スタンド バイ ミー。 映画『スタンド・バイ・ミー』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

『スタンド・バイ・ミー』ベン・E・キング 歌詞和訳 |『Stand By Me』Ben E. King

スタンド バイ ミー

「ショーシャンクの空に」と「スタンド・バイ・ミー」について… Wikipediaで「ショーシャンクの空に」の項を見ますと、アンディが冤罪に貶められる原因となる殺人事件の真犯人(不倫していたアンディの妻とその愛人を殺害)を演じた俳優は、「スタンド・バイ・ミー」で、成人して弁護士となったクリスを刺して殺害した犯人役も演じていた、というエピソードの記述があります。 「スタンド・バイ・ミー」で、作家として成功したゴーディを演じるリチャード・ドレイファスが、ランドローバーの運転席でその事件を報じる新聞記事を読んでいるシーンはありますが、実際にその酒場での殺人シーンというのは、本編に出てくるのでしょうか。 私は見た記憶がまったくなく、持っているDVDにもそういったシーンはありません。 当該場面が編集あるいはカットされているバージョンなのでしょうか。 ウィキの説明は少々言葉足らずで、誤解を招くかも知れませんね。 アンディの妻と愛人を殺した犯人とクリスを刺殺した犯人が同一というのは、原作小説での設定です。 映画では、特にその設定にこだわっていなかったと思います。 ですので、「演じた役者が同じ」ということではありません。 役者ではなく、二つの小説での犯人が同一人物だったということです。 私はクリスの死のシーンが映画にあったかどうか覚えていないのですが(原作の印象が強いので、映像で見たような気に成ってしまっていて、映画にそのシーンがあったかどうか記憶にないのです。 原作でははっきりと描写されています。 )、質問者様がお持ちのDVDにないということは、そのシーンは元からないのだと思います。 「ショーシャンク~」の原作は「刑務所のリタ・ヘイワース」という小説で、アメリカでは「Different Seasons」という4編の中篇からなる本に収録されています。 「スタンド・バイ・ミー」もこの「Different Seasons」に収録された作品です。 (日本では「ゴールデン・ボーイ」「スタンド・バイ・ミー」の二分冊として出版されました。 ) 原作者スティーヴン・キングは、自分の描いた世界(町や登場人物など)を他の作品同士でつながりを持たせる事を好んで描く作家です。 「Different Seasons」の「スタンド・バイ・ミー」の悲劇の犯人と「刑務所のリタ・ヘイワース」の真犯人を同一人物にすることで、読者に小説の世界のつながりを楽しんでもらおうとしたのだと思います。 因みに、「Different Seasons」のもう一つの作品「ゴールデン・ボーイ」では、元ナチの残党ドゥサンダーという男の銀行口座の処理の仕事をした相手が、アンディ(刑務所に入れられる前、普通に銀行で働いていた時の話)だった、という設定に成っています。

次の

名作映画『スタンド・バイ・ミー』の誕生秘話とキャストたちの現在

スタンド バイ ミー

CONTENTS• ALL RIGHTS RESERVED. 【公開】 1986年公開(アメリカ映画) 【監督】 ロブ・ライナー 【キャスト】 ウィル・ウィートン、リバー・フェニックス、コリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネル、キーファー・サザーランド、ジョン・キューザック、リチャード・ドレイファス 【作品概要】 オレゴン州の小さな街に住む4人の少年は、好奇心から死体探しの旅へと出ます。 監督は『最高の人生の見つけ方』などの ロブ・ライナー、主演の4人は様々ですが皆実力のある俳優たちが出演しています。 ALL RIGHTS RESERVED. 作家のゴーディは、『弁護士クリストファー・チェンパーズ刺殺』という新聞の記事が目に止まり、少年だったあの頃を思い出します。 ゴーディは12歳だった頃、オレゴン州のとある田舎町で育てられました。 ゴーディの地元は治安も良くなく、家庭環境にも何かしらの問題を抱えた家族が多い町でした。 その中で、ゴーディ・クリス・テディ・バーンの4人は性格、家庭も個性も違いますがなぜかウマが合い、一緒に遊んだりしていました。 そんなある日、バーンは不良グループの一員である兄たちの会話を盗み聞きします。 会話によると、3日前から行方不明になってるブラワーという少年が、列車に刎ねられて死体になっていることを知ります。 バーンはそのことを3人に話すと、死体を見つければ有名になれると思い、4人でひと夏の旅へと向かいます。 4人の旅は一筋縄ではいかないものでした。 鉄道の路線に沿って、旅をする内に喧嘩をしたり列車に轢かれそうになったり、ヒルに噛まれたりします。 夜に森で野宿する時、クリスが持参したピストルを使い交代で見張りをします。 ゴーディはクリスと見張りの時間がかぶる時があり、2人は様々なことを話します。 ゴーディは親に嫌われ、自分の物語を書く才能を挫折しそうになってることをクリスに打ち明けます。 クリスは家庭環境が悪い上に、教師に利用されたことで希望を持てないとゴーディに打ち明けます。 2人はお互いの良い所を認め合います。 ゴーディには文章を書くこと、クリスには進学することを勧め合いお互いを励まします。 そんな中、バーンの兄が所属している不良グループたちも、死体の話を聞き仲間とともに死体の場所へ向かいます。 次の日にゴーディたち4人は、死体の場所へとたどり着きます。 ちょうど不良グループたちも到着し、死体を要求します。 バーンとテディはすぐに逃げ出しますが、クリスは抵抗します。 クリスの態度に怒った不良グループのリーダー、エースはナイフで襲おうとします。 コーディは見張りのときに預かっていた銃で、エースたちの不良グループを退却させました。 4人の奇妙な冒険は終わり、町の外れで別れました。 その後の進路は別々の道へ行き、お互い疎遠になっていきます。 ゴーディは作家になり、クリスは大学へ進学し弁護士になりました。 クリスとも長い間会っていなかったが、クリスの昔から変わらない正義感が引き起こした事件だと知りました。 映画『スタンド・バイ・ミー』の感想と評価 スティーブン・キングの名作『スタンド・バイ・ミー』は、 奇妙ながらも見えない関係で繋がれた4人の話だと思いました。 この経験は誰しもが持っているものではないでしょうか。 『スタンド・バイ・ミー』では、少年期以降では成り立たないであろう一体感を上手く表現しています。 フォーカスされていたゴーディとクリスは特に強調されていて、2人のコンプレックスをさらけ出しながら 認め合える親友と言える立場へと昇華されていきます。 そしてラストにゴーディは、あの頃のような友人はできまいと考えます。 この表現は個人的に『スタンド・バイ・ミー』においてとても印象的な表現で、 中学生や小学生の友達と大学や社会人になってからの友人は、どこか違うと考えておりそれを端的に表す表現でした。

