キャンプ場行方意不明事件。 山梨小1女児行方不明…そっくり類似の小説が存在!事件真相のヒントとなるか?【小倉美咲ちゃん】

小1女児不明から11日...母が公開した“あの日の行動メモ”から浮かび上がることは?

キャンプ場行方意不明事件

2019年9月21日に山梨県道志村のキャンプ場で発生した小倉美咲ちゃん行方不明事件に関する新たな証言がネット掲示板に書き込まれました。 その書き込みによると、事件が発生した日、行方不明になった美咲ちゃんをキャンプ場では家族以外は誰も見ていない、つまり「美咲ちゃんはもともといなかった」というのです。 美咲ちゃんがキャンプ場に来ていなかったとなると、「キャンプ場で行方不明になった」という事件の大前提が崩れることになると同時に、美咲ちゃんの母親である小倉とも子さんが嘘をついていることになります。 そこで、この記事では事情通の書き込みとそれに対するネットユーザーの反応をまとめてみました。 ただし、この証言はあくまでネットの書き込みにすぎず、信ぴょう性には疑問があります。 さらに、警察も捜査している案件ですので、そのような不審点があればすぐさま事件化しているはずです。 よって、この事情通の書き込みは「美咲ちゃんはいなかったという未確認情報があるが、あくまでネットの書き込みである」という前提で、真偽を疑いつつ読んでください。 うちにも美咲ちゃんと同い年の子がいるので、なんとなく思うのは、お母さん、最後に子供を見た時間を全く覚えてなかったんじゃないかなと。 ここまでおおごとになるとも思わず、「子供をみてなかったの?!」と、言われるのが怖くて、「さっきまでそこにいた」「子供を見送った」みたいに言ったら、子供帰ってこず。 「子供をみてなかったの?」とか、言われるのが怖くて、しかも迷子とかですぐ見つかると思ったから写真とかもださずにいたけど、実は曖昧な目撃証言で、いまさら「実は見てない」とか「覚えてない」なんて言えないから必死なのかなと。 このお母さんは、計画殺人を思いつくほどの頭もなさそうだし、知人に偽証させる口の固さを、何人も維持できるほどの人脈を築いたり、できなそう。 一度ついた嘘(子供をいつどこまでみていたか)自分に非はない感じに言おうとしたら、実はとんでもない流れになっちゃった、感じ 例えば、ずっとスマホゲームしてて、みてなかったとか何時だったか、覚えてなかったのかなと。 まさかこんな事態になっていると思わず、最初についた「子供をちゃんと行く先まで見届けてた」的な言葉が、もう「実は覚えてない」「いつどこへ行ったか覚えてない」なんでいまさら言えない。 なんかそんな感じする。 完全犯罪を企画、実行、アリバイ工作、口封じまでできるほどの頭も無さそう。 事情通の書き込みが正しかった場合の推理 事情通による「小倉美咲ちゃんはキャンプ場に来ていなかった」という書き込みが正しい場合、この行方不明事件は狂言であり、偽装された行方不明ということになり、事件が計画的なものであった可能性が高まります。 ネット掲示板では事件当初からなぜか「美咲ちゃんはキャンプ場に来ていなかった」という噂が絶えなかったため、今回の書き込みに反響が会ったようです。 一緒にキャンプをしていた他の家族の証言が公開されればこうした疑問は消えるはずですが、それが明らかになっていないため、このような憶測や噂が飛び交うのだと思います。 警察もバカではないので、もともと美咲ちゃんがいなかったという疑いを考慮していると思いたいですが、そのあたりの情報はいっさいないのが現状です。 ではもともと美咲ちゃんがいないのなら、いま美咲ちゃんはどこにいるのかが問題になります。 ・すでに死亡している ・何者かに誘拐された ・人身売買 可能性としてはこの3つが考えられ、今回の場合は家族を巻き込んで行方不明を装っていたとしたら、「すでに死亡している」「人身売買」の線が濃厚となります。 単なる行方不明を超えた大掛かりな事件となるわけです。 しかし、小倉美咲ちゃんの家族、そして他の家族を巻き込んでの大掛かりな事件として考えるのは無理があります。 さらに犯罪集団でもない素人家族たちがこうした事件を仕切れるとも思いません。 事情通の書き込みの信ぴょう性も疑問があるので、現状ではあくまで未確認情報として留意するにとどめたほうがいいでしょう。

