほとんどのカー雑誌を定期購読しているんです。 そんな自分にとって、クルマというのはレース(仕事)におけるモチベーションを上げるための存在でもあるんです。 成績が上がったらクルマを買い替えよう。 このレースに勝ったらパーツ買おうとか。 苦しいトレーニングに耐えて結果を出した後の自分に対するご褒美ですかね」 この辺の感覚はいかにも厳しい世界に身を置く勝負士らしいお言葉である。 ところで、深谷選手の愛車に2台の4ドアセダンが加わっていることにお気づきだろうか? しかもどちらもハイパフォーマンスセダンだ。 ダッジにならチャレンジャーもあるし、ポルシェにだって911やボクスター、さらにカイエンだってある。 なのに(似たようなとは言わないが)、セダンが2台。 「ボクが愛車を選ぶ際の最低条件が、自転車を積めることなんですよ」 なるほど。 競輪選手というのは仕事での移動距離が非常に長い。 西へ東へと日本中のレース場を巡るからである。 中には自転車をはじめとする商売道具は空輸し、自分自身は公共の交通機関を利用する選手もいるというが、大半の選手は移動の足に愛車を利用している。 つまり競輪選手にとって、クルマは趣味の対象であると同時に重要な商売道具となっているのである。 けど、それなら普通に考えれば積載量の多いバンやワゴンをチョイスしても良さそうだが(実際にそちらの方が多いというが)、なぜにセダンを? 「移動距離が長いだけに移動速度や移動時の快適性も重要なんですよ」 現役でいる間は自転車を積めるという最低条件は変わらないという深谷選手だが、将来的に引退したら2ドアのスポーツカーに乗りたいとのこと。 競輪選手の寿命は長いので、深谷選手が2ドアスポーツカーに乗るのは随分と先のことになるだろうが、それまではハイスペックな4ドアセダンという愛車のラインナップが続きそうである。 深谷選手が乗っているダッジチャージャー モパー11とは、2011年に登場した限定1000台のハイパフォーマンスモデル。 ベースとなっているのは5. ピッチブラックと呼ばれるボディカラーにモパーブルーのストライプが入れられ、20インチホイールやオリジナルシート、ピストルグリップのシフトハンドル、ステッププレート等、ブラックとブルーとクロームとを絶妙な加減でまとめた専用モデルである。 モパー11は、その名の通りモパーがモディファイを担当しており、ファイナルギアを変更し、強化スタビライザーと車体前後に強化ブレースバーを入れ、ブレーキを大径化したりすることで、パフォーマンス部分においても目覚ましい進化を遂げている。 ちなみにエンジン自体はノーマルであり、5. 7リッターV8ヘミは370hp、最大トルク395lb-ftを発生させる。 これらがモパー11の概略となるが、このクルマ、驚くほど印象が良い。 まずファイナルギアが変えられていることで加速力が格段に上がっている。 さらにボディ補強やブレーキ強化を行っているためにまるでチューニングモデルのように引き締まっている。 エンジンパワーが上がっているわけではないが、明らかにトータルパフォーマンスは向上しているのである。 チャージャーと聞けば、「SRT-8」と思うかもしれないが、こうした限定モデルにおいても魅力的なパフォーマンスモデルが続々登場しているのが、チャージャーの特徴のひとつである。

次の

Mofin|しっかりスマホをホールドする重力を利用したカー用ワイヤレスチャージャー「モーフィン」

モーモー チャージャー

成城石井の人気スイーツ「モーモーチャーチャー」。 2019年夏頃にはひんやりスイーツとして、カルディからも登場していました。 ここでは、コンビニのデイリーヤマザキからも新発売された「モーモーチャーチャー」をご紹介します。 ベストセレクション「モーモーチャーチャー」285円 税別 2020年1月28日(火)に発売された新商品です。 デイリーヤマザキのホームページには、人気の東南アジアスイーツ「マレーシア版のおしるこ」と紹介されています。 具材とココナッツプリンはセパレート型になっています。 個別で食べるもよし、全部盛りで食べるもよしです! ココナッツプリンなので、東南アジアスイーツ感が増している気がします。 また、豆がとっても多く、大好きなサツマイモ甘露煮や白玉がちょっと存在感薄めなのが、残念。 ココナッツプリンとかのこ豆という組み合わせなので、好き嫌いがある独特の味わい。 この組み合わせは好き!!という方は、この機会にチェックしてほしいですね。 成城石井「モーモーチャーチャー」のレポはこちら 成城石井は、豆以外に「さつまいも・餅(白玉)」が入っています。 この、さつまいも・餅(白玉)がココナツブランマンジェと最高に合います。