次の

スタンド・バイ・ミー (ベン・E・キングの曲)

スタンド バイ ミー

CONTENTS• ALL RIGHTS RESERVED. 【公開】 1986年公開(アメリカ映画) 【監督】 ロブ・ライナー 【キャスト】 ウィル・ウィートン、リバー・フェニックス、コリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネル、キーファー・サザーランド、ジョン・キューザック、リチャード・ドレイファス 【作品概要】 オレゴン州の小さな街に住む4人の少年は、好奇心から死体探しの旅へと出ます。 監督は『最高の人生の見つけ方』などの ロブ・ライナー、主演の4人は様々ですが皆実力のある俳優たちが出演しています。 ALL RIGHTS RESERVED. 作家のゴーディは、『弁護士クリストファー・チェンパーズ刺殺』という新聞の記事が目に止まり、少年だったあの頃を思い出します。 ゴーディは12歳だった頃、オレゴン州のとある田舎町で育てられました。 ゴーディの地元は治安も良くなく、家庭環境にも何かしらの問題を抱えた家族が多い町でした。 その中で、ゴーディ・クリス・テディ・バーンの4人は性格、家庭も個性も違いますがなぜかウマが合い、一緒に遊んだりしていました。 そんなある日、バーンは不良グループの一員である兄たちの会話を盗み聞きします。 会話によると、3日前から行方不明になってるブラワーという少年が、列車に刎ねられて死体になっていることを知ります。 バーンはそのことを3人に話すと、死体を見つければ有名になれると思い、4人でひと夏の旅へと向かいます。 4人の旅は一筋縄ではいかないものでした。 鉄道の路線に沿って、旅をする内に喧嘩をしたり列車に轢かれそうになったり、ヒルに噛まれたりします。 夜に森で野宿する時、クリスが持参したピストルを使い交代で見張りをします。 ゴーディはクリスと見張りの時間がかぶる時があり、2人は様々なことを話します。 ゴーディは親に嫌われ、自分の物語を書く才能を挫折しそうになってることをクリスに打ち明けます。 クリスは家庭環境が悪い上に、教師に利用されたことで希望を持てないとゴーディに打ち明けます。 2人はお互いの良い所を認め合います。 ゴーディには文章を書くこと、クリスには進学することを勧め合いお互いを励まします。 そんな中、バーンの兄が所属している不良グループたちも、死体の話を聞き仲間とともに死体の場所へ向かいます。 次の日にゴーディたち4人は、死体の場所へとたどり着きます。 ちょうど不良グループたちも到着し、死体を要求します。 バーンとテディはすぐに逃げ出しますが、クリスは抵抗します。 クリスの態度に怒った不良グループのリーダー、エースはナイフで襲おうとします。 コーディは見張りのときに預かっていた銃で、エースたちの不良グループを退却させました。 4人の奇妙な冒険は終わり、町の外れで別れました。 その後の進路は別々の道へ行き、お互い疎遠になっていきます。 ゴーディは作家になり、クリスは大学へ進学し弁護士になりました。 クリスとも長い間会っていなかったが、クリスの昔から変わらない正義感が引き起こした事件だと知りました。 映画『スタンド・バイ・ミー』の感想と評価 スティーブン・キングの名作『スタンド・バイ・ミー』は、 奇妙ながらも見えない関係で繋がれた4人の話だと思いました。 この経験は誰しもが持っているものではないでしょうか。 『スタンド・バイ・ミー』では、少年期以降では成り立たないであろう一体感を上手く表現しています。 フォーカスされていたゴーディとクリスは特に強調されていて、2人のコンプレックスをさらけ出しながら 認め合える親友と言える立場へと昇華されていきます。 そしてラストにゴーディは、あの頃のような友人はできまいと考えます。 この表現は個人的に『スタンド・バイ・ミー』においてとても印象的な表現で、 中学生や小学生の友達と大学や社会人になってからの友人は、どこか違うと考えておりそれを端的に表す表現でした。

次の