次の

「どう年を越せばいいのか…」 山梨女児不明、母の胸中:朝日新聞デジタル

キャンプ場行方意不明事件

山梨・道志村のキャンプ場で、小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が行方不明となって11日目。 9月30日に辛い胸の内を語った、母親・とも子さんは10月1日、美咲ちゃんの行方が分からなくなった当日の行動を詳細に記したメモを公開した。 小倉美咲ちゃんの母・とも子さん: もし私があのときちゃんと一緒に付いていってあげていたらと、悔やんでも悔やんでも悔やんでも悔やみきれないほど後悔しています 美咲ちゃんの両親は警察と相談した上で、美咲ちゃんの写真の公開に踏み切っている。 そして... 【とも子さんが公開したメモ】 15時50分 子どもたちを迎えに大人が迎えに行く 16時 美咲ちゃんがいないので、父母たちが周辺を探し始め、山にも登り始める キャンプ初日、小倉さん一家は正午過ぎにキャンプ場に到着。 美咲ちゃんの父親は仕事の関係で翌日に合流する予定で、初日はとも子さん、美咲ちゃん、姉の3人で訪れていたという。 その後、美咲ちゃんの姿が見えなくなったことから午後5時に警察に連絡。 父親にもこのことが伝えられ、警察や他の大人たちが捜索したが.... 【とも子さんが公開したメモ】 20時 警察、消防、当日の捜索終了 深夜1時30分(ここから9月22日) 仕事を切り上げて移動してきた父到着。 到着後、父、母、友人とで周辺を捜索 深夜3時 捜索を終了 最後の目撃から20分... 美咲ちゃんはどこへ? この不安な夜のことを、とも子さんはこう話した。 小倉美咲ちゃんの母・とも子さん: 夜中、娘と同じ気持ちで過ごしたいと思い、同じ服装でずっと外にいましたが、暗くて寒くて不安ですごく怖いだろうなと思うと涙が止まりませんでした。 そんな思いをさせてしまって、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです 今回のメモで改めて浮かび上がったのは、美咲ちゃんがごく短時間のうちに姿を消してしまったこと。 午後3時40分ごろに美咲ちゃんが子どもたちの後を追いかけ遊びに行き、10分後の午後3時50分には大人たちが迎えに行った。 さらにその10分後の午後4時ごろには、美咲ちゃんがいないことに気付いて、付近の捜索を始めている。 美咲ちゃんの姿が最後に確認されてから、わずか20分足らずの間に行方が分からなくなっていることになる。 下流のダム捜索も... 手がかりは得られず 山梨県警は10月1日朝、美咲ちゃんが行方不明となったキャンプ場近くを流れる川の下流にある、神奈川・道志ダムの捜索を開始。 キャンプ場から約13km離れたダムを調べたが、有力な手がかりは得られないまま、捜索は終了した。 キャンプ場周辺の地区では、「クマが出没した」との防災無線が流れ、ボランティアが遭遇したとの情報もあるという。 (「Live News it! 」10月1日放送分より).

次の

小1女児不明から11日...母が公開した“あの日の行動メモ”から浮かび上がることは?

キャンプ場行方意不明事件

報道では悲劇のお母さん的な扱いされていますが、ネット情報では今回のキャンプはSNSで知り合っただけ人のオフ会だそうです。 報道では友達と言っているが、実際はその場で知り合った、ペラペラな関係みたいですよ。 さらに母親は捜索もせず、テント内でインスタの更新などに励んでいるみたいです。 インスタについては会見で謝罪と知人などの心配の声に一件一件返信するよりこっちの方がまとめて連絡できるからと言っているみたいですが、ハッシュタグはお店の名前など付けていたとか。 顔公開もしましたが、どうせインスタ等に娘の写真が一枚くらいあると思うのだが、さっさと公開すればよかったと思う。 数日前の顔馴染でもない子を見た印象なんてすぐに忘れてしまうと思う。 自衛隊やボランティア・一番の被害者である道志村はとてもかわいそう。 この家族は助けて下さい~って叫んで、無償で、道志村は自衛隊やボランティアなどの世話などをさせられて、そこから今回の捜索費を負担させられて・・・ ながなが語りましたが、この会見でおかしいと思ったのは「この度は、私どもの娘、美咲のために、たくさんの方々に御迷惑ご心配をおかけしまして、本当にすみませんでした。 」 すいませんでした。 ってなんか過去形になってませんか?すいませんや申し訳ございません。 なら分かるが「でした。 」・・・原稿ありででしたって・・・本人の中では終了したのかな?.

次の