次の

兵神装備 コンパクト化し,安定感が増した超高粘度液ディスチャージャ“ヘイシンモーノポンプディスチャージャーNTL”を新発売 容器に合わせ製作,多様な作業に対応する

モーモー チャージャー

アメリカのハイパフォーマンスカーを積極的に日本に導入しているASDNが、昨年末からモパー'11チャージャーのリリースを開始した。 ただし、このモパー'11チャージャーは、全世界1000台限定の特別モデルなので、現時点で日本に輸入出来たのは1台のみ。 ASDN事務局によれば「お客様からの注文があれば新たな輸入にも対応致します。 ただ、アメリカでも人気が高い限定車だけに、大変申し訳ありませんが、必ず輸入できるとは断言できません」とのこと。 アメ車ワールドでは、事務局に無理を言ってこの貴重なモデルを取材させてもらったので、前後編2回に分けてなるべく細かくレポートしたいと思う。 更新日:2012. 『11』という数字は2011年型という意味。 呼び名は色々とあるようだが、『モパー・イレブン・チャージャー』あるいは『モパー・イレブン』というのが一般的で、ダッジというブランド名は省かれて呼称されることが多いようだ。 モパー'11チャージャーのベースとなっているのはV8・5. SRT8に搭載される6. 1リッターHEMIや6. 読者諸兄の中には「なぜSRT8がベースじゃないの?」と思われる方もいるかもしれないが、筆者的には現行HEMIのベストユニットは5. 7なので、これはこれでアリだと思う。 ちなみにアメリカ本国における車輛本体価格は、プレミア価格の部分を別にすれば、SRT8よりもモパー'11の方がいくらか安い設定となっていた。 モパー'11チャージャーの外観的な大きな特徴となっているのがカラーリング。 深みのある『ピッチ・ブラック』に、フロントバンパー、グリル、フード、ルーフ、トランク、リアバンパーと、ドライバー側に沿って走る『モパー・ブルー』のストライプのコントラストは非常に鮮やかで、誰が見ても『特別な存在』であるということがひと目で分かる。 また、ボディカラーに合わせてブラックにペイントされた20インチの5本スポークホイールや二重になったリアスポイラー、ダッジ・ロゴに代わって装着されたクロームのモパー・バッジなどは全てモパー'11チャージャー専用アイテムとなっている。 モパー'11チャージャーの専用アイテムはインテリアにも及んでいる。 ブラックの『Katzkin』レザーのシートには、ボディカラーに合わせて運転席側のみモパー・ブルーのストライプがあしらわれており、アクセントとしてモパーの『M』も刺繍されている。 また、ピストル・グリップ型のカーボン・シフトハンドル、ステップ・プレート、フロアマットなどにもモパーのロゴが刻印されており、助手席のダッシュには限定ナンバーが刻印されたプレートが貼られている。 インテリア全体がブラックを基調としているので、所々に見えるモパー・ブルーとクロームが実に効果的なアクセントとなっているのだ。 エクステリアとインテリアの演出だけでも十分に特別感を味わえるモパー'11チャージャーだが、モパーがモディファイを担当したモデルだけに、もちろん中身にも色々と手が加えられている。 パフォーマンス部分で筆者がまず注目したのがファイナルギア比の変更だ。 06:1なのだが、モパー'11チャージャーではこれを3. 91:1にセットアップ(Super Track Packオプション)。 この変更により0-60mphを約5秒という強烈な加速性能を実現している。 ファイナルギア比を変更するのは、ドラッグレースやジムカーナ競技でよく使われるモディファイで、こと加速性能という面に関しては、吸排気系の変更や排気量アップなどといったパワーアップ系チューンよりも遥かに効果が期待できる手法。 ファイナルギア比を変更することで、燃費や最高速といった部分で多少のデメリットが生じる可能性もあるのだが、クルマのキャラクターを考えればこのチューニングは大正解だと思う。 もちろん加速性能を向上させた分、クルマをコントロールする部分にも手が加えられている。 さらに二重ピストン・カリパスにすることでストッピング・パワーを大幅に向上させている。 さらには前後のスタビライザー・バーを強化、ストラットタワー・ブレースも前後に備えることで、フルフレーキング時やコーナリング時の安定性を向上させている。

次の